HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■18124 / 親記事)  繁殖期偵察行拾いもの篇
  
□投稿者/ TK -(2014/03/07(Fri) 04:56:24)
    お目当ての相手がいたときは忙しくてかまっていられないこともありますが、そうでもないときには意外な拾いものもあるのです。これは昨年初夏生まれの若いユリカモメ、曇り空から太陽が一瞬だけ頭を見せたときの撮影です。ユリカモメたちの繁殖期に数百羽が集まる場所ほどでなくとも、暖かい冬だったせいか、ここでも何となく浮き浮きしている感じでした。
    PENTAX K-3 + DA*300mm 、f/6.7、1/250秒、ISO-500、露出補正 +1.0。
1400×1014 => 800×579

1394135784.jpg
/870KB
引用返信 削除キー/
■18132 / ResNo.1)  Re[1]: 繁殖期偵察行拾いもの篇
□投稿者/ @MT -(2014/03/07(Fri) 10:18:03)
    No18124に返信(TKさんの記事)

    >TKさん、拾い物が良い場合がかなりありますね、絵画なようなショットで素晴らしいです。
引用返信 削除キー/
■18147 / ResNo.2)  Re[2]: 繁殖期偵察行拾いもの篇
□投稿者/ MAKO -(2014/03/07(Fri) 18:39:48)

      TKさん
        
       穏やかな色調と、波紋の広がりにより、緩やかな時の流れを感じられます。
        
        (K−3 ファームウェア ver1.03 リリース NOW) 
引用返信 削除キー/
■18161 / ResNo.3)  Re[2]: 繁殖期偵察行拾いもの篇
□投稿者/ TK -(2014/03/07(Fri) 23:53:17)
    @MTさん、MAKOさん、お礼が遅れて申し訳ありません。

    というのがユリカモメを撮ったと同じときに、同じ群れの中にもう夏の頭の色(つまり黒覆面)と中間過程の色になった個体に向けてシャッターを押したのがありました。ところが嘴の色が赤っぽいので、目下エキスパートに鑑定を求めているところなのです。海岸ではときおり目にするのですが、この場所は1時間も引っ込んだ内陸部の川なのです。何をいっているかというと、可能性としてニシズグロカモメではないかと!

    だとすればちょっとした出来ごとなので、わくわくしているところです。
1400×1033 => 800×590

1394203997.jpg
/546KB
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ