HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■26466 / 親記事)  目線を下げて冬の湿地帯
  
□投稿者/ TK -(2014/11/19(Wed) 23:14:07)
    霧の翌日、予報を信じてオオハクチョウを撮りに出かけました。でも太陽の代わりにもやもやした天気で、なんとも中途半端でした。この湿地帯保護区には別料金の水面レベルにある観察小屋があり、たまたまよく知っている係が写真教室の準備をていたので、5分間だけ撮らせてもらいました。

    最初は引き延ばしレンズ、あえて開放で撮ってみました。甘い感じなのは手ブレが主因だと思います。
    DMC-GX7 + HOYA 50mm f-2.8 引き延ばしレンズ、絞り値 開放、1/80秒、ISO-800。

1400×934 => 800×533

1416406446.jpg
/826KB
引用返信 削除キー/
■26467 / ResNo.1)  Re[1]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ TK -(2014/11/19(Wed) 23:21:53)
    2枚目はPentaxレンズズの写真です。これも大失敗で、最前列左にいた白鳥の頭が、後ろの鳥と重なってしまいました。一番遠い緑色の土手までが、約1キロです。
    Pentax K-3 + DA*60-250mm、絞り値 f-16、1/30秒、ISO-1600、焦点距離 84mm。
1400×931 => 800×532

1416406913.jpg
/847KB
引用返信 削除キー/
■26469 / ResNo.2)  Re[2]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ MAKO -(2014/11/20(Thu) 07:37:35)
     
       TKさん
         
        ほぼ同じアングルで撮られてるので、2枚の違いが分かります。
       画角の違いはありますが、引き伸ばしレンズも健闘していると思います。
       書いてなければ、普通のレンズとしか見えません。
       鳥達のざわめきが聞こえる様です。
引用返信 削除キー/
■26475 / ResNo.3)  Re[2]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ モアイ -(2014/11/20(Thu) 10:44:18)
    No26467に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    有料の観察小屋が有るんですね。そういえば以前の写真でガラス張りの建物が写っていた様な記憶がありますが、それでしょうか。
    水鳥の天国といった感じですね。さすが良い場所に建ってます、冬の寒い日には重宝しそうですね。
引用返信 削除キー/
■26478 / ResNo.4)  Re[3]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ TK -(2014/11/20(Thu) 18:53:00)
    MAKOさん、モアイさん、ありがとうございます。

    引き延ばしレンズはこちらでもマクロレンズとして人気が高まり、オークションではNikonとRodenstockを中心に相当数が出品されています。先日ラッキーなことに、Nikonの105mm引き延ばしレンズが約入手できたのですが、光路長の長いヘリコイドを使えば普通の一眼レフにも使えるようです。

    英国医野鳥の会(RSPB)の保護区150カ所余のほとんどは入場無料ですが、別組織に属するこの保護区は有料です。数カ所ある観察小屋の中で中央にある大きな観察棟は、中央部に二重ガラス窓・暖房付きのぜいたくな場所で、こちらは追加料金なしです。ここで再度掲げた写真には水が流れ込んでいる地下室が見えますが、2千円ほど払うとここで低いアングルの撮影ができるというわけです。

1400×927 => 800×529

1416477180.jpg
/1037KB
引用返信 削除キー/
■26489 / ResNo.5)  Re[4]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ toro -(2014/11/20(Thu) 21:35:29)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    カメラによるものなのか、レンズによるものなのか、やはり色合いが
    違いますね!
    それにしても、コンデジに近いほどの被写界深度の深さですね。。
    最後の写真はTKカラーとでも言うべき黄金色の光景ですね! 美しいですね!
引用返信 削除キー/
■26502 / ResNo.6)  Re[5]: 目線を下げて冬の湿地帯
□投稿者/ TK -(2014/11/21(Fri) 05:21:00)
    toroさん、ありがとうございます。

    発色が地味なる曇り日の写真でも、機材、特にボディによって発色が違いますね。1枚目と2枚目の撮影時間は、せいぜい2分差しかありません。
    3枚目は観察棟の作りがわかる写真で3年前のものですが、この日の夕焼けはここまででした。大雨の後だったので、地下の有料区画は腰までくる水が流れこんでいました。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ