HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■44607 / 親記事)  晩秋それとも初冬?
  
□投稿者/ TK -(2016/11/20(Sun) 18:46:51)
    秋も深まると私が足繁く通う水鳥・湿地帯保護区と、そのお隣の英国野鳥の会(RSPB)は白鳥、特にオオハクチョウがアイスランドやグリーンランド、コハクチョウはずっと数が減りますが、中国やシベリアから渡ってきて賑やかになります。11月15日に二つの組織が共同で数えたら、オオハクチョウが7,042羽、コハクチョウが615羽いたそうです。もっとも日中は周辺の耕作地でせっせと食べて体力を回復しているので、うまくいっても数百羽が見られるだけです。

    つい一昨日、日の出前に英国野鳥の会に出向いたら、すでに全部が出払った後でした。それでも収穫が終わった隣の甜菜畠に数十羽がいたので、離陸場面が撮れました。最初は飛び立ち直前のボディランゲージ、頸を伸ばして叫びを交わしている場面です。
    Pentax K-3II + BORG 89ED + Tokina 100-300mm + ケンコー・クローズアップレンズ No.2、記録された絞り値 f-8、f1/750秒、ISO-280、記録された焦点距離 200mm。


2000×1333 => 800×533

1479635211.jpg
/2111KB
引用返信 削除キー/
■44608 / ResNo.1)  Re[1]: 晩秋それとも初冬?
□投稿者/ TK -(2016/11/20(Sun) 19:00:29)
    この日、目覚ましが鳴った午前5時でマイナス1度、幸い風が弱くて助かりました。飛び発ち写真を撮った午前8時でも時でもプラス3度、ハクキンカイロ(こちらではライターのジッポ製)を持って出かけます。

    甜菜を収穫した後の葉や茎が大量に残る畠を出発する様は、作物や建物は違っても日本でも見られる情景です。
    EXIFデータは1枚目と同じ。
2000×1334 => 800×533

1479636029.jpg
/2116KB
引用返信 削除キー/
■44609 / ResNo.2)  Re[2]: 晩秋それとも初冬?
□投稿者/ TK -(2016/11/20(Sun) 19:06:08)
    ぐんぐん高度を上げて去っていきますが、電気や電話のケーブルが地下に潜っていない農産地帯とあって、洪水対策の土手があるのはやはり日本と同じですね。
    EXIFデータは1枚目と同じ。
2000×1333 => 800×533

1479636368.jpg
/1177KB
引用返信 削除キー/
■44610 / ResNo.3)  Re[3]: 晩秋それとも初冬?
□投稿者/ モアイ -(2016/11/20(Sun) 21:51:21)
    No44609に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    もう冬なのでしょうね。こちらは朝晩は家でも暖房が欠かせなくなってきていますが日中は暖かです。
    やはり白鳥は大きいので飛んでいる場面は迫力が有り、優雅でもありますね。
    AFボーグが実用になっているのが凄いですね。手持ち撮影なのでしょうか?
引用返信 削除キー/
■44614 / ResNo.4)  Re[4]: 晩秋それとも初冬?
□投稿者/ TK -(2016/11/20(Sun) 22:31:18)
    モアイさん、早速ありがとうございました。やはりこの大きさと重量がある白鳥の発進ぶりは迫力がありますね。1キロは軽くいなったし、短くもなりました。それに左手はレンズを支えるだけの必要しかありません。従って助手席に置いて不意の場面に備えています。この3枚もその例で、私は路傍に突き刺してあった金属の太い筒に寄りかかっていました。

    実はまだ持っているBORG 60EDでも、先達のネット情報のおかげでいい方法が見つかり、次の好天時に持ち出してみようと企んでいます。
引用返信 削除キー/
■44624 / ResNo.5)  Re[1]: 晩秋それとも初冬?
□投稿者/ @MT -(2016/11/21(Mon) 23:19:51)
    No44607に返信(TKさんの記事)
    > TKさん、こちらで見かけると同じ様な光景で嬉しくなりました、ハクチョウを調査された方の話ではシベリアのツンドラ地帯で子育てをするそうですがそちらにも渡るのでしょうか。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ