HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■36356 / 親記事)  秋の芽生え
  
□投稿者/ MAKO -(2015/10/30(Fri) 15:27:01)

       SX60HS 247o f6.5 1/100 iso200  
      
       蕎麦を刈り取った後の畑に、キジのメスがいました。
       こぼれた実から発芽したのか、午後の日差しを受けてました。
1642×1080 => 800×526

1446186421.jpg
/690KB
引用返信 削除キー/
■36361 / ResNo.1)  Re[1]: 秋の芽生え
□投稿者/ モアイ -(2015/10/30(Fri) 17:09:50)
    No36356に返信(MAKOさんの記事)
    MAKOさん こんにちは

    蕎麦は今頃に発芽するのでしょうか?それとも一昨日の暑さで春と勘違いしたのかもしれませんね。
    キジのメスは保護色になって殆んど見分けがつきませんが、良く似合う風景になってますね。
引用返信 削除キー/
■36365 / ResNo.2)  Re[2]: 秋の芽生え
□投稿者/ MAKO -(2015/10/30(Fri) 17:33:42)

      モアイさん
       いつもコメントありがとうございます。
       
       確かに陽が当たってないと、まず分からないと思います。
       秋蕎麦は8月が種蒔きで、10月中頃が収穫時期の様ですね。
       霜が降りる気候になると、残念ながら枯れてしまうでしょう。

引用返信 削除キー/
■36372 / ResNo.3)  Re[1]: 秋の芽生え
□投稿者/ ☆王子☆ -(2015/10/30(Fri) 18:15:42)
    MAKOさんいつもありがとうございます。キジの雌は雄に比べると地味ですけど背景が秋の芽生えてとても素敵なショットになってますねぇ♪明日は久しぶりに河川敷に行く予定です(^_^)v
引用返信 削除キー/
■36377 / ResNo.4)  Re[1]: 秋の芽生え
□投稿者/ mymt -(2015/10/30(Fri) 19:16:05)
    MAKOさん、こんばんは。
    アイライトがバッチリ入って生き生きと感じられる良い作品です。それに若芽の緑がキラキラしていて見ていて気持ちが良い作品になっていると思います。
引用返信 削除キー/
■36381 / ResNo.5)  Re[2]: 秋の芽生え
□投稿者/ MAKO -(2015/10/30(Fri) 19:57:46)
      ☆王子☆さん mymtさん
        コメントありがとうございます。
      
       この畑は家のすぐ近くで、キジ、コジュケイなど良く見られます。
       先日この両種の群れ同士、遭遇シーンを見ましたが遠くてだめでした。
       キジが羽ばたいて威嚇し、追い払ってました。

引用返信 削除キー/
■36385 / ResNo.6)  Re[1]: 秋の芽生え
□投稿者/ TK -(2015/10/30(Fri) 22:14:08)
    MAKOさん、英国の麦も秋と冬が蒔き時なののですが、日本の蕎麦も春と初夏の二度チャンスがあるそうですね。天ぷら蕎麦の原料すべてが輸入品だった時代がありましたが、蕎麦ブームで国産蕎麦粉が復活したと聞いたことがあります。

    もともと生命力の強い植物だそうですから、おっしゃるように畠に残っていた種が発芽したのでしょうね。同じ例はこちらのアブラナにもあるので、春秋の違いはあっても素晴らしい季節感を感じました。ありがとうございます。
引用返信 削除キー/
■36386 / ResNo.7)  Re[2]: 秋の芽生え
□投稿者/ MAKO -(2015/10/30(Fri) 23:04:03)
     TKさん
        コメントありがとうございます。
    
      こちらを離れて長いとお聞きしてますが、農作物の造形も深いご様子ですね。
      蕎麦やコンニャクなどは、痩せた土地でも作れるので、農家としてはあまり
      誇れる作物ではないと言う、笑い話みたいなのが有るそうです。

引用返信 削除キー/
■36389 / ResNo.8)  Re[3]: 秋の芽生え
□投稿者/ TK -(2015/10/30(Fri) 23:40:40)
    MAKOさん、教育ママの先輩格だった母親の信条で、振り仮名を振った大人の本をたくさん読まされました。おかげで、蕎麦の根っこが赤いのは、山姥が落ちた場所が蕎麦畠だったためだという伝説を覚えています。やはり大人向きの本だったのでしょう、貧農でも手に入るのは石だらけの山の畠だけだったという解説まで覚えております。

    こちらで独立してからもは、仕事で農業関係の表裏を調べたり聞いたりすることが多かったので、野鳥に関わるようになってからも役に立ちました。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ