HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■37679 / 親記事)  日の出
  
□投稿者/ TK -(2015/12/11(Fri) 06:28:07)
    釣瓶落としの秋の日は・・・が出だしの歌がありましたが、その逆はどう表現したらいいのでしょうね。朝の大聖堂をいろいろな撮り方で追ってみました。
    1枚目はそっと顔を出しかけた太陽です。
    Pentax K-3 U + PENTAX-D FA 150-450mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f/8、1/500秒、ISO-200、ワイド端使用、ビーンバッグに載せた半手持ち。
1400×788 => 800×450

1449782887.jpg
/638KB
引用返信 削除キー/
■37681 / ResNo.1)  Re[1]: 日の出
□投稿者/ TK -(2015/12/11(Fri) 06:37:15)
    1枚目から4分後の撮影です。ワイド端とテレ端のほぼ中間、コンバーターなしなら270mmでした。
    Pentax K-3 U + PENTAX-D FA 150-450mm、+ 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f/6.7、1/500秒、ISO-200、焦点距離 378mm、ビーンバッグに載せた半手持ち。

1400×788 => 800×450

1449783435.jpg
/968KB
引用返信 削除キー/
■37682 / ResNo.2)  Re[2]: 日の出
□投稿者/ TK -(2015/12/11(Fri) 06:45:39)
    最後は1枚目から40分後ですが、コンバーターを外し、レンズを50-135mmに替えてワイド的な表現しして見ました。このレンズ、AFは遅いですが単焦点レンズ並みと評した方がいるシャープさの故に手放さないでいます。
    Pentax K-3 U DA*50-135mm、絞り値 f/19、1/750秒、ISO-200、露出補正 +1、焦点距離 65mm、ビーンバッグに載せた半手持ち。

1400×875 => 800×500

1449783939.jpg
/996KB
引用返信 削除キー/
■37698 / ResNo.3)  Re[3]: 日の出
□投稿者/ MAKO -(2015/12/11(Fri) 16:51:01)

       TKさん
      
        確かに秋の夕日が沈むのは、速いと例えてますが、私の実感では朝日の
        上る方が、余程速く感じます。夕日には余韻があるからでしょうか?
        この3枚は、時間によって色の変化が良く分かりますね。
        2枚目の大きな太陽と英国風な建物、1羽の飛翔シルエットが好みです。
      
       
引用返信 削除キー/
■37702 / ResNo.4)  Re[4]: 日の出
□投稿者/ toro -(2015/12/11(Fri) 18:19:21)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    ほんの数十分で濃いオレンジから黄色、そして黄金へと空の色が変化する
    過程が手に取るように分かります。
    大聖堂と朝日、野鳥の群れ、何の繋がりもないこれらのアイテムが
    一堂に会するとき、こんな光景を生み出すのですね。。
引用返信 削除キー/
■37711 / ResNo.5)  Re[1]: 日の出
□投稿者/ モアイ -(2015/12/11(Fri) 19:40:34)
    No37679に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    なるほど朝日と大聖堂のコラボですね。被写体としては申し分ないですね。
    また空や水面にたくさんの鳥がいるので、役者も揃っていて後は舞台監督の腕の見せ所という処ですね。またその反面、狙いが絞りにくく非常に難しい被写体でもありますね。
    ちなみに僕は最初の写真が好きです。
    こちらでは富士山と朝日や夕日を絡めてダイヤモンド富士などと言ってカメラマンが殺到しますが、そちらでもカメラマンが来るのでしょうか?
引用返信 削除キー/
■37718 / ResNo.6)  Re[4]: 日の出
□投稿者/ TK -(2015/12/12(Sat) 07:24:26)
    MAKOさん、toroさん、モアイさん、皆さんに気に入っていただき、幸せな気分です。ありがとうございました。

    大聖堂に限らず教会堂はすべて、祭壇が東側になるよう建てるため、入口は西端に位置します。この大聖堂も例外ではなく、入口のすぐ上に高い塔があるのもよそと同じです。なるほど太陽は東から顔を除かせていますね。

    白鳥は通り過ぎてくれませんでしたが、ユリカモメの大群が空を舞い、ヒドリガモの大群が空中にも水面にもやたらたくさんいます。それをまとめきれなかった舞台監督としては忸怩たる思いですが、残念ながら日の出日の入り時間に出会ったフォトグラファーは一人もいないので、私が居座るほかはありません。


引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ