HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■49039 / 親記事)  コールダックの雛その後
  
□投稿者/ TK -(2017/06/27(Tue) 19:38:24)
    またかと叱られてしまいそうですが、娘が祖母で私が曾祖父なので勘弁してください。

    孵ってから早2週間経ちますが、まるで育たなかった2羽が死んでしまいました。残った3羽は3倍ほどの大きくなり、走るのも速くなって母親が後から追いかけるようになりました。3週間ほど何百年ぶりとか言う暑さが続き、娘の家のサクランボウが大変甘いので鴨たちも夢中です。最も小さい一羽も、負けてはいません。
    Pentax KP + BORG 71FL + 全玉抜きTokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、f-9.5、1/250秒、ISO-800。
2000×1330 => 800×532

1498559904.jpg
/1728KB
引用返信 削除キー/
■49040 / ResNo.1)  Re[1]: コールダックの雛その後
□投稿者/ TK -(2017/06/27(Tue) 19:45:46)
    母親も加わったサクランボ争奪のスクラムです。巣箱を吊って経験した野鳥も同じですが、仲間を押しのけられない個体は長生きしません。甘い証拠に、紅色の雫を飛ばして争っています。
    Pentax KP + BORG 71FL + 全玉抜きTokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、f-8、1/250秒、ISO-800。

2000×1330 => 800×532

1498560346.jpg
/1646KB
引用返信 削除キー/
■49041 / ResNo.2)  Re[2]: コールダックの雛その後
□投稿者/ mymt -(2017/06/27(Tue) 20:09:59)
    サクランボをかじっているアヒル?カモ?の雛は初めて見ました。
    可愛いですね!!
    成鳥になると白くなるのでしょうか?
引用返信 削除キー/
■49043 / ResNo.3)  Re[1]: コールダックの雛その後
□投稿者/ denpou -(2017/06/27(Tue) 22:24:36)
    No49039に返信(TKさんの記事)
    TKさん

     コールダックの雛もそうなんですね、こちらでも雛は見るたびにだんだん数が減っていきます、かわいそうに思いますが 自然界を生きていくための試練なんですね。
引用返信 削除キー/
■49045 / ResNo.4)  Re[3]: コールダックの雛その後
□投稿者/ TK -(2017/06/28(Wed) 05:21:27)
    mymtさん、早速のコメント、ありがとうございます。

    コールダックというのは愛玩用の小型鴨で、娘の家ではこれが三代目です。今回のカップル、雄が純白で雌が茶色ですが、暖かった2月にその気になったのに孵ったのは2羽だけ、初めての子育てで慣れないことも手伝い、寒波でほどなく死んでしまいました。天候が回復して再挑戦、何が気に入ったのか私の庭へと越境してきて7羽を孵したのです。淡い色の雛は純白または白っぽい成鳥、濃い色の雛は茶系の成鳥になります。人工種なので、色や模様は様々なのです。
引用返信 削除キー/
■49046 / ResNo.5)  Re[2]: コールダックの雛その後
□投稿者/ TK -(2017/06/28(Wed) 05:28:27)
    denpouさん、ありがとうございます。ペットの鳥でも猫という天敵がいるし、水鳥だとチュウヒやアオサギなどが自分の雛に食べさせるため虎視眈々ですよね。卵も狙われるようで、しばしば殻だけが放置されています。大規模農業その他、人間の仕業が仇になって野鳥の数が減ることもあり、おっしゃるように厳しいですね。
引用返信 削除キー/
■49049 / ResNo.6)  Re[2]: コールダックの雛その後
□投稿者/ モアイ -(2017/06/29(Thu) 15:44:28)
    No49040に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    コールダックがサクランボを食べるとは想定外でしたね。
    BORG71FLの繊細な描写でありながら柔らかい質感がたまりませんね。また雛の黄色とサクランボの赤が鮮烈でとてもインパクトのある写真に仕上がってますね。羽毛に付いたサクランボの汁が争奪戦の凄さを物語っていて説得力があり、それを写し撮った技量も流石、曾祖父ですね。
引用返信 削除キー/
■49052 / ResNo.7)  Re[1]: コールダックの雛その後
□投稿者/ @MT -(2017/06/29(Thu) 17:50:41)
    No49039に返信(TKさんの記事)

    TKさん、鳥は人間と違ってすぐ大きくなるのですねタンチョウ、コウノトリなどの大型の鳥も三ケ月位で親と同じ位まで育つそうです、楽しく拝見させてもらいました。
引用返信 削除キー/
■49056 / ResNo.8)  Re[3]: コールダックの雛その後
□投稿者/ TK -(2017/06/29(Thu) 19:32:01)
    2017/06/29(Thu) 19:42:04 編集(投稿者)

    モアイさん、持ち上げていただき、舞い上がっております。ありがとうございました。71FL はさすがの描写力、再来週出かけるヨーロッパ最大の軍用機ショーで大いに活躍してもらえるでしょう。しかも今年は草地を刈り込んで野鳥(ヒバリが多いのです)を呼び寄せるそうですから、これまた楽しみです。

    このサクランボは人間用ですが、筋向かいにずらりと植えてある桜は人間用でないものの、びっしり実がなります。これも暑さで味がいいのでしょう、村に数十羽が住み着いているホシムクドリは幸せです。但し路上駐車の私の車は、派手に色変わりしてしまいました。
引用返信 削除キー/
■49057 / ResNo.9)  Re[2]: コールダックの雛その後
□投稿者/ TK -(2017/06/29(Thu) 19:39:53)
    @MTさん、コメントをありがとうございます。今度はぜひ、大型鳥の雛や若鳥を見せてください。

    コブハクチョウもあっという間に大きくなります。7年前に撮った写真を載せてみました。撮影が8月上旬ですから、せいぜい2か月しか経っていません。EOS 50D なので、やはりノイズが目だちます。
2000×1333 => 800×533

1498732793.jpg
/1992KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ