HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate白鳥親子と夏の富士(4) | UpDateオナガとホオジロ(3) | UpDateトビとオシドリ(2) | Nomal河川敷でササゴイ(3) | Nomalアオサギ(2) | Nomalチョウゲンボウとツミ(1) | Nomalカイツブリとチョウトンボ(6) | Nomalガビチョウ(1) | Nomal河原(1) | Nomalオシドリ(1) | Nomalホオジロ(2) | Nomal2008年のカワセミ(3) | Nomal大きくなったコブ雛(2) | Nomalヒヨドリ(2) | Nomalコウノトリー1(2) | Nomalコウノトリー3(0) | Nomalコウノトリー2(0) | Nomalハシブトガラス(0) | Nomal朝の河原で(4) | Nomal暑すぎるので山に涼みに。(4) | Nomal夏富士と白鳥達(5) | Nomalカオジロガビチョウ(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal小雨降る中で。(4) | Nomal朝の散歩で(2) | Nomalホーホケキョ(4) | Nomalアオバズク-3(7) | Nomal早朝の河原(6) | Nomal暑中見舞い(3) | Nomalアオバズク-2(0) | Nomalアオバズク-1(0) | Nomalタンチョウのヒナ(6) | Nomal ブッポウソウ(5) | Nomalアオゲラに出会いました。(9) | Nomalシジュウカラ(6) | Nomal夕焼け色の梅雨空(5) | Nomalまだ続く我が家周辺ベビーブーム(6) | Nomal早朝の河原(2) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalいつもの運河・7/3(6) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal2008年7月(2) | Nomal☆蓮かわせみ☆(4) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その二(7) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal梅雨空の湖(3) | Nomal今年も来てくれたアオバズク(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalコールダックの雛その後(9) | Nomalメジロ(7) | Nomal水田のタマシギ(オス)幼鳥三羽(8) | Nomal朝霧の鳥景色(5) | Nomalハクセキレイと戦車(5) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その一(6) | Nomalキビタキ♀(0) | Nomalキビタキ♂(0) | Nomalエナガ(2) | Nomalいつもの運河・6/24(2) | Nomalソウシチョウ(0) | Nomalゴジュウカラ(2) | Nomalいつもの運河・6/22(3) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomal大きな白鳥、小さな白鳥(5) | Nomal☆かわせみ☆(0) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomalコウノトリ(2) | Nomal☆子育て奮闘中!!☆(0) | Nomalいつもの運河・6/19(1) | Nomal☆アオバト☆(2) | Nomalため池の土手で(2) | Nomalカヤクグリの若鳥(4) | Nomal可愛いいコブ雛達(2) | Nomal二日目の鼻高ママダックと雛七羽(5) | Nomal☆蓮かわせみ☆(2) | Nomalカケス&アカショウビン(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalいつもの運河・6/16(1) | Nomalいつもの運河・6/15(6) | Nomalミセス・コールダック雛と一緒に里帰り(6) | Nomal大きな白鳥とチッチャな白鳥(6) | Nomalキビタキ(3) | Nomalため池のホオジロ(4) | Nomalいつもの運河・6/13(1) | Nomalベビーラッシュの我が庭園(1) | Nomalカルガモ(0) | Nomalいつもの運河・6/12(1) | Nomalカワセミ(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomal我が家は東向き・・・(5) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(3) | Nomalアイガモ親子(3) | Nomal☆雀鷹♂♀☆(0) | Nomal海辺の施設・コアジサシ(1) | Nomalいつもの運河・6/9(4) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalカワセミ親子と緑のカーテン(4) | Nomalタンチョウ(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■9591 / 親記事)  野鳥保護か淡水魚保護か?
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 18:21:22)
    カワウの不人気を話題にしたばかりですが、今朝の全国向けテレビニュースでカワウが増えすぎて淡水魚が激減、釣師もカワウソもカンムリカイツブリもみんな困っているという問題を報道していました。現在は年間3千羽を限度として射殺していいことになっているそうですが、それでは間に合わないということでした。おいそれと解決しないような気がしますが、日本ではどんな対策が採られているのでしょうか。
    TK
1200×849 => 800×566

1329902482.jpg
/430KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■9592 / ResNo.1)  Re[1]: 野鳥保護か淡水魚保護か?
□投稿者/ たなか -(2012/02/22(Wed) 19:13:49)
    1970年代には激減し、レッドデータブックに載るほどだったのですが、現在は急増しているようです。魚の減少や糞による枯れ木被害など、問題化しています。

    しかし、行政の対応は遅く、いまだ「保護すべき鳥」としている県も、あるほどです。

    「狩猟鳥」化してはどうか? など提案はあっても、立法化または条例化はされていません。

    都市公園の池などでは、ロープを張ったりして、防いでいるようです。

    田園調布のマンションの上を掠めるように飛ぶカワウの群れは、眺めとしてはなかなか捨てがたいのですが。
引用返信
■9593 / ResNo.2)  Re[2]: 野鳥保護か淡水魚保護か?
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 20:31:49)
    たなかさん、日本のカワウ情報ありがとうございます。自然保護も度を超しがちなので、一般市民に至るまで熱心な英国では利害相反する筋(例えば農業や漁業、企業誘致に腐心する自治体)との摩擦も絶えません。
    もう少し調べてみたら、全英で約1万羽が留鳥、冬にはヨーロッパからの旅鳥が2万5千羽もいるそうです。テレビの画面にも日本のカワウと同じ繁殖羽の個体が写っていましたが、テレビの解説にはその指摘がありませんでした。
    TK
引用返信
■9594 / ResNo.3)  Re[1]: 野鳥保護か淡水魚保護か?
□投稿者/ かずかず -(2012/02/23(Thu) 08:15:47)
    No9591に返信(TKさんの記事)

    > 6月アユの解禁前にカワウが寄ってたかって食べるので、釣り人には天敵です。
    後ムクドリが異常繁殖して社会問題になっています。
    一時カラスも問題になりましたが、今はゴミをネットで覆うなりしてそれほど騒が無くなりました.
    あれほどいたスズメもちょっと減少気味です。
    簡単ですが日本のここ1,2年の報告でした。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9581 / 親記事)  コクガン初撮り
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 05:55:39)
    英国という島国、第2次大戦中は不沈空母と呼ばれていて、アメリカ軍始め連合軍が反撃の一大基地にしていました。北大西洋から北極海にいたる広大な海面でドイツ軍の占領していなかったごくわずかな群島だったからですね。ほぼ同じ理由で70万羽の雁と数万羽の白鳥たちが、何千キロも飛んで冬越しにきてくれています。日本もシベリアなどから白鳥などたくさんの冬鳥がくるのも、野鳥のための航空母艦なのだろうと想像しています。
    前置きが長くなりましたが、数日前海岸の保護区に行ったとき、始めて近い距離で群舞するコクガンを見たり撮ったりすることができました。下腹部が真っ白なほかは艶のない黒い小型ガン(マガモ大)ですが、かつては寝るのも食べるのも遠浅の海面だったのが、このところ年ごとに内陸部で採餌するようになったのだそうです。

    最初の一枚が、干潟にいた300羽ほどが飛び上がった瞬間です。こんな場面こそ、広角レンズで背景の海面まで入れて撮るべきなのですが、なんとか間に合ったのは150-500mmレンズだけでした。
1200×800 => 800×533

1329857739.jpg
/519KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■9582 / ResNo.1)  Re[1]: コクガン初撮り
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 06:06:39)
    英国の東海岸を中心に10万羽がやってくるそうですが、この日数回にわたって頭上を行き来していたのはほんの数百羽だけ、おもしろいことに、一羽だけ偵察鳥が送り出されることがあるのです。たぶんそれでリーダーが離陸か離水の合図を出すのでしょう。

    海側から飛び上がると、その300羽が陸側のラグーンを越えて2キロほど先の耕作地に降りていきました。先頭のリーダー、これだけの大編隊を意のままに指揮しているのですから、さぞかし気持ちのいいことでしょう。
    EOS 60D + Sigma 150-500mm、ワイド端使用。
1200×800 => 800×533

1329858399.jpg
/458KB
引用返信
■9583 / ResNo.2)  Re[2]: コクガン初撮り
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 06:13:51)
    2012/02/22(Wed) 06:20:23 編集(投稿者)

    1時間もすると、もう潮が満ちてきたと早合点するのか、観察小屋の真上を通って海の方に戻っていくことを何回か繰り返していました。この場面は、私が帰るために外に出たときに撮ったものです。なるほどこの状態なら、好物のイトミミズみたいな生き餌がたくさん食べられるのでしょう。
    EOS 60D + Sigma 150-500mm、焦点距離340mm。
    TK
1200×800 => 800×533

1329858831.jpg
/860KB
引用返信
■9585 / ResNo.3)  Re[1]: コクガン初撮り
□投稿者/ モアイ -(2012/02/22(Wed) 08:17:05)
    No9581に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    そういえば第二次大戦の時は日本とイギリスは戦争してたんですよね。そんな時代に生まれなくて良かったとつくづく思いますが、未だに戦争をしたがっている人々が大勢いる事が理解できませんね。日本でも憲法9条を変えて戦争に参加したがっている人がいて困ったものです。
    ところでコクガン初撮りおめでとうございます。TKさんにも初撮りのガンがいたなんて、その事に驚いています(笑)。
引用返信
■9589 / ResNo.4)  Re[2]: コクガン初撮り
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 16:12:07)
    モアイさん、ありがとうございます。
    私も戦争は嫌いですが、戦中少年が旧敵国に住むようになった50年前、まだ存在していた対日悪感情の激しさを経験してから、歴史の勉強を心がけてきました。でもそれが渡り鳥に結びついたのですから、おもしろいものですね。日英両島国、共通点が多いのので、自然をだいじにすることも協調してやっていきたいものです。

    早朝の白鳥撮りの帰り、コクガンの群が我が町の上空を通過していくのを何回か目撃していたので、いつかはと狙っていました。思いのほか可愛い鳥で、来シーズンもつきあいたいと願っています。
    TK
1200×800 => 800×533

1329894727.jpg
/801KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9587 / 親記事)  コクチョウ
□投稿者/ かずかず -(2012/02/22(Wed) 09:38:52)
    名前通り真っ黒です。
1200×797 => 800×531

1329871132.jpg
/158KB
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■9588 / ResNo.1)  Re[1]: コクチョウ
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 16:00:31)
    かずかずさん、コクチョウの番は初めて見ました。ほほえましいですね。
    私の町にも一羽だけいて、釣師やピクニックの人たちに食べものをねだっています。貴族邸の大庭園などで放し飼いにしているのが逃げてきたのでしょう。いろいろ珍しい生きものがいるオーストラリアの鳥だそうです。
    TK
1200×800 => 800×533

1329894031.jpg
/656KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9576 / 親記事)  ポップ、ステップ、ジャンプ!!!
□投稿者/ モアイ -(2012/02/21(Tue) 18:02:47)
    DA55-300ED+PENTAX K-5 iso400 ss1/1000 F11 135mm
    SILKYPIX JPEG Photography3.0
    白鳥が飛び立つ瞬間は三段跳びみたいになりますね。若鳥の方が身軽のようで親よりも上手く離水する事が多いですね。
    白鳥が引き立つ様に水面の青みが強くなる様に画像処理してみました。
1200×800 => 800×533

1329814966.jpg
/755KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■9580 / ResNo.1)  Re[1]: ポップ、ステップ、ジャンプ!!!
□投稿者/ TK -(2012/02/22(Wed) 02:27:58)
    No9576に返信(モアイさんの記事)

    いや、モアイさん、三段跳びには思いが至りませんでした。ロンドンオリンピックのテレビ報道ではリード役を務めるプレゼンターは、かつて三段跳びの名選手だったという国にいるのに、お恥ずかしいことです。このコハクチョウ一家も間もなくシベリアに帰るのでしょうが、しっかり育った若者が一緒で鼻が高いことでしょう。
    TK
引用返信
■9586 / ResNo.2)  Re[2]: ポップ、ステップ、ジャンプ!!!
□投稿者/ モアイ -(2012/02/22(Wed) 09:08:25)
    No9580に返信(TKさんの記事)
    TKさん コメントありがとうございます。
    シベリアに帰るまでに雪景色を撮りたいと思って頑張っているのですが、未だ実現できずにいます。あと一回位はチャンスが有ると思うので諦めずに待ちましょう。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■9572 / 親記事)  カワウ
□投稿者/ TK -(2012/02/21(Tue) 16:27:34)
    珍しく近いところを通ると思ったら、やはり用心が足りない若い個体でした。日本ではおよそ人気がない鳥らしく、このサイトでもカワセミの千件近くに対し34件しか投稿されていませんでした。こちらでは大物を捕らえて四苦八苦とか、喧嘩をしているようにしか見えない求愛ぶりなどの場面が人気です。やはり数がそれほど多くないためでしょうか。
    Pentax K-7 + BORG 77ED II + Pentax AFアダプター 1.7 + BORGテレコン 1.4の連装。
    TK

1200×849 => 800×566

1329809254.jpg
/747KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■9573 / ResNo.1)  Re[1]: カワウ
□投稿者/ TK -(2012/02/21(Tue) 16:40:23)
    カワウの若鳥を撮っていて、白髪頭?の見慣れない2羽がいるのに気づきました。脇にいた人に聞いたら、ヨーロッパ大陸にはいると教えくれたのです。日本のカワウも今ごろの季節だと同じ繁殖羽になるようですから、腿のあたりが白くなるだけの英国のカワウが変り者なようです。
    Pentax K-7 + BORG 77ED II + Pentax AFアダプター 1.7 + BORGテレコン 1.4の連装。
    TK

1200×848 => 800×565

1329810023.jpg
/777KB
引用返信
■9574 / ResNo.2)  Re[1]: カワウ
□投稿者/ かずかず -(2012/02/21(Tue) 16:53:23)
    No9572に返信(TKさんの記事)

    > TKさんこんにちわ。
    残念ながら人気がないようです。
    私もいてもまず撮りませんが、こういう時は撮ります。

引用返信
■9575 / ResNo.3)  Re[2]: カワウ
□投稿者/ かずかず -(2012/02/21(Tue) 16:54:18)
    No9574に返信(かずかずさんの記事)
    > ■No9572に返信(TKさんの記事)
    >
    >>TKさんこんにちわ。
    > 残念ながら人気がないようです。
    > 私もいてもまず撮りませんが、こういう時は撮ります。

    >写真忘れた。
1200×797 => 800×531

1329810858.jpg
/190KB
引用返信
■9577 / ResNo.4)  Re[3]: カワウ
□投稿者/ TK -(2012/02/21(Tue) 18:56:09)
    No9575に返信(かずかずさんの記事)
    > ■No9574に返信(かずかずさんの記事)
    >>■No9572に返信(TKさんの記事)
    >>
    > >>TKさんこんにちわ。
    >>残念ながら人気がないようです。
    >>私もいてもまず撮りませんが、こういう時は撮ります。

    このカワウも、獲物よりはかずかずさんに注目していますね。
    しかしみみごとな繁殖シーズンの装いをしています。
    お返しに、こちらのカワウの求愛シーンをお目にかけます。これも100メートルをはるかに超す遠景なのが残念ですが。
800×566

1329818169.jpg
/231KB
引用返信
■9578 / ResNo.5)  Re[3]: カワウ
□投稿者/ たなか -(2012/02/21(Tue) 18:56:36)
    TKさん

    写真だけではなく、話のフリ方が、ウマイッ!
    着眼点が良いと言えば良いのでしょうか。

    川鵜、一時日本では「絶滅危惧種」に指定されたほど貴重な鳥でした。
    私は東京都大田区鵜の木に住んだことがありますが、40年ほど前のその地には、川鵜は居ませんでした。

    今は、どうやら増えすぎてさえ居るようで、多摩川には群れをなして飛んだり、留まったりしています。

    以前、コサギの集団と川鵜の集団が、渦巻きのように旋回しているのを見たことがあります。その頃は、TKさんのような「鳥を広角で撮る」という発想は思いも及ばず、写真にはなりませんでしたが。

    川鵜、よく見れば味わいのある色彩です。でも、階調が難しく、撮るのが難しい鳥ですね。この辺り、鴉とも共通するものがあります。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -