HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDateヒドリガモ 雄 雌(1) | UpDate白鳥の川(2) | UpDateアカハシハジロ雄(7) | Nomalコハクチョウ(7) | Nomal凍ってしまいました。(5) | Nomal必死なヤマガラ(3) | Nomalオオハヤブサとハヤブサ(8) | Nomalお山の公園での探鳥(5) | Nomal凍った堀(3) | Nomalツクシガモ(3) | Nomalホウジロ アオジ(3) | Nomalいつもの園 ツクシガモ(4) | Nomal琵琶湖の大鷲(7) | Nomalウミアイサ(メス)(8) | Nomal謹賀新年(8) | Nomalすいません暮に撮ったものです。(9) | Nomal2021年 初撮り(5) | Nomal海沿いの緑地(9) | Nomalキバラガラ(3) | Nomalニシオジロビタキ(3) | Nomalミコアイサ(3) | Nomal マヒワ(5) | Nomalユリカモメ(4) | Nomal近くの公園で カワセミ、メジロ(4) | Nomalコジュケイ(4) | Nomalカンムリセグロカモメ(5) | Nomalオカヨシガモ(4) | Nomal紅葉バックに(17) | Nomalオシドリの飛翔(6) | Nomal近くのため池で(3) | Nomalハシビロガモ(4) | Nomal ミコアイサ(4) | Nomalイソヒヨドリ(5) | Nomal磯もみじ(5) | Nomalシノリガモ(7) | Nomal お山(5) | Nomalジョウビタキ雌 ピラカンサ(4) | Nomalルリビタキ(2) | Nomalダイサギ・コサギ(3) | Nomal白鳥の離着水(7) | Nomal河川敷 ホオアカ(5) | Nomalコハクチョウ飛来(7) | Nomalルリビタキ(4) | Nomal巴鴨(5) | Nomal河川敷 紅色のベニマシコ(4) | Nomalトモエガモ(5) | Nomalノスリ(5) | Nomalリュウキュウサンショウクイ(6) | Nomalハシビロガモ(5) | Nomal鴛鴦(5) | Nomal アカガシラサギ冬羽(5) | Nomal普段の鳥たち(8) | Nomal近くの公園で:カワセミ(4) | Nomal遠征して撮った野鳥たち。(10) | Nomalショロガシラ(7) | NomalアオバトU(6) | Nomalシロハラ雄(5) | Nomalアオバト(7) | Nomal遠征して撮った野鳥たち。(7) | Nomal紅と黄(5) | Nomal都市公園に来たメジロガモ若(7) | Nomalマガン親子(4) | Nomal今日撮った野鳥たち(8) | Nomaltoro奥撮影(5) | Nomal河川敷 ベニマシコ(5) | Nomalナベヅル渡来(8) | Nomalマガン幼鳥(9) | Nomalいつもの園 チュウヒ若(10) | Nomalハマシギ(5) | Nomalベニマシコ雌(4) | Nomal黒鳥親子(8) | Nomalお早うございます。(7) | Nomalキクイタダキ(6) | NomalNO TITLE(9) | Nomalカッコウ(6) | Nomalいつもの園の野鳥(5) | Nomalトラツグミ(7) | Nomalカワセミ(5) | Nomalオオハク家族(6) | Nomal久々に出て来て沢山貼ってすみません。(6) | Nomalアオゲラとオナガ(7) | Nomalお早うございます。(9) | Nomalコウノトリ(8) | Nomal久し振りの投稿です。(17) | Nomalキセキレイ(4) | Nomalオオタカ(6) | Nomalオオハクチョウ到着(8) | Nomalチュウヒ(6) | NomalオシドリU(6) | Nomalオシドリ(7) | Nomalある日の鳥撮影(15) | Nomalシロハラ(2) | Nomalチュウヒ(6) | Nomalメジロ(7) | Nomal クロツグミ雌(2) | Nomalいつもの園(3) | Nomalヤマガラ(4) | Nomalお城で オオルリ雄若(3) | Nomal鷹の渡り(2) | Nomal魚を持ったミサゴ(7) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■11145 / 親記事)  ティーンになったミヤコドリの雛
□投稿者/ TK -(2012/08/15(Wed) 00:10:49)
    2012/08/15(Wed) 03:50:37 編集(投稿者)

    都鳥の雛が大きくなって、親の目が届くところで動き回っています。大きさだけは成鳥並みでも、どこか間抜けでアンバランスと、大方の幼鳥に共通していますね。この写真を撮った日も、北国の海辺は寒くて手袋が欲しいほどでした。
    Pentax K-7 + Borg 77ED U + Pentax 1.7 X AFアダプター + レデューサー0.7xDGT。
1200×797 => 800×531

1344957049.jpg
/701KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■11151 / ResNo.1)  Re[1]: ティーンになったミヤコドリの雛
□投稿者/ たなか -(2012/08/15(Wed) 10:01:37)
    ミヤコドリの若鳥、初めて見ました。
    嘴の色がまだ不鮮明ですね。それにしても、たくさんの個体の中からよく、見つけられるものです。

    神奈川県川崎市の我が家の近く(連日30℃超えです)では、スズメ、ハシブトガラス、ムクドリ、ツバメなどの若い個体が見られます。
    写真はオナガの若鳥。「嘴が黄色い」です。

    来年はもう少し早くから観察を始めて、幼鳥を撮りたいと思います。
800×533

1344992497.jpg
/405KB
引用返信
■11153 / ResNo.2)  Re[2]: ティーンになったミヤコドリの雛
□投稿者/ TK -(2012/08/15(Wed) 18:10:46)
    たなかさん、過分のお誉めをありがとうございました。でもこの幼鳥はカメラから7、80メートルの近間にいたので、見つけるのは簡単でした。たぶん遅れて孵ったか、2度目の孵化なのか、まだ飛べないのです。もう一枚、もっと近いところにいた同じ個体と兄妹のペアをご紹介します。

    オナガの幼鳥、興味深く拝見しました。嘴の縁がまだ大口を開けられるひよこと同じ感じなので、ずいぶん若い子なのでしょうね。オナガやムクドリ、スズメは、目黒区にあった実家の庭で大騒ぎをしていたので、私には懐かしい連中です。

    気候的に亜熱帯にいる日本の鳥ですから、一シーズンに繰り返し卵を抱くのかどうかわかりませんが、そういう種類を突き止めたらまだ観察が可能だと思います。それに幼鳥、若鳥は警戒心が薄いので近接撮影が可能です。2歳前の孫など繰り返してこぶやあざを作っていますが、鳥もそうやって一人前になっていくのでしょう。
1200×849 => 800×566

1345021845.jpg
/618KB
引用返信
■11154 / ResNo.3)  Re[1]: ティーンになったミヤコドリの雛
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 21:14:30)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    TKさん、いつも素晴らしい写真をありがとうございます。五輪であらためて英国の緯度の高さを再認識いたしました。環境もいいのでしょうが、鳥も豊富な感じですね。雛もかわいいが、朝夕の景色と鳥達には感動しました。朱鷺に出会って3年3ケ月、写真も3万枚を越えましたが、いまだに新しい発見があることが楽しいです。繁殖期が終了しても、枝を咥えていました。
2874×1974 => 800×549

1345032870.jpg
/960KB
引用返信
■11155 / ResNo.4)  Re[2]: ティーンになったミヤコドリの雛
□投稿者/ たなか -(2012/08/16(Thu) 17:28:57)
    2012/08/16(Thu) 17:38:38 編集(投稿者)
    2012/08/16(Thu) 17:33:44 編集(投稿者)

    ミヤコドリ兄妹の写真、ありがとうございます。

    ところで、私のオナガ・ティーンの写真についてですが、
    >嘴の縁がまだ大口を開けられるひよこと同じ感じなので、ずいぶん若い子なのでしょうね。

    さすがに観察が細かいですね。仰る通りです。
    ちょっと見には大人の鳥と変わらないのですが、大口を開けると、この通り。

    頭がゴマシオみたいで、胸にも茶色の部分が残っています。鳴き声はやや高いです。

    私もTKさんと同じく目黒に住んでいたことがあります。オナガ、私には子供の頃からありふれた鳥ですが、世界的に見れば東アジアとイベリア半島の一部にしか生息していない貴重な種。
    日本国内でも、どういうわけか生息地が局地化しているそうです。

    姿の良い鳥ですし、TKさんのアドバイスを活かして観察を続けたいと思います。
800×533

1345105737.jpg
/473KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■11146 / 親記事)  お盆の朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 09:29:28)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    お盆はあいにくのお天気でしたが、何とか朱鷺の撮影が出来ました。着地寸前から。
1842×1338 => 800×581

1344990568.jpg
/383KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■11147 / ResNo.1)  Re[1]: お盆の朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 09:30:44)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    豪雨の合間の衣装から。
1929×1356 => 800×562

1344990644.jpg
/211KB
引用返信
■11148 / ResNo.2)  Re[1]: お盆の朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 09:32:16)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    工事現場でお食事、そこからの飛び出しです。
2121×1509 => 800×569

1344990736.jpg
/425KB
引用返信
■11149 / ResNo.3)  Re[1]: お盆の朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 09:34:19)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    若干マニアックですが、朱鷺の脚裏はどうでしょうか。
2214×1578 => 800×570

1344990859.jpg
/450KB
引用返信
■11150 / ResNo.4)  Re[2]: お盆の朱鷺
□投稿者/ S.NOTO -(2012/08/15(Wed) 09:39:38)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104/
    No11147に返信(S.NOTOさんの記事)
    > 豪雨の合間の飛翔から。
2421×1749 => 800×577

1344991178.jpg
/349KB
引用返信
■11152 / ResNo.5)  Re[2]: お盆の朱鷺
□投稿者/ TK -(2012/08/15(Wed) 17:50:32)
    S.NOTOさん、飛翔シーンの大写しはどれも素晴らしいですね。これだけ大きいと、グライダーみたいな飛び方をするのでしょうか。
    朱鷺は無理ですが、鶴や鸛をじっくり撮ってみたい夢はあります。ただし後者はヨーロッパ大陸、それも遠いポーランドなど中東各国に行かないと駄目です。ポーランドでいうと、車でまるまる二日は必要なのです。
    しかたがないので、お返しはミヤコドリの飛翔です。私を襲ったのではなく、この個体の領土内に入りこんだ幼鳥を威嚇しにきたのでした。
1200×800 => 800×533

1345020631.jpg
/465KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■11144 / 親記事)  戻ってきた翡翠!!
□投稿者/ モアイ -(2012/08/13(Mon) 14:42:37)
    BORG50FL+テレコンPRO300+LUMIX G3 iso250 1/125s
    SILKYPIX JPEG Photography3.0

    何ケ月ぶりかに池に行ってみたらカワセミが来るようになってました。
    朝日をスポットライトの様に浴びているので背景が黒く落ちて輝いて見えました。
1200×802 => 800×534

1344836557.jpg
/232KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■11139 / 親記事)  サンコウチョウ
□投稿者/ @MT -(2012/08/10(Fri) 20:57:04)
    珍しく明るい場所に出て来てくれました。siguma SD-1 merill / 50~500mmを使用。

2790×1843 => 800×528

1344599823.jpg
/1055KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■11142 / ResNo.1)  Re[1]: サンコウチョウ
□投稿者/ 800の人 -(2012/08/13(Mon) 12:19:35)
http://inaoka4th.exblog.jp
    SD-1merilを使われての野鳥***しかも、サンコウチョウ****しびれました。

引用返信
■11143 / ResNo.2)  Re[2]: サンコウチョウ
□投稿者/ @MT -(2012/08/13(Mon) 13:47:15)
    No11142に返信(800の人さんの記事)
    > SD-1merilを使われての野鳥***しかも、サンコウチョウ****しびれました。

    > 800の人さん、コメントありがとうございます。
    >800の人さんのサンコウチョウ投稿を拝見して憧れの鳥でしたが今年やっとゲット出来ました、鳥撮影の醍醐味を感じさせてくれますね。
    >フォビオン素子はフィルムライクぽいので使用していますが、SD-1でやっと動き物にも使えようになりました。
    >シグマの松レンズでは300~800mm f.5.6が一番使用されているそうです。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■11136 / 親記事)  干潟の嵐B
□投稿者/ TK -(2012/08/10(Fri) 14:32:33)
    2012/08/10(Fri) 14:36:27 編集(投稿者)

    地区の天気予報が的中して、夕日が真西の水平線に近づくころから晴れ間が多くなりました。沈んでいく太陽、いつ眺めてもいいものですね。この時間になると、飛んだり浮かんだりしているのはユリカモメだけなのですが、この一群はどうもツクシガモのようです。
    EOS 60D + Sigma 50-500mm、f/16、1/1250秒、ISO-200、焦点距離 75mm。
1200×849 => 800×566

1344576753.jpg
/726KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■11137 / ResNo.1)  Re[1]: 干潟の嵐B
□投稿者/ TK -(2012/08/10(Fri) 14:43:20)
    日没まで30分ほど、まだ今夜のねぐらに向かう水鳥たちが陸に向かって飛んでいました。
    Pentax K-7 + Borg 77ED U + Pentax 1.7 X AFアダプター + レデューサー0.7xDGT。

1200×797 => 800×531

1344577400.jpg
/568KB
引用返信
■11138 / ResNo.2)  Re[2]: 干潟の嵐B
□投稿者/ TK -(2012/08/10(Fri) 14:57:08)
    水平線にかかった雲が動かず額だけ残した夕日は撮れませんでしたが、湾尻の港から出港していくコンテナー船が代役を務めてくれました。8時半という遅い時間でも、ユリカモメたちはまだ飛んだり浮かんだりしています。
    Pentax K-7 + Borg 77ED U + Pentax 1.7 X AFアダプター + レデューサー0.7xDGT。

2000×1414 => 800×565

1344578227.jpg
/1281KB
引用返信
■11140 / ResNo.3)  Re[1]: 干潟の嵐B
□投稿者/ モアイ -(2012/08/11(Sat) 09:03:31)
    No11136に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    海に沈む夕日は感動的ですが、夕日を横切るカモの一団がこの写真を更に感動的な物にしていますね。また雲がいい味を出してます。
    オリンピックも終盤を迎えてますが、この写真は日の丸を連想させますね。今晩の女子バレーも頑張って日の丸を揚げてもらいたいですね。
引用返信
■11141 / ResNo.4)  Re[2]: 干潟の嵐B
□投稿者/ TK -(2012/08/12(Sun) 04:39:46)
    女子サッカーと女子バレーボールの健闘ぶり、感激しております。一方、英国の金メダルラッシュにも感激です。
    後先になりましたが、夕日の干潟にコメントをいただきありがとうございました。調子に乗ってアップした夕日は昨年9月上旬のものですが、同じ角度と同じような時間帯でも発色がまるでちがいます。今年の秋は約2キロの距離がある、真東を向いている対岸からの日の出を狙うことにしています。英国の8月は秋の始まり、わびしい反面、冬鳥の飛来が増えているので楽しみです。
849×1200 => 566×800

1344713986.jpg
/476KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -