HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■42939 / 親記事)  ビートルスの故郷で・その二
  
□投稿者/ TK -(2016/08/04(Thu) 19:03:00)
    親に見放されたセグロカモメの雛は諦めたのか、準備運動をして飛び去っていきました。
    Pentax K-1 + DA*200mm、絞り値 f-4、1/750秒、ISO-200、露出補正 +1、約20%トリミング。

2000×1335 => 800×534

1470304980.jpg
/1357KB
引用返信 削除キー/
■42940 / ResNo.1)  Re[1]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ TK -(2016/08/04(Thu) 19:08:57)
    よく晴れた朝、ライヴァーバードを嘲笑うかのように、ユリカモメの群れが高高度で飛び去っていきました。
    Pentax K-1 + DA*200mm、絞り値 f-5.6、1/180秒、ISO-200、露出補正 +1、約65%トリミング。

1500×2000 => 600×800

1470305337.jpg
/1050KB
引用返信 削除キー/
■42942 / ResNo.2)  Re[2]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ TK -(2016/08/04(Thu) 19:24:05)
    2016/08/04(Thu) 19:38:27 編集(投稿者)

    リバプールといえばビートルズ、いたる所に足跡が残っています。これはジョン・レノンが在籍していた美術学校の後輩が制作した旅行鞄やギターのケースです。よく知られた名前が見つかる反面、貧困を抜け出そうと悲壮な決意でアメリカに渡っていったアイルランドの労働者階級の所持品を模した作品が多数を占めています。
    Pentax K-1 + Sigma 17-70mm、絞り値 f-9.5、1/45秒、ISO-560、露出補正 0、焦点距離 17mm。


2000×1333 => 800×533

1470306245.jpg
/1748KB
引用返信 削除キー/
■42944 / ResNo.3)  Re[3]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ TK -(2016/08/04(Thu) 19:36:21)
    博物館と美術館、大規模な室内競技場(新体操の大会が開かれていました)が並ぶ河岸の遊歩道では、スマートフォン片手の若者数十人がポケモンGOを追って走っていました。是も胸を打つのがアメリカに渡る一家の群像です。決意に燃える若い父親と不安げな母親、蟹と戯れる男の子、明日は乗る船を見ているのか笑顔の女の子・・・。こうした人々の中には、ケネディ大統領の祖父もいたのですね。
    Pentax K-1 + Sigma 17-70mm、絞り値 f-13、1/45秒、ISO-560、露出補正 0、焦点距離 17mm。


2000×1250 => 800×500

1470306981.jpg
/1842KB
引用返信 削除キー/
■42945 / ResNo.4)  Re[4]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ mymt -(2016/08/04(Thu) 19:53:55)
    TKさん、こんばんは。
    私はビートルズエイジでエレキギターに夢中になっていましたが、そのうちジョージ・ハリスンのギターの師匠であるエリック・クラプトンの大ファンになっていました。学生当時、アルバイトして買ったフェンダー製のテレキャスターというギターが押し入れに入っています。
    在庫ですが再び坂東太郎のカワウです。
1600×1200 => 800×600

1470308035.jpg
/2096KB
引用返信 削除キー/
■42950 / ResNo.5)  Re[1]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ S.NOTO -(2016/08/04(Thu) 22:43:55)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    TKさん、ビートルズの「マンチェスターリバプール」が聞こえてきそうですね。建物の上の鳥の像、日本なら鳳凰でしょうが、さすがは英国ですね。それに鳥や旗を絡めたTKさんの感性に感心しきりです。
引用返信 削除キー/
■42953 / ResNo.6)  Re[5]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ TK -(2016/08/05(Fri) 17:31:51)
    mymtさん、 S.NOTOさん、過分のお褒めとビートルズがらみのコメントをいただき感激しています。歌舞音曲一切駄目な私ですが、来英して半年後のデビューに始まる大活躍を身近で味わったので今も忘れられません。お礼に、ジョン・レノンの学友で短期間ながらメンバーになっていたスチュアート・サトクリフの名入りギターケースの写真をアップしました。



2000×1333 => 800×533

1470385911.jpg
/2045KB
引用返信 削除キー/
■42957 / ResNo.7)  Re[4]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ @MT -(2016/08/05(Fri) 18:35:44)
    No42944に返信(TKさんの記事)
    >TKさん、リバプール港の歴史がよく解りました、ありがとうございます。
引用返信 削除キー/
■42963 / ResNo.8)  Re[5]: ビートルスの故郷で・その二
□投稿者/ TK -(2016/08/05(Fri) 19:45:22)
    @MTさん、いつもありがとうございます。処女航海で1500人以上の乗客と船長以下多数の乗組員が亡くなった、かのタイタニック号を所有していた会社の本社もリバプールにあったのです。久しぶりのリバプールで大いに楽しめたので、次は腰とBORGを据えて撮ってみるつもりです。片道約300キロ、順調なら4時間半のドライブです。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ