HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate田圃(3) | UpDate庭には来ないツバメの若鳥(4) | Nomal田圃(4) | Nomalカイツブリの子育て(3) | Nomal田圃で(1) | Nomal田圃で(1) | Nomal☆蓮池のかわせみ☆(4) | Nomal☆猛暑のカワセミ☆(4) | Nomal庭にきた若鳥たち(8) | Nomal台風接近(3) | Nomal☆蕾は残り1つ…☆(2) | Nomalおもしろ鳥景(8) | Nomalカイツブリ、トンボ(6) | Nomal☆白い蓮かわせみ☆(10) | Nomal今朝の河原(5) | Nomal思わぬ所に!(7) | Nomal大きくなったね!(6) | Nomal散歩道(2) | Nomal近くのため池で、カイツブリとトンボ(6) | Nomal散歩道(3) | Nomal橋の上から(2) | Nomal朝霧の中U(5) | Nomalミヤマガラスとスパイ偵察機(6) | Nomal朝霧の中(1) | Nomal川霧の朝(4) | Nomal白鳥親子と夏の富士(5) | Nomalヒバリの砂浴び(3) | Nomalオシドリ(2) | Nomalセグロセキレイ(1) | Nomalトビとオシドリ(4) | Nomalオナガとホオジロ(3) | Nomal河川敷でササゴイ(3) | Nomalアオサギ(2) | Nomalチョウゲンボウとツミ(1) | Nomalカイツブリとチョウトンボ(6) | Nomalガビチョウ(1) | Nomal河原(1) | Nomalオシドリ(1) | Nomalホオジロ(2) | Nomal2008年のカワセミ(3) | Nomal大きくなったコブ雛(2) | Nomalヒヨドリ(2) | Nomalコウノトリー1(2) | Nomalコウノトリー3(0) | Nomalコウノトリー2(0) | Nomalハシブトガラス(0) | Nomal朝の河原で(4) | Nomal暑すぎるので山に涼みに。(4) | Nomal夏富士と白鳥達(5) | Nomalカオジロガビチョウ(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal小雨降る中で。(4) | Nomal朝の散歩で(2) | Nomalホーホケキョ(4) | Nomalアオバズク-3(7) | Nomal早朝の河原(6) | Nomal暑中見舞い(3) | Nomalアオバズク-2(0) | Nomalアオバズク-1(0) | Nomalタンチョウのヒナ(6) | Nomal ブッポウソウ(5) | Nomalアオゲラに出会いました。(9) | Nomalシジュウカラ(6) | Nomal夕焼け色の梅雨空(5) | Nomalまだ続く我が家周辺ベビーブーム(6) | Nomal早朝の河原(2) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalいつもの運河・7/3(6) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal2008年7月(2) | Nomal☆蓮かわせみ☆(4) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その二(7) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal梅雨空の湖(3) | Nomal今年も来てくれたアオバズク(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalコールダックの雛その後(9) | Nomalメジロ(7) | Nomal水田のタマシギ(オス)幼鳥三羽(8) | Nomal朝霧の鳥景色(5) | Nomalハクセキレイと戦車(5) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その一(6) | Nomalキビタキ♀(0) | Nomalキビタキ♂(0) | Nomalエナガ(2) | Nomalいつもの運河・6/24(2) | Nomalソウシチョウ(0) | Nomalゴジュウカラ(2) | Nomalいつもの運河・6/22(3) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomal大きな白鳥、小さな白鳥(5) | Nomal☆かわせみ☆(0) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomalコウノトリ(2) | Nomal☆子育て奮闘中!!☆(0) | Nomalいつもの運河・6/19(1) | Nomal☆アオバト☆(2) | Nomalため池の土手で(2) | Nomalカヤクグリの若鳥(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■3150 / 親記事)  コアジサシ
□投稿者/ 花助 -(2010/05/08(Sat) 00:07:45)
http://khanasuke.blog1.fc2.com/
    4月末になって、今年もコアジサシが南半球より渡って来てくれました。


960×1280 => 600×800

1273244865.jpg
/237KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■3155 / ResNo.1)  Re[1]: コアジサシ
□投稿者/ mouton -(2010/05/08(Sat) 23:01:13)
http://destiny.cocolog-nifty.com/blog/
    No3150に返信(花助さんの記事)

    花助さん、こんばんは。
    ご無沙汰しています。
    コアジサシの水絡みきれいに捉えていますね。
    こちらの川にも来ているようなので、私も早くチャレンジしてみたいです。

    (限りなくとまりものに近いですが)水絡みつながりで、
    まだ帰らないシメの水浴びを一枚。
    K-7,77EDII

1024×680 => 800×531

1273327273.jpg
/227KB
引用返信
■3168 / ResNo.2)  Re[1]: コアジサシ
□投稿者/ ともべい -(2010/05/09(Sun) 22:09:05)
    No3150に返信(花助さんの記事)

    花助さん、はじめまして。
    AF-BORG導入時は花助さんのブログを参考にさせていただき、ありがとうございました。
    おかげ様でBORGライフを堪能しております。

    コアジサシの狩りのシーン、素晴らしいですね。
    私も今日コアジサシを撮影してきましたが、完敗でした。
引用返信
■3180 / ResNo.3)  Re[1]: コアジサシ
□投稿者/ 花助 -(2010/05/10(Mon) 20:25:22)
http://khanasuke.blog1.fc2.com/
    No3150に返信(花助さんの記事)
    moutonさん コメントありがとうございます。
    昨年はコアジサシのダイブなんて、全く撮れませんでした。
    今年は、コアジサシの良いポイントが、見つかったので
    とてもラッキーでした。撮影ポイントは大切ですネ
    絶滅危惧U類に指定されているコアジサシは、カワセミよりも
    ダイブ回数が多いので、撮ってみると結構嵌りますヨ〜
    帰省先の福島で、ヤマセミを目撃しました。
    何時かは私もmoutonさんのような大きくて綺麗なヤマセミを、
    撮ってみたいです。

    ともべいさん こちらこそ、はじめまして♪
    この掲示板で、ともべいさんのすばらしいお写真を拝見して、
    いつも感心しています。
    浮気性の私は、BORGから少し離れてフラフラしていますが
    またシンプルなBORGに戻って、撮影を楽しみたいと思います。
    これからも、よろしくお願いします。
1280×960 => 800×600

1273490722.jpg
/220KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3148 / 親記事)  peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ TK -(2010/05/07(Fri) 22:53:42)
    今日は皆さんにお願いです。ちょっと長くなりますが経緯と結果を説明いたしますので、経験のある方、ご意見のある方の話を伺いたいのです。もちろん、皆さんが工夫されているAF化とは大きな隔たりがあることは承知なのですが、私の場合にはこれ以上機材に投資できないので、いくらかでも楽になればというのが望みでした。

    昨年夏に45EDU望遠セットでBorgユーザーの仲間入りをさせていただいたのですが、近視+老眼+老化の悩みはピント合わせでした。それで日本国内で手軽に入手できるEOS用とOlympus 3/4用のアダプターを使用してみたのですが、やはり45ED IIでは明るさが不足してよほど好条件でないと合焦マークと電子音が得られません。そこでつい最近、60EDの対物レンズを購入し、同時にフィッシュアイレンズのメーカーが作っているアダプターも導入しました。この製品はデフォルトがAF、必要なら従来のアダプター同様にマニュアルに切り替えられます。AFの場合はシャッターを完全に押してから焦点を合わせるのですが、合焦したとたんにシャッターが切れる仕掛けです。

    60EDは明るいので、かなり悪条件でも確実に反応するのでありがたいことです。ここに2枚だけ、AFモードでうまくいった写真を付けておきました。AFモードの欠点は、@ MFモードと違って反応しないときはシャッターが切れない。したがって、チャンスを失う可能性が大きい。 A うっかりすると被写体以外の何かに反応してしまい、肝心の被写体はピンぼけに終わる。B EOS 50D と X3を併用していますが、前者はなぜかAFモードのときは反応しないことがよくある。


    一枚目は、70〜80m先のオオバン同士の領土争いです。

    TK

800×566

1273240422.jpg
/375KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■3149 / ResNo.1)  Re[1]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ TK -(2010/05/07(Fri) 22:56:46)
    No3148に返信(TKさんの記事)
    > 今日は皆さんにお願いです。ちょっと長くなりますが経緯と結果を説明いたしますので、経験のある方、ご意見のある方の話を伺いたいのです。もちろん、皆さんが工夫されているAF化とは大きな隔たりがあることは承知なのですが、私の場合にはこれ以上機材に投資できないので、いくらかでも楽になればというのが望みでした。
    >

    二枚目は、100メートルをだいぶ超えているミヤコドリです。

    TK

800×533

1273240606.jpg
/234KB
引用返信
■3156 / ResNo.2)  Re[2]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 05:12:27)
    No3149に返信(TKさんの記事)
    > ■No3148に返信(TKさんの記事)
    >>今日は皆さんにお願いです。ちょっと長くなりますが経緯と結果を説明いたしますので、経験のある方、ご意見のある方の話を伺いたいのです。もちろん、皆さんが工夫されているAF化とは大きな隔たりがあることは承知なのですが、私の場合にはこれ以上機材に投資できないので、いくらかでも楽になればというのが望みでした。
    >>
    >
    > 二枚目は、100メートルをだいぶ超えているミヤコドリです。

    もう一枚、昨年秋に撮ったタゲリの写真を付けておきます。このときは光線の状態がよくて、45EDUとMFモードだけのアダプターの組み合わせで、まずまずの結果を得ました。

    TK

800×566

1273349547.jpg
/328KB
引用返信
■3158 / ResNo.3)  Re[3]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ モアイ -(2010/05/09(Sun) 12:43:41)
    No3156に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    peleng8のAFアダプターは知りませんでした。写真を見る限り精度は良さそうですね。ピントが合った時点でシャッターが切れるのも便利ですね。
    僕が使っているAFシステムも万能では無く短所も有りますが、使い慣れる事で解決出来ると思ってます。工夫をして使い込むのが一番良いと思います。
引用返信
■3162 / ResNo.4)  Re[4]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 15:20:56)
    No3158に返信(モアイさんの記事)
    > ■No3156に返信(TKさんの記事)
    > TKさん こんにちは
    > peleng8のAFアダプターは知りませんでした。写真を見る限り精度は良さそうですね。ピントが合った時点でシャッターが切れるのも便利ですね。
    > 僕が使っているAFシステムも万能では無く短所も有りますが、使い慣れる事で解決出来ると思ってます。工夫をして使い込むのが一番良いと思います。

    モアイ様
    コメントとアドバイス、ありがとうございます。場面に応じた使い方を試行錯誤していくつもりです。精度という点では、今まで使ってみた中国製のアダプターもそうですが、なかなかのものだと思います。参考までに10メートルぐらい先で浮かんでいたミヤコドリのAF撮影版を掲げておきます。
    もう一つ、peleng8のAFアダプターはピントの合う1を調節できるとのことですが、私の方がそこまで使い込んでおりません。

    TK
800×566

1273386056.jpg
/269KB
引用返信
■3164 / ResNo.5)  Re[5]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ hideo -(2010/05/09(Sun) 17:21:12)
    >参考までに10メートルぐらい先で浮かんでいたミヤコドリのAF撮影版を掲げておきます。

    TKさま、これはユリカモメの夏羽根だと思います。
    江戸っ子はこの鳥を「ミヤコドリ」とも呼んだそうですが、和名のミヤコドリとは別種で、カモメの仲間です。
引用返信
■3169 / ResNo.6)  Re[6]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 22:23:50)
    No3164に返信(hideoさんの記事)
    > >参考までに10メートルぐらい先で浮かんでいたミヤコドリのAF撮影版を掲げておきます。
    >
    > TKさま、これはユリカモメの夏羽根だと思います。
    > 江戸っ子はこの鳥を「ミヤコドリ」とも呼んだそうですが、和名のミヤコドリとは別種で、カモメの仲間です。

    hideo様

    慌て者ぶり丸出しでした。おっしゃるようにユリカモメです。江戸っ子がミヤコドリと呼んだとは、驚きの新知識をいただいたことに感謝いたします。

    TK
引用返信
■3175 / ResNo.7)  Re[7]: peleng8 のM42 AFアダプター
□投稿者/ hideo -(2010/05/10(Mon) 17:39:27)
    No3169に返信(TKさんの記事)> ■No3164に返信(hideoさんの記事)
    TKさま
    初対面(?)のごあいさつもせず、失礼いたしました。本来のテーマ(AFボーグ)とは関係のないコメントに答えをお寄せくださり、恐縮です。これからも、TKさまの写真、楽しみにしています。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3141 / 親記事)  ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ TK -(2010/05/07(Fri) 05:47:39)
    また烏で申し訳ないのですが、小柄で鳴き声が優しいニシコクマルガラスをアップしてみました。日本種のコクマルとは違う配色ですが、ミヤマガラスに混じって畠で餌を探す生態は似ていると思います。ポーランドの大都会の公園では、鳩よりもよほど数が多いので驚いた記憶があります。

    TK
566×800

1273178859.jpg
/338KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■3157 / ResNo.1)  Re[1]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ YSH -(2010/05/09(Sun) 09:49:06)
    カラスも野鳥ですが、この掲示板にはまず登場しません。
    それで、近くの公園で撮った1枚を、ハシブトガラスだと思います。
    45EDII+GH1(トリミング)
800×611

1273366146.jpg
/408KB
引用返信
■3160 / ResNo.2)  Re[2]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 15:01:52)
    No3157に返信(YSHさんの記事)
    > カラスも野鳥ですが、この掲示板にはまず登場しません。
    > それで、近くの公園で撮った1枚を、ハシブトガラスだと思います。
    > 45EDII+GH1(トリミング)

    YSH様

    烏でおつき合い、ありがとうございます。烏の濡れ羽色と、烏らしいとぼけた表情がよく出ていますね。ヨーロッパにはハシブトガラスはいませんが、ハシボソガラスならいます。

    TK
800×566

1273384912.jpg
/248KB
引用返信
■3165 / ResNo.3)  Re[3]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ sugitetu -(2010/05/09(Sun) 21:43:57)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    TKさん こんばんは。 YSHさん はじめまして。 
    一口にカラスと言ってもいろいろですね。
    以前カラスの行水を取り上げましたが、ハシブトやハシボソガラスは飛びモノ練習に撮るくらいで、あまり保存もしませんね。
    カワガラスやコクマルガラスならまた別なんでしょうね。

    [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K20D ]

1024×724 => 800×565

1273409037.jpg
/123KB
引用返信
■3170 / ResNo.4)  Re[4]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 22:38:41)
    No3165に返信(sugitetuさんの記事)
    > TKさん こんばんは。 YSHさん はじめまして。 
    > 一口にカラスと言ってもいろいろですね。
    > 以前カラスの行水を取り上げましたが、ハシブトやハシボソガラスは飛びモノ練習に撮るくらいで、あまり保存もしませんね。
    > カワガラスやコクマルガラスならまた別なんでしょうね。
    >
    > [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K20D ]
    >

    sugitetu様

    水面を低空で飛ぶ烏の姿を初めて見ました。これはカワガラスなのでしょうか。烏をひとくくりにしておろそかにするにはもったいない写真だと思いました。ありがとうございます。
    若いときに動物学者ローレンツの本を読んでからというもの、コクマルガラスが気になっていたのですが、初めてしっかり見たのがつい数年前の公園で、それ以来の片思いなのです。
800×566

1273412321.jpg
/355KB
引用返信
■3171 / ResNo.5)  Re[5]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ sugitetu -(2010/05/09(Sun) 23:38:37)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    TKさん どうもです。
    > 水面を低空で飛ぶ烏の姿を初めて見ました。これはカワガラスなのでしょうか。

    いえいえ、これはハシボソガラスです。(だと思います)
    今日撮った写真のデータを整理する前に、このスレを見たので削除前にUPしました。
    カラスとトビは練習によく撮りますが、ほとんど削除してしまいます。
    コクマルガラスはまだ撮った事がありません。

    > 若いときに動物学者ローレンツの本を読んでからというもの、コクマルガラスが気になっていたのですが、初めてしっかり見たのがつい数年前の公園で、それ以来の片思いなのです。

    私もむか〜し、子供向けの本で読んだ記憶があります。
    ただ、“読んだ”ことしか憶えてなくて、コクマルガラスのエピソードを調べてみたら...そうそう! コクマルガラスの好きなエサ(ミミズの団子?)を、ローレンツに強引に食べさせようという話でしたね。(ゴメンナサイ。ちょっと端折りすぎてます。)
    え〜と、これって実話なんでしたっけ?
引用返信
■3172 / ResNo.6)  Re[6]: ヨーロッパのコクマルガラス
□投稿者/ TK -(2010/05/10(Mon) 01:18:48)
    sugitetu様

    いやよくご存じで、嬉しくなりました。やはり端折ると、”著書『ソロモンの指輪』の基盤がニシコクマルガラスの社会的行動の観察結果”なのだそうです。ミミズ団子もその一環、親愛の情を示すためにだいじなはずのミミズを博士の耳にの穴に入れたと書いてありました。雛の刷り込み現象も、ハイイロガンの親鳥になって解明したらしいですね。

    TK
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3153 / 親記事)  火の鳥
□投稿者/ ともべい -(2010/05/08(Sat) 15:12:52)
    アカショウビンを見ることができました。
    燃えるような嘴が魅力的です。

    (K20D BORG77EDU ACクローズアップ#3 AFアダプタ1.7X )
1240×824 => 800×531

1273299172.jpg
/473KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■3159 / ResNo.1)  Re[1]: 火の鳥
□投稿者/ モアイ -(2010/05/09(Sun) 12:50:50)
    No3153に返信(ともべいさんの記事)
    ともべいさん こんにちは
    これはまた鮮やかな色彩の鳥ですね。しかも凄い解像感でビシッと撮れてますね。まさに火の鳥にピッタリです。カワセミブルーに慣れているのでとても新鮮です。うちの近所の池にも来てくれないかなあ。
引用返信
■3161 / ResNo.2)  Re[1]: 火の鳥
□投稿者/ TK -(2010/05/09(Sun) 15:10:41)
    No3153に返信(ともべいさんの記事)
    > アカショウビンを見ることができました。
    > 燃えるような嘴が魅力的です。
    >
    > (K20D BORG77EDU ACクローズアップ#3 AFアダプタ1.7X )

    ともべい様

    イギリス人がこんな素晴らしい色合いのカワセミ仲間を見たら、たぶん卒倒することでしょう。アオやヤマ、ナンヨウなど、南国系の鳥がいる日本は羨ましい限りです。

    TK
引用返信
■3166 / ResNo.3)  Re[2]: 火の鳥
□投稿者/ sugitetu -(2010/05/09(Sun) 21:49:51)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    ともべいさん こんばんは。
    明るい所で撮れたようでアカショウビンの色が鮮やかに出ていますね。
    アカショウビンは今年の5大目標の一つです。私も出会いたい!
引用返信
■3167 / ResNo.4)  Re[3]: 火の鳥
□投稿者/ ともべい -(2010/05/09(Sun) 22:03:13)
    No3159に返信(モアイさんの記事)

    モアイさん、コメントありがとうございます。

    私は初見でしたが、燃えるような赤に感動しました。
    大きさは30cm弱なので、結構迫力ありますね。

    TKさん、コメントありがとうございます。

    海外のカワセミ科にも綺麗な色の鳥が沢山いますね。好きな方は海外まで見ににいかれるみたいですね。
    赤い鳥が見れるだけでも幸せですが・・・

    sugitetuさん、コメントありがとうございます。

    太陽の光が当たると、正に火の鳥という感じになりますね。
    BORGでも、置きピンならある程度の飛びものは撮れそうです。

    (K20D BORG77EDU ACクローズアップ#3 AFアダプタ1.7X )
1168×776 => 800×531

1273410193.jpg
/496KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■3151 / 親記事)  ホントウアカヒゲ
□投稿者/ Rオシドリ -(2010/05/08(Sat) 10:32:17)
    春ですね。
    雛への給餌のためでしょうか。
    忙しそうに何度も虫を獲っていました。
800×639

1273282337.jpg
/89KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■3152 / ResNo.1)  Re[1]: ホントウアカヒゲ
□投稿者/ ともべい -(2010/05/08(Sat) 14:32:22)
    No3151に返信(Rオシドリさんの記事)

    綺麗に撮れてますね。
    本島でもアカヒゲさんが見れるんですね。
    ミミズをくわえて、何か言いたげな顔してますね。
引用返信
■3154 / ResNo.2)  Re[2]: ホントウアカヒゲ
□投稿者/ ともべい -(2010/05/08(Sat) 18:25:18)
    No3152に返信(ともべいさんの記事)
    > ■No3151に返信(Rオシドリさんの記事)
    >
    > 綺麗に撮れてますね。
    > 本島でもアカヒゲさんが見れるんですね。
    > ミミズをくわえて、何か言いたげな顔してますね。

    感違いしたようです。
    本土で見れるのはナミアカヒゲというらしいですね。
    失礼しました。
引用返信
■3163 / ResNo.3)  Re[3]: ホントウアカヒゲ
□投稿者/ Rオシドリ -(2010/05/09(Sun) 16:56:53)
    2010/05/09(Sun) 19:01:05 編集(投稿者)

    No3154に返信(ともべいさんの記事)
    > ■No3152に返信(ともべいさんの記事)
    >>■No3151に返信(Rオシドリさんの記事)
    >>

    > 感違いしたようです。
    > 本土で見れるのはナミアカヒゲというらしいですね。
    > 失礼しました。

    ともべいさん こんにちは
    このポイントでは、この子の外にもメスがいて、両者で芋虫やバッタ、ムカデ等を獲っていました。
    さて、ホントウアカヒゲは留鳥ですが、大隅半島などで繁殖する(ただ)アカヒゲは夏鳥とされています。
    しかし、ヤンバルでは(ただ)アカヒゲも数は少ないながら冬鳥として渡来しているようです。
解決済み!
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -