HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomal紅葉バックに(17) | Nomal久し振りの投稿です。(17) | Nomalイソヒヨドリ一家物語 10話(17) | Nomalサンダーバード、いいえコオバシギ準備完了!(17) | Nomal野鳥水浴びコンテスト(17) | Nomal☆青い鳥〜三昧〜♪☆(16) | Nomalある日の鳥撮影(15) | Nomalジョウビタキ 雌(15) | Nomal大潮干潟に日が射して(15) | Nomal☆おなかいっぱいです〜♪☆(15) | Nomalコゲラ(15) | Nomal2mへの挑戦(15) | Nomal三光鳥(15) | Nomalコグンカンドリ(14) | Nomalノスリだと思います。(14) | Nomal飛びモノは難しい!(14) | Nomalある春の日(14) | Nomal☆絞りを変えて撮って見ました♪☆(14) | Nomalシベリアから飛んできたハヤブサ?(14) | Nomal(削除)(14) | Nomal☆今日のルリ男くん♪☆(14) | Nomal欠礼のお詫び(14) | Nomalコマドリ(13) | Nomal月に雁(13) | Nomal虹の湿地帯(13) | Nomal脇役としての白鳥(13) | Nomalいつもの運河(13) | Nomal☆また逢いに来たよ〜♪☆(13) | Nomalハイキー風味の鳥景写真二枚(13) | Nomalはやぶさ(13) | Nomalマガモのスケート場(13) | Nomalコアオアシシギ(13) | Nomal皆様初めまして(12) | Nomal☆翡翠&軽鴨☆(12) | Nomalはなびら(12) | Nomalコジュケイ祭り(12) | Nomal☆お山のルリビタキ&菜の花ジョウビタキ&アオゲラ☆(12) | Nomal☆楽しいはしごの旅♪☆(12) | Nomalブッポウソウの交尾(12) | Nomal☆ルリ男バストアップ♪☆(12) | Nomal干潟の日没30分前(12) | Nomal白昼の干潟・番外編(12) | Nomalウッドペッカー(12) | Nomal☆もう少しお付き合い下さい☆(12) | Nomalミヤマホウジロ 3枚(12) | Nomal叫びます(12) | Nomal真っ赤っ赤(12) | Nomal霧のオオハクチョウ(12) | Nomal☆3日もどこ行ってたのよ〜?☆(12) | Nomal変なカワセミ。(12) | Nomal☆自然観察公園のお嬢様♪☆(12) | Nomal強風でホヴァリング(12) | Nomal亜流クリスチャン・ラッセン(12) | Nomal孤独なコブハクチョウと遊ぶ(12) | Nomal熱々のアジサシ夫妻(12) | Nomallowアングルの世界 !!(12) | Nomalアオバトのカップル(12) | Nomal改めて数えてみると(12) | Nomal(削除)(12) | Nomal朝食の献立は?(12) | Nomal機材変われど主変わらず(12) | Nomal餌運び野鳥いろいろ(12) | Nomalカワセミ給餌(11) | Nomalいろいろ(11) | Nomal(削除)(11) | NomalINTO THE SUN(11) | Nomal☆病みつきになりそうです…☆(11) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ♂ 三景(11) | Nomalゴイサギ(11) | Nomal水鳥の次世代たち(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆カケス&ルリビタキ&カワセミ☆(11) | Nomal☆梅メジロ&ルリビタキ&シメ&シロハラ&カケス&オオタカ☆(11) | Nomalいつもの園・2/5(11) | Nomalセグロセキレイ(11) | Nomalカワセミ&タカブシギ(11) | Nomalいつもの園ほか(11) | Nomal巣立ったツバメ達(11) | Nomalあれ、家の子たちどこへ行ったの?(11) | Nomal干潟の夜明け(11) | Nomal☆山雀ちゃん♪☆(11) | Nomalジョウビタキ♂(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal☆いつまで逢えるのかな?☆(11) | Nomalオグロシギ三景(11) | Nomal☆今日は遅かったじゃない〜☆(11) | Nomal☆お友達になりました♪☆(11) | Nomalベニマシコ(11) | Nomal仲良しヒヨさん(11) | Nomal☆幸せの青い鳥♪☆(11) | Nomal☆今年も大変お世話になりました☆(11) | Nomal☆年明けに必ず逢いに来るからねぇ♪☆(11) | Nomal浜離宮のホシハジロ(11) | Nomal☆そこは狭くない?☆(11) | Nomal冬晴れとコブ白鳥達。(11) | Nomal(削除)(11) | Nomal秋満開(11) | Nomalスズメ −秋色−(11) | Nomalナゼか左向き。(11) | Nomal錦秋(11) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■18817 / 親記事)  春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ TK -(2014/03/21(Fri) 01:32:04)
    嵐で痛めつけられた干潟の保護区、身体不自由者用に設けられている道路が開通したというので、コオバシギがいなくなる前にと思い、早速駆けつけました。気象条件は今ひとつ、南からの強風が上げ潮を抑えてしまったので、コオバシギシーズン最後の飛翔は1キロから2キロの遠方で行われただけでした。前にもあったのですが、私だけがぽつんと海岸に座りこんで撮影しているのですから、もったいないことです。
    Pentax K-3 + Borg 89ED + 1.7 X AFアダプター、f/6.7、1/800秒、ISO-200。
1400×931 => 800×532

1395333124.jpg
/1036KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■18818 / ResNo.1)  Re[1]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ TK -(2014/03/21(Fri) 01:45:11)
    コオバシギは4月に入ると、ほとんど姿を見なくなります。亜北極圏に戻って子育てを済ませ、家族連れで戻ってくるのですが、この時期に見る姿は赤茶色の繁殖羽なので見栄えがします。K-3の代わりに変換アダプターを装着したG6を使ってみましたが、どうして相性がいいようで嬉しくなりました。
    Lumix G6 + Borg 89ED + 1.7 X AFアダプター、絞り値不明、1/640秒、ISO-160。
1400×1050 => 800×600

1395333911.jpg
/1388KB
引用返信
■18819 / ResNo.2)  Re[2]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ @MT -(2014/03/21(Fri) 10:47:10)
    No18818に返信(TKさんの記事)

    >TKさん、ここまで密度のある集団飛翔の写真を見せていただき感謝です、一人での撮影とのことですが至福のひと時を過ごされたのではないでしょうか。
引用返信
■18823 / ResNo.3)  Re[2]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ モアイ -(2014/03/21(Fri) 14:19:30)
    No18818に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    有り得ない数のコオバシギですね。一キロ以上の距離とは流石です。カメラマンが居ないのも解る気がします。
    この様な超遠距離撮影の場合はミラーショックのないG-6の方が有利なのかもしれませんね。
引用返信
■18826 / ResNo.4)  Re[3]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ MAKO -(2014/03/21(Fri) 15:38:20)
      
       TKさん
         
      こちらでの、集団とは二桁位違う大集団ですね。どれ位の時間ファインダーを
      横切って行ったのでしょうか?動画で見たい画像でもありますね。
引用返信
■18832 / ResNo.5)  Re[4]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ toro -(2014/03/21(Fri) 18:01:39)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    もの凄いと言うより、凄まじい数のコオバシギ、圧巻の情景ですね。。
    足を悪くされて大変だと思いますが、これだけの数のコオバシギに
    励まされて、元気を貰ったのではないですか!?(笑)

引用返信
■18848 / ResNo.6)  Re[3]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ TK -(2014/03/22(Sat) 00:15:35)
    @MTさん、モアイさん、MAKOさん、toroさん、ありがとうございます。

    前回は干潟が見える所まで歩いて腰を据えてしまったのですが、今回は同じ場所まで車で入れたので1キロ半ほど海浜沿いに歩いてみました。昨年暮れから何回かの大嵐で、防潮堤まで海水が叩きつけられた痕跡が残り、夏には野生植物の花畠になる砂利浜も灌木が根こそぎ吹き飛んでいたりと、想像を絶する惨状でした。すでに保護区内の整備も始まっており、冬が戻る前にかなりの設備が息を吹き返すのではないでしょうか。入場料も取らないのにこれだけのことをしてくれる英国野鳥の会、さすがだと思いました。野鳥たちは元気で、ミヤコドリは集団を解散してあちこちで仲のよいカップルぶりを見せていました。5月になるとさまざまな雛鳥にも出会えることでしょう。

    この保護区は約2キロにわたって干潟に面しているので、暖かい日には場所を選ばず座っているだけで幸せになります。コオバシギ集団が最大の魅力ですが、四季それぞれに思いがけない大鳥小鳥に出会うし、地球のあちこちからくるバーダーにも会えるのは何よりです。

    この日も重いBorgのセットが絶え間なく揺れる強風だったので、モアイさんのいわれるようにミラーなしのボディというのはひとつの解決策なのですね。ありがとうございます。

    コオバシギの集団ですが、潮位が高い期間だと一組数千羽という大群が数カ所で一斉に飛びあがることもあります。まだ私にはビデオ撮りをする余裕がないので、次のサイトでご覧になっていただけるでしょうか。もう一枚アップしたのは、昨シーズンに撮ったものの一枚ですが、詳しい人にいわせると、このぐらいの群れだと3千から4千羽はいるだろうとのことでした。

    私の障害は脊椎の異常で、歩行に差し支えるようになってもう30年ぐらいになります。たぶん山登りやスキーにのめり込んでいたことのお釣りなのでしょう。でもtoroさんがいわれるように、興味を持った鳥がいるフィールドにはいろいろ工夫した機材と座椅子をトロリーに積んで出かけております。

    http://www.youtube.com/watch?v=BY3nC7R2tJY


1400×927 => 800×529

1395414935.jpg
/1012KB
引用返信
■18851 / ResNo.7)  Re[5]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ MAKO -(2014/03/22(Sat) 08:55:44)

    TKさん
        
       you tube 見させて頂きました。さまざまに変化しながらの様子は、
      天空の芸術家でした。
      TKさんの3枚目は、恐竜の様にもみえ、楽しめました。
引用返信
■18859 / ResNo.8)  Re[1]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ shok -(2014/03/22(Sat) 11:42:54)
    No18817に返信(TKさんの記事)
    > TKさん またまた圧倒される
    スケールの画を見せていただき
    ありがとうございます。私など
    想像も付かない距離に驚くばかりです。しかも拡大して見ても
    画像が、しかっりしていて
    またまた驚きです。

引用返信
■18916 / ResNo.9)  Re[2]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ TK -(2014/03/23(Sun) 02:29:05)
    shokさん、ありがとうございます。2枚目の撮影はDA*50-135mmのワイド端で撮ったので、典型的なワイドレンズ表現になっています。このレンズ、同じDA*60-250mmを購入した際に下取りにしてしまったので、思い出だけが残りました。それよりもshokさん最近の作品、ハッとするような鮮やかな写真が増えてきましたね。おみごとです。
引用返信
■18965 / ResNo.10)  Re[1]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ IKM -(2014/03/23(Sun) 19:02:46)
    おびただしい数のコオバシギに圧倒されます
    私も3枚目、恐竜に見えました^^
引用返信
■18968 / ResNo.11)  Re[2]: 春です・また夏に会いましょう。
□投稿者/ TK -(2014/03/23(Sun) 19:14:45)
    IKMさん、ありがとうございます。これは昨年の撮影なのですが、潮位や日の出・日の入り時間、そして何より天候に恵まれないとうまくいきません。眼が見えている間に何とか、満足のいく写真を撮りたいものです。
    MAKOさんも恐竜みたいといわれたいますが、ブラキオサウルスというところでしょうか。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■18540 / 親記事)  季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ 800の人 -(2014/03/16(Sun) 10:46:10)
http://inaoka4th.exblog.jp/
    鴛鴦にとって******どんぐりの木と実は大切なものなのでしょう。
1920×1280 => 800×533

1394934370.jpg
/2428KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■18590 / ResNo.1)  Re[1]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/16(Sun) 23:51:30)
    No18540に返信(800の人さんの記事)

    >800の人さん今晩は、素晴らしい被写体と画像ですね、鑑賞していて見飽きません最高です、機材は1D-Xと800mmでしょうか。
    >私も吹雪の中の枝止まりを撮りました、証拠写真ですが便乗させて下さい。
2640×1760 => 800×533

1394981490.jpg
/3702KB
引用返信
■18591 / ResNo.2)  (削除)
□投稿者/ -(2014/03/17(Mon) 00:11:59)
    この記事は(管理者)削除されました
引用返信
■18592 / ResNo.3)  Re[2]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/17(Mon) 00:16:12)
    No18591に返信(@MTさんの記事)
    > ■No18540に返信(800の人さんの記事)
    > レスポンスが遅く二重投稿になり、失礼しました。


引用返信
■18593 / ResNo.4)  Re[2]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/17(Mon) 00:25:32)
    No18591に返信(@MTさんの記事)
    > ■No18540に返信(800の人さんの記事)
    >
    > >800の人さん今晩は、素晴らしい被写体と画像で見飽きません最高です。機材は1D-Xと800mmでしょうか、私も証拠写真を撮りました便乗させてください。
    >
    >
    >
    >
    >
引用返信
■18594 / ResNo.5)  Re[3]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/17(Mon) 00:32:00)
    No18593に返信(@MTさんの記事)

    >削除方法が判りません、判る方おられたら教えて下さい。
引用返信
■18604 / ResNo.6)  Re[4]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ MAKO -(2014/03/17(Mon) 09:32:58)
     
      @MTさん
         削除方法です。
        
       投稿時と同様に「ファイル一覧」から削除したい所を出し、右下の
      「引用返信削除キー」の右、4角の空欄に登録してある4ケタの数字入力し
      その右「編集」の下向き矢印クリックで「削除」が出ます。それをクリックし
      「削除」に変わったら右端の「送信」をクリックします。
        これで、綺麗に消えます。
       
      「ファイル一覧」からで無く直接「引用返信」からも、できますが、これだと
      「この記事は、削除されました」の文は、残ります。
引用返信
■18607 / ResNo.7)  Re[5]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/17(Mon) 10:04:18)
    No18604に返信(MAKOさんの記事)

    > MAKOさん、早速削除の仕方を教えて頂きありがとうございます、子供なようですが4桁の数字を登録していません、登録方法を教えてもらえれば幸いです。 

引用返信
■18610 / ResNo.8)  Re[2]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/17(Mon) 11:02:31)
    No18591に返信(@MTさんの記事)
    > ■No18540に返信(800の人さんの記事)
    >
    > >800の人さん今晩は、素晴らしい被写体と画像で見飽きません最高です。機材は1D-Xと800mmでしょうか、私も証拠写真を撮りました便乗させてください。
    >
    >
    >
    >
    >
引用返信
■18612 / ResNo.9)  Re[6]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ MAKO -(2014/03/17(Mon) 12:05:46)
    No18607に返信(@MTさんの記事)
    > ■No18604に返信(MAKOさんの記事)
    >
    >>MAKOさん、早速削除の仕方を教えて頂きありがとうございます、子供なようですが4桁の数字を登録していません、登録方法を教えてもらえれば幸いです。 
    >
    この下に削除キー /4角の中に●●●●がありませんか?それが4ケタの数字です
    これがないと投稿出来ないと思いますが?もし忘れたのでしたら、登録し直せると
    思います。
      どうしてもだめでしたら。
     この板の管理者 市川ラボラトリー にお聞き下さい。
            TEL 043-296-8075       
引用返信
■18685 / ResNo.10)  Re[7]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ @MT -(2014/03/18(Tue) 17:47:54)
    No18612に返信(MAKOさんの記事)

    >MAKOさん、市川ラボに問い合わせをしたところ、初期登録がしていないと削除出来ないとの事で管理者の方に削除してもらいました、丁寧なアドバイスをいただき大変感謝しております本当に助かりました。
引用返信
■18691 / ResNo.11)  Re[8]: 季節を楽しむ:おしどりV
□投稿者/ IKM -(2014/03/18(Tue) 18:33:44)
    オシドリとは水に浮かんでいるものだと思ってました
    木にもとまるとは…
    まだまだ知らないことだらけです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■18344 / 親記事)  木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ TK -(2014/03/12(Wed) 15:34:52)
    タイトルに使った表現の元祖はよくわからないのですが、春先に撮影地に向かう道筋で見る灰色がかった緑色の幹や枝、ときに深い林全体がこの感じになっているのを見て、あぁ春がきたんだと思うことを繰り返しています。

    木々が芽を吹いてきたことも理由の一つだし、宿り木や苔の類も存在を主張しているからなのでしょうね。利休鼠も同じ系列の色なので、コブハクチョウの若いカップルを配した鳥景を撮ってみました。これで半分ぐらいはたなかさんとのお約束を果たしたことになります。
    Pentax K-3 + Borg 89ED、f/3.5、1/1000秒、ISO-800、露出補正 -1.0
1400×931 => 800×532

1394606092.jpg
/824KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■18349 / ResNo.1)  Re[1]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ shok -(2014/03/12(Wed) 17:18:33)
    No18344に返信(TKさんの記事)
    > TKさん何時もコメント
    ありがとうございます。
    木立と言う障害物がありながら
    悠然と翔ぶコブハクチョウ…
    正に林の緑と共存共栄している
    自然界の尊さを感じられる
    画になりましたね

引用返信
■18354 / ResNo.2)  Re[1]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ mymt -(2014/03/12(Wed) 17:45:22)
    TKさん、こんにちは。
    いつもTKさんの作品を拝見して感じたことは、距離感が素晴らしいです。
    カメラ→ハクチョウ→背景の間隔が、まさにピッタリです。
    私の飛び物写真は、鳥さんにピントが合えば良しなのですが、TKさんは、ハクチョウにジャスピン、そして何より凄いのは、木々が手前から奥までボケずに遠近感が、まるで油絵のようです・・・しかもF/3.5で・・・
    TKさんが、仰ったとおり、私は水彩画を意識して撮影したいと思っているなら、TKさんは、ヨーロッパの写実的な油絵を撮っているように思えてなりません。
引用返信
■18357 / ResNo.3)  Re[1]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ モアイ -(2014/03/12(Wed) 17:56:11)
    No18344に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    寒波や洪水に見舞われながらも春は来るんですね。
    飛んでいるコブハクチョウはあまり見た事がなく、最初は飛べないのだと思ってました。
引用返信
■18363 / ResNo.4)  Re[2]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ MAKO -(2014/03/12(Wed) 18:36:20)
     
      TKさん
         若いカップルと芽吹きから、「愛と青春の旅立ち」と
        副題を付けたくなりました。
        また、ハリーポッターに出て来る様な、シーンでもありますね。
        素敵な躍動感が有り、前後のシーンが見える様です。

引用返信
■18394 / ResNo.5)  Re[1]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ @MT -(2014/03/13(Thu) 00:59:29)
    No18344に返信(TKさんの記事)
    >そちらではコブハクチョウが大半でしょうか、こちらではコハクチョウがほとんどです。
    >絵画風の味わい深いショットで素晴らしいです。

引用返信
■18396 / ResNo.6)  Re[1]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ TK -(2014/03/13(Thu) 05:34:33)
    shokさん、mymtさん、モアイさん、MAKOさん、優しいお誉め、怖くなるようなご指摘、リチャード・ギアの映画をもう一度見たくなるコメント・・・、どれを読み直しても励みになるので、皆さんに心からのお礼を申しあげます。

    英国の白鳥事情ですが、この写真に写っているコブハクチョウは英国全土にいますが、通年いて子育てをするのが6〜7000組、冬越しにくるのが8万羽近くだそうです。飛ぶ姿はオオハクチョウやコハクチョウと同じように力強い感じですが、オオハクチョウのようにノンストップで2千キロも飛べるかどうか。特徴といえば英語を訳すとオシハクチョウ、つまりめったに鳴かないのです。

    オオハクチョウは冬鳥で、英国の主な滞在地は私の住む東部イングランド、一万五千羽が主としてアイスランドからやってきます。コハクチョウは七千羽がシベリアなどから飛んでくるそうです。日本のコハクチョウはあまり人を怖がらないようですが、こちらではめったに撮影可能な距離には出てきません。

    MAKOさんがいわれる「・・・前後のシーンが見える様です。」、ここで追加した写真が数十秒前に撮ったものですが、いかがでしょうか。白鳥のペアは間もなく右向きに旋回して着水しました。写真というものがいかに光線の影響を受けるものかという見本かもしれません。それと思いがけなかったのですが、ヨーロッパチュウヒが入りこんでくれたので、きれいな写真に終わるのを防いでくれました。
1400×931 => 800×532

1394656473.jpg
/675KB
引用返信
■18397 / ResNo.7)  Re[2]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ @MT -(2014/03/13(Thu) 06:31:10)
    No18396に返信(TKさんの記事)
    >情景の緊張感 が伝わってきます、ナイスショットです。


引用返信
■18404 / ResNo.8)  Re[2]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ モアイ -(2014/03/13(Thu) 08:34:17)
    No18396に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    二枚の写真は違う日に違う場所で撮った様に見えますね。まさか同じ個体とは驚きました。
    ところでコブハクチョウの英名は、鳴かない白鳥という意味なんですね。そう言われてみれば鳴き声を聞いてない気がします。 今度、気を付けて観察してみます。
引用返信
■18413 / ResNo.9)  Re[3]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ MAKO -(2014/03/13(Thu) 10:51:12)
      
       TKさん

        確かに、レンズを振っただけですけど、色味がぜんぜん違いますね。
       最初のシーンは、これから向かうのではなくて、
       着水の前と言う事でしたか。
引用返信
■18471 / ResNo.10)  Re[4]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ TK -(2014/03/14(Fri) 20:27:55)
    2014/03/14(Fri) 20:30:57 編集(投稿者)

    MAKOさん、言葉が足りなかったようで、申し訳ないことをいたしました。順序からいうと、チュウヒよりすっと高くまた遠いいところを飛んでいたペアを見つけて、いい場所にくるのを待って撮ったのが18396の写真でした。このペアが上空から湖上の着水地点を見つけて急旋回、これがもうフラップを下げた2羽の写真です。ここに追加したのが次の駒。カメラの時計では表示できない時間差でしたが、高度が下がっているのがおわかりいただけると思います。着水場面も撮ってみましたが、距離がありすぎて迫力がないので破棄してしまいました。



1384×920 => 800×531

1394796475.jpg
/1137KB
引用返信
■18481 / ResNo.11)  Re[5]: 木立が緑の会話を始めた・・・
□投稿者/ MAKO -(2014/03/14(Fri) 22:05:30)
      
      TKさん

         ご丁寧な返信恐縮です、良く理解しました。
        これからも、どんなものを見せて頂けるか、楽しみにしております。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■17483 / 親記事)  オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ TK -(2014/02/18(Tue) 20:38:32)
    先日、まだ暗い時間に撮ったオオハクチョウのねぐらと、撮り損なった丸い月と白鳥の写真をお目にかけました。そこで同じ日に撮った動きのある写真をアップしてみます。
    まず朝立ちの情景です。日の出時間を過ぎたばかりですが、あいにくと曇ってしまいました。
    PENTAX K-5 II s + DA*60-250mm、f/4、1/160秒、ISO-1600、テレ端使用。
1400×927 => 800×529

1392723512.jpg
/1029KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■17484 / ResNo.1)  Re[1]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ TK -(2014/02/18(Tue) 20:45:53)
    2枚目は帰着の場面です。日没間近の斜光線を受けたためか派手な発色で、撮った本人が驚いています。普通ならこんな明るい夕方に戻ってくることはないのですが、この日、この時間には百羽以上が姿を見せてくれました。
    PENTAX K-5 II s + DA*60-250mm、f/4、1/100秒、ISO-800、焦点距離 220mm。
1400×927 => 800×529

1392723953.jpg
/950KB
引用返信
■17486 / ResNo.2)  Re[2]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ mymt -(2014/02/18(Tue) 21:40:30)
    TKさん、こんばんは。
    かなり距離があると思いますが、葦のブラウンと川のスカイブルーが鮮やかなのに、その上を飛ぶ白鳥のホワイトがさらにクッキリと引き立っていて良い感じです。それに憧れのスターレンズ・・・いいなぁ。

    こちらは相変わらず見当がつかない写真が撮れるコンデジに四苦八苦しています。
    雪中行軍組の鳥さんを便乗させてください。
1024×768 => 800×600

1392727230.jpg
/596KB
引用返信
■17488 / ResNo.3)  Re[3]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ TK -(2014/02/19(Wed) 02:16:46)
    2014/02/19(Wed) 17:58:49 編集(投稿者)

    mymtさん、早速のコメントと野鳥の雪景、ありがとうございました。ミラーレスですら思いがけない結果が出ますから、私がスイスで借りた義理の息子のカメラでも、はらはらし通しでした。

    DA*レンズは高価なので二の足を踏んでいましたが、このズームを入手するのに同じ☆印の50-135mmを好条件で引き取ってもらったので、軽量化の効果もあって満足しています。



引用返信
■17492 / ResNo.4)  Re[2]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ @MT -(2014/02/19(Wed) 07:27:54)
    No17484に返信(TKさんの記事)
    >ドラマチックな情景にオオハクチョウが印象深く見飽きないですね、素晴らしいショットです。
引用返信
■17493 / ResNo.5)  Re[2]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ モアイ -(2014/02/19(Wed) 07:29:15)
    No17484に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    たくさんのオオハクチョウがいますね。田園風景にハクチョウの鳴き声が響いているのが聞こえる気がします。朝の写真も夕方の写真も良い雰囲気が出てますね。
引用返信
■17495 / ResNo.6)  Re[2]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ shok -(2014/02/19(Wed) 07:56:02)
    No17484に返信(TKさんの記事)
    > TKさん何時も勉強になる
    コメントありがとうございます。
    一枚目の朝立ちの写真水面と
    空のブルー、真ん中の田園の緑
    そしてトップに白鳥のホワイト
    カラーバランスが素晴らしいです
    二枚目の日没の写真 時間が
    ゆったりと過ぎ行く光景ですね

引用返信
■17499 / ResNo.7)  Re[3]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ たなか -(2014/02/19(Wed) 14:46:47)
    二枚の写真の色調の違いに驚きました。同じ風景でも、こんなに変わるのですね。

    「出陣」の方がなんとなくゆったりとして「ぼちぼち行こか」という感じなのに、「帰還」は、家路を急ぐと言うか慌ただしい雰囲気です。見比べて、面白いと思いました。
引用返信
■17504 / ResNo.8)  Re[1]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ TK -(2014/02/19(Wed) 19:00:21)
    @MTさん、モアイさん、shokさん、たなかさん、コメントをありがとうございます。

    この保護区で撮り始めてもう6年になりますが、観察小屋のない側でこれだけの数を見たのは、この朝が初めてでした。オオハクチョウの甲高い鳴き声を聞くだけでも喜んでしまう私なので、シーズンがまだ終わっていないのに、もう白鳥たちの無事を祈りながら秋の再来を待つよう自らに言い聞かせている私です。

    調子に乗ってもう一枚、推定300メートル先の水面に降りてくる家族の写真をアップしました。これは、Borg 89EDとK-3の組み合わせで撮りました。
1400×931 => 800×532

1392804021.jpg
/1150KB
引用返信
■17507 / ResNo.9)  Re[2]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ MAKO -(2014/02/19(Wed) 21:54:12)
     
      TKさん
        K-3 、やっぱりいい仕事している様ですね。勿論、腕があっての結果
        ですけど!
        右上に何やら、いるみたいに見えますが?
引用返信
■17508 / ResNo.10)  Re[3]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ toro -(2014/02/19(Wed) 22:37:36)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    朝夕の表情がこんなにも違うなんて・・・
    やはりドラマチックなのは夕景でしょうか。。
    BORGで撮られた飛翔写真も流石!のひと言ですね!
    MAKOさんご指摘の右上の生物は何でしょう!?


    今日はカワウを撮ってみました。(~0~)
3000×1998 => 800×532

1392817056.jpg
/938KB
引用返信
■17512 / ResNo.11)  Re[3]: オオハクチョウ出陣と帰着
□投稿者/ TK -(2014/02/19(Wed) 23:00:44)
    MAKOさん、Toroさん、ありがとうございます。

    忘れないうちにお答えしておきます。ご指摘の何やらですが、おそらくノウサギ(英語のhare、我々がいうウサギは愛玩種のrabitで、ピーター・ラビットもその流れです)です。3月のノウサギといわれていますが、繁殖期を迎えたこの時期、盛んに野原や田舎道で追いかけっこやボクシングみたいなことをやっています。ノウサギの写真を掲げておきます。

    K-3になるとファイルが大きくなって、16gbぐらいのメモリーカードはすぐ満杯になってしまうし、高速カードでないと次の写真が撮れないという不都合なことが出てきます。でも今までのところ、気に入っております。

1400×927 => 800×529

1392818444.jpg
/1189KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■17305 / 親記事)  オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ TK -(2014/02/14(Fri) 06:19:41)
    英国では冬鳥ですが、今ごろから4月にかけてヨーロッパ大陸に戻っていきます。ところが湿地帯にある中の島が気に入ると、かなり長いこと滞在していきます。見ものは、繰り返して行う集団飛翔です。今年は英国内の湿地帯の水量が多く、あまり期待できそうもありません。
1400×930 => 800×531

1392326381.jpg
/1015KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■17307 / ResNo.1)  Re[1]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ shok -(2014/02/14(Fri) 07:51:50)
    No17305に返信(TKさんの記事)
    TKさん凄い写真を見せていただきました画面を見ると数千羽は
    いる感じですが全体では数万羽の
    大飛翔でしょうね、しかも全体に
    ピンが効いてて いい写真ですね
    僕なんか、精々数10羽程度の飛翔
    写真ですから羨ましい限りです。

引用返信
■17313 / ResNo.2)  Re[2]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ MAKO -(2014/02/14(Fri) 09:30:59)
      
      TKさん
        今回もまた、圧倒的な鳥の群れに驚くばかりです。こんな時は
        どんな気持ちになるのでしょうか...?
        自分でしたらまず、異様さが先に来てしまいます。
        2番目が巡り合えたラッキーに、喜ぶことですね。
引用返信
■17322 / ResNo.3)  Re[1]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ モアイ -(2014/02/14(Fri) 12:47:28)
    No17305に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    干潟で餌を探している時とは違い、飛んでいる時は、まるでジェット戦闘機みたいで格好イイですね。しかも凄い数です。方向転換の時にぶつからないか心配になりますね。

引用返信
■17351 / ResNo.4)  Re[2]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ TK -(2014/02/14(Fri) 20:08:01)
    shokさん、MAKOさん、モアイさん、ありがとうございます。

    コオバシギは広い場所では一万羽ぐらい集まることもありますが、一つの集団は数百羽までです。体が小さいコオバシギやホシムクドリでも数千羽まで、数万羽と私が書くことがあるのは、例えば干潟で有名な保護区がある湾全体の数字です。冬の東京湾など、数千羽と思えるユリカモメが敷物を敷いたみたいに浮いてるのを、アクアラインから見たことがありますから、日本でも集団飛翔の撮影場所があるのではないでしょうか。マガンやナベヅルはこのサイトにも登場しましたし、安曇野のオオハクチョウなども有名ですよね。

    私の場合、たぶん飛行機を撮った方が先なので、どこに行けばどの野鳥が集団でというのを聞いて出かけたのが始まりでした。そのせいでしょうか、これはという集団にぶつかると、航空ショーのアクロバットと同じ感激を感じます。モアイさんが航空ショーにお出でになるかどうか知りませんが、ジエット戦闘機見たいというご指摘はさすがですね。

    調子に乗って、コオバシギをBorgで撮ったのと、ジエット機の集団飛行をお目にかけさせてください。




1400×927 => 800×529

1392376081.jpg
/1303KB
引用返信
■17352 / ResNo.5)  Re[2]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ TK -(2014/02/14(Fri) 20:16:30)
    一昨年ヨーロッパに現れて目の肥えたファンを驚かせた、韓国空軍のディスプレーチームの飛行ぶりです。
1400×990 => 800×565

1392376590.jpg
/806KB
引用返信
■17355 / ResNo.6)  Re[3]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ @MT -(2014/02/14(Fri) 22:05:08)
    No17351に返信(TKさんの記事)
    >TKさん驚異の飛翔ショットですね、じっくりと堪能させてもらいました。
引用返信
■17356 / ResNo.7)  Re[3]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ mouton -(2014/02/14(Fri) 22:10:51)
http://mouton1.blog.fc2.com/
    TKさん こんばんは。
    先日はコメントをありがとうございました。
    オグロシギと、コオバシギと、韓国空軍の飛行ショー、これらもまた圧巻の作品ですね。
    感動させて頂きました。

引用返信
■17357 / ResNo.8)  Re[4]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ toro -(2014/02/14(Fri) 22:27:37)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    最初の写真をクリックして見させて頂くと、もの凄いですね。。
    圧倒されました。。
    この密度で飛んでいてもお互い触れる事のない特殊な能力が
    備わっているのでしょうか。。 不思議ですね。。
    どの写真も素晴らしい描写で感動しました。(#^.^#)
    尚、数えていると眠くなりそうなので断念しました。(笑)
引用返信
■17358 / ResNo.9)  Re[4]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ TK -(2014/02/15(Sat) 01:41:24)
    @MTさん、moutonさん、toroさん、、もったいないコメントです。ありがとうございました。世の中には凄い人がいるもので、コオバシギの集団飛翔を水鏡に映した作品が2013年度の野鳥写真賞を獲得しています。

    集団飛翔で残念なのがホシムクドリのそれ、数が減ってしまい、遠くに出ないと見られなくなりました。代わりに、ミヤコドリの撮り方をもっと工夫しようと思っています。



引用返信
■17364 / ResNo.10)  Re[3]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ モアイ -(2014/02/15(Sat) 06:02:35)
    No17352に返信(TKさんの記事)
    > 一昨年ヨーロッパに現れて目の肥えたファンを驚かせた、韓国空軍のディスプレーチームの飛行ぶりです。

    TKさん こんにちは
    このジェット機の黄色い派手なペイントは鳥なのですね。白鳥にも見えましたが、よく見ると嘴が長いのでカワセミにそっくりです。魚めがけてダイブしている感じです。
引用返信
■17375 / ResNo.11)  Re[4]: オグロシギ集団飛翔
□投稿者/ TK -(2014/02/15(Sat) 17:19:12)
    2014/02/15(Sat) 17:26:58 編集(投稿者)

    モアイさん、このチームは「ブラック・イーグルズ」と呼ばれています。その元が
    実在する鷲の一種類かどうかわかりませんが、背面のデザインは白と黒が基調で和名をカザノワシとする鷲によく似ています。航空自衛隊も有名なブルーインパルスを送ってくれると、在留邦人も鼻が高くなるのですが、問題は機体の運搬です。戦闘の場合には給油機を使うのでしょうが、平時だとそう簡単ではないらしいようです。韓国空軍はばらした機体を貨物仕様のジャンボで送り、英国で組み立て直したのだそうです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -