HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■10208 / 親記事)  薄曇りの鳥景
  
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 06:32:14)
    やっと曇天続きが終わったので、潮位がまずまずという日に海に面した保護区に出かけたら、肝心の満潮時には雲が広がって色彩的には冴えない条件になってしまいました。それでもRAW撮影のありがたさ、時間をかけて隠れている色を引き出したら、個人的には満足できる絵柄になりました。

    一枚目は約200メートル先で餌を漁るオグロシギ集団と、闖入してきた一羽だけのコクガンです。
    EOS60D + Borg 77ED II + 1.4と1.7のテレコン連装。
    TK
1200×848 => 800×565

1334266334.jpg
/660KB
引用返信 削除キー/
■10209 / ResNo.1)  Re[1]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 06:36:32)
    これは雛が孵るのを楽しみにしているソリハシセイタカシギの小さな群れです。この保護区には約300羽ほどが滞在していて、意外に近いところで抱卵することがあると聞きました。
1200×849 => 800×566

1334266591.jpg
/706KB
引用返信 削除キー/
■10210 / ResNo.2)  Re[2]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 15:03:38)
    見渡す限り広がっていた干潟も、満月直後の満潮時には海らしい眺めになります。潮が引き始めて、まず戻ってきたのはタゲリでした。
    EOS 60D + Sigma 50-500mm、ISO-200、f/9.0、1/320秒、焦点距離56mm。

1200×800 => 800×533

1334297018.jpg
/703KB
引用返信 削除キー/
■10214 / ResNo.3)  Re[1]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ モアイ -(2012/04/13(Fri) 18:11:24)
    No10208に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    オグロシギとコクガンの対比が面白いですね。色や大きさが全然違うのが分かりました。 それにしても200m先で撮った写真にはとても見えないくらい鮮明ですね。
引用返信 削除キー/
■10220 / ResNo.4)  Re[2]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 22:48:51)
    No10214に返信(モアイさんの記事)

    モアイさん、早々とコメントをいただきました。ありがとうございます。
    2キロの中型船も200メートルの中型鴫や雁もきれいに撮れてしまうのは、やはり天体望遠鏡Borgのせいでしょうか。その代わりピント合わせには苦労するし、横から20メートルを超す強風が邪魔をしてくれて、難儀の半日でした。
    TK
引用返信 削除キー/
■10226 / ResNo.5)  Re[3]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ たなか -(2012/04/14(Sat) 17:46:14)
    200mとは、まさに望遠ですね。

    私など望遠撮影とは言っても、せいぜい数十メートル。
    TKさんの画像の魅力は、この距離の空気感が大きいのでしょうか。
引用返信 削除キー/
■10234 / ResNo.6)  Re[4]: 薄曇りの鳥景
□投稿者/ TK -(2012/04/16(Mon) 04:57:48)
    No10226に返信(たなかさんの記事)
    > 200mとは、まさに望遠・・・この距離の空気感が大きいのでしょうか。

    たなかさん、過分のお褒め、恐縮です。基本的には山の少ない国である上に、我が地方がまた特別平たいものですから、鳥を至近距離で撮るのはけっこうたいへん、そこで、撮影現場の雰囲気が出たらと考えたのが、私の一連の鳥景の始まりでした。
    TK
引用返信 削除キー/



スレッド内ページ移動 / << 0 >>

このスレッドに書きこむ