HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDateコールダックの雛その後(2) | UpDate朝霧の鳥景色(5) | UpDate水田のタマシギ(オス)幼鳥三羽(6) | UpDateメジロ(5) | UpDateハクセキレイと戦車(5) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その一(6) | Nomalキビタキ♀(0) | Nomalキビタキ♂(0) | Nomalエナガ(2) | Nomalいつもの運河・6/24(2) | Nomalソウシチョウ(0) | Nomalゴジュウカラ(2) | Nomalいつもの運河・6/22(3) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomal大きな白鳥、小さな白鳥(5) | Nomal☆かわせみ☆(0) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomalコウノトリ(2) | Nomal☆子育て奮闘中!!☆(0) | Nomalいつもの運河・6/19(1) | Nomal☆アオバト☆(2) | Nomalため池の土手で(2) | Nomalカヤクグリの若鳥(4) | Nomal可愛いいコブ雛達(2) | Nomal二日目の鼻高ママダックと雛七羽(5) | Nomal☆蓮かわせみ☆(2) | Nomalカケス&アカショウビン(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalいつもの運河・6/16(1) | Nomalいつもの運河・6/15(6) | Nomalミセス・コールダック雛と一緒に里帰り(6) | Nomal大きな白鳥とチッチャな白鳥(6) | Nomalキビタキ(3) | Nomalため池のホオジロ(4) | Nomalいつもの運河・6/13(1) | Nomalベビーラッシュの我が庭園(1) | Nomalカルガモ(0) | Nomalいつもの運河・6/12(1) | Nomalカワセミ(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomal我が家は東向き・・・(5) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(3) | Nomalアイガモ親子(3) | Nomal☆雀鷹♂♀☆(0) | Nomal海辺の施設・コアジサシ(1) | Nomalいつもの運河・6/9(4) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalカワセミ親子と緑のカーテン(4) | Nomalタンチョウ(4) | Nomalお山でホトトギス(6) | Nomalベスト・オブ・ガーデンバードその二(2) | Nomalベスト・オブ・ガーデンバードその一(7) | Nomal若隼(6) | Nomalタンチョウ(3) | Nomalホトトギス(4) | Nomal☆翡翠♂☆(2) | Nomal山吹色の鳥景色(3) | Nomal幾何的構図の鳥景(7) | Nomalコルリ ♀(1) | Nomalキセキレイ(0) | Nomal☆雀鷹♂☆(1) | Nomalいつもの運河・6/5(1) | Nomalアカゲラ(0) | Nomalキビタキ(0) | Nomal☆カワセミひなまつり☆(5) | Nomal☆RX100でカワセミ撮影♪☆(5) | Nomalようやく巣立ち !!(3) | Nomal白鳥の湖 (昼と夜)(5) | Nomal(削除)(0) | Nomalソウシチョウ(2) | Nomalいつもの運河の若鳥たち(2) | Nomal雌狐 vs 鴉(5) | Nomalコゲラ(0) | Nomal五月晴れの鳥景色(その二)(2) | Nomal上から目線で(3) | Nomal☆翡翠&笹五位☆(4) | Nomalいつもの運河・5/29(6) | Nomalカルガモ親子(2) | Nomal五月の朝景(4) | Nomalキビタキ(1) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomal捕ったぞ!(0) | Nomalハッカチョウ、ツバメ、トラクター(4) | Nomalブッポウソウ(0) | Nomal☆Canon S200vsNikon1J5☆(1) | Nomalいつもの運河・コチドリ(1) | Nomal翌日はBORGでカンムリカイツブリ(4) | Nomalいつもの園で外来種(4) | Nomalいつもの運河ほか・5/26(4) | Nomalコアジサシ(3) | Nomal☆翡翠☆(2) | Nomalお待たせカンムリカイツブリの雛(8) | Nomalキビタキ(0) | Nomalオオルリ(0) | Nomalかくれんぼ(4) | Nomal☆小啄木鳥&翡翠☆(5) | Nomalホオジロ(9) | Nomal五月晴れの鳥景色(5) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■9492 / 親記事)  タヒバリ
□投稿者/ MIKI -(2012/02/11(Sat) 21:34:46)
    野鳥、減ってますよね。
    雀しかり・・・。
    PENTAX K-5 DA55-300
4928×3264 => 800×529

1328963686.jpg
/3697KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■9494 / ResNo.1)  Re[1]: タヒバリ
□投稿者/ TK -(2012/02/12(Sun) 00:31:54)
    No9492に返信(MIKIさんの記事)
    > 野鳥、減ってますよね。
    > 雀しかり・・・。
    > PENTAX K-5 DA55-300

    このレンズ、掲示板でも大活躍ですね。このタヒバリも素晴らしいです。ところで雀が減ったとは、「日本よお前もか!」と背筋が寒くなりました。こちらでも野に住むスズメ(ツリースパロー)はおろか、日本のスズメに相当するイエスズメも極端な減りようです。鳥を撮る人には人気が今ひとつの雀類ですが、この愛嬌者が珍鳥にならないうちに原因がわからないかと思いますが・・・。
    TK
引用返信
■9502 / ResNo.2)  Re[2]: タヒバリ
□投稿者/ MIKI -(2012/02/12(Sun) 21:50:48)
    No9494に返信(TKさんの記事)
    > このレンズ、掲示板でも大活躍ですね。このタヒバリも素晴らしいです。ところで雀が減ったとは、「日本よお前もか!」と背筋が寒くなりました。こちらでも野に住むスズメ(ツリースパロー)はおろか、日本のスズメに相当するイエスズメも極端な減りようです。鳥を撮る人には人気が今ひとつの雀類ですが、この愛嬌者が珍鳥にならないうちに原因がわからないかと思いますが・・・。
    > TK

    TKさん、ありがとうございます。
    野鳥(雀など)の減少は、やはり人間社会のせいであると考えています。
    人間が自分たちの便利のためにいろいろな事をしすぎたと・・・。なんとか歯止めをかけたいものです。
    もう一枚、タヒバリです。
4928×3264 => 800×529

1329051048.jpg
/4267KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9500 / 親記事)  孤高のフライトU
□投稿者/ 800の人 -(2012/02/12(Sun) 20:08:41)
    チームで飛ぶ姿。魅了されます。
    *****よろしければご覧ください。
    EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM
    5D Mark II
    Tv(シャッター速度) 0.3
    手持ち撮影
    ノートリミング
800×533

1329044921.jpg
/262KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9474 / 親記事)  ヨシガモ
□投稿者/ MYMT -(2012/02/09(Thu) 21:26:37)
    近場の公園のボート池です。お年寄りや子供連れの人が散歩がてらにカモ達に餌を与えています。
    野鳥撮影する者にとって、餌付けは御法度なのですが、なかなか「餌を与えるのはダメです」といえません・・・鳥さん達のためには、注意しなければならないのですが・・・カモ達と楽しそうにしている姿を見ていると・・・勇気が出ません。

    警戒心の強いナポレオンもここまで近づけました。500mmノートリです。
    この掲示板の皆様のご意見を伺いたく、あえてUPさせていただきました。
1024×682 => 800×532

1328790396.jpg
/233KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■9476 / ResNo.1)  Re[1]: ヨシガモ
□投稿者/ TK -(2012/02/09(Thu) 23:01:44)
    2012/02/09(Thu) 23:04:58 編集(投稿者)

    MYMTさん、やはりCanon500mmの画像は素晴らしいですね。当地の熱心なアマチュア野鳥写真家にはこのレンズはあこがれの的です。

    さて餌付けのことですけれど、そこの撮影地管理者が餌をやることを禁じていない限り、撮る側は同じ場所を共有しないことしかできないと思います。私の知っている範囲では、英国の保護区では管理者側が餌付けを行っているほか、一般家庭が庭に餌を置くことを奨励しています。英国野鳥の会では、ちょうど今ごろが一般家庭や学校がこぞって参加する「栄光野鳥の会 RSPB 庭の野鳥ウォッチ週間」の時期、親や先生が子どもたちを指導しながら庭にくる鳥の記録を書き留めて提出するのです。以下のサイトにアクセスすると、庭にくる野鳥の代表の写真を見ることができます。
    TK

    http://www.telegraph.co.uk/gardening/gardeningpicturegalleries/9054190/In-pictures-The-RSPB-Big-Garden-Birdwatch.html


914×1200 => 609×800

1328856183.jpg
/814KB
引用返信
■9477 / ResNo.2)  Re[1]: ヨシガモ
□投稿者/ モアイ -(2012/02/10(Fri) 07:16:30)
    No9474に返信(MYMTさんの記事)
    Mymtさん おはようございます。
    餌やりの件ですが、散歩の人がパン屑をあげるくらいは問題無いと思いますよ。パン屑で問題が起きているという話は聞いた事がないので、むしろ注意してトラブルになる方が怖いです。

引用返信
■9478 / ResNo.3)  Re[2]: ヨシガモ
□投稿者/ たなか -(2012/02/10(Fri) 08:16:22)
    ヨシガモ、ポーズ、色彩、画質とも素晴らしいと思いました。頭の緑の光沢がきれいです。

    「餌やり」難しい問題ですね。
    おそらくほとんどの公園には、餌やりと(亀・魚など)生物の持ち込みを禁止する立て札が立っているはずです。
    現状ではそれは守られていないし、特に注意・指導したりはしていないように見えます。

    鳥ではありませんが、高崎の猿山では京都大学のチームが計画的に餌付けしたために、本来ゆるやかだった順位制が、きびしくギスギスしたものになってしまい、猿の社会のあり方が変わってしまったと言います。
    この後、京大では、観察の仕方を改め、餌やりの仕方を変えたそうです。
    人間が野生生物にむやみに介入することは、研究者にとってさえ、難しいようです。

    鴨などは、ポテトチップスとかビスケットなどでも食べてしまうので、面白半分の餌やりは望ましくはないでしょう。

    ただ、悪意なく無邪気に餌を撒いている人に注意する勇気は、私も持ち合わせないのですが。
引用返信
■9491 / ResNo.4)  Re[1]: ヨシガモ
□投稿者/ MYMT -(2012/02/11(Sat) 21:31:05)
    TKさん、モアイさん、たなかさん、貴重なコメントありがとうございました。
    餌付けについては保護、観察などのため、いろいろ試行錯誤をされているのですね。公園の池のカモに餌を与えている程度なら見守っているのが大人ですね。

    撮影目的で餌付けをしているカメラマンが一番性質が悪いですね。
    写真を見れば、そんなのはすぐにバレてしまいますけどね。
引用返信
■9496 / ResNo.5)  Re[2]: ヨシガモ
□投稿者/ たなか -(2012/02/12(Sun) 15:05:13)
    MYMTさん

    少し補足訂正させて下さい。
    「高崎の猿山」は間違いでした。正しくは「大分県高崎山」です。

    餌付けがなぜ問題になったのかと言いますと、

     1 本来、ゆるやかに拡散・移動しつつ採餌していた群れが、特定の数ヶ所の給餌   場に集中するようになり、競争が激化した。

    2 小さなグループが多数点在していた状態から、巨大な三つくらいの群れに統合  されてしまった。

     3 長年にわたって餌付けした為、個体数が数倍に膨らんだ。

    などだそうです。京大霊長類研究所によるニホンザルへ計画的な給餌は、現在でも批判している学者が居ます。
    しかしまた、こうした地道な研究があるからこそ得られる知見もあるのでしょうね。

    TKさんの紹介されていた「各家庭の庭に餌場を作る」などは、個体の集中を招かない上手なアイデアだと、私は思います。  

      




引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■9479 / 親記事)  また降雪
□投稿者/ TK -(2012/02/10(Fri) 15:31:54)
    只今午前6時半、せっかく雪掻きしたドライブウェーが昨夜の雪で真っ白。でも、間もなく沈む月と土星がペアでが見えるので、安全運転でいければと期待しています。
    これは前回、一瞬日が射したときのタゲリとオグロシギです。
    TK
    Pentax K-7 + Borg 77ED II、Pentax AF 1.7に BORG テレコン1.4連装。
    TK
1200×849 => 800×566

1328855514.jpg
/643KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■9486 / ResNo.1)  Re[1]: また降雪
□投稿者/ モアイ -(2012/02/11(Sat) 20:10:06)
    No9479に返信(TKさんの記事)
    こんにちは
    雪景色とタゲリきれいですね。僕も今日タゲリを撮りに行ったのですが遠くてダメでした。残念。
引用返信
■9490 / ResNo.2)  Re[2]: また降雪
□投稿者/ TK -(2012/02/11(Sat) 21:29:04)
    モアイさん、ありがとうございます。こちら、朝から用事があって霧のなかを出かけましたが、車の温度計はマイナス9度を指していました。いや、寒いです。
    TK
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■9464 / 親記事)  月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ TK -(2012/02/09(Thu) 04:59:55)
    2012/02/09(Thu) 05:12:10 編集(投稿者)

    昨日訪れたのは地続きの別の保護区、今度は逆に、日没時間と時を合わせて昇る満月で白鳥をと思って出かけたのです。前日の経験から、オオハクチョウやコハクチョウは僅かしかいないだろうと思いつつ現場についてびっくり、3時間ほどいた間に見たのはチョウゲンボウとキツネを除いたら、1ダースほどのマガモと一組のバンだけだったのです。強風に飛ばされた雪が砂漠の砂みたいにうねっていました。
    Pentax K-7 + DA 18-55mm、焦点距離 43mm。日没後約1時間の撮影です。
1200×797 => 800×531

1328731195.jpg
/507KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■9465 / ResNo.1)  Re[1]: 月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ TK -(2012/02/09(Thu) 05:10:34)
    両方の保護区で1万数千羽が滞在しているはずの鳥たちがいなくなった! 悪天候のためとはいいながら可哀想で、私の気持ちは滅入ったままです。雪道や氷に残された足跡がまた、何とも悲しげでした。
    EOS 60D + Sigma 150-500mm、ワイド端。
    TK
800×1200 => 533×800

1328731834.jpg
/905KB
引用返信
■9466 / ResNo.2)  Re[2]: 月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ モアイ -(2012/02/09(Thu) 06:39:57)
    No9465に返信(TKさんの記事)
    TKさん おはようございます。
    まさに氷の砂漠ですね。あれほど沢山いた水鳥達も何処かに消えてしまうなんて自然の驚異としか言いようが無いですね。まるで別世界ですが満月の月明かりだけが救いになってますね。
引用返信
■9468 / ResNo.3)  Re[2]: 月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ せきと丸 -(2012/02/09(Thu) 10:48:02)
    No9465に返信(TKさんの記事)

    TKさん、おはようございます。
    「モノクロ風の鳥景」といい、今回といい素晴らしい作品だと思います。「ターボ」が、かかったようです。

    > 私の気持ちは滅入ったままです。
    滅入らずに一服されて「ターボ作品」を、お待ちしています。
引用返信
■9470 / ResNo.4)  Re[3]: 月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ たなか -(2012/02/09(Thu) 16:12:49)
    鳥の居ない寒空の下を脚のご不自由な身で3時間も歩き回ったのでは、「滅入ってしまう」お気持ち、お察しします。

    凍ってしまったのでは、餌が採れないでしょうから、どこかもう少し暖かい処へでも移動したのでしょうか。

    「鳥景」ならぬ「月景」写真ですが、良い写真ですね。
    氷の角度の為か、月影が三つも反射していて、シュールです。この月の色の暖かみと遠景の三つの点光源が、「宇宙から見た地球のようなブルー」に利いていると思います。

    寂しいけれどけっして絶望してはいないTKさんの心を表している、というのは私の考えすぎでしょうか。
引用返信
■9475 / ResNo.5)  Re[4]: 月の沙漠氷の砂漠
□投稿者/ TK -(2012/02/09(Thu) 21:54:10)
    モアイさん、せきと丸さん、たなかさん、
    皆さんの温かいコメントと励まし、ありがたく思います。
    もっとも私の落ち込みは「撮れなかった」からではなくて、今でも感じ続けている日本や世界各地の多事多難ぶりと同じ、やり場のない悲しみです。その意味では、こんな日でも暗くなるまで働いていた保護区の係員や、あるかないかの水溜まりで身を寄せ合っていた水鳥たちと分かち合えた時間が救いになりました。
    TK
1200×800 => 800×533

1328792050.jpg
/801KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -