HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■55991 / 親記事)  シルエット白鳥
  
□投稿者/ モアイ -(2019/02/25(Mon) 20:30:15)
    Canon Eos6D+SP70-200mm iso200 ss1/800 f10 70mm
    SILKYPIX JPEG Photography9


    綺麗な夕焼けを背景にして飛んで来た白鳥を撮ってみたのですが、どうしてもシルエットになってしまいますね。シルエットにならない方法はないものかと思案中です。黒鳥に見えてしまうので(笑)
    ところで新しく出たJPEG Photography9を使ってみました。部分補正の設定項目が増えて随分と使いやすくなりましたね。それに動きが軽くなった気がします。

2400×1600 => 800×533

1551094215.jpg
/893KB
引用返信 削除キー/
■55993 / ResNo.1)  Re[1]: シルエット白鳥
□投稿者/ denpou -(2019/02/25(Mon) 20:46:34)
    No55991に返信(モアイさんの記事)

    モアイさん夕日での白鳥シルエットでもいい感じですね JPEG Photography9での部分補正どう変わったのでしょうか。修正前を知りたいですね。

引用返信 削除キー/
■55996 / ResNo.2)  Re[1]: シルエット白鳥
□投稿者/ YSH -(2019/02/25(Mon) 21:22:17)
    モアイさんへ
    色合いも構図もいい写真だと思います。
    夕日、夕焼け時の撮影と画像処理は難しいですね。ほんとうに。
     YSH
引用返信 削除キー/
■56002 / ResNo.3)  Re[1]: シルエット白鳥
□投稿者/ おせっかい -(2019/02/26(Tue) 09:28:07)
    これはシルエットで正解です。
    夕日とのバランスが絶妙と思います。

    あと何とかならないかなとの事で細工しましたが
    元の写真の方が全然良い感じです。
1500×1000 => 800×533

1551140887.jpg
/804KB
引用返信 削除キー/
■56003 / ResNo.4)  Re[2]: シルエット白鳥
□投稿者/ モアイ -(2019/02/26(Tue) 12:14:20)
    No56002に返信
    ☆denpouさん ☆YSHさん コメントありがとうございました。

    僕が画像処理で部分補正を使うのは空と水面の露出差が激しい場合にハーフNDの代わりに使います。この写真の場合は空と水面で露出差は殆ど無いので効果は無いでしょう。ですからこの写真の場合は色味の変更がメインになりました。カメラ撮って出しのカットを載せておきます。

    ☆おせっかいさん コメントと写真ありがとうございました。

    白鳥の黒潰れした部分の諧調がここまで出てくるとは正直驚きました。しかもJPEGで二度も保存しているのに不思議に感じるほどです。凄い技術ですね。背景に影響がないので白鳥のみを選択してシャドウを上げたのだと想像しています。

    次の写真はJPEG撮って出しです。


2400×1600 => 800×533

1551150860.jpg
/791KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ