HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal紅葉バックに(17) | Nomal久し振りの投稿です。(17) | Nomalイソヒヨドリ一家物語 10話(17) | Nomalサンダーバード、いいえコオバシギ準備完了!(17) | Nomal野鳥水浴びコンテスト(17) | Nomal☆青い鳥〜三昧〜♪☆(16) | Nomalある日の鳥撮影(15) | Nomalジョウビタキ 雌(15) | Nomal大潮干潟に日が射して(15) | Nomal☆おなかいっぱいです〜♪☆(15) | Nomalコゲラ(15) | Nomal2mへの挑戦(15) | Nomal三光鳥(15) | Nomalコグンカンドリ(14) | Nomalノスリだと思います。(14) | Nomal飛びモノは難しい!(14) | Nomalある春の日(14) | Nomal☆絞りを変えて撮って見ました♪☆(14) | Nomalシベリアから飛んできたハヤブサ?(14) | Nomal(削除)(14) | Nomal☆今日のルリ男くん♪☆(14) | Nomal欠礼のお詫び(14) | Nomal月に雁(13) | Nomal虹の湿地帯(13) | Nomal脇役としての白鳥(13) | Nomalいつもの運河(13) | Nomal☆また逢いに来たよ〜♪☆(13) | Nomalハイキー風味の鳥景写真二枚(13) | Nomalはやぶさ(13) | Nomalマガモのスケート場(13) | Nomalコアオアシシギ(13) | Nomal干潟の戦い(13) | Nomal皆様初めまして(12) | Nomal☆翡翠&軽鴨☆(12) | Nomalはなびら(12) | Nomalコジュケイ祭り(12) | Nomal☆お山のルリビタキ&菜の花ジョウビタキ&アオゲラ☆(12) | Nomal☆楽しいはしごの旅♪☆(12) | Nomalブッポウソウの交尾(12) | Nomal☆ルリ男バストアップ♪☆(12) | Nomal干潟の日没30分前(12) | Nomal白昼の干潟・番外編(12) | Nomalウッドペッカー(12) | Nomal☆もう少しお付き合い下さい☆(12) | Nomalミヤマホウジロ 3枚(12) | Nomal叫びます(12) | Nomal真っ赤っ赤(12) | Nomal霧のオオハクチョウ(12) | Nomal☆3日もどこ行ってたのよ〜?☆(12) | Nomal変なカワセミ。(12) | Nomal☆自然観察公園のお嬢様♪☆(12) | Nomal強風でホヴァリング(12) | Nomal亜流クリスチャン・ラッセン(12) | Nomal孤独なコブハクチョウと遊ぶ(12) | Nomal熱々のアジサシ夫妻(12) | Nomallowアングルの世界 !!(12) | Nomalアオバトのカップル(12) | Nomal改めて数えてみると(12) | Nomal(削除)(12) | Nomal朝食の献立は?(12) | Nomal機材変われど主変わらず(12) | Nomal餌運び野鳥いろいろ(12) | Nomalカワセミ給餌(11) | Nomalいろいろ(11) | Nomal(削除)(11) | NomalINTO THE SUN(11) | Nomal☆病みつきになりそうです…☆(11) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ♂ 三景(11) | Nomalゴイサギ(11) | Nomal水鳥の次世代たち(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆カケス&ルリビタキ&カワセミ☆(11) | Nomal☆梅メジロ&ルリビタキ&シメ&シロハラ&カケス&オオタカ☆(11) | Nomalいつもの園・2/5(11) | Nomalセグロセキレイ(11) | Nomalカワセミ&タカブシギ(11) | Nomalいつもの園ほか(11) | Nomal巣立ったツバメ達(11) | Nomalあれ、家の子たちどこへ行ったの?(11) | Nomal干潟の夜明け(11) | Nomal☆山雀ちゃん♪☆(11) | Nomalジョウビタキ♂(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆いつまで逢えるのかな?☆(11) | Nomalオグロシギ三景(11) | Nomal☆今日は遅かったじゃない〜☆(11) | Nomal☆お友達になりました♪☆(11) | Nomalベニマシコ(11) | Nomal仲良しヒヨさん(11) | Nomal☆幸せの青い鳥♪☆(11) | Nomal☆今年も大変お世話になりました☆(11) | Nomal☆年明けに必ず逢いに来るからねぇ♪☆(11) | Nomal浜離宮のホシハジロ(11) | Nomal☆そこは狭くない?☆(11) | Nomal冬晴れとコブ白鳥達。(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal秋満開(11) | Nomalスズメ −秋色−(11) | Nomalナゼか左向き。(11) | Nomal錦秋(11) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■13592 / 親記事)  波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ モアイ -(2013/06/07(Fri) 11:33:15)
    PowerShot SX50HS iso125 ss1/400 f5.6 1200mm相当
    SILKYPIX JPEG Photography3.0

    この日は朝早くから出かけたのですがシギチ類が居らず、このキアシシギだけがポツンと立ってました。
    水面が青く見えるのは上に掛かっている橋の橋げたの色が写り込んでいる為です。曇っていたので橋の青色を利用しました。
1200×799 => 800×532

1370572395.jpg
/609KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■13595 / ResNo.1)  Re[1]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ TK -(2013/06/07(Fri) 15:21:19)
    モアイさん、最初は50FLで撮ったのかと思いました。すっかりこの機材をマスターされましたね。
    私はまだまだ、これは娘に家の庭で撮ったSX50HSのズアオアトリです。ミニ三脚の脚2本を肩に載せ、残る1本を握って構えました。昨年はバラの茂みで雛を孵しましたが、今年はまだ場所を決めかねているのでしょうか。

1400×1050 => 800×600

1370586079.jpg
/543KB
引用返信
■13609 / ResNo.2)  Re[2]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ モアイ -(2013/06/07(Fri) 21:14:41)
    No13595に返信(TKさんの記事)
    TKさん コメントと写真ありがとうございました。
    快晴の空にズアオアトリが映えますね。
    SX50HSを使っていて気になるのが鳥にピントが合わないのです。ですから周りの水面や葉っぱにピントを合わせてから撮影しています。コントラストAFの特性かも知れません。この写真も足元の水面にピントを合わせています。
    電子ファインダーだとピントが分からないので背面液晶を見ながら撮影しています。
引用返信
■13611 / ResNo.3)  Re[3]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ toro -(2013/06/07(Fri) 21:23:58)
http://torochi.yu-yake.com/
    モアイさん

    私はまず鳥にデジタル100倍でAFを合わせて50倍に落とします。
    するとちゃんとピントをキープしたまま撮れます。(~o~)
    このあたりの改善は是非して欲しいですよね〜
引用返信
■13615 / ResNo.4)  Re[1]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ ともべい -(2013/06/08(Sat) 07:41:47)
    No13592に返信(モアイさんの記事)

    橋の青色を利用されたとのこと。とても綺麗ですね。
    こちらのキアシシギはすっかり居なくなり、寂しいかぎりです。
    でも早いものは、7月に入ると帰ってくる(秋の渡りの走り)ので、しばらくの辛抱ですが・・・
引用返信
■13616 / ResNo.5)  Re[4]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ モアイ -(2013/06/08(Sat) 07:53:29)
    No13611に返信(toroさんの記事)
    toroさん コメントありがとうございました。
    さすが先駆者のtoroさんですね。そんなピント合わせの裏技があったんですね。早速マネしてみます。
    そういえば僕もBORGで撮影する時は、必ずライブビューの拡大ピント合わせを使いますが、それと原理は同じですね。
引用返信
■13618 / ResNo.6)  Re[2]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ モアイ -(2013/06/08(Sat) 08:04:36)
    No13615に返信(ともべいさんの記事)
    ともべいさん コメントありがとうございました。
    シギチの撮影は時期が重要なんですね。それと潮の満ち引きで撮影場所を考慮しないといけないので難しいですね。今回、初めて解りました。
    秋の渡りが楽しみになりました。
引用返信
■13619 / ResNo.7)  Re[1]: 波打ち際のキアシシギ
□投稿者/ 花鳥風月 -(2013/06/08(Sat) 09:36:39)
http://photozou.jp/user/top/3008615
    先日、モアイさんのMFにブッポウソウが出たとの事で行くも1日行くのが遅くて結局撮れず…翡翠の出も悪くカメラマン一人も居ませんでした…
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■13435 / 親記事)  タカサゴモズ
□投稿者/ ともべい -(2013/05/25(Sat) 01:02:30)
    ちょっと前の写真ですが、梅の枝にとまった、タカサゴモズです。
1400×927 => 800×529

1369411350.jpg
/443KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■13438 / ResNo.1)  Re[1]: タカサゴモズ
□投稿者/ TK -(2013/05/25(Sat) 03:38:33)
    ともべいさん、モズは南方系の鳥でヨーロッパには・・・、なんていいわけは、毎度毎度のともべい調野鳥写真を見ては、苦しいいいわけに過ぎません。水彩画と見紛う、ソフトなタッチは真似しようとしているのですが、まだまだ足許にも寄れません。
引用返信
■13442 / ResNo.2)  Re[1]: タカサゴモズ
□投稿者/ モアイ -(2013/05/25(Sat) 18:25:04)
    No13435に返信(ともべいさんの記事)
    ともべいさん こんにちは
    色使い・構図・画質ともに完璧ですね。それに柔らかい感じの仕上げが凄くイイです。
引用返信
■13444 / ResNo.3)  Re[2]: タカサゴモズ
□投稿者/ たなか -(2013/05/25(Sat) 19:22:12)
    一連の菜の花の写真、見応えがあります。

    鳥はもちろん、写真やカメラ・レンズに対する愛情とこだわりが素晴らしいです。
引用返信
■13446 / ResNo.4)  Re[1]: タカサゴモズ
□投稿者/ ともべい -(2013/05/25(Sat) 22:09:06)
    No13435に返信(ともべいさんの記事)

    TKさん、モアイさん、たなかさん
    コメントありがとうございます。
    (たなかさんは、TKさんへのコメントかな?)
    梅の木が近くにあるところに出没していたので、数少ないチャンスを狙っていて、短い間でしたが運よくとまってくれました。
    若干逆光気味で日が少し陰ってくれたのが幸いしました。
引用返信
■13447 / ResNo.5)  Re[2]: タカサゴモズ
□投稿者/ albion -(2013/05/26(Sun) 12:40:30)
http://p-albion.jp
    タカサゴモズは出会ってみたい野鳥です。
    素敵な雰囲気の写真ですね。
引用返信
■13455 / ResNo.6)  Re[3]: タカサゴモズ
□投稿者/ たなか -(2013/05/26(Sun) 18:30:22)
    野鳥を、中心を外して写真にするのは、技術と勇気・決断力・瞬発力が要りますよね? 

    幸運をモノに出来るともべいさんの技量に感服です。
引用返信
■13457 / ResNo.7)  Re[3]: タカサゴモズ
□投稿者/ ともべい -(2013/05/26(Sun) 22:26:05)
    No13447に返信

    albionさん、コメントありがとうございます。

    私も会いたいと思っていた鳥さんでしたが、今シーズンようやく出会うことができました。しかも二個体・・・今まで長い間会えなかった鳥に一度会うと次も会えるということが、あるような気がしてます。

    たなかさん、コメントありがとうございます。

    余裕がある時は、意識して主題の鳥さんをどちらかにずらして撮影するようにしてますが、余裕がない時は、日の丸構図でトリミングで調整してますわ・・・(^_^;)

1400×927 => 800×529

1369574765.jpg
/440KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■13377 / 親記事)  BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ TK -(2013/05/20(Mon) 17:14:32)
    2013/05/20(Mon) 17:25:57 編集(投稿者)

    5時少し前の日の出に間に合わせようと家を出たら、この付近でよくあることですが深い霧に襲われてしまいました。オオジュリンはまだ暗いうちからこの場所で落ち着き払っていましたが、新鮮な陽光を浴びながら、いかにもハッピーそうでした。約30%トリミングしてあります。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/200秒、ISO-200。
1400×927 => 800×529

1369037672.jpg
/691KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■13378 / ResNo.1)  Re[1]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ TK -(2013/05/20(Mon) 17:25:26)
    2013/05/20(Mon) 18:31:35 編集(投稿者)

    前回見かけた猛禽はこの朝もはるか遠方で遊弋していましたが、方角と飛び方からすると行きつけの白鳥保護区で見るチュウヒのようでした。代わりに見られたのがチョウゲンボウの空中ダンス。ときどき花畑の中に消えるのですが、ヒバリみたいにここで子育てをするのでしょうか、それとも小鳥たちや卵などが狙い?。背景の建物がちょうど1キロ先、このカップルまで少なくとも500メートルの距離があって、これが精一杯の結果でした。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/640秒、ISO-400。
1400×927 => 800×529

1369038326.jpg
/739KB
引用返信
■13379 / ResNo.2)  Re[2]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ TK -(2013/05/20(Mon) 17:33:12)
    2013/05/20(Mon) 18:28:16 編集(投稿者)

    別のセイヨウアブラナ畑に移ってすぐ現れたのがミヤマガラス、背景にも違う畑が見えますが、シーズンが終わる前にこんな斜面の麓で撮ってみたいものです。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/640秒、ISO-400。

1400×927 => 800×529

1369038792.jpg
/902KB
引用返信
■13381 / ResNo.3)  Re[3]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ モアイ -(2013/05/20(Mon) 19:00:14)
    No13379に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんばんは
    いつもの湿地帯とは違う高原の様な雰囲気が新鮮で良いですね。朝霧もまた味わいが有ります。
引用返信
■13383 / ResNo.4)  Re[1]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ かずかず -(2013/05/20(Mon) 19:20:09)
    No13377に返信(TKさんの記事)
    > 2013/05/20(Mon) 17:25:57 編集(投稿者)

    >素晴らしい情景です。
    霧がまた何とも言えない趣を出していますね。

    次の作品待っています。

引用返信
■13387 / ResNo.5)  Re[3]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ albion -(2013/05/20(Mon) 21:46:39)
http://p-albion.jp
    TKさん、遠く英国の素晴らしい野鳥風景が見られる幸せを感じています。

引用返信
■13392 / ResNo.6)  Re[2]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ TK -(2013/05/20(Mon) 23:53:41)
    モアイさん、かずかずさん、albionさん、もったいないようなコメントをありがとうございました。
    今年はいい場所に恵まれ、おかげでチョウゲンボウのディスプレーまで見られて満足しかけています。そのチョウゲンボウが現れたときはほぼ霧は消滅していたのに、暖かい朝だったので代わりに花畑から上がる湯気が代役を務めてくれました。半キロ先で霞の中、この程度の解像なら瞑すべしでしょうね。
    もう一枚、調子に乗って14ミリの花畑を掲げます。脚立に乗って撮ればよかったのですが、代わりにテレビのワイド画面風にトリミングしました。
1800×1013 => 800×450

1369061620.jpg
/1172KB
引用返信
■13394 / ResNo.7)  Re[3]: BORGのセイヨウアブラナ・その一
□投稿者/ モアイ -(2013/05/21(Tue) 07:13:24)
    No13392に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    凄い絶景ですね。黄色とブルーそして雲の白が見事です。この時期だけの風景ですね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■13144 / 親記事)  バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ TK -(2013/05/06(Mon) 04:14:46)
    これは日本でもおなじみのシジュウカラです。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/4.5、1/200秒、ISO-200。


1800×1192 => 800×529

1367781286.jpg
/1049KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■13145 / ResNo.1)  Re[1]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ TK -(2013/05/06(Mon) 04:22:46)
    次はいとこに当たるアオガラ、こちらではより数が多いことと賢いことでシジュウカラより人気があります。牛乳瓶の蓋の色で全脂粉乳を探し、嘴で穴を開けてクリームを吸い取ることができるのです。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/4.5、1/200秒、ISO-200。
1400×927 => 800×529

1367781766.jpg
/707KB
引用返信
■13146 / ResNo.2)  Re[2]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ TK -(2013/05/06(Mon) 04:28:13)
    2013/05/06(Mon) 04:39:37 編集(投稿者)

    これは日本の兄妹たちと若干色合いの異なるカワラヒワです。強面のする鳥で、餌台が混んでくるとほかの種類を追い出したりします。好物はヒマワリの種のようです。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/250秒、ISO-200。
1400×927 => 800×529

1367782093.jpg
/676KB
引用返信
■13147 / ResNo.3)  Re[3]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ TK -(2013/05/06(Mon) 04:38:15)
    今回の最後は別の保護区で撮ったマヒワです。これは距離がある上、300ミリにAFアダプター X 1.7で撮ったので鮮明とはいきませんでした。実はこれ、私にとってはマヒワの初撮りでした。餌台が気になる方でも、近くの立木や灌木に狙いをつけておくと、チャンスは減りますがいろいろな鳥が狙えます。
927×1400 => 529×800

1367782695.jpg
/814KB
引用返信
■13156 / ResNo.4)  Re[4]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ モアイ -(2013/05/06(Mon) 11:23:15)
    No13147に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    日本の鳥とは微妙に色合いが違いちがう鳥に見えますね。日本でも以前ヤマガラに芸を仕込んで、おみくじを引かせて楽しんでいたようです。
引用返信
■13160 / ResNo.5)  Re[5]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ toro -(2013/05/06(Mon) 13:46:09)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    バードテーブルという面白い仕組みのものがあるのですね!(~0~)
    モアイさんも仰ってますが、微妙に日本で見るのと色合いが違う感じですね!
    ヤマガラは頭が良く、人に慣れます。
    冬に撮った野生のヤマガラを貼ります。(野生ですが、餌付けされています)
3000×2250 => 800×600

1367815569.jpg
/697KB
引用返信
■13161 / ResNo.6)  Re[1]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ albion -(2013/05/06(Mon) 14:04:13)
http://p-albion.jp
    No13144に返信(TKさんの記事)
    > これは日本でもおなじみのシジュウカラです。
    > Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/4.5、1/200秒、ISO-200。
    >
    >
    TKさん、こんにちは。
    精力的に撮影されてますね。
    ヨーロッパのシジュウカラはお腹が黄色ですね。
    私はトルコで見かけました。
    囀りも日本のシジュウカラと少し違うようでした。
    ところで、バードフィーダーの中身は何の実ですか?

引用返信
■13165 / ResNo.7)  Re[5]: バードテーブルのお客さん その二
□投稿者/ TK -(2013/05/06(Mon) 17:13:25)
    モアイさん、toroさん、albionさん コメントやご質問、ありがとうございました。

    英国は人口密度は日本より低くて山も深くないため、庭でも公園でも、牧場や河畔などどこでも自然と接触できるので、家庭でも学校でもごく当たり前に自然と接触するよせいでしょう。関連商品製造販売も一大産業になっています。餌の種類や配合にもそれぞれ工夫があって、主な野鳥の嗜好に合わせて、乾燥ウジ虫、ヒマワリの種、ピーナッツ、キビ、デイジーの種等々、たいへんなものです。
    テーブルや給餌器具のバライエティも多いし、壁や立樹に取り付ける巣箱もよりどりみどり、老人ホームで見かけるのが吸着パッド付きの餌箱、これなら身体障害者でも窓ガラス越しにバードウォッチングができますね。
    撮らんがため、売らんがための餌付けはどうかと思いますが、餌を掌に載せて庭や公園で手乗り野鳥を楽しむ老若男女の姿は楽しげでいいものです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■13098 / 親記事)  久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ TK -(2013/05/03(Fri) 00:47:19)
    内陸部20度の昨日、10日前にセイタカシギに振られた東海岸に接した保護区に行ってきました。この日の収穫はサンカノゴイ、2年前に300ミリレンズでやっと撮ったと同じ人に親切な個体でしょうか、この日は77ED Uでぴったりの距離で小一時間ほど食事をしていました。こういうときの観察小屋はシャッター音以外は聞こえない静けさで、葦原に消えたとたんに息を吐き出しおしゃべりも始まります。
    大きな体に似合わず口にする魚も幼虫類も、驚くほど小さいのです。
1800×1192 => 800×529

1367509638.jpg
/1740KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■13099 / ResNo.1)  Re[1]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ TK -(2013/05/03(Fri) 00:53:14)
    ともべいさんもご自身のブログで書いておられますが、外敵に警戒するのか、直立不動の姿勢を保ちます。葦原が緑になってきたから見つけやすいのですが、枯れているときは羽毛の彩りが完璧なカモフラージュに.なってくれます。
1400×927 => 800×529

1367524124.jpg
/880KB
引用返信
■13100 / ResNo.2)  Re[2]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ TK -(2013/05/03(Fri) 01:02:48)
    最後に同じ鳥の大写しです。前回は観察小屋の窓の下まできたので、この日も300ミリを手元に置いてあったのですが、何とかBORGのままで撮り終えました。
1800×1192 => 800×529

1367510568.jpg
/1456KB
引用返信
■13103 / ResNo.3)  Re[3]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ toro -(2013/05/03(Fri) 07:41:18)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    随分変わった風貌の鳥ですね!
    初めて拝見しました。
    特に2枚目の直立不動の姿勢の写真にはそそられます!(笑)
    観察小屋内の静けさが伝わって来るような作品です。

    やはり機材も腕も良いのでとても綺麗です。
引用返信
■13109 / ResNo.4)  Re[2]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ モアイ -(2013/05/03(Fri) 14:56:18)
    No13099に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    本当に見つけにくそうな鳥ですね。黒い虫を捕まえた処が見事です。
    あまり聞かない名前なので調べてみたら東京湾沿岸にも来るそうですが見つけるのが難しそうです。
引用返信
■13111 / ResNo.5)  Re[3]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ ともべい -(2013/05/03(Fri) 15:18:09)
    No13100に返信(TKさんの記事)

    お〜、よく見つけられましたね。
    サンカノゴイは大きな野鳥ですが、葦原に潜入されると、黄褐色に黒い縦斑が葦原の景色に同化して、とても見つけにくい鳥ですよね。
    じっくり観察すると、とても面白い仕草をするので、面白いですよ。
引用返信
■13114 / ResNo.6)  Re[3]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ TK -(2013/05/04(Sat) 04:30:40)
    Toroさん、モアイさん、ともべいさん、嬉しいコメントをありがとうございました。
    この撮影地は過去3年間、平均して30%ぐらいの確立でこの鳥を見ることができる保護区です。1キロの距離のこともあるし、観察小屋の窓から身を乗り出さないと撮れないこともあるなど結果は様々です。私がこれから見たいのは雛ですが、これまでのところまるで駄目です。

    観察小屋など撮影地かなりのもので、この日もサンカノゴイが出現して殺気だった私を含む3人の様子に恐れを感じたのか、人の邪魔ばかりしていた英国人熟年バーダーは急におとなしくなりました。

    東京湾内のことには知識がありませんが、東京都野鳥公園で英国に住んだことがあるウォーデンの方と会ったとき、ときどき現れますよという返事をもらったことがあります。

    3月になると雄が超低温で雌を呼ぶようになるのですが、それから5月ぐらいまでが撮影のチャンス、次に雛が飛べるようになった夏の時期、そもそも飛んだり泳いだりがうまくない鳥なのです。続けてご紹介の一枚目がダブルバスーンもシャッポを脱ぎそうな雄の超低温恋歌の情景です。
1400×990 => 800×565

1367609440.jpg
/1417KB
引用返信
■13115 / ResNo.7)  Re[4]: 久しぶりにサンカノゴイ
□投稿者/ TK -(2013/05/04(Sat) 04:37:48)
    最後が、私にとっては初めてだった水泳風景です。低音木管楽器を吹いタオスの写真と同じく、2年前の4月に撮影しました。どちらも前に出した写真の再登場ですが、お許しください。
1400×930 => 800×531

1367745876.jpg
/875KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -