HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal紅葉バックに(17) | Nomal久し振りの投稿です。(17) | Nomalイソヒヨドリ一家物語 10話(17) | Nomalサンダーバード、いいえコオバシギ準備完了!(17) | Nomal野鳥水浴びコンテスト(17) | Nomal☆青い鳥〜三昧〜♪☆(16) | Nomalある日の鳥撮影(15) | Nomalジョウビタキ 雌(15) | Nomal大潮干潟に日が射して(15) | Nomal☆おなかいっぱいです〜♪☆(15) | Nomalコゲラ(15) | Nomal2mへの挑戦(15) | Nomal三光鳥(15) | Nomalコグンカンドリ(14) | Nomalノスリだと思います。(14) | Nomal飛びモノは難しい!(14) | Nomalある春の日(14) | Nomal☆絞りを変えて撮って見ました♪☆(14) | Nomalシベリアから飛んできたハヤブサ?(14) | Nomal(削除)(14) | Nomal☆今日のルリ男くん♪☆(14) | Nomal欠礼のお詫び(14) | Nomal月に雁(13) | Nomal虹の湿地帯(13) | Nomal脇役としての白鳥(13) | Nomalいつもの運河(13) | Nomal☆また逢いに来たよ〜♪☆(13) | Nomalハイキー風味の鳥景写真二枚(13) | Nomalはやぶさ(13) | Nomalマガモのスケート場(13) | Nomalコアオアシシギ(13) | Nomal干潟の戦い(13) | Nomal皆様初めまして(12) | Nomal☆翡翠&軽鴨☆(12) | Nomalはなびら(12) | Nomalコジュケイ祭り(12) | Nomal☆お山のルリビタキ&菜の花ジョウビタキ&アオゲラ☆(12) | Nomal☆楽しいはしごの旅♪☆(12) | Nomalブッポウソウの交尾(12) | Nomal☆ルリ男バストアップ♪☆(12) | Nomal干潟の日没30分前(12) | Nomal白昼の干潟・番外編(12) | Nomalウッドペッカー(12) | Nomal☆もう少しお付き合い下さい☆(12) | Nomalミヤマホウジロ 3枚(12) | Nomal叫びます(12) | Nomal真っ赤っ赤(12) | Nomal霧のオオハクチョウ(12) | Nomal☆3日もどこ行ってたのよ〜?☆(12) | Nomal変なカワセミ。(12) | Nomal☆自然観察公園のお嬢様♪☆(12) | Nomal強風でホヴァリング(12) | Nomal亜流クリスチャン・ラッセン(12) | Nomal孤独なコブハクチョウと遊ぶ(12) | Nomal熱々のアジサシ夫妻(12) | Nomallowアングルの世界 !!(12) | Nomalアオバトのカップル(12) | Nomal改めて数えてみると(12) | Nomal(削除)(12) | Nomal朝食の献立は?(12) | Nomal機材変われど主変わらず(12) | Nomal餌運び野鳥いろいろ(12) | Nomalカワセミ給餌(11) | Nomalいろいろ(11) | Nomal(削除)(11) | NomalINTO THE SUN(11) | Nomal☆病みつきになりそうです…☆(11) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ♂ 三景(11) | Nomalゴイサギ(11) | Nomal水鳥の次世代たち(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆カケス&ルリビタキ&カワセミ☆(11) | Nomal☆梅メジロ&ルリビタキ&シメ&シロハラ&カケス&オオタカ☆(11) | Nomalいつもの園・2/5(11) | Nomalセグロセキレイ(11) | Nomalカワセミ&タカブシギ(11) | Nomalいつもの園ほか(11) | Nomal巣立ったツバメ達(11) | Nomalあれ、家の子たちどこへ行ったの?(11) | Nomal干潟の夜明け(11) | Nomal☆山雀ちゃん♪☆(11) | Nomalジョウビタキ♂(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆いつまで逢えるのかな?☆(11) | Nomalオグロシギ三景(11) | Nomal☆今日は遅かったじゃない〜☆(11) | Nomal☆お友達になりました♪☆(11) | Nomalベニマシコ(11) | Nomal仲良しヒヨさん(11) | Nomal☆幸せの青い鳥♪☆(11) | Nomal☆今年も大変お世話になりました☆(11) | Nomal☆年明けに必ず逢いに来るからねぇ♪☆(11) | Nomal浜離宮のホシハジロ(11) | Nomal☆そこは狭くない?☆(11) | Nomal冬晴れとコブ白鳥達。(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal秋満開(11) | Nomalスズメ −秋色−(11) | Nomalナゼか左向き。(11) | Nomal錦秋(11) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■14036 / 親記事)  垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ TK -(2013/08/05(Mon) 01:07:32)
    2013/08/05(Mon) 01:29:53 編集(投稿者)

    英国北部東岸にある保護区は、数種類の水鳥の大群が子育てをすることで知られているのですが、営巣、抱卵、寝ることも食べることも、すべてがやく100メートルの岸壁で行われるのです。そこでアップするかどうか今年も悩んだのですが、例えガーデンバードの雛鳥でも投稿写真を没にする厳しいサイトが、この保護区を含めて舞台が急峻な壁である限りは許可いていることを知り、アップすることにしました。

    今回の最初は、翼を拡げると2メートルというシロカツオドリです。ただ春も初夏も寒かったので全体に数が少なく、例年なら珍しくない幼鳥も皆無なのは残念でした。
    Pentax K-5Us + Penrax DA* 300mm、f/5、1/500秒、ISO-640。
1400×927 => 800×529

1375632452.jpg
/1248KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■14038 / ResNo.1)  Re[1]: 垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ TK -(2013/08/05(Mon) 01:43:52)
    繁殖時期が遅れたので、岩壁のあちらこちらではかなり濃厚な求愛シーンも見られました。
    Borg 89ED + Pentax K-5IIs + Pantax 1.7 X AFアダプター、f/6.7、1/800秒、ISO-500。
1400×927 => 800×529

1375634632.jpg
/1080KB
引用返信
■14041 / ResNo.2)  Re[2]: 垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ モアイ -(2013/08/05(Mon) 07:00:38)
    No14038に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    飛んでいるシロカツオドリが2mも有るとは驚きました。白鳥並みですね。この岩壁の写真は迫力が有り見たいと思ってました。
    この岩壁なら人が近づけないので安心して繁殖できますね。
引用返信
■14046 / ResNo.3)  Re[3]: 垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ TK -(2013/08/05(Mon) 17:46:44)
    モアイさん、ありがとうございました。そもそも例年に比べて半分という数に加えて、この日は気流の関係か崖縁付近を飛ぶシーンが撮れないままでした。2年前など、200ミリぐらいでも十分だったのです。

    それでも何とか撮れたBorg 89EDの初撮りから、白飛び気味の一枚を選んで追加してみました。こういう場所なので、転がりにくい卵ででも落ちたりする事故は絶えないのでしょうね。
1400×927 => 800×529

1375692655.jpg
/1231KB
引用返信
■14049 / ResNo.4)  Re[4]: 垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ ともべい -(2013/08/05(Mon) 23:41:16)
    No14046に返信(TKさんの記事)

    TKさん、珍しい、シロカツオドリの色んな生態を紹介いただき、ありがとうございます。
    まさに断崖絶壁!
    カツオドリは一度だけ見たことありますが、白いカツオドリは印象がガラッと変わりますね。
引用返信
■14051 / ResNo.5)  Re[5]: 垂直岩壁の住人たち・シロカツオドリ
□投稿者/ TK -(2013/08/06(Tue) 00:18:21)
    ともべいさん、ありがとうございました。一度でいいから撮りたいのが、急降下で海中に突っこみ捕食する場面です。でも年ごとに体力が衰えてきて、少し無理をすると後が祟るようになりました。でもこの撮影地なら、我が家から4時間。そこから徒歩20分で腰が下ろせるポイントがあるので、動ける間は通いたいと思っています。一昨年EOS 50DとSigma 150-500mmで撮ったもの、条件がよくて焦点距離284mmで間に合いました。
1200×849 => 800×566

1375715901.jpg
/397KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■14012 / 親記事)  あっ、入水自殺?
□投稿者/ TK -(2013/08/02(Fri) 22:42:35)
    2013/08/02(Fri) 22:45:03 編集(投稿者)

    このカットだけ見ると、壇ノ浦の海戦終幕みたいですね。いったい、誰が何をしているのでしょう?

    Pentax K5US + Borg 89ED + Borg 1.4×テレコンバーターDG。
1400×928 => 800×530

1375450955.jpg
/995KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■14013 / ResNo.1)  Re[1]: あっ、入水自殺?
□投稿者/ TK -(2013/08/02(Fri) 22:51:38)
    人工の小島から飛びこんだのはこのアオサギなのですが、長い頸でも届かない水中に餌の魚を見つけて飛びこんだのでした。撮影者の私はというと、島の縁から飛びあがるのを予期して置きピンで待っていたのでした。
1400×927 => 800×529

1375451498.jpg
/918KB
引用返信
■14014 / ResNo.2)  Re[2]: あっ、入水自殺?
□投稿者/ TK -(2013/08/02(Fri) 23:02:19)
    さて飛びこんだアオサギは、足が水底に着いたのかどうかわかりませんが、翼を拡げてもがくようにしながら魚を捕らえようとしていたようです。2、3度だけ頭部が見えましたが、獲物の姿はありませんでした。
1400×927 => 800×529

1375452139.jpg
/1023KB
引用返信
■14015 / ResNo.3)  Re[3]: あっ、入水自殺?
□投稿者/ TK -(2013/08/02(Fri) 23:07:51)
    結果的には飛び込み戦法は失敗、やがてもっとアオサギらしい捕食手段に戻っていました。
1400×927 => 800×529

1375452471.jpg
/901KB
引用返信
■14018 / ResNo.4)  Re[4]: あっ、入水自殺?
□投稿者/ モアイ -(2013/08/03(Sat) 06:02:38)
    No14015に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    アオサギのダイブシーンは初めて見ました。抜群の瞬間でしたね。この人口島は色々な鳥が来て面白いですね。
引用返信
■14020 / ResNo.5)  Re[5]: あっ、入水自殺?
□投稿者/ TK -(2013/08/03(Sat) 16:37:24)
    モアイさん、ありがとうございます。
    沈船の縁から魚を捕まえるシーンは何度も見ましたが、飛びこむシーンは初めてでした。ネットで調べたのですが、you tubeで空中からダイビング、獲物を加えて飛び去るシーンを見つけただけでした。コサギなどは天敵を避けるため潜ることはあるらしいですね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■13968 / 親記事)  究極の一本脚
□投稿者/ モアイ -(2013/07/24(Wed) 12:08:46)
    BORG71FL+Panasonic DMC-G5 iso160 ss1/800 1600mm相当 AM8:35
    SILKYPIX JPEG Photography3.0

    ただでさえ足の長いセイタカシギですが一本脚になると、更に長く見えますね。
    風が吹いたら倒れそうですが、この状態でくつろいでいるのには驚きですね。まるで二階から下を見ている様です。
    池の中央付近に居たので撮影距離は50-100m位だと思います。EXズーム(デジタルズーム) 2倍で1600mm相当の画角になっています。
1200×801 => 800×534

1374635326.jpg
/524KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■13969 / ResNo.1)  Re[1]: 究極の一本脚
□投稿者/ TK -(2013/07/24(Wed) 15:00:12)
    モアイさん、起き上がり小法師風に作ってみたいような足長鳥ですね。神様って、ほんとにおもしろいことをされます。
引用返信
■13970 / ResNo.2)  Re[2]: 究極の一本脚
□投稿者/ たなか -(2013/07/24(Wed) 15:58:19)
    絵描きがこの姿勢を描いたら「これで立てる訳ない、デッサン狂ってる」と言われてしまいそうです。

    モアイさん、ここのところセイタカシギに惚れ込んでいらっしゃるようですね。隣の植物の茎と比べても細く長い脚ですねぇ。意外な頭の大きさといい不思議なプロポーションです。

    ところで、周囲の水草、調べたところどうやら葦のようです。植物は詳しく無いのですが、ネットで水草を調べたら葦かガマくらいしか、こんな笹のような葉の植物はありませんでした。
引用返信
■13971 / ResNo.3)  Re[3]: 究極の一本脚
□投稿者/ モアイ -(2013/07/24(Wed) 20:27:41)
    No13970に返信
     ☆TKさん ☆たなかさんコメントありがとうございました。

    初めてセイタカシギを見た時は感動しました。そして虜になったのでした。
    この写真もよろけて倒れるのではないかと思って撮っていたのですが、次の写真の様な余裕の表情を見せて笑っている様でした。
    たなかさん植物の名を調べていただきありがとうございました。一応僕も図鑑を見てみたのですが、サッパリでした。
1200×801 => 800×534

1374665261.jpg
/554KB
引用返信
■13972 / ResNo.4)  Re[4]: 究極の一本脚
□投稿者/ bluesirius -(2013/07/25(Thu) 08:43:18)
    No13971に返信(モアイさんの記事)
    > ■No13970に返信
    >  水の無いところに立つと脚の長さが際立ちますね、さすがに水辺の貴婦人(もっともきれいなのはオスの方ですが)と言われるセイタカサンですね。
    それにしても1600mm相当でこの鮮明さ!!スゴイ(何というボキャブラリーの無さ!!)としか言いようがありません。
引用返信
■13973 / ResNo.5)  Re[5]: 究極の一本脚
□投稿者/ モアイ -(2013/07/25(Thu) 15:27:47)
    No13972に返信(bluesiriusさんの記事)
    bluesiriusさん コメントありがとうございました。

    おっしゃる通り貴婦人と呼ばれているのも、納得出来ますね。確かにオスの方が色が鮮明で綺麗です。貴公子という処でしょうね。
    まだ実験中ですが、このレンズとカメラの相性は良いみたいで撮影するのが楽しいです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■13906 / 親記事)  ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ TK -(2013/07/17(Wed) 17:49:23)
    先週末の航空ショーに出かけましたが、逆光気味の太陽光線が照りつけて気温が30度、湿度も急上してまるで色が出ないの希に見る珍現象を起こしていました。

    どういうわけか滑走路周辺に数十羽のハシボソガラスがいて、ときどき見せ場を作ってくれました。飛行機はアメリカ軍が第2次大戦で重用していた観測・連絡用の軽飛行機パイパーカブです。
1400×920 => 800×525

1374050963.jpg
/626KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■13907 / ResNo.1)  Re[1]: ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ TK -(2013/07/17(Wed) 17:52:34)
    それでも機体が順光線側に廻ってくれたときには、こんな写真も撮れました。
1400×927 => 800×529

1374051154.jpg
/386KB
引用返信
■13908 / ResNo.2)  Re[2]: ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ モアイ -(2013/07/17(Wed) 18:04:17)
    No13907に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    飛んでいる飛行機とカラスを同時に撮るなんて流石です。よく同じ画面に入りましたね。ジェット機と違いプロペラ機は鳥に近い感じがしますね。
引用返信
■13909 / ResNo.3)  Re[3]: ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ TK -(2013/07/17(Wed) 18:24:37)
    モアイさん、記録破りの速いコメントをありがとうございました。これだけ暑いと、鴉や鳩以外の野鳥は姿を消します。次の週末に行く航空ショーの主催者からは、暑気対策を万全にするようにと異例のメールが入ってきました。このイベントは雨に祟られることが多いので有名なので、変な感じもしています。
    この日は、当時敵国だったドイツの超低速機シュトルヒ(コウノトリ)も飛んだのですが、ハシボソガラスは興味を示しませんでした。
引用返信
■13918 / ResNo.4)  Re[4]: ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ たなか -(2013/07/18(Thu) 14:46:37)
    TKさん こんにちは

    一枚目の写真、グリーンがかった空の色や単葉機の色と形など相俟ってノスタルジックな一枚になりましたね。
    カラスと単葉機が同じ方向を向いて仲良く飛んでいるのが、おおらかでイイです。

    二枚目の写真、飛行機が信じられないほど傾いているのでしょうか。今度はイタズラカラスを追い掛けているようなユーモラスな写真だと思いました。

引用返信
■13922 / ResNo.5)  Re[5]: ハシボソカラス頑張る
□投稿者/ TK -(2013/07/18(Thu) 19:43:07)
    たなかさん、もったいないようなコメントをいただき、恐縮しております。
    この航空ショーに登場の機体は、すべて第2次大戦時のものばかりです。レストアする人も飛ばす人もヒコーキ大好きばかり、製造後数十年の機体で信じられないようなアクロバットもやってのけます。相互の信頼がないとできないことですよね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■13860 / 親記事)  親離れ 子離れの季節
□投稿者/ たなか -(2013/07/12(Fri) 14:56:53)
    近所の緑地のムクドリの幼鳥です。
    第二子、第三子が生まれているのか、「もう十分成長している」と親鳥が判断したものか、給餌の間隔がどんどん長くなっています。

    幼鳥は数十メートルなら飛べます。また、自分で餌を摂ることも出来るようです。それでも、両親が居なくなると不安の様子で陰に隠れたり、空を見上げたり。

    親鳥の鳴き声が聞こえると追い掛けて行きます。
    親鳥の方はたまに給餌するものの、どちらかと言うと冷たくあしらうことが多いです。

    写真は道路上で親鳥の姿を見つけて給餌を促す仕草を見せる幼鳥。
    タムロンの18mm〜270mmのお手軽レンズですが、意外によく写ります。
1200×800 => 800×533

1373608613.jpg
/773KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■13861 / ResNo.1)  Re[1]: 親離れ 子離れの季節
□投稿者/ たなか -(2013/07/12(Fri) 14:59:52)
    これはその前の給餌シーン。親鳥にしつこく付きまとってようやく勝ち得た(笑)お食事です。
800×533

1373608792.jpg
/522KB
引用返信
■13863 / ResNo.2)  Re[1]: 親離れ 子離れの季節
□投稿者/ かずかず -(2013/07/12(Fri) 15:39:55)
    No13860に返信(たなかさんの記事)

    >たなかさん、こんにちは。
    全く親と同じ大きさになっても甘えていますね。
800×564

1373611195.jpg
/402KB
引用返信
■13867 / ResNo.3)  Re[2]: 親離れ 子離れの季節
□投稿者/ TK -(2013/07/12(Fri) 17:48:07)
    たなかさん、ムクドリという野鳥は、スズメと並んで東京23区内でもガーデンバードだったという記憶があります。それだけに、何かと愛らしい動作が目につくのでしょうね。こちらでいうとクロウタドリが筆頭格の庭鳥ですが、おもしろいことに巣離れしても一週間は飛べないので、地上に降りるだけでも2日ぐらいかかったりしています。その代わり走るのが早いこと早いこと。神様はよく考えてお出でですね。
1400×1980 => 565×800

1373619531.jpg
/1539KB
引用返信
■13868 / ResNo.4)  Re[2]: 親離れ 子離れの季節
□投稿者/ たなか -(2013/07/12(Fri) 18:10:02)
    かずかずさん、コメントと写真、ありがとうございます。さすがに構図など、私のとは比べものにならないほど素晴らしいです。

    かずかずさんの「暑中お見舞い」のオナガも幼鳥が自立する時節ですが、高い梢の方に居たり、茂みにいたりしてなかなか撮影のチャンスがありません。
引用返信
■13869 / ResNo.5)  Re[3]: 親離れ 子離れの季節
□投稿者/ たなか -(2013/07/12(Fri) 18:21:06)
    TKさん、クロウタドリの幼鳥の写真と興味深いお話をありがとうございます。


    仰るように、ムクドリはこの近辺ではごくありふれた鳥です。

    30年ほど前、世田谷の実家に住んでおりましたが、「世田谷区成城付近一帯は、全国でも有数のムクドリ営巣地である」という新聞記事を読んだことがあります。

    現在、多摩川の河原でも、住宅地でも、とてもふつうに見られる鳥です。あるいは、スズメょり多いかも知れません。

    色が地味で声もきれいではありませんが、愛すべき鳥に違いありません。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -