HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDateレンズ メーカー調整後の画像(2) | Nomalレンジャク(6) | Nomal新しいレンズ(3) | Nomalいつもの緑道横 2月27日 タカサゴモズ(2) | Nomal紅の空U(3) | Nomal紅の空(9) | Nomal梅(5) | Nomal麦畑のテイクオフ(5) | Nomalいつもの緑道横 2月25日 タカサゴモズ(2) | Nomalモズ子の入浴(8) | Nomal麦畑のヒシクイ(6) | Nomalオガワコマドリ(7) | Nomalいつもの緑道横 2月23日 タカサゴモズ(2) | Nomalいつもの緑道横 2月22日 タカサゴモズ(5) | Nomalベンケイ(4) | Nomalコハクの飛翔(7) | Nomalいつもの緑道横 2月21日 タカサゴモズ(4) | Nomal ハイイロチュウヒ雌(6) | Nomalヒヨドリ襲撃 !!(5) | Nomal山・麦畑・飛翔(2) | Nomalいつもの緑道横 2月19日 タカサゴモズ(4) | Nomal初見のモズ子(5) | Nomalシロハラとシメ(3) | Nomalアオジ(3) | Nomal川の朝(6) | Nomalスズメの学校(7) | Nomalアリスイ(3) | Nomalクロジ飛び立ち(3) | Nomalタカサゴモズ?(2) | Nomal夕暮れ時(5) | Nomal チョウゲンボウ雌(5) | Nomal虎鶫・白腹(7) | Nomal新アイテムその2(5) | Nomalモズ(0) | Nomalオオタカ(0) | Nomal梅、メジロ、ヒレンジャク、キレンジャク(7) | Nomalヒレンジャク(5) | Nomalいつもの緑道横 2月13日 タカサゴモズ(3) | Nomal海峡のウミアイサ(5) | Nomal今日も梅ヒヨ(2) | Nomalカケスとウグイス(7) | Nomal戦うスズメ(その1)(4) | Nomalベニマシコ雄(5) | Nomalアクシデント(4) | Nomalスズメ相撲(3) | Nomal瑠璃ビタキ(5) | Nomal 河川敷 ハッカチョウ チョウゲンボウ雌(4) | Nomalヒレンジャク(5) | Nomal隣のメジロ(2) | Nomalいつもの緑道横 2月8日 タカサゴモズ連続4日目(2) | Nomalいつもの緑道横 2月7日 タカサゴモズ連続3日目(4) | Nomalスズメの戦い(2) | Nomalオオジュリン(3) | NomalタゲリU(5) | Nomal渋井女美子(6) | Nomal海のヒドリガモ(3) | Nomalいつもの緑道横 2月6日(2) | Nomalやはりキミか・・・(3) | Nomalルリビタキ♂(3) | Nomalいつもの緑道横 2月5日(4) | Nomalパ ネライコ ピー(0) | Nomal日暮れ時(5) | Nomal新アイテム(3) | Nomal河川敷の探鳥(5) | Nomal親分と子分(3) | Nomal ヒレンジャク(7) | Nomalヒシクイ&コハク(6) | Nomal凍った朝(8) | Nomalメジロが来ました。(5) | Nomalちょっと変わったヤマガラ?(8) | Nomalスズメ キーック!!(4) | Nomal ウミアイサ(6) | Nomalタゲリの飛翔(4) | Nomal川のイソシギ(4) | Nomalいつもの園 チュウヒ(4) | Nomalジョビ子と瑠璃子(10) | Nomalモノクローム・スワン(8) | Nomal遊びに来たスズメ(2) | Nomalヒレンジャク(飛翔編)(6) | Nomalスズメの遊び場(4) | Nomal水浴び(4) | Nomalコハクの飛翔(5) | Nomalマガン(8) | Nomalいつもの緑道横 1月25日(4) | Nomalオオタカ若(8) | Nomalヒシクイ(5) | Nomal冬水田圃の白鳥達(7) | Nomalタゲリ(6) | Nomal カワアイサ(5) | Nomalいつもの緑道横(2) | Nomalカワセミ君の御挨拶(4) | Nomalトラツグミ(6) | Nomal寒中見舞い(0) | Nomalいつもの園 ノスリ(4) | Nomal今季初のヒレンジャク(3) | Nomalカラス類とメジロ1ダース(7) | Nomalヒドリガモ 雄 雌(4) | Nomal白鳥の川(7) | Nomalアカハシハジロ雄(7) | Nomalコハクチョウ(7) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■14513 / 親記事)  ☆コサメちゃん〜☆
□投稿者/ ☆王子☆ -(2013/10/07(Mon) 20:12:45)
    TSN-884/TE-17W/Canon IXY30Sデジスコ撮影
    ノ−トリミング、ノ−レタッチ、リサイズのみ♪
1600×1200 => 800×600

1381144365.jpg
/297KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■14512 / 親記事)  こさぎ
□投稿者/ BIRDER -(2013/10/06(Sun) 18:10:33)
    コサギ《サギ科》
1600×1200 => 800×600

1381050633.jpg
/211KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■14497 / 親記事)  干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 01:07:50)
    2013/10/04(Fri) 01:29:33 編集(投稿者)

    行きつけの干潟は英国野鳥の会(RSPB)の保護区なのですが、第2次大戦中はコンクリートの原料である砂利の大型採取場でした。これが1943年のことで、間もなく始まったのが英米空軍の大型爆撃機による対独反攻作戦。平坦なこの地方に無数の基地が建設されたとき、ここの砂利はコンクリートの主原料として使われたのでした。その結果、防潮堤の内側には広大な窪地が残され、これが今に見る水鳥の天国になったというわけです。一方干潟の側に建設されたオーク材の桟橋も撤去されずに残され、野鳥たちの休み場になったりしています。
    一枚目は、1950年代マニュアルレンズであるミノルタ135ミリで撮ったものです。
1400×1050 => 800×600

1380816470.jpg
/1366KB
引用返信

▽[全レス8件(ResNo.1-8 表示)]
■14498 / ResNo.1)  Re[1]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 01:13:59)
    これは昨年夏にBorg77EDUで撮ったミヤコドリです。
1400×930 => 800×531

1380816978.jpg
/910KB
引用返信
■14499 / ResNo.2)  Re[2]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 01:25:30)
    2013/10/04(Fri) 04:37:33 編集(投稿者)

    最後は鳥ばかりか、運のいい人たちの天国にもなっている情景です。一間か二間しかない小さなバンガローが数十軒並んでいるのですが、看板が出る前に売れてしまう人気の物件です。こんな天気のいい日には、その運のいい人たちは日向にテーブルを持ち出して優雅にお茶などを楽しんでいます。この写真は60年代のマニュアルレンズ、旭光学の400ミリによる撮影(2週間前)です。
1400×1050 => 800×600

1380817529.jpg
/1075KB
引用返信
■14506 / ResNo.3)  Re[3]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ モアイ -(2013/10/04(Fri) 22:04:16)
    No14499に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんばんは
    朽ち果てた桟橋は歴史の証人でも有ったのですね。海水と風雨にさらされても、未だに姿を残しているのは凄い事だと思います。その姿を、これまた歴史の有るレンズで撮影して敬意を表しているTKさんも凄いです。
    戦争中の砂利採取場の後地が水鳥の楽園になったというのも面白い話ですね。TKさんならではの作品ですね。

引用返信
■14507 / ResNo.4)  Re[4]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 22:38:13)
    モアイさん、深夜に近い時間のコメントを嬉しく拝見しました。
    ミノルタのこのレンズはよほど評判だったのか、ごく最近のSony用にマニュアルレンズとして復活したそうです。凄くシャープな写りなので驚きましたが、ラッキーだったのは当時の2倍テレコンが千円足らずで入手できたことです。これでG6にくっつければ500ミリ、夕方の桟橋はこれで撮りました。でも左前になってからのレンズはシグマの製品が多くなってしまったようです。実は私の最初のカメラはミノルタでした。
引用返信
■14508 / ResNo.5)  Re[5]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ たなか -(2013/10/05(Sat) 16:09:07)
    3枚ともに、オリジナリティーの高い画像だと感じます。

    ミヤコドリのお隣に、きのこのように腐食した金具が梁から突きだしているのがとても面白いです。20世紀芸術のオブジェのようです。コンクリートではなく木と鉄というのは味がありますね。年月の経過を感じさせてくれます。

    お隣にたんぽぽのような花がのどかに咲いているのも、またイイですね。
引用返信
■14509 / ResNo.6)  Re[6]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/05(Sat) 18:40:20)
    2013/10/05(Sat) 18:44:40 編集(投稿者)

    たなかさん、何かとお疲れのところにコメントをいただき恐縮しております。
    ネルソン提督が戦死したとき(1805年)の乗艦が同じオーク材の帆船。これが保存されているのは理解できますが、二十世紀半ばの急造桟橋が鉄板でなかったのは不思議です。おそらく戦時中とて鉄は軍艦や戦車に廻し、耐久力のあるオーク材を用いたのでしょう。おかげで、野生の草花の中でも生命力抜群のヒナギクが根付いたのでしょう。種を運んだのは風なのか、それとも追加の写真に出てくるアジサシ親子のような鳥たちなのでしょうか。
1400×1050 => 800×600

1380966020.jpg
/656KB
引用返信
■14510 / ResNo.7)  Re[7]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ ともべい -(2013/10/05(Sat) 21:55:35)
    No14509に返信(TKさんの記事)

    流石に、雰囲気のある光景ですね。
    第2次大戦中は・・・という言葉に重みを感じます。
    それにしても、この
    >1950年代マニュアルレンズであるミノルタ135ミリ
    レンズ、よく写りますね。
    私はペンタのM135mmをもってますが、135mmという焦点距離は使い心地が良いと思ってます。(APS-Cですが・・・)
引用返信
■14511 / ResNo.8)  Re[8]: 干潟の桟橋70周年
□投稿者/ TK -(2013/10/05(Sat) 22:36:19)
    ともべいさん、コメントをありがとうございました。戦中少年の私には大戦がらみの記憶に生々しいものがありますが、この桟橋にしても当時を知る人は少なくなってしまったようです。Pentaxの135ミリレンズ、私は50-135ミリズームにミノルタの単焦点が加わって使い回すのがたいへんになりました。ニコンやミノルタの300ミリ単焦点も含めて変換アダプターがあれば、K-5IIsでどう写るか試してみたいところです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■14488 / 親記事)  曼珠沙華カワセミ♪
□投稿者/ BIRDER -(2013/10/03(Thu) 16:03:39)
http://photozou.jp/user/top/3046782
    かわせみ《カワセミ科》
1600×1200 => 800×600

1380783819.jpg
/349KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■14493 / ResNo.1)  Re[1]: 曼珠沙華カワセミ♪
□投稿者/ モアイ -(2013/10/03(Thu) 20:17:51)
    No14488に返信(BIRDERさんの記事)
    BIRDERさん こんにちは
    彼岸花を背景にするなんて、ニクイですね。止まり木がツルツルで滑りそうですね。
引用返信
■14500 / ResNo.2)  Re[2]: 曼珠沙華カワセミ♪
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 01:36:12)
    BIRDERさん、次から次に力作を見せていただけるので、大いに楽しみにしています。曼珠沙華またはヒガンバナ、こちらでは園芸種の色変わりが人気ですが、品評会でうっかり、日本では墓地でよく見るよと口を滑らせ、説明に四苦八苦した記憶があります。
引用返信
■14504 / ResNo.3)  Re[2]: 曼珠沙華カワセミ♪
□投稿者/ BIRDER -(2013/10/04(Fri) 16:59:45)
    モアイ様コメントありがとうございました。彼岸花何とか残っていたのでラッキ−なショットでした♪また宜しくお願い致します。
引用返信
■14505 / ResNo.4)  Re[3]: 曼珠沙華カワセミ♪
□投稿者/ BIRDER -(2013/10/04(Fri) 17:04:18)
    TK様いつもコメントありがとうございます。彼岸花って生命力?繁殖力?土の中からひょっこり出てきますよねぇ(^_^;)久しぶりに行った公園だったのでとまり木の後ろにあってとてもラッキ−でした♪また宜しくお願い致します。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■14490 / 親記事)  自室ベランダから
□投稿者/ たなか -(2013/10/03(Thu) 17:36:55)
    みなさん、ご無沙汰しております。
    実は、家を建て替えまして、仮住まいへの引っ越し、建築の手続きなど、煩雑な日常に追われ、投稿する心の余裕がありませんでした。

    さて、ようやく我が家も新しくなり引っ越し片付けも一段落して、三階になった自室の窓から、野鳥の棲む森がよく見えるようになりました。アオゲラの声もよく聞こえます。葉が茂って、姿はまだ見ることが出来ませんが。

    本日夕方、自室ベランダからオナガを撮ってみました。皮の剥けた枝に餌になる虫がたくさん居るらしく、一羽が食べ始めると、他の鳥が邪魔しにきます。「ひとりで食べてないではやく替われよ」と言っているみたいでした。
1200×800 => 800×533

1380789415.jpg
/1017KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■14491 / ResNo.1)  Re[1]: 自室ベランダから
□投稿者/ たなか -(2013/10/03(Thu) 17:39:45)
    このシーンの前、夢中で食べて居るところです。
1200×800 => 800×533

1380789585.jpg
/836KB
引用返信
■14492 / ResNo.2)  Re[2]: 自室ベランダから
□投稿者/ たなか -(2013/10/03(Thu) 17:40:55)
    で、このように邪魔しにきます。
1200×800 => 800×533

1380789655.jpg
/995KB
引用返信
■14494 / ResNo.3)  Re[3]: 自室ベランダから
□投稿者/ モアイ -(2013/10/03(Thu) 20:23:55)
    No14492に返信(たなかさんの記事)
    たなかさん こんにちは
    新築おめでとうございます。自室のベランダから鳥見なんて贅沢の極みですね。さぞかし楽しい時間だったのではないでしょうか。
    オナガは警戒心が強いと思うのですが、生き生きと上手く撮られてますね。これからの傑作を心待ちにしております。
引用返信
■14495 / ResNo.4)  Re[3]: 自室ベランダから
□投稿者/ ともべい -(2013/10/03(Thu) 21:08:58)
    No14492に返信(たなかさんの記事)

    たなかさん、新築おめでとうございます。
    三階のベランダからアオゲラの声、それからオナガ撮影ですか〜なんとも羨ましい環境ですね。

引用返信
■14496 / ResNo.5)  Re[4]: 自室ベランダから
□投稿者/ TK -(2013/10/04(Fri) 00:40:01)
    たなかさん、すばらしい新居への移転に、心からおめでとうをいわせてください。私には嬉しい驚きでもありました。ベランダがあると、何か隠れ蓑みたいなものをいつも置いておくと、野鳥たちはいつか警戒心を解くはずです。これからが楽しみですね。
引用返信
■14502 / ResNo.6)  Re[5]: 自室ベランダから
□投稿者/ たなか -(2013/10/04(Fri) 15:39:23)
    うかつに私事を書いてしまったら、みなさんから思いも掛けぬ祝福を頂き、うれしいやら恥ずかしいやら。暖かいお言葉に感謝致します。

    モアイさん、ベランダが隙間の無い造りなので、かなり身体を隠せます。オナガは10mくらいまで近づいてきますが、大丈夫のようです。今は、同じ森でシジュウカラやエナガの群れの声が聞こえます。

    ところで、近作の「朝霧とコブハクチョウ」、レベルの高いこの掲示板でも最良の部類の作品と、感服しました。人工物がまるで写っていない、単純でありながら広大な画面。「夢幻」という言葉しか出て来ません。

    ともべいさん、ありがとうございます。そうですね。半年ほど前まで同じところに住んで居たのですが、二階屋でしたから、おとなりの家の壁しか見えませんでした。三階建てにしたら、まるで視界が広がって驚きました。この環境に感謝して、通年、観察を続けたいと思います。

    TKさん、ありがとうございます。隠れ蓑ですか。幸いベランダに物干し用の支柱がありますので、そこに迷彩スクリーンでも垂らそうかと考えています。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -