HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDateアオサギ(2) | UpDate海沿いの緑地(5) | Nomalノビタキくん(其の2)(6) | Nomalオオハクチョウも数百羽(5) | Nomal今日のお城では。(6) | Nomalヒシクイ居ないでも コハクチョウを見つけました。(7) | Nomalノビタキ君(6) | Nomal鶴(クロヅル)の当たり年(7) | Nomalセンダイムシクイ(2) | Nomalカワセミ(2) | Nomal到着時間が遅すぎました。(0) | Nomal近くの公園で(3) | Nomal本日は黒鯛の御馳走。(4) | Nomalいつもの運河ほか(2) | Nomal水鳥が集まりました、(2) | Nomalくつろぐカワセミ嬢(0) | Nomalもうこんな水鳥が見れる季節になりました。(3) | Nomalよーいドン!(4) | Nomal翡翠(5) | Nomal目の前のコサメビタキ。(1) | Nomalカワセミと蜂の巣(0) | Nomalタシギが沢山。(0) | Nomalツツドリのお食事。(2) | Nomalカワセミに再会(そのU)(4) | Nomal☆カワセミ☆(2) | Nomal雨上がりの干潟。(2) | Nomal☆かわせみ☆(2) | Nomalカワセミに再会(4) | Nomal干潟でポツリ ソリハシシギが。(3) | Nomal河川敷で可愛いカイツブリ幼鳥。(2) | Nomalツツドリ(5) | Nomalいつもの園前ほか(1) | Nomalとても手ごわかったです。マミジロ(♂)(1) | Nomal空腹のコオバシギ一斉に対岸へ移動(5) | NomalSX60HSの鳥景色(3) | Nomal久しぶりに 見かけました。(2) | Nomal夕暮れの ひと時・・(4) | Nomal目の前に飛んできました。(0) | Nomalこんな場面に遭遇。(4) | Nomal スズメ(4) | Nomal河川敷での出会い。(0) | Nomal白タイプの雛(1) | Nomal電動自転車でちょっと遠征しました。(02)(3) | Nomal電動自転車でちょっと遠出しました。(01)(1) | Nomalこの野鳥も到着しました。(3) | Nomal大きくなったコブ茶達(その二)(3) | Nomal近くで撮れました。(5) | Nomalカイツブリ(6) | Nomal巣材集め(3) | Nomal情報で電車でプチ遠征をしてきました。(4) | Nomal☆いつもの公園のお嬢さん☆(7) | Nomalサシバ(6) | Nomal干潟のコオバシギシーズン開幕(9) | Nomalまだ居ました コルリ若(4) | Nomalサシバの番(8) | Nomal今季初撮りです。(4) | Nomal☆カワセミ来るも…☆(4) | Nomal☆雨にも負けずカワセミ☆(2) | Nomal魚を食べる黒鳥(8) | Nomal稲刈り間近(7) | Nomal☆秋の渡り鳥が撮りたい…☆(2) | Nomal☆見返り翡翠☆(2) | Nomalサシバ(4) | Nomal夏も終わりかな?(1) | Nomalいつもの運河ほか(2) | Nomal本格的に渡りが始まりました。04(サンショウクイ)(5) | Nomalコサギ(4) | Nomal翡翠のおもしろ画像(3) | Nomal月見草と鳥景色(4) | Nomalおもしろ画像(4) | Nomal本格的に渡りが始まりました。02(ヤブサメ)(3) | Nomal大きくなったコブ茶達(2) | Nomal本格的に渡りが始まりました。05(キビタキ♀)(1) | Nomal本格的に渡りが始まりました。03(センダイムシクイ)(1) | Nomal本格的に渡りが始まりました。01(コサメビタキ)(1) | Nomal野鳥観察難易度ホームページを作成いたしました。(1) | Nomal情報をいただき 行って来ました。(5) | Nomal田圃(4) | Nomalいよいよシギ類の渡りが始まりました。(3) | Nomalいつもの園前(4) | Nomal田圃(1) | Nomal田圃(3) | Nomal田圃(1) | Nomalそろそろ渡りが始まりました。(3) | Nomalいつもの園(3) | Nomal田圃(1) | Nomal夏、海、太陽、ウミネコ(7) | Nomalアオバト(2) | Nomal田圃(2) | Nomalいつもの運河ほか(6) | Nomal田圃(3) | Nomal田圃(6) | Nomal庭には来ないツバメの若鳥(5) | Nomal田圃(2) | Nomal田圃(4) | Nomalカイツブリの子育て(3) | Nomal田圃で(1) | Nomal田圃で(1) | Nomal☆蓮池のかわせみ☆(4) | Nomal☆猛暑のカワセミ☆(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■10224 / 親記事)  ☆新緑翡翠〜♪☆
□投稿者/ ☆王子☆ -(2012/04/14(Sat) 15:40:36)
http://photozou.jp/user/top/1641295
    桜も散り新緑が綺麗になって来ました〜♪
3648×2736 => 800×600

1334385635.jpg
/1541KB
引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10215 / 親記事)  18歳の月とハイイロガン
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 19:02:09)
    2012/04/13(Fri) 19:03:59 編集(投稿者)

    この海岸にいるハイイロガンの中には、どういうわけか薄暗いうちから浜辺でじっと海面を眺めているグループがいます。たぶん留鳥ではないグループが帰郷のタイミングを計っているのかもしれません。
    EOS 60D + Sigma 50-500mm、ISO-800、f/6.3、1/50秒、焦点距離 332mm。

1200×800 => 800×533

1334311329.jpg
/479KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■10216 / ResNo.1)  Re[1]: 18歳の月とハイイロガン
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 19:12:02)
    西に廻ってきた月が沈みつつあっても動じない一羽がいました。
    EOS 60D + Sigma 50-500mm、ISO-200、f/14、1/320秒、焦点距離113mm。
1200×800 => 800×533

1334311922.jpg
/487KB
引用返信
■10218 / ResNo.2)  Re[1]: 18歳の月とハイイロガン
□投稿者/ モアイ -(2012/04/13(Fri) 21:04:19)
    No10215に返信(TKさんの記事)
    > 2012/04/13(Fri) 19:03:59 編集(投稿者)
    TKさん こんばんわ
    遠くの海を眺めて物思いにふけるハイイロガン達を下からのアングルで上手く表現してますね。どの様に撮影したのか想像してしまいました。
    月とガンも風景に良く合いますね。
引用返信
■10222 / ResNo.3)  Re[2]: 18歳の月とハイイロガン
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 22:59:58)
    No10218に返信(モアイさんの記事)
    ・・・ハイイロガン達を下からのアングル・・・どの様に撮影したのか想像してしまいました。
    月とガンも風景に良く合いますね。

    モアイさん、コメントありがとうございました。
    撮影したのはバーダー専用の小径からですが、機材を積んだトロリーの陰に隠れて数分待ってからカメラを取り出しました。雁によっては、歩行者の鼻先をかすめて飛び出すのがいて、驚いたり喜んだりする人々の様子もいい画題になりそうです。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10211 / 親記事)  ☆また来てねぇ〜♪☆
□投稿者/ ☆王子☆ -(2012/04/13(Fri) 16:29:57)
http://photozou.jp/user/top/1641295
    TSN-884/TSN-VA3/Canon PowerShot G12
3648×2736 => 800×600

1334302197.jpg
/2234KB
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■10213 / ResNo.1)  Re[1]: ☆また来てねぇ〜♪☆
□投稿者/ モアイ -(2012/04/13(Fri) 18:07:16)
    No10211に返信(☆王子☆さんの記事)
    こんにちは
    まだオオルリいるんですね。今度はサンコウチョウも期待できますね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■10201 / 親記事)  今日もゴイサギ
□投稿者/ モアイ -(2012/04/12(Thu) 21:48:00)
    BORG50FL+1.5倍テレコン+PENTAX K-5 iso250 1/125s
    SILKYPIX JEPG Photography3.0
    今日もカワセミペアにフラれてゴイサギ君のお世話になりました。
1200×866 => 800×577

1334234880.jpg
/730KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■10204 / ResNo.1)  Re[1]: 今日もゴイサギ
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 04:18:31)
    おおこおどり■No10201に返信(モアイさんの記事)
    > BORG50FL+1.5倍テレコン+PENTAX K-5 iso250 1/125s
    > SILKYPIX JEPG Photography3.0
    > 今日もカワセミペアにフラれてゴイサギ君のお世話になりました。

    モアイさん、人間だと毛氈を敷いてヒョットコ踊りというところでしょうが、樹の上でも決まっていますね。
    TK
引用返信
■10206 / ResNo.2)  Re[2]: 今日もゴイサギ
□投稿者/ たなか -(2012/04/13(Fri) 06:08:30)
    若鳥、いわゆるホシゴイですね。

    身体の大きさは親鳥と同じなのに、ずいぶん違う色彩なのが面白いです。

    TKさんの仰るように鳥も人も浮かれたくなるような陽気ですね。


引用返信
■10212 / ResNo.3)  Re[1]: 今日もゴイサギ
□投稿者/ モアイ -(2012/04/13(Fri) 18:05:34)
    No10201に返信
    ☆TKさん ☆たなかさん コメントありがとうございます。
    この場所は公園なので天気が良いと花見客でいっぱいになります。ですから写真が撮れるのは朝と夕方だけです。
    背中に白い斑点があるのでホシゴイと呼ばれているようですが成鳥のゴイサギとは別の鳥に見えますね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■10178 / 親記事)  ツミ
□投稿者/ MYMT -(2012/04/10(Tue) 20:27:03)
    例年より一か月遅れで巣作りを始めました。無事子育てができるのか不安です。
    EOS7D EF500mmF4.5
1024×683 => 800×533

1334057223.jpg
/525KB
引用返信

▽[全レス9件(ResNo.1-9 表示)]
■10186 / ResNo.1)  Re[1]: ツミ
□投稿者/ モアイ -(2012/04/11(Wed) 11:59:35)
    No10178に返信(MYMTさんの記事)
    MYMTさん こんにちは
    オスのツミでしょうか。可愛らしい格好をしてますね。赤い目が印象的ですね。
引用返信
■10187 / ResNo.2)  Re[1]: ツミ
□投稿者/ BB -(2012/04/11(Wed) 13:29:47)
    No10178に返信(MYMTさんの記事)
    > 例年より一か月遅れで巣作りを始めました。無事子育てができるのか不安です。
    > EOS7D EF500mmF4.5

    そんなに心配なら営巣地付近に近寄らなければいいのに
    矛盾してても写真は撮りたいのか…
引用返信
■10189 / ResNo.3)  Re[2]: ツミ
□投稿者/ たなか -(2012/04/11(Wed) 19:18:24)
    BBさま、MYMTさま

    横レスになってしまいますが、ご容赦下さい。
    BBさまの仰りたいこと、良く分かります。

    私も、翡翠やハイタカの巣作りを目撃したり撮影したことがあります。
    いつも「これ以上邪魔してはいけないな」という気持ちと「いつまでも見ていたい」という欲との葛藤に、悩まされます。

    話はすこし飛びますが、
    大塚紀子さんという女性鷹匠の書かれた「鷹匠のこころ」という本を最近私は読みました。
    「オオタカやツミ、ハイタカ、ハヤブサといった野生の鳥を飼い慣らすなんて」という気持ちで読み始めた私の意識は、読み進むにつれてまるで変えられてしまいました。
    鷹と一対一で向き合い、互いに尊重しあい、呼吸を合わせながら、隙を見せられない緊張関係、私はうなりました。
    ただ観察するだけでは得られない人間と生物の深い関係だと感じたのです。

    MYMTさんの撮られたツミや私の家の近くに棲むハイタカは、意外に人家の近くで営巣します。
    「近づかず、そっとしておく」「自然はあるがままに」という姿勢が好ましいのか、ある程度人間と鳥が互いを認識する関係が正しいのか、私などには分かりません。
    スズメのように稲作=人為的行為とともに繁栄してきた鳥もいますね。

    私の大好きな翡翠も、人里離れた清流より、意外に人工的な環境を好むようです。

    餌まきの問題や「ヒナは拾わないで」というキャンペーン、どれも根拠はあるのでしょう。

    ただ、「なにが正しいのか」という判断は、結局、個人個人の考え方に帰するのではないか、という気がします。

    だから、どうでも良い、と言いたいのではなく、ひとりひとりがより真剣に考え続けなければならないことだ、と思うのです。


引用返信
■10190 / ResNo.4)  Re[2]: ツミ
□投稿者/ MYMT -(2012/04/11(Wed) 19:42:19)
    No10187に返信(BBさんの記事)
    > ■No10178に返信(MYMTさんの記事)
    >>例年より一か月遅れで巣作りを始めました。無事子育てができるのか不安です。
    >>EOS7D EF500mmF4.5
    >
    > そんなに心配なら営巣地付近に近寄らなければいいのに
    > 矛盾してても写真は撮りたいのか…

    BBさん、初めまして。
    このツミの営巣場所は、自宅付近の住宅地内の小さな公園にあります。毎年、付近の皆さんと繁殖を見守っている次第です。
    「不安」なのは、例年なら既に巣を作り終えているのに、今年は未だ遅れていることなのです。ここ数年で松や桜が枯れて伐採されたうえ、急に暖かくなったため、巣材になる枝も少なくなっていることです。
    BBさんのおっしゃるとおり写真は撮りたいのが本音ですが、「野鳥は追うな、待って撮れ」をモットーにしていますので、ストレスをかけるような撮影は避けるように心掛けています。
    抱卵が始まれば、レンズではなく双眼鏡で観察することに決めています。
引用返信
■10191 / ResNo.5)  Re[3]: ツミ
□投稿者/ MYMT -(2012/04/11(Wed) 20:23:34)
    No10189に返信(たなかさんの記事)
    > BBさま、MYMTさま
    >
    > 横レスになってしまいますが、ご容赦下さい。
    > BBさまの仰りたいこと、良く分かります。
    >
    > 私も、翡翠やハイタカの巣作りを目撃したり撮影したことがあります。
    > いつも「これ以上邪魔してはいけないな」という気持ちと「いつまでも見ていたい」という欲との葛藤に、悩まされます。
    >
    > 話はすこし飛びますが、
    > 大塚紀子さんという女性鷹匠の書かれた「鷹匠のこころ」という本を最近私は読みました。
    > 「オオタカやツミ、ハイタカ、ハヤブサといった野生の鳥を飼い慣らすなんて」という気持ちで読み始めた私の意識は、読み進むにつれてまるで変えられてしまいました。
    > 鷹と一対一で向き合い、互いに尊重しあい、呼吸を合わせながら、隙を見せられない緊張関係、私はうなりました。
    > ただ観察するだけでは得られない人間と生物の深い関係だと感じたのです。
    >
    > MYMTさんの撮られたツミや私の家の近くに棲むハイタカは、意外に人家の近くで営巣します。
    > 「近づかず、そっとしておく」「自然はあるがままに」という姿勢が好ましいのか、ある程度人間と鳥が互いを認識する関係が正しいのか、私などには分かりません。
    > スズメのように稲作=人為的行為とともに繁栄してきた鳥もいますね。
    >
    > 私の大好きな翡翠も、人里離れた清流より、意外に人工的な環境を好むようです。
    >
    > 餌まきの問題や「ヒナは拾わないで」というキャンペーン、どれも根拠はあるのでしょう。
    >
    > ただ、「なにが正しいのか」という判断は、結局、個人個人の考え方に帰するのではないか、という気がします。
    >
    > だから、どうでも良い、と言いたいのではなく、ひとりひとりがより真剣に考え続けなければならないことだ、と思うのです。
    >

    たなかさん、こんばんは。
    オオタカやカワセミなどが市街地の公園に 数多くやってきているのを実感しています。
    写真のツミも公園の隅にカメラを構えていたら、前の枝に止まりました(かなりトリミングしています)。
    決して追いかけて撮ったものではありません。
    かつては高原や山に行かなければ会えなかった野鳥も市街地に飛来するようになったことは事実です。
    付近の人達に迷惑をかけず、野鳥との共存を守りながら撮影を楽しむのが良いのではないかと思っています。
引用返信
■10192 / ResNo.6)  Re[1]: ツミ
□投稿者/ MIKI -(2012/04/11(Wed) 23:11:55)
    No10178に返信(MYMTさんの記事)
    > 例年より一か月遅れで巣作りを始めました。無事子育てができるのか不安です。
    > EOS7D EF500mmF4.5

    お近くにツミがいるとはうらやましいです。
    今回、BBさんの様な発言をされる方がいるんでは?と思っていましたが、やはり。
    何となくですが、BBさんは鳥撮りが趣味ではいらっしゃらない様な・・・。
    それはおいといて、山や森の宅地・レジャー開発、川のダム化・護岸化など、野生動物にとっての聖域がますます失われている昨今です。身近な存在になるというのは、実は悲しいことなのかもしれませんね。
    公園ということですが、子供達が遊ぶ場所でもありますよね。ツミにとって、ストレスにはならないんですかね?
引用返信
■10193 / ResNo.7)  Re[2]: ツミ
□投稿者/ たなか -(2012/04/12(Thu) 07:04:22)
    私の家のウラのハイタカも、とても人間の近くに居ます。
    朝には通園・通学する子供たちの声、昼間はお母さん方のおしゃべりや移動販売などのスピーカー音、少し離れた道をバスも走ります。

    ここでハイタカを観察・撮影しているのは、私の知る限り、私ひとりです。

    この程度ではハイタカは全く気にもしてくれません(笑)。
    向こうから近づいて来たりします。

    ネットなどで情報を交換しあい大勢のカメラマンが押し掛けて来るような状況は絶対に作りたくありません。
    しかし、この程度のささやかな観察は鳥のストレスにはならないのではないでしょうか。

    「自然のままに」と放置するより、観察したり撮影し続けることが、例えば開発計画など持ち上がったときの具体的な反対意見・参考意見にも繋がり得ると思います。
800×533

1334181862.jpg
/102KB
引用返信
■10194 / ResNo.8)  Re[1]: ツミ
□投稿者/ かずかず -(2012/04/12(Thu) 07:39:15)
    No10178に返信(MYMTさんの記事)

    >すばらしい1ショットです。

    営巣や抱卵しているわけでもなく何の問題もありません。
    こういう場面をも否定されると野鳥撮影自体出来ませんものね。
    スズメやツバメは猛禽類などから身を守るためにわざわざ人気のあるところに
    営巣するし、MYMTさんをこれからも応援します。
    ただ前から気になっていたのですが、作品を褒めるだけではなく指摘もあっていいのではないかと思っていました。
    以前私もちょっと指摘して攻撃を受けたことがあったもので。
    お互いの撮影向上のために。

引用返信
■10207 / ResNo.9)  Re[1]: ツミ
□投稿者/ TK -(2012/04/13(Fri) 06:18:15)
    2012/04/13(Fri) 06:20:58 編集(投稿者)
    2012/04/13(Fri) 06:20:49 編集(投稿者)

    No10178に返信(MYMTさんの記事)
    > 例年より一か月遅れで巣作りを始めました。無事子育てができるのか不安です。
    > EOS7D EF500mmF4.5

    MYMTさんのアップされた写真から始まって、様々な意見が開陳されていますが、基本的には野生の生きものとヒトが超接近して暮らしている日本の抱える矛盾だと、私は考えています。私の住む英国は国土面積こそ日本の60%ほどしかありませんが人口はおおよそ半分、加えて全体的に平坦な地形であることから、都市部以外で野生の生きものとヒトとが起こす過密現象はないといって差し支えありません。このところあまり目にしない報道ですが、日本では熊や猪、猿などが住宅地に出没して被害を起こしていたのも、やはり同じ理由によるものなのでしょうね。
    こちらでなぜ野鳥や野兎、狐などが庭や市中の公園で我がもの顔をするかといえば、その方がぜいたくな食生活ができるからに他なりません。そこで地方から都会に移住してきた人が、「ロンドンはいいですね。間近で自然観察ができるじゃないですか」と感想を述べる結果になるのです。同じコマドリやクロウタドリにしても、過疎地帯にいる連中は人を避ける傾向が強いのです。

    野鳥撮影を趣味とする私など、「日本はいいですね、猛禽やカワセミがごく近いところに現れるのですから」とぼやきながら、100メートル、200メートル先の目標を500mmレンズやBorgで撮っていますが、これがまた日本の方には一見広角レンズ撮影の鳥景に思えることがあるようです。

    双眼鏡やデジスコで観察する文字通りの野鳥観察家が大多数で、重装備のアマチュア写真家はおそらく数パーセントというお国柄ですから、餌付けや人工的なお立ち台が議論の対象になることも少ないように思えます。そこで、農業や狩猟、漁業を生業にする人々が、英国野鳥の会(RSPB)など自然保護を活動対象とする団体にくってかかるといったエピソードが主な喧嘩場面になります。

    これはという良策は思いつかないのですが、この種の写真をはなから遠慮してしまうよりは、よくわかる撮影環境や意図を記してアップすることが、このサイトをより楽しくする方法の一つではないでしょうか。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -