HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■10269 / 親記事)  ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
  
□投稿者/ TK -(2012/04/20(Fri) 04:57:26)
    昨年8月上旬、早くも渡ってきたオグロシギ9千羽(保護区の発表)の空中乱舞を撮ってきました。コオバシギほど整然とは飛びませんが、体がずっと大きいだけに迫力がありました。
    EOS 50D + Sigma 150-500mm、f/14、1/640秒、ISO-400、焦点距離 370mm。
1200×800 => 800×533

1334866195.jpg
/1013KB
引用返信 削除キー/
■10270 / ResNo.1)  Re[1]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ TK -(2012/04/20(Fri) 05:04:40)
    同じ群れの情景ですが、バンカーショットで叩いた砂がしだいに広がってゴルフボールを運んでいるみたいなので、エクスプロージョンと題してみました。
    EOS 50D + Sigma 150-500mm、f/14、1/640秒、ISO-400、焦点距離 150mm。
1200×800 => 800×533

1334866113.jpg
/757KB
引用返信 削除キー/
■10272 / ResNo.2)  Re[1]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ モアイ -(2012/04/20(Fri) 10:32:20)
    No10269に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    しかし、何と言うか恐ろしい数の鳥ですね。絶句してしまいました。
    広角で撮影したものと思いましたが、けっこう望遠なんですね。遠くに貨物船が通っているので遠浅の海だというのが解り遠近感が強調されてますね。
引用返信 削除キー/
■10273 / ResNo.3)  Re[2]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ たなか -(2012/04/20(Fri) 16:30:51)
    あまりの迫力と美しさに、言葉を失いますね。

    羽ばたきとか鳴き声などは聞こえるのでしょうか?
引用返信 削除キー/
■10276 / ResNo.4)  Re[2]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ TK -(2012/04/20(Fri) 17:50:32)
    2012/04/20(Fri) 21:47:17 編集(投稿者)
    2012/04/20(Fri) 17:53:26 編集(投稿者)

    モアイさん、たなかさん、ありがとうございます。

    このオグロシギ飛翔、何となくアップしそびれていたのですが、やはり出してよかったです。距離的には数百メートルぐらい、遠景の青いトロール船が最近アップしたコンテナー船と同じ水路を通っているので、約2キロの距離です。

    というわけで羽音を聞くには遠すぎますが、それだけに集団が青空に描く自在な模様を見ていると、感激して涙ぐんでしまいました。

    今持っている50-500mmレンズだったら、またちが絵作りができただろうと残念がっています。追加した一枚は、焦点距離150mm版ワイドな鳥景です。
    EOS 50D + Sigma 150-500mm、f/14、1/640秒、ISO-400。
1200×800 => 800×533

1334911832.jpg
/631KB
引用返信 削除キー/
■10279 / ResNo.5)  Re[3]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ ともべい -(2012/04/20(Fri) 19:48:39)
    No10276に返信(TKさんの記事)

    素晴らしい群れの写真、ありがとうございます。
    これを見ると、9000羽どころじゃないような数に見えますね。
    広大な、敷地に万羽のシギ・チ達。
    いつ見ても、憧れます。
引用返信 削除キー/
■10281 / ResNo.6)  Re[4]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ TK -(2012/04/20(Fri) 22:00:17)
    ともべいさん、励みになるコメントをいただきました。ありがとうございます。

    この写真は秋の始まりである8月上旬の撮影ですが、それから4月上旬まで幅約20キロ、長さおおよそ25キロの浅い湾内で冬を過ごすさまざまな鳥が、通算で40万羽になるそうです。ともべいさんも一度、Borgを抱えて訪れてください。このような水鳥の天国が、まだまだある英国です。お待ちしております。
引用返信 削除キー/
■10282 / ResNo.7)  Re[3]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ mouton -(2012/04/21(Sat) 01:27:31)
http://destiny.cocolog-nifty.com/
    TKさん こんばんは。
    これもまた凄まじい情景ですね。
    鳥の帯が微妙なグラデーションでとても美しい。
    完璧な水平と構図で安定感もあり素晴らしいです。

引用返信 削除キー/
■10290 / ResNo.8)  Re[4]: ある日の干潟その二・オグロシギのエクスプロージョン
□投稿者/ TK -(2012/04/22(Sun) 14:10:41)
    No10282に返信(moutonさんの記事)

    moutonさん、遅れてしまいましたが、いっそう努力する気にしていただいたコメントにお礼をさせてください。こういう広い場所、それも水と空が出会う場面での撮影に、少しずつでも切り口が見えてきたのが楽しくてなりません。機会があれば、日本の水面も、三千メートル級の高山や広大な穀倉地帯と組み合わせてみたいと、脳天気な夢を見ています。
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ