HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■49112 / 親記事)  まだ続く我が家周辺ベビーブーム
  
□投稿者/ TK -(2017/07/04(Tue) 05:49:01)
    一昨日、楽しみにしていたゴシキヒワの巣が空き家になっていました。中にはミイラ化した雛が一羽、でもこの日以来しばしば3羽一組のゴシキヒワヲ見るので、一羽は無事に孵ったのでしょう。成鳥の体長がわずか13センチ、卵も長さ2センチですから、この巣の外径も10センチに少し足りません。雌が巣作りをするそうですが、どうしてていねいな造りです。
    Pentax KP + Sigma 17-70mm、f-4、1/125秒、ISO-400、露出補正 +1。

2000×1330 => 800×532

1499114941.jpg
/1292KB
引用返信 削除キー/
■49113 / ResNo.1)  Re[1]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ TK -(2017/07/04(Tue) 06:02:52)
    この写真は5月初めに撮ったのですが、巣があった娘の家のもう一軒のお隣にある樹にいたペアです。空き家の巣は娘の家の庭にある林檎の樹にあったもの、距離からしてこの2羽が子育てに使っていたと思われます。
    Pentax KP + BORG 71FL + 全玉抜Pentax 28-80mmマニュアルレンズ、f-9.5、ISO-400。
2000×1500 => 800×600

1499115772.jpg
/2429KB
引用返信 削除キー/
■49114 / ResNo.2)  Re[2]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ TK -(2017/07/04(Tue) 06:14:09)
    2017/07/04(Tue) 06:21:12 編集(投稿者)
    2017/07/04(Tue) 06:21:02 編集(投稿者)
    2017/07/04(Tue) 06:20:40 編集(投稿者)

    ゴシキヒワの方はめでたさもちう位でしたが、今日に反対側の隣家に住む未亡人の女性が、「開いた窓から飛びこんできたんだけど、なんというとりなのでしょう」と持ちこんできました。十分飛べるようになったエナガの雛であることは一目瞭然、大慌てで一枚だけ写真を撮ってからお返ししました。すぐ逃がしてあげると言って返ったので、これはおめでたいと言って良い出来事でした。
    Pentax K-1 + Tamron 28-80mm、f/16、1/60秒、ISO-12800、焦点距離 75mm、直前まで高感度のISOで実験していたのを忘れていた結果です。でもこの程度の仕上がりですから、K-1のISO耐性もかなりのもだと思われます。


1400×934 => 800×533

1499116826.jpg
/991KB
引用返信 削除キー/
■49117 / ResNo.3)  Re[3]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ mymt -(2017/07/04(Tue) 07:38:41)
    TKさん、まるで小物のアクセサリーのような巣ですね。
    ゴシキヒワも名前の通りカラフルで綺麗な小鳥です。1羽といえども無地巣立ったのなら「良し」です。
    エナガも目の周りの赤がとれて十分飛べるように育ちましたね。それにしてもSO12800でノイズが全く見えないとは最近のデジカメの性能には驚かされます。
    先月末に撮ったエナガの幼鳥写真があったので便乗させてください。
2000×1333 => 800×533

1499121521.jpg
/1856KB
引用返信 削除キー/
■49118 / ResNo.4)  Re[1]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ @MT -(2017/07/04(Tue) 11:12:25)
    No49112に返信(TKさんの記事)

    TKさん、こちらでは見られないゴシキヒワを見事に撮られていますね楽しませてもらいました、巣は工芸品の様ですね、
    こちらもアカショウビンが7年前に子育てした老木が今冬の雪で折れてしまいました、キツツキが掘った下の穴です。

2181×3093 => 564×800

1499134345.jpeg
/2432KB
引用返信 削除キー/
■49121 / ResNo.5)  Re[4]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ TK -(2017/07/04(Tue) 19:24:45)
    mymtさん、@MTさん、優しいコメントと写真をありがとうございました。

    おっしゃるように手間をかけた巣作りですね。水鳥の雛は初日から泳げるので青天井の巣で間に合いますが、一般的な野鳥の雛は赤裸ですからいい加減な巣では用が足りないのでしょう。

    アカショウビンがキツツキの穴を利用するとは知りませんでした。巣箱を利用することが多いアオガラも、やはりオポチュニストなのでしょうか。

    KPだと倍の25600が実用範囲だそうですから、カメラ側での絞り調節への反応が鈍いBORGレンズを使うとき、AF用のズームレンズ側の絞り羽根を利用することができそうです。うまくいけば、焦点深度が浅いBORGもまた違う利用が可能になるかもしれません。
引用返信 削除キー/
■49136 / ResNo.6)  Re[2]: まだ続く我が家周辺ベビーブーム
□投稿者/ denpou -(2017/07/07(Fri) 07:30:19)
    No49113に返信(TKさんの記事)
    TKさん

     ゴシキヒワ 綺麗ですね こちらでは見る事が出来ない野鳥ですね、エナガの幼鳥 Pentax K-1でISO-12800 言われないと判らない写り具合ですね。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ