HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■34811 / 親記事)  大潮の干潟レポート その二
  
□投稿者/ TK -(2015/09/08(Tue) 18:50:01)
    すっかり間が開いてしまいましたが、大潮レポート第二弾です。

    明るくなったので観察小屋を出て浜辺に戻ったら、コオバシギがお得意の集団うねり飛行を始めていました。このところ疑い始めていたのですが、どうやらコオバシギの行動パタンが変わったことがが確実になりました。従来は上げ潮を避けて逃げるとき、小刻みに対比を繰り返していたのですが、このシーズンになってからは群れによって、一気に湾尻に向けて飛び去るか内陸側の淡水湖に降りないでもっと内陸に向かうようになってきたのです。この群れも、あっという間に姿を消しました。
    Pentax K-3 + DA*60-250mm、絞り値 f/5.6、1/500秒、ISO-1600、焦点距離 123mm、露出補正 +0.5、手持ち。
1400×787 => 800×449

1441705801.jpg
/906KB
引用返信 削除キー/
■34812 / ResNo.1)  Re[1]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ TK -(2015/09/08(Tue) 18:55:22)
    続けて別の群れが避難開始、やはり数は多くありません。
    Pentax K-3 + DA*60-250mm、絞り値 f/8.0、1/500秒、ISO-1600、焦点距離 165mm、露出補正 +0.5、手持ち。
1400×931 => 800×532

1441706122.jpg
/1019KB
引用返信 削除キー/
■34814 / ResNo.2)  Re[2]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ TK -(2015/09/08(Tue) 19:01:26)
    コオバシギに釣られたのか、間もなくミヤコドリたちも退却開始です。このグループもそうでしたが、ミヤコドリはほとんどが淡水湖を囲む土手の斜面に集まります。
    Pentax K-3 + DA*60-250mm、絞り値 f/8.0、1/500秒、ISO-1600、焦点距離 137mm、露出補正 +0.5、手持ち。
1400×788 => 800×450

1441706486.jpg
/720KB
引用返信 削除キー/
■34815 / ResNo.3)  Re[3]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ mymt -(2015/09/08(Tue) 19:17:55)
    TKさん、こんばんは。
    コオバシギの大群が、それ自体一つのオブジェのようです。
    このような写真を一度で良いから撮ってみたいです。
    それにしてもスターレンズの描写力は凄いです。
引用返信 削除キー/
■34816 / ResNo.4)  Re[4]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ MAKO -(2015/09/08(Tue) 20:04:09)

      TKさん
        
        こんな大群をこちらで見ることは、まず敵いませんのでTKさんの代名詞と
       言えるでしょう!また見せて頂けて嬉しいです。
       
       1枚目は空飛ぶクジラの全体像にも、巨大な尾びれにも見えて来ます。
       ヨットや運搬船をさり気なく入れる絵作りも、憎いですね。 
引用返信 削除キー/
■34817 / ResNo.5)  Re[4]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ TK -(2015/09/08(Tue) 23:04:25)
    mymtさん、MAKOさん、早速の素敵なコメント、ありがとうございます。

    一枚目、私はファインダーかで眺めながら、金床みたいだと考えておりました。☆レンズといえば、50-135mmがまた凄い解像力でしたが、一本で間に合う60-250mmを購入したときの下取りに出してしまいました。

    湾尻近くにあるいくつかの港があるほか、保護区の隣にはヨットクラブもあるので、添景になる船の通る機会は多いので助かります。




    の記事)
    > TKさん、こんばんは。
    > コオバシギの大群が、それ自体一つのオブジェのようです。
    > このような写真を一度で良いから撮ってみたいです。
    > それにしてもスターレンズの描写力は凄いです。
引用返信 削除キー/
■34820 / ResNo.6)  Re[1]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ モアイ -(2015/09/09(Wed) 17:47:41)
    No34811に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    相変わらず巨大生物の様な群れの動きが面白いですね。二枚目は亀みたいです。
    薄暗い森のなかで、何時来るか分からない小鳥を待って撮影する日本流の鳥撮りとは随分と違う気がします。
    僕が知らないだけで日本にもこの様な場所が有るのかもしれませんね。
引用返信 削除キー/
■34829 / ResNo.7)  Re[2]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ TK -(2015/09/09(Wed) 21:19:21)
    モアイさん、いつもいつもありがとうございます。

    こちらでも森の中で相手を待つこらえ性があれば、いろいろ珍しい鳥あるいは珍しい場面が撮れると思うのですが・・・。「野鳥大集団の飛翔」をキーワードにしてネットの写真ページを検索したら、いろいろな作品がj発表されていました。その一つ、渡良瀬川などは東京からはそう遠くないですよね。
引用返信 削除キー/
■34839 / ResNo.8)  Re[3]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ toro -(2015/09/10(Thu) 18:26:54)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    いつもながらスケールの大きな写真ですね!
    今回のコオバシギはシロナガスクジラを彷彿とさせますね!(~0~)
    2枚目はモアイさんの仰るように、ウミガメに魔の手が襲い掛かっている
    ような面白い画ですね!
引用返信 削除キー/
■34849 / ResNo.9)  Re[4]: 大潮の干潟レポート その二
□投稿者/ TK -(2015/09/11(Fri) 04:12:52)
    toroさん、こんどは何が出るかと期待していたら、シロナガスクジラでした。ありがとうございます。本物の鯨は絶滅の危険がある種類とか、そうでないことを祈ります。


引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ