HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■19596 / 親記事)  干潟の12時間・上げ潮迫る
  
□投稿者/ TK -(2014/04/11(Fri) 01:15:24)
    潮位の高さでメージャー級で風も強くなったためか、満潮まで2時間と余裕があるにもかかわらず、鳥たちの動きが慌ただしくなってきました。
    Pentax K-3 + Borg 89ED + Pentax 1.7 X AFアダプター、f1.4(??)、1/1250秒、ISO-400、露出補正 -1.7。
1400×788 => 800×450

1397146524.jpg
/786KB
引用返信 削除キー/
■19597 / ResNo.1)  Re[1]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ TK -(2014/04/11(Fri) 01:24:03)
    この干潟が水鳥にとってのアラモの砦、籠城せずに飛び去る方が賢明です。大部分はコオバシギではなくて、オグロシギかと思われます。
    PENTAX K-3 + DA*300mm + 1.4X リアコン、f7.1、1/500秒、ISO-100、露出補正 -2.3。
1400×931 => 800×532

1397147043.jpg
/950KB
引用返信 削除キー/
■19598 / ResNo.2)  Re[2]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ TK -(2014/04/11(Fri) 01:39:03)
    満潮まで約1時間ほどでしたが、すでに私のいる場所から5メートルぐらいの砂利浜を波頭が叩き始めていました。つまり干潟は消えてしまって、見渡す限り「海」になったのですが、最後の写真のようにウロウロする群れがいたのが不思議でした。歴戦の水鳥たちも、タイミングを誤ることがあるのでしょうか。しばらく続いたラストミニッツ退避組を目で追っていたら、全部が湾尻の方角に飛んでいきました。この後は雲が厚くなって夕焼けも期待できなかったし、鳥の動きも途絶えたので12時間には足りませんでしたが引き上げて参りました。
    PENTAX K-3 + DA*300mm + 1.4X リアコン、f14、1/800秒、ISO-500、露出補正 +1.0。
1400×927 => 800×529

1397147942.jpg
/1003KB
引用返信 削除キー/
■19601 / ResNo.3)  Re[1]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ shok -(2014/04/11(Fri) 07:43:30)
    No19596に返信(TKさんの記事)
    > TKさんならではのスケールの
    大きさを感じられます。
    トップの僕は写真が好きです。
    地平線の淡いグラデーションが
    奥行きの広さを感じさせ上げ潮の
    波が押し寄せ鳥たちが慌ただしく
    動き回る光景が見事に描写されて
    素晴らしいです。

引用返信 削除キー/
■19640 / ResNo.4)  Re[2]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ TK -(2014/04/12(Sat) 02:09:42)
    2014/04/12(Sat) 15:16:41 編集(投稿者)

    shokさん、いつもていねいなコメントをいただき感謝しております。

    現実は日本の国土面積比が70%ぐらいの小さな島国ですが、もっとも高い山でも1300メートルと平坦な地形なので、山岳地帯でない限り広々した感じはありますね。北海道の方が雄大だと思うのですが、やはり高い山があるので地平線まで真っ平らとはいきません。そのあたりが写真の表現で悩まされる点です。

    再出ですが、湖水地方と呼ばれる山と湖で知られる地域で撮った鳥景アップしました。これだとかなり日本的(富士五湖的?)です。
1400×927 => 800×529

1397236182.jpg
/837KB
引用返信 削除キー/
■19643 / ResNo.5)  Re[3]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ toro -(2014/04/12(Sat) 15:09:40)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    たとえ国土面積は日本よりも小さいとしても、やはりスケールの
    大きさでは英国がリードしていますね〜
    それともTKさんの撮影の方法がそう見せているのでしょうか。
    最後の日本的な風景に懐かしさを感じてしまうのも面白いですね。
    色合いでいえばこの写真はとてもカラフルで好きです。(~0~)
引用返信 削除キー/
■19648 / ResNo.6)  Re[4]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ TK -(2014/04/12(Sat) 15:28:10)
    toroさん、私の心に響くコメントをありがとうございました。

    広いところで写真を撮る。そもそもは野鳥が主人公のはずですが、それがおいそれとは近づいてくれません。否応なしに望遠レンズを使って引き寄せながら、かつての立体的でない銭湯の風景画にはならない工夫で四苦八苦しております。2枚目の中段やや左側を飛ぶユリカモメがいなかったら、この写真は平板なものに終わっていたことでしょう。ありがたい助っ人に恵まれました。
引用返信 削除キー/
■19657 / ResNo.7)  Re[1]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ IKM -(2014/04/12(Sat) 19:11:04)
    私もこのような雄大な地で鳥たちを眺めながら
    一日をのんびりと過ごしてみたいと思ってます
    その感覚を写真で私に感じさせてくれるTK様に感謝です^^

引用返信 削除キー/
■19660 / ResNo.8)  Re[2]: 干潟の12時間・上げ潮迫る
□投稿者/ TK -(2014/04/12(Sat) 20:02:43)
    IKMさん、コメントをありがとうございました。

    この浜辺は水鳥だけでなく、野生の花や実にも恵まれていて、ウサギや蝶、蜂にも、そしてバーダーにとっても天国です。めったに混み合うことがないし、調子に乗ってもう一枚(昨年1月撮影)載せたような夕べで終わればいうことありません。

    鳥の撮影に行ったのではありませんが、尾道の高みから眺めた瀬戸内の眺望がまたみごとでしたから、さぞかし鳥好きにもかっこうの舞台があるのでしょうね。


1400×927 => 800×529

1397300563.jpg
/705KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ