HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate高所の枝どまりコジュケイ(2) | UpDateいつもの園にて。(3) | UpDateキジ(6) | UpDateエナガの巣立ち(1) | Nomalいつもの園にて。(3) | Nomalツミ(5) | Nomal新緑とカワセミ君(6) | Nomalいつもの園にて。(5) | Nomalエナガ(7) | Nomal最後のオシドリ(6) | Nomalツミ(6) | Nomalコロニー(6) | Nomalいつもの園で(5) | Nomal☆シロハラ&アカハラ☆(5) | Nomal仲良し(5) | Nomal☆キビタキ&アカハラ☆(5) | Nomal久しぶりのお城にて。(6) | Nomal☆カワセミ&コチドリ☆(3) | Nomalカラフル(6) | Nomal☆クロツグミ&カワセミ☆(5) | Nomalコクチョウ(6) | Nomalいつもの園で(3) | Nomal春に叫ぶ(6) | Nomal☆新緑の翡翠&石の上の翡翠☆(5) | Nomal河川敷にて(3) | NomalオシドリU(4) | Nomalオシドリ(6) | Nomalお山にて(6) | Nomal正しいアオゲラ(5) | Nomal☆今日のカワセミ☆(5) | Nomalツミ(3) | Nomal近くの公園で(2) | Nomalコゲラとツミ(3) | Nomalヤマガラ(4) | Nomal(削除)(4) | Nomalツミ(5) | Nomalヒバリ(7) | Nomal(削除)(8) | Nomal今日のヒレンジャク(4) | Nomalお山にて(3) | Nomalいつもの園で、(7) | Nomal逆さヒヨ(6) | Nomal冷たくないのかなあ(0) | NomalミラーレスAF-BORG(8) | Nomal(削除)(2) | Nomal飛び出すカワセミ君(3) | Nomal(削除)(5) | Nomalツミが来ました!(6) | Nomalヒレンジャク2(8) | Nomalヒレンジャク(5) | Nomalヒバリ・ポイント(7) | Nomal(削除)(9) | NomalついにRX10M4(4) | Nomal(削除)(7) | Nomalカワセミ嬢と桜の木(5) | Nomal水風呂(6) | Nomal(削除)(2) | Nomalコブシとカワセミ(1) | Nomal(削除)(3) | Nomal(削除)(5) | Nomal河川敷にて(2) | NomalヤマセミU(3) | Nomalアローン(6) | Nomal河川敷にて(4) | Nomal花鳥(6) | Nomal桜の季節到来(2) | Nomal(削除)(3) | Nomalヤマセミ(8) | Nomal(削除)(7) | Nomalしだれサクラとメジロ、ヤマガラなどなど(7) | Nomalいつもの園のミサゴ(4) | Nomal(削除)(7) | Nomalトビ(3) | Nomalサシバ(5) | Nomal桜まだ一分咲き(4) | Nomalノスリ(4) | Nomal(削除)(4) | Nomal赤い目のオオタカ(4) | Nomal(削除)(1) | Nomal単独飛行(5) | Nomal(削除)(4) | Nomal(削除)(10) | Nomalキセキレイの羽繕い(5) | Nomalヒレンジャク(4) | NomalアカゲラU(5) | Nomalうめ、めじろ(1) | NomalヒレンジャクU(3) | Nomal(削除)(3) | Nomalアカゲラ(6) | Nomalいつもの園で(5) | Nomal(削除)(8) | Nomalキジ(6) | Nomal蕾と翡翠(4) | Nomal(削除)(4) | Nomal休日のヒレンジャク(8) | Nomal嶺公園(7) | Nomal(削除)(6) | Nomal噛むいんぐフライト(6) | Nomal大室公園(4) | Nomalもうすぐ春ですね。(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■10499 / 親記事)  保存された産業革命の申し子
□投稿者/ TK -(2012/05/12(Sat) 04:23:28)
    この細長い舟は、ナローボートと呼ばれています。綿布や製鉄から始まった英国の産業革命の第2段階は、製品を素早く大量に運送することでした。幸い平坦なこの国でしたから、まずやったことが運河の掘削とその運河向きの細長い艀の建造でした。哀れ運河網が完成したときには、蒸気機関車を駆使した鉄道網に負けて、大戦後のレジャー時代までの運河は半ば埋もれ、ナローボートは腐るに任されていたのです。幸い政府もレジャー産業の育成に関心を示した結果、運河は最盛期に近い状態まで整備され、河川と組み合わせれば英国中どこにでも行けるようになったのです。艀もレストアされたり新たに建造されたりして、モダンなヨットやモーターボート以上の人気があります。産業革命当時は馬が曳いていたのですが、今はディーゼルエンジンが使われています。時速10キロかそこら、こういうレジャーに親しめれば、長生きは間違いないでしょうね。
1200×800 => 800×533

1336764208.jpg
/759KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■10502 / ResNo.1)  Re[1]: 保存された産業革命の申し子
□投稿者/ たなか -(2012/05/12(Sat) 16:56:58)
    島国なので日本にも似ているかな? と思ってしまいがちな英国ですが、運河網を巡らせるほど平坦なのですね?
    日本では港町以外には運河は余り発達していません。
    それに代わるのが、田に水を引く用水路です。

    用水路も今は寂れたり塞がれて道路になってしまったりしていますが、大切に保存され土地の人に守られている二ヶ領用水(川崎)などもあります。
    沿道は多く遊歩道かそれに近いものになっています。

    はしけのグリーンと赤が、いかにもイギリス!
    TKさんらしく、マガモ(?)の点景も忘れていませんね。

    イギリスの運河網ほど大規模なものではありませんが、私の住む近傍の横浜市都筑・港北ニュータウンには、車の走る幹線道路の他に人や自転車の為の緑道が張り巡らされています。

    緑道を通ると、思わぬ土地同士が意外に近かったり、なかなかスリリングです。
    ちょっと忍者道の様な不思議な感じです。

    緑も多く起伏に富み、私の鳥見のフィールドのひとつでもあるんですよ。
引用返信
■10506 / ResNo.2)  Re[2]: 保存された産業革命の申し子
□投稿者/ TK -(2012/05/13(Sun) 20:16:16)
    No10502に返信(たなかさんの記事)

    たなかさん、いつも勉強になるコメントをいただき、感謝しています。
    用水路は国定教科書時代の小学生なので知っていましたが、おかげで緑道と近傍という言葉が語彙に入りました。ぜひ緑道鳥景を見せてください。

    そういえばナローボートの大方は緑色だし、国鉄時代のブリティッシュ・レイルはオリーブがかった緑、ハイテク繊維が当たり前になる前の野良着や狩猟服もまた渋いグリーンでした。雨や曇りの日が多い麦畑や牧場、公園や家庭の芝生もまた独特の緑色です。もう一枚、屋根に本物の芝生を載せたナローボートをお目にかけます。
800×1200 => 533×800

1336907775.jpg
/821KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10505 / 親記事)  ぽっこりミソッチ
□投稿者/ chesara -(2012/05/13(Sun) 08:22:46)
    ぽっこりお腹のカワイイミソッチ。
    いつも藪のなかですが・・・今日はいい地頃に出てきました。
    でも、ヤッパリ手前に小枝が・・・。
3028×2019 => 800×533

1336864966.jpg
/1363KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10486 / 親記事)  姿を見せた!! 子バン
□投稿者/ モアイ -(2012/05/11(Fri) 20:55:43)
    BORG77ED2+ACNO3+AF1.7倍+PENTAX K-5 iso400 1/125s

    去年の子バンと違い、今年の子バンはなかなか姿を見せません。茂みから30秒ほど顔を覗かせました。このカットを撮影するのに一週間ほどかかってしまいました。
1200×800 => 800×533

1336737343.jpg
/511KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■10490 / ResNo.1)  Re[1]: 姿を見せた!! 子バン
□投稿者/ S.NOTO -(2012/05/11(Fri) 23:27:09)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104
    モアイさん、カキツバタカルガモもよかったですが、子バンの眼がとてもかわいいですね。鳥さんは、ヤッパリ眼が綺麗だと引き立ちますね。
引用返信
■10494 / ResNo.2)  Re[1]: 姿を見せた!! 子バン
□投稿者/ TK -(2012/05/11(Fri) 23:41:37)
    No10486に返信(モアイさんの記事)
    > BORG77ED2+ACNO3+AF1.7倍+PENTAX K-5 iso400 1/125s
    >
    > 去年の子バンと違い、今年の子バンはなかなか姿を見せません。茂みから30秒ほど顔を覗かせました。このカットを撮影するのに一週間ほどかかってしまいました。

    モアイさん、たぶん親が発するキッ、キッ、キッという警戒警報を耳にされたと思いますが、こちらのオオバンもバンも用心深いのは同じです。むしろ私が選んだスポットが例外で、春から秋のこの場所は釣り人が絶えないため、ほとんどの水鳥がここでは人は無害と決めている感じです。それくらい釣りをする人はお魚以外には優しいので、私など首をかしげる部分もあるのですが・・・。
1200×797 => 800×531

1336747297.jpg
/615KB
引用返信
■10504 / ResNo.3)  Re[2]: 姿を見せた!! 子バン
□投稿者/ モアイ -(2012/05/12(Sat) 17:56:17)
    No10494に返信(TKさんの記事)
    ☆ S.NOTOさん ☆TKさん コメントありがとうございます。

    ちょうど朝日が顔に当たり目が印象的に写りました。
    TKさんの子バンの写真は素晴らしいですね。子バンは信じられない様なスピードで走りますが睡蓮の花と絡めて上手く撮れていて驚きました。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10481 / 親記事)  蒸気機関車とコブハクチョウ
□投稿者/ TK -(2012/05/11(Fri) 05:35:37)
    降らなかったというだけのお天気でしたが、今年もまた建造後まだ4年という蒸気機関車が、我が町を通過していきました。一般営業路線を走れるライセンスがあるので、全国各地で数百キロ以上の長丁場を走っています。そして今年は、何と鉄橋脇に営巣したコブハクチョウ夫妻がいてくれたのですから、ありがたいことでした。
    EOS 60D + Sigma 50-500mm、ワイド端使用。
1200×800 => 800×533

1336682137.jpg
/802KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■10482 / ResNo.1)  Re[1]: 蒸気機関車とコブハクチョウ
□投稿者/ TK -(2012/05/11(Fri) 05:45:56)
    2012/05/11(Fri) 05:51:39 編集(投稿者)

    列車が通過する少し前、シジュウカラガンのペアがやってきたので知らずにシャッターを切ったのですが、何と2羽だけの雛を連れていたのでした。天候不順のせいかどうか、いつもなら少なくとも半ダースは孵すのですが。画面の中段右端には、偶然ですがダッシュしていくホシムクドリも写っています。その後は鉄橋付近では初めて見るカンムリカイツブリも通過、鉄橋の天井はツバメの巣になっていることがわかったり、どうして実りの多い河畔の一時でした。
1200×800 => 800×533

1336682756.jpg
/933KB
引用返信
■10483 / ResNo.2)  Re[1]: 蒸気機関車とコブハクチョウ
□投稿者/ モアイ -(2012/05/11(Fri) 20:11:32)
    No10481に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんばんわ

    これも異国情緒あふれる風景ですね。蒸気機関車が自然の中を普通に走っている感じが日本では有り得ませんよ。蒸気機関車も細長くてスマートで運転手の顔まではっきりと写ってますね。シグマの50-500mmでワイド50mmの写真はあまり見ないです。
    こんな、うるさそうな場所にコブハクチョウの巣が有るのも意外でした。


引用返信
■10489 / ResNo.3)  Re[1]: 蒸気機関車とコブハクチョウ
□投稿者/ S.NOTO -(2012/05/11(Fri) 23:22:26)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104
    TKさん、新しいSLもすごいけど、その線路の傍のコブハクチョウの巣というのは、チョットすごすぎますね。英国だからでしょうかね?
引用返信
■10496 / ResNo.4)  Re[2]: 蒸気機関車とコブハクチョウ
□投稿者/ TK -(2012/05/12(Sat) 01:23:44)
    モアイさん、S.NOTOさん、コメントを興味深く読ませていただきました。
    蒸気機関車の前に、白鳥の巣について私見を申しあげます。電車も気動車も頻繁に通る鉄橋なのですが、同じ土手(私有地の牧場と農地)のあちこちで鴨や雁、野兎、オオバンなど子育てをしていますから、野生の生きものには好適なのかもしれません。川幅約25メートルのこちら側はすばらしい散歩道であり、川面は大小の船が往来しているので、いわば共存できる環境なのですね。

    さて少し長くなりますが、英国の鉄道事情です。私の写真の新造SLはペッパーコーン A-1クラスと呼ばれていて、同じ設計者の手になるペッパーコーン A-2クラスと並んで大戦終結直後に製造され、1966年にどちらも引退した機関車です。つまり日本の新幹線が営業を開始したときは、英国の国有鉄道はまだかなりの数の蒸気機関車を走らせていたほど、鐵道先輩国のこの国は後れを取っていたのです。しかも日本のてっちゃんたちからは、「美しい日本のSLに比べてイギリスのはアンバランス」と酷評されているそうです。英国の技術開発はなるほど他国を圧して早かったのですが、「先を見越す能力に欠けていて旧弊に堕した」とされています。こうした批判は、この私でも頷けるのです。

    ただ凄いのは、そういう過去の遺産を大事に保存したり、レストアしたりすることが大好きな点でしょう。しかも無給のボランティア多数が、嬉々として油だらけ、煤だらけになって数百輌の走れる蒸気機関車と保存路線を手入れしているのです。たまたまお会いした、あるJRトップの方は、「蒸気機関車を新しく造ってしまうなんて、日本のてっちゃんにはまだとてもできないことです」と感想を漏らされていました。この点では自然保護も同じ、全国150カ所の保護区を運営する英国野鳥の会(RSPB)スタッフの90%は、やはり無給なのですから頭が下がります。

    鳥のサイトにまた蒸気機機関車の写真で申し訳ないのですが、同じ設計者の造った60歳違いの兄弟が並んでいる一枚をアップさせていただきます。左側がスクラップにならず保存されているA-2クラスです。
1200×809 => 800×539

1336753423.jpg
/800KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■10491 / 親記事)  国鳥
□投稿者/ S.NOTO -(2012/05/11(Fri) 23:29:59)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104
    日本の国鳥は、朱鷺でもコウノトリでもなく、雉である。
2262×1455 => 800×514

1336746599.jpg
/556KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■10492 / ResNo.1)  Re[1]: 国鳥
□投稿者/ S.NOTO -(2012/05/11(Fri) 23:31:43)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104
    この季節、雉のオスは縄張りを宣言して煩いです。
1065×1704 => 500×800

1336746703.jpg
/339KB
引用返信
■10493 / ResNo.2)  Re[1]: 国鳥
□投稿者/ S.NOTO -(2012/05/11(Fri) 23:34:42)
http://blog.ab.teacap.com/kurobe2104
    枯れアシが被りましたが、TKさん、あやめキジ、日本の皐月です。
2280×1338 => 800×469

1336746882.jpg
/540KB
引用返信
■10495 / ResNo.3)  Re[2]: 国鳥
□投稿者/ TK -(2012/05/12(Sat) 00:09:04)
    そこでS.NOTOさんも宣言するのですね。”そこで私も、雉を撮るのである。”と。冗談はさておき、いかにも日本らしいあやめキジの組写真、不覚にも感傷的になりながら鑑賞しておりました。
    我に返ってふと疑問になったのが英国の国鳥です。実は今日まで、非公式の国鳥がロビン(コマドリ)であることを知りませんでした。徹底的に慣習法の国であり、世継ぎがいなかった17世紀のイングランド王国が、血がつながる当時のスコットランド国王に兼務を求めて以来の「連合王国」という曖昧さも手伝って、さまざまな分野で規制することを避けている節があります。そもそも住民登録の制度がないのですから、国鳥を決めるなんて考えもしないのでしょう。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -