HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■36597 / 親記事)  夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
  
□投稿者/ TK -(2015/11/05(Thu) 19:11:03)
    太陽がより地平線に近づくと、この保護区の呼び物である餌撒きが始まります。ボランティアの人たちにも人気があって、保護区の歴史や水鳥の種類と特徴など勉強しながらの順番待ちです。

    餌を積んだトロリーが出てくると、潮騒のような音を立てながらコブハクチョウと身障者のオオハクチョウ、マガモやホシハジロなど様々な水鳥が岸辺に向かってきます。
    Pentax K-3 U + Sigma 17-70mm f2.8-4.0 DC HSM、絞り値 f/9.5、1/250秒、ISO-1600、焦点距離 37mm。
1400×931 => 800×532

1446718263.jpg
/917KB
引用返信 削除キー/
■36598 / ResNo.1)  Re[1]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ TK -(2015/11/05(Thu) 19:18:34)
    満足したのか、まだ体に餌を載せたままのコブハクチョウがのんびりしています。
    Pentax K-3 U + PENTAX-D FA 150-450mm、絞り値 f/8、1/750秒、ISO-1600、露出補正 + 1、中央重点測光、テレ端使用。
1400×931 => 800×532

1446718714.jpg
/620KB
引用返信 削除キー/
■36599 / ResNo.2)  Re[2]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ TK -(2015/11/05(Thu) 19:26:02)
    太陽がより地平線に近づき、次の舞台が用意されたようです。
    Olympus E-M5 Mk.U + SAMYANG 7.5 mm フィッシュアイ、マニュアル絞り値 f−8、1/800秒、ISO-640。
1400×787 => 800×449

1446719162.jpg
/689KB
引用返信 削除キー/
■36602 / ResNo.3)  Re[3]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ MAKO -(2015/11/05(Thu) 19:45:52)

      TKさん
      
       このボランティアの方は、マイクを付けて他の人と連絡を取りながら撒き餌
       されてるのでしょうか?
       餌は穀物をブレンドしたものの様ですね。

       こちらでも水鳥の飛来地には、ボランティアの方々のご苦労があります。
       私の行く川でも長年されている方がおりまして、数が増えつつあるとの事!
       有り難い事です。

         

        
引用返信 削除キー/
■36609 / ResNo.4)  Re[4]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ TK -(2015/11/06(Fri) 05:35:15)
    MAKOさん、ありがとうございます。

    このマイクはワイやレスで、餌を撒きながら自己紹介や水鳥の生態解説などができるようになっています。野鳥保護に範囲を限ると、有給の専従職員がわずかに10%、残りはすべて無給のボランティアという英国野鳥の会(RSPB)が有名です。保護区の整備や野鳥の生態観察と数の把握など、皆さん嬉々として働いているのを見ると頭が下がります。





引用返信 削除キー/
■36610 / ResNo.5)  Re[3]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ モアイ -(2015/11/06(Fri) 06:39:29)
    No36599に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    僕が行く山中湖でもボランティアの人が白鳥に餌を与えていますが、現役引退組で若い人は居ませんね。カモ用に作られた植物性の飼料を与えています。以前はボランティアの一人が自費で餌を与えていたそうです。そういう人達に支えられているお蔭で僕たちが写真を撮れる訳ですから頭が下がりますね。
    久しぶりでFisheyeの登場ですね。観察棟の地下室からでしょうか?たしか水位の高い時はここまで水が来るのですよね。

引用返信 削除キー/
■36623 / ResNo.6)  Re[4]: 夕焼け小焼けのオオハクチョウ・その二
□投稿者/ TK -(2015/11/06(Fri) 16:55:31)
    モアイさん、こちらでも男性は年金組です。興味深いのは、保存鉄道では機関助手までやるボランティア組が現役時代は汗水流していた人たちが多く、野鳥の保護区では先生や企業幹部だった人が多いように思います。数の上でも互角以上の女性ボランティアは、大部分が子育てを終えた人たちでしょう。以前ほどではないのですが、英国では数分話していると話し方で過去がある程度わかるので、人定質問をしないでもわかるのです。

    モアイさんはコンピューター並みの記憶力をお持ちですね。改めて驚きました。Fisheyeの写真、まさに観察棟の地下室からです。一昨年の2月に撮ったものですが、この日はコブハクチョウが出入りしていました。前に投稿した写真ですが。再現像してみたのをアップしてみました。


1400×927 => 800×529

1446796531.jpg
/1107KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ