HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate雌狐 vs 鴉(3) | Newコゲラ(0) | Newソウシチョウ(0) | UpDate五月晴れの鳥景色(その二)(2) | UpDate上から目線で(3) | UpDate☆翡翠&笹五位☆(4) | Nomalいつもの運河・5/29(6) | Nomalカルガモ親子(2) | Nomal五月の朝景(4) | Nomalキビタキ(1) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomal捕ったぞ!(0) | Nomalハッカチョウ、ツバメ、トラクター(4) | Nomalブッポウソウ(0) | Nomal☆Canon S200vsNikon1J5☆(1) | Nomalいつもの運河・コチドリ(1) | Nomal翌日はBORGでカンムリカイツブリ(4) | Nomalいつもの園で外来種(4) | Nomalいつもの運河ほか・5/26(4) | Nomalコアジサシ(3) | Nomal☆翡翠☆(2) | Nomalお待たせカンムリカイツブリの雛(8) | Nomalキビタキ(0) | Nomalオオルリ(0) | Nomalかくれんぼ(4) | Nomal☆小啄木鳥&翡翠☆(5) | Nomalホオジロ(9) | Nomal五月晴れの鳥景色(5) | Nomalカオジロガビチョウ(4) | Nomalミソサザイ(2) | Nomalいつもの運河・ほか(4) | Nomal雉(8) | Nomal☆穴掘りに夢中♪☆(4) | Nomalコアジサシ(6) | Nomalスズメとヘアリーベッチ(3) | Nomalコウノトリ(0) | Nomal☆今日のツミ♂☆(0) | Nomalコウノトリ♂(4) | Nomalいつもの園の珍客。(5) | Nomalキビタキ♂(1) | Nomalコウノトリ(1) | Nomalコウノトリ♂(3) | Nomal☆青葉木菟☆(8) | Nomal囀り(7) | Nomalアオゲラのマイホーム(5) | Nomalミソサザイ(2) | Nomalチョウゲンボウ・5/20(2) | Nomal干潮時のいつもの園です。(6) | Nomal☆雀レンズテスト3☆(4) | Nomal四か月遅れ日の出のオオハクチョウその一(6) | Nomalチョウゲンボウ・5/18(6) | Nomal☆緑地のカワセミ☆(5) | Nomal水鳥以外のベビーラッシュは?(5) | Nomal☆ピラカンかわせみ&トベラかわせみ☆(4) | Nomalチョウゲンボウ・5/16(3) | Nomalブッポウソウ(3) | Nomalオオルリ(4) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ(3) | Nomal☆雀鷹♂☆(3) | Nomal見返りコマドリ(4) | Nomal☆白いピラカンサの花かわせみ☆(7) | Nomalいつもの運河・5/14(7) | NomalMFアシスト(8) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その一(8) | NomalNO TITLE(5) | Nomal☆黄鶲♂☆(5) | Nomalプチ遠征(6) | Nomal休耕田(5) | Nomalヒバリ(9) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣最新ニュース(6) | Nomal本日のショウタイム。01(5) | Nomalいつもの園に珍客が。(4) | Nomalいつもの運河・5/11(4) | Nomal☆大瑠璃♂&雀鷹♂☆(3) | Nomal休耕田(3) | Nomal☆雀鷹レンズテスト3☆(7) | Nomal航空ショー始まる(7) | Nomalチョウゲンボウ・5/8(4) | Nomalお城で!(0) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣その後(4) | Nomalいつもの園で(6) | Nomal☆雀鷹♂♀レンズテスト2☆(1) | Nomalいつもの園でのミサゴです。01(3) | Nomalブッポウソウ(4) | Nomal観察用望遠鏡(3) | Nomalいつもの運河(4) | Nomal休耕田で(6) | Nomal☆10ミリレンズテスト☆(0) | Nomal キジ(2) | NomalミラーレスAF-BORG(5) | Nomalこの園での可愛い水鳥の紹介です。(4) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣(8) | Nomal直後!(5) | Nomal☆コサメビタキ&カワセミ☆(3) | Nomalやっとこの園に来てくれました。(5) | Nomalヤマガラ(2) | Nomal芽生え(6) | Nomalダイサギの舞(4) | Nomalチョウゲンボウとトカゲほか(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■2877 / 親記事)  キレンジャク
□投稿者/ かずかず -(2010/04/16(Fri) 08:40:29)
    頭の毛が綺麗に跳ねているのがありました。
567×800

1271374829.jpg
/416KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■2881 / ResNo.1)  Re[1]: キレンジャク
□投稿者/ albion -(2010/04/16(Fri) 12:13:43)
http://p-albion.jp
    No2877に返信(かずかずさんの記事)
    > 頭の毛が綺麗に跳ねているのがありました。
     
    かずかずさん

    私は今年、とうとうレンジャクに逢うことは叶いませんでした。
    とても羨ましい写真です。
    ポーズといい構図といい素敵です。
    去年も日本を離れていた数日の間にレンジャクの群れが通過してしまいました。
    来年こそはリベンジしたいと思います。
引用返信
■2882 / ResNo.2)  Re[2]: キレンジャク
□投稿者/ かずかず -(2010/04/16(Fri) 13:48:26)
    No2881に返信(albionさんの記事)
    > ■No2877に返信(かずかずさんの記事)
    >>頭の毛が綺麗に跳ねているのがありました。
    >  
    > かずかずさん
    >
    > 私は今年、とうとうレンジャクに逢うことは叶いませんでした。
    > とても羨ましい写真です。
    > ポーズといい構図といい素敵です。
    > 去年も日本を離れていた数日の間にレンジャクの群れが通過してしまいました。
    > 来年こそはリベンジしたいと思います。

    ありがとうございます。
    でも私には外国旅行 ? の方が羨ましいです。
    来年頑張ってください。
    では、また。
引用返信
■2889 / ResNo.3)  Re[3]: キレンジャク
□投稿者/ sugitetu -(2010/04/17(Sat) 03:44:23)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    かずかずさん こんばんは。
    これはまた堂々たる冠羽ですね。色もきれいで素晴らしいです!
    私はまだレンジャクにお目にかかった事が無いので、とてもうらやましいです。
引用返信
■2896 / ResNo.4)  Re[4]: キレンジャク
□投稿者/ かずかず -(2010/04/17(Sat) 08:34:39)
    No2889に返信(sugitetuさんの記事)
    > かずかずさん こんばんは。
    > これはまた堂々たる冠羽ですね。色もきれいで素晴らしいです!
    > 私はまだレンジャクにお目にかかった事が無いので、とてもうらやましいです。

    sugitetuさんありがとうございます。
    ただ止まっていたのを撮っただけなので、誰でも撮れます。
    それから題名間違っていました。
    キレンジャクは、尻尾が黄色。
    これは赤なのでヒレンジャクですね。

    sigma50-500の解像度なかなかだと、いつも思っています。
引用返信
■2900 / ResNo.5)  Re[1]: キレンジャク
□投稿者/ TK -(2010/04/17(Sat) 13:02:19)
    No2877に返信(かずかずさんの記事)
    > 頭の毛が綺麗に跳ねているのがありました。

    かずかず様

    キレンジャク、美しい鳥ですね。その美しさが鮮やかに写っているので楽しめました。ヨーロッパでは珍鳥の部類に入り、英国でも「見た」という記録は一冬に100羽だそうです。

    TK
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2873 / 親記事)  めじろさん
□投稿者/ MITSU(大阪) -(2010/04/15(Thu) 20:35:51)
    みなさん、こんばんは。

    キビタキやオオルリが近所の公園に来ているのに、撮りに行く時間がありません。
    珍しくもないメジロですが、よく動くのでなかなか撮らせてはくれません。

1000×666 => 800×532

1271331351.jpg
/140KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■2879 / ResNo.1)  Re[1]: めじろさん
□投稿者/ albion -(2010/04/16(Fri) 11:40:48)
http://p-albion.jp
    No2873に返信(MITSU(大阪)さんの記事)
    > みなさん、こんばんは。
    >
    > キビタキやオオルリが近所の公園に来ているのに、撮りに行く時間がありません。
    > 珍しくもないメジロですが、よく動くのでなかなか撮らせてはくれません。
    >

    MITSUさん
    大阪には夏鳥がやって来ているようですね。
    こちらに到達するまでにもう少し時間がかかるようです。
    そろそろと夏鳥撮影の準備を始めました。
    我が家周辺にはメジロが少ないので、羨ましいと思っていますよ。
    至近距離での撮影のようで、シャープに撮れています。
引用返信
■2899 / ResNo.2)  Re[1]: めじろさん
□投稿者/ MITSU(大阪) -(2010/04/17(Sat) 12:45:34)
    albionさん、こんにちは。
    近所の公園にはアカショウビンやアカガシラサギなども来たことがあるので、これからが楽しみです。

    マミジロです。
1000×644 => 800×515

1271475934.jpg
/94KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2855 / 親記事)  春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ TK -(2010/04/14(Wed) 15:28:34)
    2010/04/15(Thu) 04:45:19 編集(投稿者)
    2010/04/15(Thu) 04:45:06 編集(投稿者)

    英国人の鳥好きが春めくと口にするのが、「もうツバメ見たかい?」です。この冬はきつく寒かったのに、燕族は姿を現し始めました。この写真に写っているのがショウドウツバメ(小洞燕)、団地よろしく海岸の崖などにけっこう深い穴をたくさん掘って雛を孵します。まだ虫が少ないのか、飛び立ってから戻るまで30分ぐらいかかることもありました。

    TK
566×800

1271226514.jpg
/470KB
引用返信

▽[全レス11件(ResNo.1-11 表示)]
■2856 / ResNo.1)  Re[1]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ TK -(2010/04/14(Wed) 15:33:47)
    No2855に返信(TKさんの記事)
    > 英国人の鳥好きが春めくと口にするのが、「もうツバメ見たかい?」です。この冬はきつく寒かったのに、燕族は姿を現し始めました。この写真に写っているのがショウドウツバメ(小洞燕)、団地よろしく海岸の崖などにけっこう深い穴を掘って卵を生みつけます。

    その穴を利用しているウサギもいるらしく、山羊みたいに崖を歩いていました。バンカーの顎に穴を掘るウサギもいて、ゴルファーが迷惑することがあります。

    TK
566×800

1271226827.jpg
/421KB
引用返信
■2859 / ResNo.2)  Re[1]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ albion -(2010/04/15(Thu) 06:56:19)
http://p-albion.jp
    > 英国人の鳥好きが春めくと口にするのが、「もうツバメ見たかい?」です。この冬はきつく寒かったのに、燕族は姿を現し始めました。この写真に写っているのがショウドウツバメ(小洞燕)、団地よろしく海岸の崖などにけっこう深い穴をたくさん掘って雛を孵します。まだ虫が少ないのか、飛び立ってから戻るまで30分ぐらいかかることもありました。
    >
    > TK

    TK様
    日本も今年の冬は寒かったのですが、ヨーロッパも寒波が下りていたようですね。
    英国のツバメは日本のように民家の軒下に営巣することは有るのでしょうか?
    駅等人通りの多い入口の軒下に営巣したときは悩ましいです。
引用返信
■2861 / ResNo.3)  Re[1]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ モアイ -(2010/04/15(Thu) 07:05:05)
    No2855に返信(TKさんの記事)
    ☆TKさんお早うございます。
    ツバメかわいいですね。日本だったらカメラマンが殺到しそうです。それにしても巣穴が2つなのに9羽もいますが、どういう事でしょう?。
引用返信
■2871 / ResNo.4)  Re[2]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ TK -(2010/04/15(Thu) 19:53:10)
    No2859に返信(albionさんの記事)
    >>英国人の鳥好きが春めくと口にするのが、「もうツバメ見たかい?」です。この冬はきつく寒かったのに、燕族は姿を現し始めました。この写真に写っているのがショウドウツバメ(小洞燕)、団地よろしく海岸の崖などにけっこう深い穴をたくさん掘って雛を孵します。まだ虫が少ないのか、飛び立ってから戻るまで30分ぐらいかかることもありました。
    >>
    >>TK
    >
    > TK様
    > 日本も今年の冬は寒かったのですが、ヨーロッパも寒波が下りていたようですね。
    > 英国のツバメは日本のように民家の軒下に営巣することは有るのでしょうか?
    > 駅等人通りの多い入口の軒下に営巣したときは悩ましいです。

    albion様

    コメント、うれしく読ませていただきました。

    スワロー、つまりツバメは軒下や農家の納屋などに巣を作ります。でも市内では巣を見かけることはあまりありません。もう少しすると雛が孵りますから、私も撮影に行くつもりです。日本のツバメ、おっしゃるように土産物店の軒先とか、お近くにある有名な酒造場のように、屋内にまで巣をかけますね。

    一方、ショウドウツバメは川岸も含めてせっせと穴掘り作業をして巣にします。ユーチューブで sand martin で検索すると、なかなかおもしろいビデオのクリップが見られますから、ぜひご覧になってください。
引用返信
■2872 / ResNo.5)  Re[2]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ TK -(2010/04/15(Thu) 20:01:07)
    No2861に返信(モアイさんの記事)
    > ■No2855に返信(TKさんの記事)
    > ☆TKさんお早うございます。
    > ツバメかわいいですね。日本だったらカメラマンが殺到しそうです。それにしても巣穴が2つなのに9羽もいますが、どういう事でしょう?。

    モアイ様

    コメント、ありがとうございます。ヨーロッパのツバメでは最小だそうで、アモイさんのレンズと腕前ならその可愛さがよく表現できることでしょう。同じ日に、プロ数人が800ミリの砲列を敷いていましたが、私は河畔か海岸でもっと近寄れる場所を探すつもりです。
    巣2軒に鳥が9羽というご指摘ですが、これは撮影者の至りなさです。実際には一つにそのカップルだけが住み、隣接してたくさん穴が穿たれています。ご参考までに少し離れて撮った一枚をアップしてみました。


800×566

1271329267.jpg
/422KB
引用返信
■2875 / ResNo.6)  Re[3]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ sugitetu -(2010/04/16(Fri) 03:53:38)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    TKさん みなさんこんばんは。
    日本で見られるツバメは4〜6種類みたいですね。
    ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメ、ショウドウツバメ(北海道)、リュウキュウツバメ(沖縄)
    本州で普通に見られる種類は、民家に巣を架けるものばかりです。
    それも人が住んでいる所のみ。廃屋には巣を架けません。人間の近くが、他の天敵からは安全である事を知っているようです。

    コシアカツバメ [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K20D ]
800×566

1271357618.jpg
/248KB
引用返信
■2876 / ResNo.7)  Re[4]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ TK -(2010/04/16(Fri) 04:48:09)
    2010/04/16(Fri) 04:53:01 編集(投稿者)

    No2875に返信(sugitetuさんの記事)
    > TKさん みなさんこんばんは。
    > 日本で見られるツバメは4〜6種類みたいですね。
    > ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメ、ショウドウツバメ(北海道)、リュウキュウツバメ(沖縄)
    > 本州で普通に見られる種類は、民家に巣を架けるものばかりです。
    > それも人が住んでいる所のみ。廃屋には巣を架けません。人間の近くが、他の天敵からは安全である事を知っているようです。
    >
    > コシアカツバメ [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K20D ]

    sugitetu様

    また出ましたね、SIGMA 500ミリで見事なsugitetu流の一枚です。どうやったらレンズだけで2キロもある大物で、ツバメみたいな小さな被写体、それも飛んでいるのをシャープに捉えるのか、毎度ながら溜息をついています。励みになりますので、これからも傑作を見せてください。

    TK

引用返信
■2880 / ResNo.8)  Re[5]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ albion -(2010/04/16(Fri) 12:08:55)
http://p-albion.jp
    No2876に返信(TKさんの記事)
    > 2010/04/16(Fri) 04:53:01 編集(投稿者)
    >
    > ■No2875に返信(sugitetuさんの記事)
    >>TKさん みなさんこんばんは。
    >>日本で見られるツバメは4〜6種類みたいですね。
    >>ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメ、ショウドウツバメ(北海道)、リュウキュウツバメ(沖縄)
    >>本州で普通に見られる種類は、民家に巣を架けるものばかりです。
    >>それも人が住んでいる所のみ。廃屋には巣を架けません。人間の近くが、他の天敵からは安全である事を知っているようです。
    >>
    >>コシアカツバメ [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K20D ]
    >
    > sugitetu様
    >
    > また出ましたね、SIGMA 500ミリで見事なsugitetu流の一枚です。どうやったらレンズだけで2キロもある大物で、ツバメみたいな小さな被写体、それも飛んでいるのをシャープに捉えるのか、毎度ながら溜息をついています。励みになりますので、これからも傑作を見せてください。
    >
    > TK
    >
    sugitetu様
    私はSIGMA APO150-500mm + NikonD300で野鳥撮影をしています。
    このレンズはコストパフォーマンスが良くて、重いと言っても純正500mmと比べると扱いやすい方です。
    手持ち撮影可能でチャンスに強いので、お互いがんばりましょう!
    去年マレーシアで撮影したリュウキュウツバメを貼らせていただきます。
533×800

1271387335.jpg
/87KB
引用返信
■2887 / ResNo.9)  Re[6]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ sugitetu -(2010/04/17(Sat) 03:32:58)
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/
    TKさん どうもです。
    褒めて頂いて嬉しいのですが、ほとんど運で撮れている様なものですので恥ずかしいです。

    albionさん どうもです。
    リュウキュウツバメ、素晴らしい鳥景ですね。
    しかも下にはバンまで居るじゃないですか!

    確かに、ゴーヨンやロクヨンなんてレンズには描写性能や明るさでは太刀打ちできませんが、便利ズームには“チャンスに強い”という美点がありますね。
    とは言え、「やる」と、言われれば、0.1秒で「くれ!」と答えますが(笑)


    昨日の昼の休憩時間に撮ったツバメです。
    撮影中、職場のエライ人に見咎められて「盗撮してるのか?」と怪しまれてしまいました。
    [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K-x ]
800×531

1271442778.jpg
/243KB
引用返信
■2893 / ResNo.10)  Re[7]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ モアイ -(2010/04/17(Sat) 07:30:53)
    No2887に返信(sugitetuさんの記事)
    sugitetuさん毎度です。
    飛んでるツバメがバチピンで撮れてますね。凄いと言うか不思議な位です。背景も気持ち良く、つり橋のような物も写ってますね。
    しかも休憩時間に撮影したと言う事で2度ビックリです。
引用返信
■2894 / ResNo.11)  Re[7]: 春の鳥その二:ツバメとウサギ
□投稿者/ かずかず -(2010/04/17(Sat) 08:17:43)
    No2887に返信(sugitetuさんの記事)
    > TKさん どうもです。
    > 褒めて頂いて嬉しいのですが、ほとんど運で撮れている様なものですので恥ずかしいです。
    >
    > albionさん どうもです。
    > リュウキュウツバメ、素晴らしい鳥景ですね。
    > しかも下にはバンまで居るじゃないですか!
    >
    > 確かに、ゴーヨンやロクヨンなんてレンズには描写性能や明るさでは太刀打ちできませんが、便利ズームには“チャンスに強い”という美点がありますね。
    > とは言え、「やる」と、言われれば、0.1秒で「くれ!」と答えますが(笑)
    >
    >
    > 昨日の昼の休憩時間に撮ったツバメです。
    > 撮影中、職場のエライ人に見咎められて「盗撮してるのか?」と怪しまれてしまいました。
    > [ SIGMA APO50-500mm + PENTAX K-x ]

    sugitetuさん、お早うございます。

    飛んでるツバメをドンピシャで撮るのは腕がなくては撮れません。
    めきめき腕を上げていますね。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-11]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■2886 / 親記事)  寄るなっ!
□投稿者/ TK -(2010/04/17(Sat) 01:51:37)
    留鳥コブハクチョウの縄張り争い、巣の整備も終わった今はいっそう激しくなっています。最近見つけた約150メートル四方の池など、たった一組の夫婦で占領していていますが、数平方キロもある保護区でも写真のような場面はしょっちゅう。1メートル半の巨体が翼で激しく水を叩きながら、軽く100メートルぐらいは相手を追いかけていきます。

    TK

800×533

1271436697.jpg
/295KB
引用返信



■記事リスト / ▲上のスレッド
■2865 / 親記事)  ルリビタキが戻ってきました
□投稿者/ albion -(2010/04/15(Thu) 17:26:13)
http://p-albion.jp
    冬の間里の方にお世話になっていました、ルリビタキが山に戻りました。
    今日の八ヶ岳は雪模様でしたが、快くポーズしてくれました。
800×531

1271319973.jpg
/103KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■2866 / ResNo.1)  Re[1]: ルリビタキが戻ってきました
□投稿者/ albion -(2010/04/15(Thu) 17:28:38)
http://p-albion.jp
    「ごくろうさま」と声をかけられたような気がしました。
531×800

1271320118.jpg
/140KB
引用返信
■2868 / ResNo.2)  Re[2]: ルリビタキが戻ってきました
□投稿者/ TK -(2010/04/15(Thu) 19:17:43)
    No2866に返信(albionさんの記事)
    > 「ごくろうさま」と声をかけられたような気がしました。

    albion様

    さすが八ヶ岳の中腹は春になりきらないのですね。でも、 「ごくろうさま」と声をかけるalbionさんの心情は痛いほどわかります。写真そのものにも、物語が隠されていそうですね。
    私のオオハクチョウは、事情は違うものの、アイスランドから1900キロを休みなしに飛んでくるので、これまた 「ごくろうさま」に感じます。

    TK
1726×1221 => 800×565

1271326663.jpg
/344KB
引用返信
■2883 / ResNo.3)  Re[2]: ルリビタキが戻ってきました
□投稿者/ モアイ -(2010/04/16(Fri) 19:27:54)
    No2866に返信(albionさんの記事)
    albionさん こんばんわ
    これはまたalbionさんならではの自然と融合している鳥景写真ですね。寒そうで見ているこちらも震えてきました。この場所カワセミでも絵になりそうですね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -