HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■49279 / 親記事)  チョウゲンボウとツミ
  
□投稿者/ mymt -(2017/07/19(Wed) 07:02:21)
    2017/07/20(Thu) 05:24:56 編集(投稿者)
    2017/07/19(Wed) 07:05:35 編集(投稿者)

    2008年4月12日撮影です。
    このころになると、デジカメにランニングコストが無いため、銀塩機材は全く使う気になれず、処分 (換金?キャノンはFDからEFにマウントまで変えたのでレンズも使えなくなりました) していました。
    とにかく望遠レンズの種類が少なく(シグマ、タムロン、トキナーなどはニコン、キャノンマウントばかり)難儀していたところオリンパスから換算520mmのコンデジがあると知り、購入したのがSP-570UZでした。


    SP-570UZ 148mm Iso100 F4.5 SS=1/640 1.4倍クロップ
2440×1830 => 800×600

1500415341.jpg
/1137KB
引用返信 削除キー/
■49280 / ResNo.1)  Re[1]: チョウゲンボウとツミ
□投稿者/ mymt -(2017/07/19(Wed) 07:03:25)
    2017/07/20(Thu) 05:23:19 編集(投稿者)

    2008年6月7日撮影。
    SP-570UZに1.7倍のフロントテレコンTCONー17を付けて、さらに1.4倍クロップの換算1200mm程度の写真です。1200mmのために、かなり苦労しています。この時期にSX50HSがあれば!
    1/2.3CCDセンサーなのですが、調べたところCCDはCMOSに比べて画質も良く高感度にも強いことが分かりました。
    ただCCDに比べてCMOSは安価で読込が早く連写に優れている、ということから進化してきたそうです。良いとこ取りが裏面照射CMOSやMOSらしいです。それならCCDをもっと進化させて欲しかった。

    SP-570UZ+TCONー17 148mm Iso800 F7.1 SS=1/250 1.4倍クロップ


2550×1913 => 800×600

1500417841.jpg
/1048KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ