HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Nomalヤマガラ(3) | Nomalエミュウ初見(2) | Nomal巣立ち雛(6) | Nomal☆梅雨の真っ最中の翡翠☆(4) | Nomal梅雨、真っ最中(4) | Nomalコアジサシ、コマツヨイグサ(2) | Nomal近くのため池で(3) | Nomal☆梅雨空の翡翠☆(2) | Nomal☆いつもの公園の翡翠☆(2) | Nomal薄雲りの朝(2) | Nomal☆笹五位&翡翠☆(3) | Nomal(削除)(6) | Nomal(削除)(4) | Nomal(削除)(3) | Nomal☆公園の翡翠☆(5) | Nomal白鷺三種の幼鳥(6) | Nomal親の愛(5) | Nomal(削除)(4) | Nomal☆石の上の翡翠☆(3) | Nomal巣立三色(6) | Nomal田んぼとツバメ(7) | Nomalコアジサシ(4) | Nomal(削除)(4) | Nomal貢物(6) | Nomal(削除)(5) | Nomal☆翡翠☆(5) | Nomal☆笹五位&鳰☆(7) | Nomal田んぼとカラス(3) | Nomal巣立ち寸前(3) | Nomalゴイサギの子育て(4) | Nomalアマサギ(6) | Nomal☆翡翠☆(5) | Nomal夜明けのひと時(5) | Nomalアカガシラサギ(5) | Nomalコアジサシ(3) | Nomal☆笹五位☆(4) | Nomalチョウゲンボウの若(6) | Nomal水浴びする若達(8) | Nomal(削除)(5) | Nomalボート乗り場の白鳥親子(3) | Nomal☆小千鳥☆(3) | Nomal☆翡翠&川原鶸&小千鳥☆(4) | Nomalコアジサシ(4) | Nomal(削除)(2) | Nomal☆翡翠&小千鳥☆(3) | Nomalゴイサギ親子(5) | Nomal(削除)(3) | Nomal☆小千鳥&翡翠☆(3) | Nomalサシバ家族(6) | Nomalエナガ幼鳥の尾羽?(3) | Nomal(削除)(4) | Nomal(削除)(4) | Nomalコアジサシの逆襲(3) | Nomal今年も雛が孵りました。(4) | Nomalキビタキ(7) | Nomal☆ひとりぼっち☆(5) | Nomal若エナガ(7) | Nomal☆三光鳥☆(8) | Nomalコチドリ(4) | Nomal(削除)(2) | Nomal(削除)(5) | Nomalミソサザイ(6) | Nomal☆大葭切&笹五位☆(6) | Nomal(削除)(3) | Nomal(削除)(5) | Nomalクロツラヘラサギ(6) | Nomal☆笹五位&鷭&鳰&金黒羽白&翡翠☆(9) | Nomal今日のハヤブサ(3) | Nomal(削除)(3) | Nomalツバメのカメラ目線(6) | Nomalチョウゲンボウ(1) | Nomalハヤブサ(8) | Nomal夏に叫ぶ(4) | Nomal(削除)(2) | Nomal(削除)(2) | Nomalワイルドな椋鳥(5) | Nomalゴイサギ(2) | Nomal(削除)(3) | Nomal☆笹五位&軽鴨☆(4) | Nomalオオジシギ(2) | Nomalコアジサシ(1) | Nomalキョウジョシギ(1) | Nomalアカゲラ初撮り(4) | Nomal(削除)(4) | Nomal☆こちらは順調です!☆(5) | Nomal遊水地のキアシシギ(4) | Nomal☆翡翠&軽鴨☆(12) | Nomalホオアカ、初撮り(5) | Nomal海鳥の群れ(3) | NomalNO TITLE(0) | Nomalコアジサシ 恋の季節(6) | Nomalサンコウチョウ(4) | Nomalのび太君を探せ !!(3) | Nomalカニ喰うキアシシギ(7) | Nomal☆黄鶲♂&翡翠♀☆(6) | Nomalコアジサシ(2) | Nomalカンムリカイツブリ(4) | Nomal(削除)(3) | Nomal(削除)(3) | Nomal☆笹五位&金黒羽白☆(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■12503 / 親記事)  男体山を望む
□投稿者/ モアイ -(2013/03/09(Sat) 18:37:55)
    EOS60D+SP70-300mmUSD iso500 ss1/1000 f9.9 168mm
    SILKYPIX JPEG Photography3.0

    昇ったばかりの朝日を受けて気持ち良さそうに飛んで行きました。
    低空に雲が無かったので日光の男体山上空を通過している所が撮れました。以前から狙っていたのですが条件が揃わずに、上手く撮れませんでした。
1800×1178 => 800×523

1362821875.jpg
/526KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■12508 / ResNo.1)  Re[1]: 男体山を望む
□投稿者/ ともべい -(2013/03/09(Sat) 22:38:48)
    No12503に返信(モアイさんの記事)

    モアイさん、雄大な飛翔シーンですね〜
    バックの色も素敵です。
    ハクチョウ達もボチボチ北帰行でしょうか?
引用返信
■12510 / ResNo.2)  Re[2]: 男体山を望む
□投稿者/ TK -(2013/03/09(Sat) 23:02:16)
    モアイさん、もう脱がないですむように、帽子はかぶらないことにします。
    男体山のすぐ右側にある太郎山には、若いころ二週続けて登ったことがあります。山頂も林になっていて眺望が利かないところが気に入ったためです。albionさんが案内してくださった諏訪湖と八ヶ岳もいいし、東京から北に向かうと磐梯山やら岩手山など、水鳥と相性のいい山がいろいろありますね。
933×1400 => 533×800

1362837736.jpg
/1043KB
引用返信
■12513 / ResNo.3)  Re[2]: 男体山を望む
□投稿者/ モアイ -(2013/03/10(Sun) 07:20:51)
    No12508に返信
    ☆ともべいさん コメントありがとうございました。
    青空ですが早朝らしい爽やかな色になるようソフトで調整しました。
    白鳥達の数も減りシベリアに帰るのも時間の問題ですね。色々なシーンを撮ったつもりでしたが、まだ撮っていないシーンが有る事に気が付き焦っている処です。

    ☆TKさん コメントと写真ありがとうございました。
    随分と古そうな写真ですがTKさんの若い頃のものでしょうか?古い写真が直ぐに出てくる処がTKさんの凄さと感じています。
    この頃から鳥景写真を撮っていたとは、こちらこそ脱帽です。
引用返信
■12521 / ResNo.4)  Re[3]: 男体山を望む
□投稿者/ TK -(2013/03/10(Sun) 19:20:43)
    モアイさん、申し訳ありません。八ヶ岳とつき合いが始まったのは中学生のときと古いのですが、写真は2010年の12月のものです。
引用返信
■12522 / ResNo.5)  Re[4]: 男体山を望む
□投稿者/ モアイ -(2013/03/11(Mon) 07:17:45)
    No12521に返信(TKさんの記事)
    返信ありがとうございました。
    最近の写真だったのですね。勘違いしてすいませんでした。
    よく考えてみれば昔はカラーフイルムなんて有りませんでしたよね(汗)。
引用返信
■12532 / ResNo.6)  Re[1]: 男体山を望む
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 20:13:11)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No12503に返信(モアイさんの記事)
    モアイさん、雪山背景のすばらしい写真ですね。雪の剱立山背景の朱鷺飛翔を狙っていますが、残念ながら冬にはなかなか山自体が顔を出しません。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■12523 / 親記事)  ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 09:47:13)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    ハヤブサの飛翔です。
1638×1044 => 800×509

1362962833.jpg
/181KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■12524 / ResNo.1)  Re[1]: ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 09:48:31)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    断崖絶壁背景の正面。
3020×1988 => 800×526

1362962911.jpg
/1238KB
引用返信
■12525 / ResNo.2)  Re[1]: ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 09:49:51)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    落葉樹背景。
3135×2059 => 800×525

1362962990.jpg
/911KB
引用返信
■12526 / ResNo.3)  Re[1]: ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 09:51:08)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    花粉の出ている杉背景。
2346×1587 => 800×541

1362963068.jpg
/527KB
引用返信
■12528 / ResNo.4)  Re[2]: ハヤブサ
□投稿者/ TK -(2013/03/11(Mon) 18:50:28)
    S.NOTOさん、この岩壁を背にした一枚が、特にすばらしいですね。ゆったり飛んでくれるチュウヒと道路脇でも獲物を狙っているチョウゲンボウ以外は、なかなか撮る機会に恵まれません。
引用返信
■12529 / ResNo.5)  Re[2]: ハヤブサ
□投稿者/ モアイ -(2013/03/11(Mon) 19:59:24)
    No12526に返信(S.NOTOさんの記事)
    S.NOTOさん こんばんわ
    飛んでいるハヤブサを写し止めるとは、凄腕ですね。
    王者の風格がありますね。
引用返信
■12530 / ResNo.6)  Re[3]: ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 20:01:53)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No12528に返信(TKさんの記事)
    TKさん、いつも暖かなコメントをありがとうございます。春の青空背景を追加します。
3516×2300 => 800×523

1362999713.jpg
/823KB
引用返信
■12531 / ResNo.7)  Re[3]: ハヤブサ
□投稿者/ S.NOTO -(2013/03/11(Mon) 20:07:04)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    No12529に返信(モアイさんの記事)
    モアイさん、励みのコメントありがとうございます。オオトリになりますが、飛ぶハヤブサを大きくしてみました。

2584×1708 => 800×528

1363000024.jpg
/449KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■12527 / 親記事)  マヒワ
□投稿者/ HK -(2013/03/11(Mon) 17:16:40)
    いつもの緑道に数十羽のマヒワの群れが入りました。
    地面近くに降りてモデルになってくれます。
3281×2189 => 800×533

1362989800.jpg
/815KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■12516 / 親記事)  昨日のカワセミさん
□投稿者/ はるな -(2013/03/10(Sun) 10:26:03)
http://blogs.yahoo.co.jp/minatuthan/8375688.html
    BORG89ED+テレコン1.4GR+OM−D E-M5(固定撮影)でカワセミさんを撮りました〜♪

4608×3456 => 800×600

1362878763.jpg
/2476KB
引用返信



■記事リスト / ▲上のスレッド
■12474 / 親記事)  紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/07(Thu) 04:13:34)
    というほどの大げさな写真ではありませんが、お日様絡みでは振られ続けた白鳥を追うのを中断する決心をさせた2枚をアップしてみました。この日は三日前にはいた約千羽が数十羽に減っていましたから、夕べから吹いていた南東からの強風に乗って帰っていったのかもしれません。
    1枚目は、タッチダウン数分前の太陽の中から現れた2羽の鳥(たぶんユリカモメ)です。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/1600秒、ISO-200。

1800×1192 => 800×529

1362597214.jpg
/676KB
引用返信

▽[全レス9件(ResNo.1-9 表示)]
■12475 / ResNo.1)  Re[1]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/07(Thu) 04:20:48)
    これは帰宅の遅れたミヤマガラス、「帰ろうか、もう帰ろうよ」と鳴いていたのでしょうね。この瞬間、私はカメラをしまい始めました。
    Pentax K-5IIs + Borg 77ED II、f/6.7、1/640秒、ISO-200。

1800×1192 => 800×529

1362597648.jpg
/1142KB
引用返信
■12478 / ResNo.2)  Re[2]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ モアイ -(2013/03/07(Thu) 07:46:54)
    No12475に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    これは大ヒットですね。夕日の太陽の前面に二羽の鳥が良い姿で飛んでますね。赤く染まった雲や前ボケになっている木々が良い雰囲気を醸し出していますね。
    僕もこの様な写真を撮りたいと思っていた処ですが条件に恵まれません。薄雲がNDフィルターの代わりになっているのではないでしょうか。
引用返信
■12483 / ResNo.3)  Re[3]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/07(Thu) 19:44:38)
    2013/03/07(Thu) 19:46:18 編集(投稿者)

    モアイさん、早速過分のお誉めをいただいてしまい、恐縮しております。
    この写真では偏光フィルターを使っていますが、もっと太陽が高いときにはNDフィルターを使うのもおもしろいでしょうね。K-5IIとK-5IIsは、ND400でもオートフォーカスが効くことが多いので、いろいろ実験してみるつもりです。NDフィルターで超スローシャッター撮影、その時間を利用して露光間ズームとか縦方向に流すとか、私にはできそうもない技を使う方がいるようです。
引用返信
■12487 / ResNo.4)  Re[4]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ たなか -(2013/03/08(Fri) 16:42:54)
    コメントが遅くなってすみません。
    TKさん、近頃太陽絡みにこっていらっしゃるようですが、これはまた、日本画のような美しさですね。加山又造さんの大作を連想してしまいました。

    二枚ともに素晴らしい詩情です。
引用返信
■12493 / ResNo.5)  Re[5]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/08(Fri) 21:43:46)
    たなかさん、凝っているのではなく、白鳥と合わせることにこだわっていただけなので、加山さんのような超大家と比べていただいてしまい、本気で穴を探しております。実はまったく知らなかった方なので、ネットで作品を数十枚鑑賞して、当然のことながら圧倒されました。山野や生きもの、太陽も月もモチーフに使ってお出でなので、勉強になります。ありがとうございました。

    もう一枚図々しくアップした一枚は、個人的には気に入っているのですが、遠慮のない感想をお聞かせください。ずっと超望遠レンズで鳥景を撮ってきたのですが、おかげで遠近感のない写真ばかり量産しているのが苦になってきました。
1400×927 => 800×529

1362746626.jpg
/723KB
引用返信
■12499 / ResNo.6)  Re[6]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ たなか -(2013/03/09(Sat) 16:08:23)
    以前にも書いたことがありますが、TKさんの写真を見るとなぜだか私は「時空」という言葉を思い浮かべるのです。「悠久」という言葉でも構いません。

    「奥行き」は空間の深さでしょうか。
    たしかにそれは「一瞬を切り取る」写真や絵画には、必要なものなのでしょう。
    でも、TKさんの作品のように時間の流れを感じさせてくれる写真や絵画は少ないと思います。

    空と水の狭間から平織りの布のように繰り返されるゆるやかな波模様の平行線は、静けさとダイナミズムの双方を孕んでいるように見えます。
    どんな角度の太陽光が当たるとこんな模様が出来るのか、私には判りません。ただ、これも貴重な、或いは希有な一瞬なんだろうな、ということは理解出来るのです。

    そして光の帯に浮かび上がる水鳥たちの姿が、地球上に「生命が在る」ことの奇跡を改めて示唆してくれるように私には感じられます。
    地球誕生以来数十億年の記憶が呼び起こされると言ったら、オーバーなのでしょうか。一種宗教画のようでもあります。

    もしかしたら「凡庸」と評されそうな左右シンメトリー水平な構図、どこに中心があるのか判らないような写真。
    TKさんの野鳥写真はジャンルの常識を越えて、もう独自の領域に突き進んでいるのではないでしょうか。

    と、ここまで書いて、私の思い込みがTKさんをミスリードしなければ良いのですが…とも思うのです。
引用返信
■12506 / ResNo.7)  Re[7]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/09(Sat) 22:28:35)
    たなかさん、早速のご返事ありがとうございました。時空についていえば、ふと気になってネットで画像を見ていったら、スペースタイムという英語族の画像は、専門的なものを除くと意外にジャンルが狭いのに対して、日本では実に幅が広いので驚きました。たぶん漢字のせいだと思うのですが、漫画やアニメに始まり、花鳥風月はもちろん、写真では広角レンズの空と海といった作品が出ていました。それで日本画の鳥を調べたら、これがまたいいのですね。おかげでいろいろな勉強ができました。ありがとうございます。
    けっこう私も頑固でおっちょこちょいなので、これを機にいろいろ試行錯誤をするつもりです。写真のサイトでは、その日本画的な感覚で撮られたらしい写真が出ているのを見つけました。
    http://katzenauge269.jugem.jp/?cid=8
引用返信
■12507 / ResNo.8)  Re[6]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ ともべい -(2013/03/09(Sat) 22:33:22)
    No12493に返信(TKさんの記事)

    TKさん、一枚目は夕陽を大胆に日の丸構図としてど〜〜んと強調し、二枚目はボケとして使われてますね〜
    いずれも、素晴らしい色合いで、こんな夕景が撮りたいものです。
    三枚目は、地平線?が見える広大な光景で、圧倒されました。私も「あり」だと思いますよ。
引用返信
■12511 / ResNo.9)  Re[7]: 紅の翼それとも火の鳥?
□投稿者/ TK -(2013/03/09(Sat) 23:18:25)
    ともべいさんにも認めていただき、安心いたしました。もちろん、MYMTさんのご忠告をだいじにしながら、いっそう努力をいたします。白籏史朗という世界的な山岳写真家を尊敬していたのですが、この方の持論は「山岳写真にはボケはあり得ない」でした。この次には、そういう鳥景にも取り組みたいのです。
    私の住む地方は英国東部と総称されている低地帯なのですが、海抜零メートル以下のところもあるため潮にも影響されて、大水が絶えません。3枚目の画面には水平線が写っていますが、大きく食いこんだ湾の対岸も見える日が稀にあります。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -