HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■19979 / 親記事)  13時間差の2枚
  
□投稿者/ TK -(2014/04/19(Sat) 20:41:11)
    日の出入り時間と月の入り時間・干満時刻の関係が許容範囲だったので4時起床、お弁当三食を携行して行きつけの干潟に座りこんできました。この季節になると、午前5時でも明るくなり始めているし、8時の日没後もしばらくはライトが不要なほどですから、運転も楽でした。天候良好というのに、例によって入場者は少なくて、出会ったのは犬の散歩組も足して6人だけでした。

    道中は日照時間をフルに使う農業用大型車が多くて到着が遅れ、やっと座ったときには、日の出まで10分、水平線に近づいた満月は刻一刻存在感が薄れてきました。満潮時間まで時間があるためコオバシギは期待していませんでしたが、それでも何回かカモメや雁、鴨の類が通過してくれました。お粗末な一枚ですが、月とツクシガモの一枚です(BORG 89ED)。
1400×931 => 800×532

1397907670.jpg
/534KB
引用返信 削除キー/
■19983 / ResNo.1)  Re[1]: 13時間差の2枚
□投稿者/ toro -(2014/04/19(Sat) 20:50:42)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    早朝からの撮影、ご苦労様でした。(#^.^#)
    月と野鳥を同じフレーム内に収めるのはとても難しいでしょうね。。
    暗くてブレやすい時間帯でもあり、撮影も大変だった事でしょう。。

引用返信 削除キー/
■19984 / ResNo.2)  Re[1]: 13時間差の2枚
□投稿者/ TK -(2014/04/19(Sat) 20:51:36)
    日中の収穫は別に稿を起こすことにして、一気に13時間後の干潟の夕景をアップさせてください。この日2度目の満潮を見るまで残り1時間半なので、干潟はほとんど消えて海原になっています。生憎と西の水平線に雲が広がって、剥き出しの日没は駄目になりましたが、いろいろとテストを含めた撮影の勉強ができました。
    やや寸詰まりの小太り体型から判断して、飛んでいるのはハイイロガンのペアだと思います。感謝、感謝です。使用機材はK-3と1.4倍リアコン付きのDA*60-250mmでした。
1400×931 => 800×532

1397908296.jpg
/644KB
引用返信 削除キー/
■19995 / ResNo.3)  Re[1]: 13時間差の2枚
□投稿者/ IKM -(2014/04/19(Sat) 22:35:36)
    私も月をバックに…と撮影を試みたことはあるのですが
    なかなかそう上手くは行かないもので月と鳥が同時にフレームに入りません(;_;

    二枚目はもう黙るしかございません^^
    とにかく美しいです
    しいて言わせてもらうなら、こういった条件で撮れば私なら鳥を黒潰れさせてしまいます(笑)
引用返信 削除キー/
■20002 / ResNo.4)  Re[2]: 13時間差の2枚
□投稿者/ TK -(2014/04/19(Sat) 23:50:39)
    toroさん、ありがとうございます。

    ご本人はけろりとして家を出るのですが、それでも往復時間も入れて15時間半だとさすがに疲れます。この大きさの月や太陽をバックに、オオハクチョウとコオバシギ集団の飛翔という夢を追い続けて4シーズン、うまくいかないものです。ブレは少なくなりましたが、やはり暗いとセミオートも効かなくなり、ツクシガモには失礼してしまいました。今になって悔やんでいるのは、どうせ暗いならシャッタースピードが遅い(この写真でいえば1/125秒)ので、なぜ流し撮りをしなかったかということです。次のチャンスは5月半ばの満月期間です。



引用返信 削除キー/
■20003 / ResNo.5)  Re[2]: 13時間差の2枚
□投稿者/ TK -(2014/04/20(Sun) 00:49:17)
    IKMさん、ありがとうございます。

    ・・・月をバックに…、とのコメントですが、toroさんにも申しあげましたように、もう何年も口惜しがっております。でも一ヶ月後の5月14日だと、日の出が5時10分で月の入りが5時3分と、今回と同じような条件になるので、後はお天気の神様にお祈りするだけです。飛行機だと飛ぶコースを予想できますが、鳥はそうはいきません。それでも1秒でも早くフレームに収めて追い続け、月が近づいたら早めに連写するとうまくいくことがあります。でもマニュアルレンズのBORGでは、もう一枚アップした写真のように焦点が合わないことになってしまいますね。

    日の出や日の入りの撮影なら、鳥をシルエットにするほうがきれいだと思います。つい最近、私が敬愛するともべいさんのチュウシャクシギ 夕景など、想像を超える美しさですよね。



1400×930 => 800×531

1397922557.jpg
/620KB
引用返信 削除キー/
■20007 / ResNo.6)  Re[2]: 13時間差の2枚
□投稿者/ モアイ -(2014/04/20(Sun) 07:57:50)
    No19984に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    お弁当を三食という事は朝と昼と夜ですね。近くにコンビニなど無いでしょうから、凄い覚悟ですね。それでも六人にしか合わないというのは、日本と随分と違う環境なのだと痛感します。
    一枚目は沈む寸前の満月ですね。この大きさの月で鳥を絡めて撮るのは至難の業だと思います。チャンスが少ない上に天候に左右されるので、難しいですよね。僕も挑戦してますが、満足な結果になりません。
    早朝と夕方の鳥景の対比が面白いですね。

引用返信 削除キー/
■20021 / ResNo.7)  Re[3]: 13時間差の2枚
□投稿者/ TK -(2014/04/20(Sun) 16:52:25)
    モアイさん、ありがとうございます。歳をとると応用が利かなくなるので、失敗も苦にせず同じことを繰り返しております。

    イギリスにもコンビニがあればと願っていますが、国情のせいかさっぱりです。それでも宅急便はやっと定着、旧国営郵便局系やアメリカの超大手に無名の会社まで激烈な競争をしていますから、いずれはと思います。トイレもなくてもっとも近いのが2キロ離れてあるだけです。はい、雨にも負けずの心境です。
引用返信 削除キー/
■20033 / ResNo.8)  Re[1]: 13時間差の2枚
□投稿者/ shok -(2014/04/20(Sun) 18:23:06)
    No19979に返信(TKさんの記事)
    TKさん早朝から長時間に及ぶ観察
    お疲れ様です。月がらみの写真は
    僕も挑戦しましたが相当の忍耐力とタイミングを要しますね
    僕は行き当たりバッタリですが
    TKさんは事前にテーマを想定して
    おられるのでしょうか…


引用返信 削除キー/
■20041 / ResNo.9)  Re[2]: 13時間差の2枚
□投稿者/ TK -(2014/04/20(Sun) 19:57:00)
    shokさん、ありがとうございます。

    極端に風が強かったり寒かったりしない限り、広いところで一人でいるというのはお金のかからないぜいたくな道楽かもしれません。

    月でも太陽でも肝心なのはタイミング、まして干潟や感潮河川のように潮の干満があるフィールドなら調べて作戦を練らないと、せっかく出かけても無駄なことになりがちです。私の場合、そのときの天候を含む状況によってよりもシナリオを考え、メインの機材とサブ機材の選定をします。歩く距離が短かければ、三脚二台ということもあり得ます。待ち時間が長いときには、蜂や蝶に四つ脚の動物など、思いがけない対象が現れたりするので、私は干潟の一日がやめられないでいます。それに経験を積むと、何か起きそうなときや出そうなときに勘が働くことが多くなります。せっかちの私には、これは新発見でした。


    記事)
    > ■No19979に返信(TKさんの記事)
    > TKさん早朝から長時間に及ぶ観察
    > お疲れ様です。月がらみの写真は
    > 僕も挑戦しましたが相当の忍耐力とタイミングを要しますね
    > 僕は行き当たりバッタリですが
    > TKさんは事前にテーマを想定して
    > おられるのでしょうか…
    >
    >
引用返信 削除キー/

次のレス10件>

スレッド内ページ移動 / << 0 | 1 >>

このスレッドに書きこむ