HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■50817 / 親記事)  コブハクチョウ対オオハクチョウ
  
□投稿者/ TK -(2017/12/14(Thu) 02:18:30)
    2017/12/14(Thu) 02:20:52 編集(投稿者)

    コブハクチョウは留鳥なので、川であれ公園の沼であれ、はたまた広大な保護区であれ、どこにでもいますが、晩秋から晩春までは冬鳥のオオハクチョウに押されて、今一つ気勢があがりません。それでも気骨のある組なのか、昂然と胸を張って観察小屋に近い水面に現れた二羽がいました。
    Pentax K-1 + Pentax D FA 150-450mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f/8、1/250秒、ISO-400、リアコンバーターを付けると四隅が盛大に蹴られるので、デジカメカメラ本体でAPS-Cサイズにクロップして撮影しました。

2000×1333 => 800×533

1513185510.jpg
/555KB
引用返信 削除キー/
■50818 / ResNo.1)  Re[1]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ TK -(2017/12/14(Thu) 02:41:31)
    その二羽はというと、オオハクチョウが集まっているところへ着水してみたりと、明らかに対抗心むき出しの意地悪をしているようでした。近間で撮れたのはこの一枚だけでオオハクチョウも離れて写っているだけです。流し撮りですが、水しぶきに思わぬ効果が出たので満足しています。
    Pentax K-1 + Pentax D FA 150-450mm、絞り値 f/16、1/200秒、ISO-800。
2000×1335 => 800×534

1513186891.jpg
/541KB
引用返信 削除キー/
■50819 / ResNo.2)  Re[2]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ TK -(2017/12/14(Thu) 02:56:15)
    次はアイスランドよりの使者、オオハクチョウの飛翔シーンです。この三羽は赤茶けた汚れが目につきますが、ここかからさほど遠くない餌場に川にこの色の粘土が沈澱しているためです。
    Pentax K-1 + Pentax D FA 150-450mm、絞り値 f/10、1/500秒、ISO-800。


2000×1418 => 800×567

1513187775.jpg
/692KB
引用返信 削除キー/
■50820 / ResNo.3)  Re[3]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ TK -(2017/12/14(Thu) 03:01:18)
    オオハクチョウペアの着水ぶりです。この2羽も、やはり赤茶色の粘土が張り付いているようですね。
    Pentax K-1 + Pentax D FA 150-450mm、絞り値 f/11、1/500秒、ISO-800、テレ端使用。

2000×1333 => 800×533

1513188078.jpg
/1992KB
引用返信 削除キー/
■50823 / ResNo.4)  Re[4]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ mymt -(2017/12/14(Thu) 08:01:18)
    TKさん、2枚目の写真、SS1/200で目がピタリと止まっています。素晴らしい流し撮りです。
    ところでコブハクチョウよりオオハクチョウの方が気勢が良いのですか?顔つきは白鳥の中でも一番怖いですが。
    我が家から比較的近い、利根川の支流の碓井川に毎年コハクチョウが来るのですが、今年は、まだ便りがありません。
引用返信 削除キー/
■50839 / ResNo.5)  Re[2]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ モアイ -(2017/12/14(Thu) 18:24:19)
    No50818に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは!

    オオハクチョウが来ると数の原理でコブハクチョウが不利になりますよね。コブハクチョウにしてみれば自分の縄張りが取られてしまうので非常に面白く無いでしょうね。可愛そうな気がします(笑) 

引用返信 削除キー/
■50852 / ResNo.6)  Re[3]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ MAKO -(2017/12/14(Thu) 22:41:42)

      TKさん
      
      コブハクチョウとオオハクチョウの対比は面白いですね。
      まだコブハクチョウを撮った事は無いのですが、機会があれば撮りたいですね
      こちらの川のハクチョウは、だいぶ増えてきました。

      

引用返信 削除キー/
■50854 / ResNo.7)  Re[5]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ TK -(2017/12/15(Fri) 05:02:16)
    mymtさん、モアイさん、MAKOさん、いつもいつもありがとうございます。

    オオハクチョウは9月下旬あたりから飛来し始め、もう3月初めにはアイスランドに戻るので、長旅に耐えられるエネルギーの蓄積に必死です。それだけに甲高い声を発したり嘴で突きを入れるなど、勢力圏誇示に真剣味があるしだいです。一方のコブハクチョウは英語名がmute swan(直訳するとオシハクチョウ)であるだけに、鳴き声で警告することがありません。コハクチョウも相当数来るのですが、日本のコハクチョウのように人家に近い場所に現れることなどめったにない用心深い性格なので、鳥仲間と戦うのは不得手なのでしょう。



引用返信 削除キー/
■50856 / ResNo.8)  Re[1]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ denpou -(2017/12/15(Fri) 05:37:55)
    No50817に返信(TKさんの記事)
    TKさん

     私なんかはあまり白色の野鳥を撮っていませんのでどうも白い羽根部分が白とびに成ってしまいます、TKさんはいつもきれいに撮られていますが 何かコツは有るんですか。
引用返信 削除キー/
■50879 / ResNo.9)  Re[2]: コブハクチョウ対オオハクチョウ
□投稿者/ TK -(2017/12/15(Fri) 22:19:46)
    denpouさん、ありがとうございます。

    白鳥のみならず、水鳥の怖いのは胸と腹部が真っ白なことです。カンムリカイツブリがいい例ですが、たやすく飛ばせてしまいます。私は多くの場合はアンダーで撮るのですが、スポット測光だとうまくいくことが多いように思います。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ