HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal紅葉バックに(17) | Nomal久し振りの投稿です。(17) | Nomalイソヒヨドリ一家物語 10話(17) | Nomalサンダーバード、いいえコオバシギ準備完了!(17) | Nomal野鳥水浴びコンテスト(17) | Nomal☆青い鳥〜三昧〜♪☆(16) | Nomalある日の鳥撮影(15) | Nomalジョウビタキ 雌(15) | Nomal大潮干潟に日が射して(15) | Nomal☆おなかいっぱいです〜♪☆(15) | Nomalコゲラ(15) | Nomal2mへの挑戦(15) | Nomal三光鳥(15) | Nomalコグンカンドリ(14) | Nomalノスリだと思います。(14) | Nomal飛びモノは難しい!(14) | Nomalある春の日(14) | Nomal☆絞りを変えて撮って見ました♪☆(14) | Nomalシベリアから飛んできたハヤブサ?(14) | Nomal(削除)(14) | Nomal☆今日のルリ男くん♪☆(14) | Nomal欠礼のお詫び(14) | Nomal月に雁(13) | Nomal虹の湿地帯(13) | Nomal脇役としての白鳥(13) | Nomalいつもの運河(13) | Nomal☆また逢いに来たよ〜♪☆(13) | Nomalハイキー風味の鳥景写真二枚(13) | Nomalはやぶさ(13) | Nomalマガモのスケート場(13) | Nomalコアオアシシギ(13) | Nomal干潟の戦い(13) | Nomal皆様初めまして(12) | Nomal☆翡翠&軽鴨☆(12) | Nomalはなびら(12) | Nomalコジュケイ祭り(12) | Nomal☆お山のルリビタキ&菜の花ジョウビタキ&アオゲラ☆(12) | Nomal☆楽しいはしごの旅♪☆(12) | Nomalブッポウソウの交尾(12) | Nomal☆ルリ男バストアップ♪☆(12) | Nomal干潟の日没30分前(12) | Nomal白昼の干潟・番外編(12) | Nomalウッドペッカー(12) | Nomal☆もう少しお付き合い下さい☆(12) | Nomalミヤマホウジロ 3枚(12) | Nomal叫びます(12) | Nomal真っ赤っ赤(12) | Nomal霧のオオハクチョウ(12) | Nomal☆3日もどこ行ってたのよ〜?☆(12) | Nomal変なカワセミ。(12) | Nomal☆自然観察公園のお嬢様♪☆(12) | Nomal強風でホヴァリング(12) | Nomal亜流クリスチャン・ラッセン(12) | Nomal孤独なコブハクチョウと遊ぶ(12) | Nomal熱々のアジサシ夫妻(12) | Nomallowアングルの世界 !!(12) | Nomalアオバトのカップル(12) | Nomal改めて数えてみると(12) | Nomal(削除)(12) | Nomal朝食の献立は?(12) | Nomal機材変われど主変わらず(12) | Nomal餌運び野鳥いろいろ(12) | Nomalカワセミ給餌(11) | Nomalいろいろ(11) | Nomal(削除)(11) | NomalINTO THE SUN(11) | Nomal☆病みつきになりそうです…☆(11) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ♂ 三景(11) | Nomalゴイサギ(11) | Nomal水鳥の次世代たち(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆カケス&ルリビタキ&カワセミ☆(11) | Nomal☆梅メジロ&ルリビタキ&シメ&シロハラ&カケス&オオタカ☆(11) | Nomalいつもの園・2/5(11) | Nomalセグロセキレイ(11) | Nomalカワセミ&タカブシギ(11) | Nomalいつもの園ほか(11) | Nomal巣立ったツバメ達(11) | Nomalあれ、家の子たちどこへ行ったの?(11) | Nomal干潟の夜明け(11) | Nomal☆山雀ちゃん♪☆(11) | Nomalジョウビタキ♂(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆いつまで逢えるのかな?☆(11) | Nomalオグロシギ三景(11) | Nomal☆今日は遅かったじゃない〜☆(11) | Nomal☆お友達になりました♪☆(11) | Nomalベニマシコ(11) | Nomal仲良しヒヨさん(11) | Nomal☆幸せの青い鳥♪☆(11) | Nomal☆今年も大変お世話になりました☆(11) | Nomal☆年明けに必ず逢いに来るからねぇ♪☆(11) | Nomal浜離宮のホシハジロ(11) | Nomal☆そこは狭くない?☆(11) | Nomal冬晴れとコブ白鳥達。(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal秋満開(11) | Nomalスズメ −秋色−(11) | Nomalナゼか左向き。(11) | Nomal錦秋(11) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■14631 / 親記事)  干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ tkino@talktalk.net -(2013/10/16(Wed) 03:04:45)
    けっこう楽しかった半日だったのでいい気になり、日没まで居座ろと決めて潮が退いた浜辺に座りこみました。我慢して動かずにいると、まあまあ撮影できる数十メートルから百メートル圏にシギチが現れるので退屈はしません。最初はまだ若いらしいアカアシシギです。この組み写真はどれも89EDで撮りましたが、セキレイ以外は距離があったので大トリミングです。
1400×927 => 800×529

1381860285.jpg
/655KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■14632 / ResNo.1)  Re[1]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ tkino@talktalk.net -(2013/10/16(Wed) 03:10:16)
    これは100メートル圏を行きつ戻りつしていたダイゼンです。比較的近間で撮ったわけですが、こんなにおもしろい顔つきをした鳥だとは知りませんでした。
1400×928 => 800×530

1381860616.jpg
/869KB
引用返信
■14633 / ResNo.2)  Re[2]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ tkino@talktalk.net -(2013/10/16(Wed) 03:14:18)
    これはダイシャクシギ、夕闇が迫ると100メートル圏内で餌を探していますが、このときはまだ日が高い時間だったので、何とかまともな写真になりました。
1400×927 => 800×529

1381860858.jpg
/1357KB
引用返信
■14634 / ResNo.3)  Re[3]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ tkino@talktalk.net -(2013/10/16(Wed) 03:23:22)
    これは目の前まできたハクセキレイ、こちらには顔が黄色い亜種がいるのです。これだけ近いと、シャッター速度が自由に選べないレンズでは速い動きについて行けなくなりました。何はとも晴れ間に恵まれて楽しい午後を過ごせたというわけです。
1400×927 => 800×529

1381861402.jpg
/780KB
引用返信
■14638 / ResNo.4)  Re[4]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ モアイ -(2013/10/16(Wed) 08:28:41)
    No14634に返信(tkino@talktalk.netさんの記事)
    TKさん こんにちは
    午前のシギチの大群とはガラリと変わり、午後は のどかな雰囲気ですね。同じ場所とは思えない程です。
    日本でも、お馴染みの鳥達で日本かと思ってしまいました。
引用返信
■14642 / ResNo.5)  Re[5]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ TK -(2013/10/16(Wed) 18:44:51)
    マイアさん、早速のコメントをありがとうございました。干潟に限らず、こちらがその気になって待てば何か収穫があるものだと、改めて納得しました。フィールドで余裕があるときの楽しみは、魔法瓶に入れたコーヒーです。
引用返信
■14644 / ResNo.6)  Re[6]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ toro -(2013/10/16(Wed) 18:54:55)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    モアイさんのおっしゃるように、まるで日本の風景みたいです。(~o~)
    こちらでも顔付近が黄色のハクセキレイを見ます。
    若鳥なのかなと思っていました。

3000×1998 => 800×532

1381917295.jpg
/487KB
引用返信
■14649 / ResNo.7)  Re[7]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ TK -(2013/10/16(Wed) 23:20:38)
    マイアさんなどという名前違い、申し訳ありません。すぐ気がついて編集か削除で訂正しようとしましたが、駄目でした。ほかの方でも同じようなことが起きてしまい、原因を探っているところです。
引用返信
■14650 / ResNo.8)  Re[7]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ TK -(2013/10/16(Wed) 23:27:13)
    No14644に返信(toroさんの記事)

    toroさん、コメントをありがとうございました。
    日本も英国も海に囲まれた島国なので、同じ種類の鳥が見られることも多いようですね。私も大群ばかり撮っていないで、皆さんのようなアップの撮影をしたいのですが、どうもうまくいきません。
引用返信
■14651 / ResNo.9)  Re[8]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ モアイ -(2013/10/17(Thu) 08:06:54)
    No14649に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    タイプミスは誰にでも有るのでお気になさらないで下さい。でも間違い方が面白くて声を出して笑ってしまいました。
    タイプミスでは無くエラーが頻発するとしたらパソコンが壊れる前兆現象かもしれないので、データーのバックアップを取っておいた方が良いのではないでしょうか。
引用返信
■14660 / ResNo.10)  Re[3]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ ともべい -(2013/10/17(Thu) 22:22:53)
    No14633に返信(tkino@talktalk.netさんの記事)
    > これはダイシャクシギ、夕闇が迫ると100メートル圏内で餌を探していますが、このときはまだ日が高い時間だったので、何とかまともな写真になりました。

    TKさん、手前の黄色〜赤味のついた植物(何という名前かな?)とダイシャクシギの白い腹の組合せが、良いですね。
    干潟に、ちょこっと別の色が入ると、ぐっと感じが変わりますね。
引用返信
■14668 / ResNo.11)  Re[4]: 干潟の12時間・午後の部
□投稿者/ TK -(2013/10/18(Fri) 03:08:59)
    No14660に返信(ともべいさんの記事)

    ともべいさん、ありがとうございます。おっしゃるように干潟というのは褐色の粘土みたいな広がりばかりが際立っていて、わかっていても別の色彩を持ちこむのは困難です。その点、波打ち際だとお問合せの植物を始め、野生の花や貝殻、波と砂によって磨かれた小石などあるので助かります。

    さてそのお問合せの件ですが、サンファイア・プラント(samphire Plant)と呼ばれている夏の珍味です。海草ではないのですが、日本人なら酢醤油で食べるとだれでも唸ります。地元の人は大昔からこの海岸で食べていたので、保護区になった今でも野鳥の会の黙認で採取することができます。日本語名はわからないのですが、こちらに住んでいる日本人女性が「オカヒジキ」と、うまい訳語をネットで披露していました。黙認されているといえば、この海岸に住んでいるノウサギ(hare)も実はそうなのです。

    > ■No14633に返信(tkino@talktalk.netさんの記事)
    >>これはダイシャクシギ、夕闇が迫ると100メートル圏内で餌を探していますが、このときはまだ日が高い時間だったので、何とかまともな写真になりました。
    >
    > TKさん、手前の黄色〜赤味のついた植物(何という名前かな?)とダイシャクシギの白い腹の組合せが、良いですね。
    > 干潟に、ちょこっと別の色が入ると、ぐっと感じが変わりますね。
1400×990 => 800×565

1382033339.jpg
/1267KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■11887 / 親記事)  雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 10:02:45)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    今年最初の週末、北陸は冷え込みました。雪と朱鷺です。
2532×1688 => 800×533

1357520565.jpg
/524KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■11888 / ResNo.1)  Re[1]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 10:04:11)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    飛んでる朱鷺の嘴や脚にも雪が。
3873×2692 => 800×556

1357520651.jpg
/1494KB
引用返信
■11889 / ResNo.2)  Re[1]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 10:05:47)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    北アルプスを背景に、鳴きながら飛翔。
3888×2648 => 800×544

1357520747.jpg
/906KB
引用返信
■11891 / ResNo.3)  Re[2]: 雪と朱鷺
□投稿者/ モアイ -(2013/01/07(Mon) 10:50:27)
    No11889に返信(S.NOTOさんの記事)
    S.NOTOさん こんにちは
    これは素晴らしい鳥景写真ですね。言葉が出ません。絶景です!!!
引用返信
■11894 / ResNo.4)  Re[2]: 雪と朱鷺
□投稿者/ かずかず -(2013/01/07(Mon) 12:02:10)
    No11889に返信(S.NOTOさんの記事)

    >S.NOTOさん今年は雪で大変ですね。
    しかしだからこのような雄大な写真を撮れるんですね。
    あこがれのシチュエーションです。

    ずーっと拝見していますがこの鳥は留鳥なのですか?

引用返信
■11899 / ResNo.5)  Re[3]: 雪と朱鷺
□投稿者/ TK -(2013/01/07(Mon) 15:45:05)
    S.NOTOさん、雪と朱鷺の組写真に絶句しました。これが朱でなく赤だったら効果は半減ですよね。無責任な思いつきですが、氷や霧との相性はどうなのでしょうか。
引用返信
■11903 / ResNo.6)  Re[3]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 19:03:23)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No11891に返信(モアイさんの記事)
    モアイさん、暖かいコメントありがとうございます。朱鷺の足跡はいかがでしょうか?
3844×2480 => 800×516

1357553003.jpg
/927KB
引用返信
■11904 / ResNo.7)  Re[3]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 19:06:06)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No11894に返信(かずかずさんの記事)
    かずかずさん、うれしいコメントに感謝します。調子の乗って、北アルプス背景を追加させて頂きます。
3904×2596 => 800×531

1357553166.jpg
/1010KB
引用返信
■11905 / ResNo.8)  Re[4]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 19:14:07)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No11899に返信(TKさんの記事)
    TKさん、いつもやる気の出るコメントありがとうございます。現地で霧に会った事はありません。餌場が凍っていると融けてから食事をします。雪が多い日は、凍結しない用水でザリガニやドジョウを捕ります。脚からの粉雪が見えたらいいのですが。
3915×2688 => 800×549

1357553647.jpg
/1300KB
引用返信
■11906 / ResNo.9)  Re[3]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/07(Mon) 19:30:29)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No11894に返信(かずかずさんの記事)
    > ずーっと拝見していますがこの鳥は留鳥なのですか?

    留鳥ですが、繁殖期には雄が縄張を形成し、雌が移動してカップルに。移動範囲は県をまたぎます。

引用返信
■11907 / ResNo.10)  Re[4]: 雪と朱鷺
□投稿者/ ともべい -(2013/01/08(Tue) 00:04:54)
    No11904に返信(S.NOTOさんの記事)

    S.NOTOさん、北アルプスの冬景色だけでも絶景なのに、そこに朱色の朱鷺ですか〜
    素晴らしいの一語です。
    良いものを見せてもらいました。


引用返信
■11909 / ResNo.11)  Re[5]: 雪と朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2013/01/08(Tue) 14:01:40)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No11907に返信(ともべいさんの記事)
    ともべいさん、暖かいコメントありがとうございます。アルピニスト憧れの名峰、厳冬期の剱岳(一番高く見える山)と朱鷺です。降雪は上からとは限りません、朱鷺の電柱の雪は横にしか付いていません。ちなみに、朱鷺は氷の緩むのを待っています。
3735×2480 => 800×531

1357621299.jpg
/1696KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■11521 / 親記事)  良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/16(Fri) 02:44:47)
    2012/11/16(Fri) 19:06:24 編集(投稿者)

    野鳥撮りに欠かさず持参したのが、Sigma 50-500mm装着のEOS 60Dでした。でも体力と反射神経の低下に対応できる機材構成を模索した結果、お世話になったこのコンビにさようならを告げることになりました。ファイルを見ていると、けっこう思い出がある写真を撮っていました。これは、秋の断崖際を遊弋するシロカツオドリです。
1024×683 => 800×533

1353001487.jpg
/473KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■11522 / ResNo.1)  Re[1]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/16(Fri) 02:47:28)
    これはおなじみになったコンテナ船にコオバシギ集団を絡ませた一枚です。
1400×933 => 800×533

1353001648.jpg
/937KB
引用返信
■11523 / ResNo.2)  Re[2]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/16(Fri) 02:52:31)
    機材のコンビとホシムクドリのコンビは、短いようでも半年を超えていました。
1200×826 => 800×550

1353001951.jpg
/596KB
引用返信
■11524 / ResNo.3)  Re[3]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ モアイ -(2012/11/16(Fri) 19:48:39)
    No11523に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    三枚とも傑作写真ですね。手放すのには惜しいレンズにも思えますが、新しいコンビがそれ以上に期待出来ると云う事でしょう。どんなレンズなのか楽しみですねえ。
引用返信
■11527 / ResNo.4)  Re[1]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ ともべい -(2012/11/16(Fri) 22:57:13)
    No11521に返信(TKさんの記事)

    TKさん、二枚目はいつもの壮大な光景ですが、一枚目の構図がとても面白いですね〜白いカツオドリは初めて見ました。
    さよならを告げるということは、新しいコンビが来たということですよね。
    楽しみですね〜
引用返信
■11528 / ResNo.5)  Re[4]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/16(Fri) 23:09:08)
    モアイさん、お誉めのコメントとコワーい期待をいただいてしまいました。
    少々ながら歩行が不自由な私ですが、それを補うための機材運搬方法を現した写真をアップさせていただきます。もともとはカヤックなどを運ぶトロリー(ドイツ製)だったそうですが、このところ野外派のフォトグラファーたちが利用しているのをよく見かけます。

    機材はBorg用のPentaxとSigma 50-500mm付きEOSボディだった2台体制を、2台ともPentaxにしてとっさの迷いやエラーを避けようというのが主な目的です。たまたま特価のPentax用のSigma 150-500mmが見つかり、前者の下取り価格で買えたので踏み切りました。K-5IIsの宣伝用サンプル写真を撮ったのが18-270mm新レンズだそうで、発売されたら見せてもらおうとも考えています。
800×566

1353074948.jpg
/449KB
引用返信
■11529 / ResNo.6)  Re[2]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/16(Fri) 23:34:59)
    2012/11/16(Fri) 23:37:50 編集(投稿者)

    ともべいさん、やはりお誉めととコワーいコメントをいただいてしまいました。お笑いになるかもしれませんが、2台目のPentaxも悩んだあげくに自ら呆れながら、K-5IIsを選んでしまいました。不要になったEOS系の機材が原資ですが、先行きを考えると今しかないという焦りもあります。新機材も頭も体も、だいじにだいじに使いましょう。
    シロカツオドリ、Borgで撮ったのもご覧になってください。ここは我が家から4時間ですが、スコットランドのへんぴな岩壁ににある世界最大のシロカツオドリ繁殖地訪問も夢なのです。でも小舟でしか行けない場所というので、機材は軽くしないとなりません。
1024×724 => 800×565

1353076499.jpg
/505KB
引用返信
■11532 / ResNo.7)  Re[5]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ たなか -(2012/11/17(Sat) 16:17:14)
    機材というものは、道具とかモノなどと言うより、友達とか伴侶のようなものですよね。
    もとのコンビにも愛着があればこそ、この記事になったかと、勝手ながら推察致します。

    トロリーは少々の荒れ地でも運搬出来そうな実用的な機材ですね。
    自動車やバイクと違ってエンジン音がせず、しかし、自転車などより運搬能力と即応力がありそうです。カメラとかレンズなどメインになる機材だけでなく、このような用具まで吟味されているのは、さすがだと、思いました。

    60D-シグマコンビで撮った、3枚、とても好いです。
    シロカツオドリの、アングルと翼が断崖にぶつかりそうな危うさ。「なぜ、こんな写真撮れるの?」と、言いたくなってしまいます。

    私もモアイさんやともべいさんと同じく、新コンビにさらに期待します。


引用返信
■11533 / ResNo.8)  Re[3]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/17(Sat) 19:09:22)
    たなかさん、過分のお誉めと期待で見えない重量が増えた気がしています。このトロリーは同年配の英国人バーダー二人のを見て気に入ったものです。日本でも手に入るようですが、運賃のせいかかなり高くなるし、幅があるので交通機関や関係施設の出入りには不便でしょうね。私は駐車場と撮影場所の往復に使っていますが、混雑するときのは置き場所に苦労します。フォトグラファー用のモデルはよくできていますが、やはり重くなるしお値段も倍以上になってしまいます。下のサイトは似たような製品を紹介しているので、参考になるかもしれません。
    http://www.paddlefreaks.net/howtotransportation_jp.html
引用返信
■11535 / ResNo.9)  Re[5]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ モアイ -(2012/11/18(Sun) 09:02:29)
    No11528に返信(TKさんの記事)
    TKさんこんにちは
    このトロリーとBORGの写真は、このままパンフレットに出来そうな出来栄えですね。
    太いゴム製のタイヤがアウトドア派の心を、くすぐりますね。
    BORGの方もフル装備ですから英国では非常に珍しいのではないでしょうか。
引用返信
■11536 / ResNo.10)  Re[6]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ たなか -(2012/11/18(Sun) 17:10:27)
    モアイさん、ほんとうですね。
    ここでも、構図の名手のセンスが活かされています。

    人物が写っていないところが、この写真の深みを増していますね。なんか、ヤル気にさせる一枚です。
引用返信
■11539 / ResNo.11)  Re[4]: 良きコンビにさようなら
□投稿者/ TK -(2012/11/19(Mon) 05:04:26)
    2012/11/19(Mon) 05:08:04 編集(投稿者)

    モアイさん、たなかさん、では商業写真に転向・・・。とまぁ、私らしい舞いあがりぶりです。それはさておき、これでボディ二つとレンズなど必需品を運び、気に入ったところで座りこむのが私流の撮影術です。幸い腕力が残っているので、数時間は続けられます。150-500mmや50-500mmレンズは重いのですが、一脚に載せたときには重量のおかげで意外に安定するのです。
    Borg製品を扱っている企業はありますが、基本的には天体観測用なので、まだ普及以前です。でも若い人などは、マニュアルでいいから欲しいという人に会ったことがあります。早くお仲間ができるといいですね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■60941 / 親記事)  ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/28(Thu) 18:20:42)

      5DW 600o f11 1/1000 iso1000 
      
      久々に公園にいたジョビ子です。ヒタキ類は人に寄ってくる事が有りますから寄れて撮れますね。散歩してると案内するように、前に前にと行く事も有ります。

2448×1586 => 800×518

1611825642.jpg
/742KB
引用返信

▽[全レス10件(ResNo.1-10 表示)]
■60942 / ResNo.1)  Re[1]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/28(Thu) 18:24:44)
    2021/01/28(Thu) 20:05:12 編集(投稿者)

      散歩中近くに飛んできた瑠璃子さんです。飛び回り数か所撮らせてくれましたね。可愛いものです!
解決済み!
2391×1599 => 800×535

1611825883.jpg
/790KB
引用返信
■60943 / ResNo.2)  Re[2]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/28(Thu) 18:28:15)

      瑠璃子さんは、オス若に似て迷いますね。個体差も有り難しい所でもあります。
2537×1676 => 800×528

1611826095.jpg
/911KB
引用返信
■60944 / ResNo.3)  Re[3]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ モアイ -(2021/01/28(Thu) 18:39:14)
    No60943に返信(MAKOさんの記事)
    MAKOさん こんにちは!

    ヒタキの雌が可愛く撮れてますね、背景の色も綺麗です。
    とてもシャープに撮れていますが、レンズはシグマですか?


引用返信
■60946 / ResNo.4)  Re[4]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/28(Thu) 19:44:58)

    モアイさん
         コメントありがとうございます。
     
     今季は公園の林が、綺麗に手入れされ過ぎたのか、小鳥が少ない様です。ヒタキ類は居ますので撮れますね。鳴き真似をすると近くに来てくれることも有ります!
    殆どシグマ150〜600ズームCですが純正70〜300、18〜135、17〜40も詫間に使ってます。 弘法レンズを選ばずでしょう!(笑い)シグマは7D2ボディーと共に送りピント調整をしてもらってます。

引用返信
■60948 / ResNo.5)  Re[5]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ denpou -(2021/01/29(Fri) 05:33:32)
    No60946に返信(MAKOさんの記事)

    MAKOさん 5DWにSIGUMA 150-600mmでの画像でしたか とても綺麗に撮れていますね、私は以前は7DUにSIGUMA 150-600mmでしたが D500買って SIGUMAでマウント交換して 今は使用していますが あまり良くないんで あまり使用しなくなりました、しかし SIGUMAでカメラとレンズを送って 調整してもらえるそんな事が出来るんですか 試す価値はありそうですね。
     現在はまた7DU100-400mmを持って散歩して居ますよ ミラーレスでなくても このカメラででも そこそこ撮れれば 十分かなと思っています。
     散歩中に見かけた カワセミです。
1000×707 => 800×565

1611866011.jpg
/200KB
引用返信
■60950 / ResNo.6)  Re[6]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/29(Fri) 07:21:27)

    denpouさん
        コメントありがとうございます。
     
     シグマ150〜600は前ピン傾向の方が多い様ですので、D500ボディーと共に送りピント調整しても良いかと思います。10日程で調整だけなら無料で出来ます。SIGMA-サポート-点検修理-オンライン修理予約で予約し送るだけです!私の場合、部品交換までサービスして頂きました。とても良心的な対応ですよ!

引用返信
■60952 / ResNo.7)  Re[7]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ bluesirius -(2021/01/29(Fri) 13:36:01)
    No60950に返信(MAKOさんの記事)
    >         

     MAKOさん
     今季こちらでは野鳥が少なくて、ジョビ男、ルリビタキ(雌雄ともに)にさえ出会えていません、ジョビ子はいつも行くお寺の庭に居付いてて、ほぼ必ず様子を見に出てきます。特に警戒心が弱いのか時には3〜5mで撮れることもあります。

    余談ですが私もEOS7DUとシグマ150-600Cですが、2どほどシグマに世話になりましたがユーザーの立場を理解してとても良心的な対応に感心したことがあります。
800×533

1611894961.jpg
/330KB
引用返信
■60956 / ResNo.8)  Re[8]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/29(Fri) 16:33:37)

    bluesiriusさん
        コメントありがとうございます。
     
     同様な機材をお使いでしたか、人気の組み合わせですよね。手持ちではこれ位が限界で、3脚も重くなり最近は1脚の出番が多いですよ!紫陽花の枝に来たジョビ子
    顔馴染みの様ですね。黄色背景も派手でいいです!


引用返信
■60975 / ResNo.9)  Re[9]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ bluesirius -(2021/01/30(Sat) 15:59:54)
    No60956に返信(MAKOさんの記事)
    >
    > MAKOさん
      この写真を見てすぐに紫陽花の枝とお判りになるとは流石ですね、感服いたしました。ここは紫陽花園で歩道の周辺に植えられているのです、ジョビ子はここを縄張りにしていて小生が近づくと何処からともなく飛んできて様子を見に来ます。
    >
    >
引用返信
■60978 / ResNo.10)  Re[10]: ジョビ子と瑠璃子
□投稿者/ MAKO -(2021/01/30(Sat) 17:17:59)

      bluesiriusさん
         再コメントありがとうございます。
      
     紫陽花は庭にもありますし、植物も好きですから葉を見れば分かる種類も多いですよ。色んな事に好奇心を持っていたいです。花鳥風月ですか、歳なのでしょうね!

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-10]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■60493 / 親記事)  遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 12:35:33)
    近くではなかなか野鳥が思うように出てくれませんね。
    ですので、長距離遠征して来ました。疲れました。(笑)

    まずはサンカノゴイです。チャンスはこの1回だけでした。
2000×1333 => 800×533

1606016133.jpg
/935KB
引用返信

▽[全レス10件(ResNo.1-10 表示)]
■60494 / ResNo.1)  Re[1]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 12:36:35)
    直後に飛び立ったのですが。。

    今回は全て7D2+TAMRON100-400 手持ちです。
2000×1333 => 800×533

1606016195.jpg
/282KB
引用返信
■60495 / ResNo.2)  Re[2]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 12:51:59)
    次にハギマシコです。
    風がとても強く水飛沫に苦戦しつつもなんとか撮れました。(~0~)
2000×1333 => 800×533

1606017118.jpg
/606KB
引用返信
■60496 / ResNo.3)  Re[3]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 12:52:30)
    もう1枚です。
2000×1333 => 800×533

1606017149.jpg
/714KB
引用返信
■60499 / ResNo.4)  Re[4]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ MAKO -(2020/11/22(Sun) 14:00:21)
    2020/11/26(Thu) 07:05:43 編集(投稿者)
    2020/11/26(Thu) 07:05:19 編集(投稿者)

      toroさん
      
     サンカノゴイまだいますか、夏のイメージがありますね。飛翔シーンはあまり見た事なかったですよ!ハギマシコは山でしょうから水辺と色々回りましたね。岩の上にハギマシコは新鮮ですし、何方もいい色出てますね。お疲れ様でした!
解決済み!
引用返信
■60500 / ResNo.5)  Re[5]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 16:33:31)
    MAKOさん

    有難うございます。m(__)m
    サンカノゴイは今年初めて見て初めて撮ったのですが、変わった風貌ですね!
    ハギマシコは波打ち際だったのですが、強風が吹き荒れて、レンズやメガネが真っ白になりました。(笑)
引用返信
■60502 / ResNo.6)  Re[6]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ bluesirius -(2020/11/22(Sun) 17:07:46)
    No60500に返信(toroさんの記事)
    >

    toroさん
     サンカノゴイとはすごいですね、やりましたね、葦原の忍者をよく見つけましたね、ブッシュの中に居ても全体が良く判りますし、肝心の顔や目がしっかり写っているのでとてもいい絵になりましたね。もうずいぶん前に斐伊川河口でチラッと飛びモノを見ただけです。対岸の徳島県の野鳥公園に来ているということなので今シーズン中に見に行きたいとは思っているのですが、何しろこのコロナ騒ぎなのでどうしたものかと思案中です。ハギマシコは海岸ですか?MAKOさんの言われる通り岩の上という情景はとても珍しいと思います、波しぶき?水しぶき?いずれにしても苦労の甲斐があったようですね。
引用返信
■60503 / ResNo.7)  Re[4]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ denpou -(2020/11/22(Sun) 17:26:42)
    No60496に返信(toroさんの記事)

    toroさん サンカノゴイは昨年に初めて出会いましたが 草の中でのゴソゴソして居る処だけ、飛んでいる姿は 始めて見ました。
     ハギマシコは 暗い山の中に居るイメージが有りますが こんな処にも居るんですね。

     昨年撮れた サカノゴイです。
1000×707 => 800×565

1606033601.jpg
/408KB
引用返信
■60506 / ResNo.8)  Re[5]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/22(Sun) 23:03:56)
    bluesiriusさん

    葦原の中で急にバタバタとしていたので見つかりました。
    その直後に飛んで行ったのです。
    徳島県に出ているのでしたら、今のうちに行かれて撮られても良いですね!
    コロナに気をつけながら・・・


    denpouさん

    サンカノゴイ、草の中でも歩くのですね。。
    ハギマシコは山の中のイメージなのですね!
    私としては海岸近くにいる姿しか見た事が無かったので山の中というのは想像出来ません。(笑)
    荒波が後ろで激しく岩にぶつかっている様子が分かりますでしょうか。。
2000×1333 => 800×533

1606053836.jpg
/439KB
引用返信
■60507 / ResNo.9)  Re[6]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ bluesirius -(2020/11/23(Mon) 07:57:51)
    No60506に返信(toroさんの記事)
    >
    toroさん
     今回の写真を見た皆さんと同じく、私もハギマシコは山の鳥というイメージを持っていました、メガネが白くなるほどの波しぶきや背景の白い波浪、留まっている岩などに本当に驚きました、自分勝手な思い込みはいけませんね、良い勉強になりました。こちらの山中で撮った写真です。 徳島県のサンカノゴイはこの野鳥公園で越冬するようですからもう少し状況を見て決めます、時には複数個体が越冬することもあるという話です。徳島県阿南市野鳥公園で検索してみてください、なかなか面白いですよ。
800×597

1606085871.jpg
/265KB
引用返信
■60508 / ResNo.10)  Re[7]: 遠征して撮った野鳥たち。
□投稿者/ toro -(2020/11/23(Mon) 09:53:55)
    bluesiriusさん

    素晴らしい枝どまりの写真を羨ましく拝見致しました。
    私も枝どまりが撮りたいと願っていますが、実現出来るかどうか。。。
    かなりの遠征ですので、暫くは無理ですが、春にはもう一度行くつもりです。
    サンカノゴイは葦原の上を飛んでいる姿を収めてみたいです。(#^.^#)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-10]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -