HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■14579 / 親記事)   干潟の12時間・午前の部
  
□投稿者/ TK -(2013/10/12(Sat) 03:45:12)
    この写真を撮るときも、危うく足をすくわれるところでした。コオバシギたちが潮の退いた海面に戻るのは満潮後少なくとも一時間後なのですが、この朝はたったの30分。凄まじい羽音と共に、ほんの数十メートル脇を飛び去っていきました。ラグーンにはそれほどの数がいなかったのか、もう少し後で小さい群れが出ていきましたが、事実上一回限りのチャンスだったのです。
    PENTAX K-5 II + Pentax DA*50-135mm、f/16、1/250秒、ISO-320、焦点距離75mm。
1400×927 => 800×529

1381517112.jpg
/1260KB
引用返信 削除キー/
■14580 / ResNo.1)  Re[1]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ TK -(2013/10/12(Sat) 03:56:08)
    一枚目のシーンは何とか数回シャッターを切ったのですが、これきりとは思わず持参の朝食も忘れてスタンバイになりました。やがて水平線に現れたのが何かの雁とおぼしき大形の鳥たち、近づくにしたがって甲高い鳴き声が歓迎できないハイイロガンとわかりました。まだ数は少ないようですが、冬の来訪者であるコクガンやコザクラバシガンだとよかったのですが・・・。
    PENTAX K-5 II + Pentax DA*50-135mm、f/16、1/250秒、ISO-320、焦点距離65mm。
1400×927 => 800×529

1381517768.jpg
/660KB
引用返信 削除キー/
■14581 / ResNo.2)  Re[2]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ TK -(2013/10/12(Sat) 04:06:36)
    小一時間もたつと、数百メートルほど先は干潟の状態に戻り始め、コオバシギ、ミヤコドリやツクシガモなどが朝食を始めていました、手動式の絞り装置を最大限に閉めて撮ったので遠景にも焦点が合いましたが、まるきり立体感がなくなりました。
    Borg 89ED + Pentax K-5IIs + Pantax 1.7 X AFアダプター、f/8、1/400秒、ISO-800。
1400×927 => 800×529

1381518396.jpg
/1287KB
引用返信 削除キー/
■14582 / ResNo.3)  Re[3]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ TK -(2013/10/12(Sat) 04:13:00)
    それからさらに一時間ばかり、満潮になった時間から三時間弱も過ぎると、もっといい餌場があるらしく、一斉に移動を開始しました。これもあっという間のできごとで、この日の私が観察できた最後の大集団になりました。
    Borg 89ED + Pentax K-5IIs + Pantax 1.7 X AFアダプター、f/8、1/400秒、ISO-160。
1400×927 => 800×529

1381518780.jpg
/1344KB
引用返信 削除キー/
■14601 / ResNo.4)  Re[1]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ ともべい -(2013/10/14(Mon) 12:02:55)
    No14579に返信(TKさんの記事)

    うわ〜、バックに広大な風景と秋らしい真っ青な空に無数のシギがシルエットで向かってくる光景・・・
    参りました、まるで絵画を見ているようです!

    DA*50-135mm、良く写りますね・・・欲しくなりました。
引用返信 削除キー/
■14602 / ResNo.5)  Re[2]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ TK -(2013/10/14(Mon) 14:32:04)
    ともべいさん、ありがとうございます。この朝はタイミングのずれが続いてしまい、設定も変えていない50-135mmでシャッターを押す羽目になりました。でもこの海岸では活躍してくれるレンズです。満月のもたらす大潮が期待できる次の週末、何とか納得できる写真をと思っているのですが・・・。
引用返信 削除キー/
■14617 / ResNo.6)  Re[4]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ モアイ -(2013/10/15(Tue) 18:23:43)
    No14582に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    素晴らしい晴天と言葉にならない程の水鳥の数で圧倒されますね。四枚目の背景に見える黒っぽいのは蜃気楼なのでしょうか?
    世界中の水鳥がこの広大な干潟に集まってしまったかの様な気がしてきますね。午後の部も期待してます。
引用返信 削除キー/
■14630 / ResNo.7)  Re[3]:  干潟の12時間・午前の部
□投稿者/ TK -(2013/10/16(Wed) 02:40:32)
    2013/10/16(Wed) 02:41:16 編集(投稿者)

    モアイさん、ありがとうございます。小さな浅い湾内に冬鳥が数十万羽もいることがあるそうですから、何が起きるかわからないとことがこの周辺にある保護区の特徴です。辛いこともありますが、やはり通うのはやめられません。
    4枚目はおっしゃるように蜃気楼ですが、浮島現象と呼ばれるタイプだそうで、けっこう見えることが多いのです。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ