HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate若の食事(5) | UpDate☆瑠璃鶲&百舌鳥☆(5) | UpDateウグイス(4) | UpDate英国の紅葉と野鳥(4) | UpDateワカケホンセイインコ(5) | UpDate☆翡翠♂♀☆(5) | UpDateオオハクチョウがたくさんいる日その一(8) | UpDateモミジで休むカワセミ(4) | Nomalボート池のある公園(5) | Nomal☆カワセミ♂♀☆(10) | Nomal秋のカワセミ池その2(5) | Nomalボート池のある公園(6) | Nomal☆かわせみ♀☆(10) | Nomalジョウビタキ(3) | Nomal川の賑わいU(5) | Nomalダイヤモンド夕日と白鳥達(5) | Nomalガビチョウ(3) | Nomalチョウゲンボウ・アオサギ(4) | Nomalモズ(二)(1) | Nomal水浴びジョビ君(7) | Nomal10月は鴨も鴉も集団、オオハクチョウを圧倒!(8) | NomalRX10M4試写(7) | Nomalいつもの園ほか(6) | Nomal☆カワセミ&アオジ☆(6) | Nomal川の賑わい(6) | Nomal伝書鳩(1) | Nomalカワセミ(七)(2) | Nomalカワセミ(九)(0) | Nomal秋のカワセミ池(4) | Nomalカワセミ(六)(0) | Nomal秋を告げる雁の群れ(8) | Nomalウ(2) | Nomalマガモ(2) | Nomalカワセミ(五)(0) | Nomal秋の夕暮れ時(4) | Nomal☆目白&黄鶺鴒&青鵐&白腹☆(9) | Nomalジョウビタキ(3) | Nomalいつもの園(3) | Nomal紅もみじと白鳥達(6) | Nomal初冬の海岸で鳥見その二(8) | Nomalオオハクチョウ到着(7) | Nomal秋子(4) | Nomalイソシギ・カワセミ(2)(3) | Nomalモズ・カワセミ(その3)(1) | Nomal☆翡翠&虎鶫&青鵐&白腹☆(9) | Nomal初冬の海岸で鳥見その一(7) | Nomalイカルチドリ ?(2) | Nomalオオジュリン(2) | Nomalシジュウカラ(他1)(1) | Nomalいつもの園(4) | Nomalカワセミ(0) | Nomalトビ(2) | Nomal☆キビタキ&アカハラ&シロハラ☆(4) | Nomalコスモスと白鳥(3) | Nomal☆ピラカワ☆(5) | Nomal海沿いの緑地ほか(9) | Nomalオナガガモのエクリプス(5) | Nomal☆カワセミ♂♀☆(3) | Nomalキセキレイ(其の2)(0) | Nomalモズ ・他(4) | Nomalいつもの園・キクイタダキ(3) | Nomalいつもの園(3) | Nomalヒクイナ(2) | NomalEOS KissデジタルNでオオハクチョウ!(7) | Nomal雪化粧と水鏡(3) | Nomalいつもの園ほか(2) | Nomalいつもの園(1) | Nomalキセキレイ ・ 他(4) | Nomal待望のムギマキが到着しました。(1) | Nomal曇天の中で(7) | Nomal久しぶりに 飛んでくれました。(2) | Nomal台風は凄かった。(0) | Nomal青空の下で・・(3) | Nomalモズのお食事。(2) | Nomal雨模様の合間に。(6) | Nomal☆この上ない翡翠2☆(2) | Nomalノゴマ(1) | Nomalコヨシキリ(1) | Nomal☆この上ない翡翠☆(4) | Nomalオオハクチョウも数百羽(6) | Nomal海沿いの緑地(8) | Nomalアオサギ(2) | Nomalノビタキくん(其の2)(6) | Nomal今日のお城では。(6) | Nomalヒシクイ居ないでも コハクチョウを見つけました。(7) | Nomalノビタキ君(6) | Nomal鶴(クロヅル)の当たり年(7) | Nomalセンダイムシクイ(2) | Nomalカワセミ(2) | Nomal到着時間が遅すぎました。(0) | Nomal近くの公園で(3) | Nomal本日は黒鯛の御馳走。(4) | Nomalいつもの運河ほか(2) | Nomal水鳥が集まりました、(2) | Nomalくつろぐカワセミ嬢(0) | Nomalもうこんな水鳥が見れる季節になりました。(3) | Nomalよーいドン!(4) | Nomal翡翠(5) | Nomal目の前のコサメビタキ。(1) | Nomalカワセミと蜂の巣(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■46620 / 親記事)  ヒバリ
□投稿者/ @MT -(2017/03/09(Thu) 23:34:59)
    先週に春を告げるヒバリを見かけました。
2301×1500 => 800×521

1489070099.jpeg
/1297KB
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■46624 / ResNo.1)  Re[1]: ヒバリ
□投稿者/ mymt -(2017/03/10(Fri) 12:42:45)
    @MTさん、こんにちは。
    いよいよ春が訪れたようですね。ヒバリが営巣場所を探している感じです。
    こんな写真がありました。ヒバリを撮影するのは意外に今かも、です。
2100×1400 => 800×533

1489117365.jpg
/2236KB
引用返信
■46630 / ResNo.2)  Re[2]: ヒバリ
□投稿者/ @MT -(2017/03/10(Fri) 18:41:42)
    No46624に返信(mymtさんの記事)

    mymtさんコメントありがとうございます、バックは雪でしょうか私が投稿したヒバリと比べるとmymtさんのヒバリは丸みを帯びて寒そうですね、この季節タヒバリも同時に観察できラッキーでした。



引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46616 / 親記事)  別れの朝
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 16:32:14)

      7DU 135mm f6.3 1/250 iso5000 -1/3ev
      
      昨日の朝ですが、真冬並みの冷え込みになり、川霧が出ました。
      ここにいるのは殆どコハクチョウです。オオハクチョウは少し上流にいました
2736×1824 => 800×533

1489044733.jpg
/1298KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■46617 / ResNo.1)  Re[1]: 別れの朝
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 16:41:19)

      いつもと違う位置にいて、落ち着きなく見えてました・・・。
      突然走り出した30羽程のオオハクチョウ、真っ直ぐ北に向かいました。
      旋回することなく、あっけない旅立ちでした。良い旅を・・・・!
      現在は、ほぼコハクチョウだけ40羽程残っていますが、時間の問題ですね!
2662×1622 => 800×487

1489045278.jpg
/1551KB
引用返信
■46618 / ResNo.2)  Re[1]: 別れの朝
□投稿者/ TK -(2017/03/09(Thu) 17:54:07)
    MAKOさん、熱心さと機材操作の習熟が実って、説得力のある作品が大幅に増えました。この私など、「野鳥写真掲示板」に参加してからも数年間は乱高下の写真を連発していました。今回の2枚は、鳥の種類や方角その他のデータが多く記されていて、より共感を覚えることができました。
引用返信
■46619 / ResNo.3)  Re[2]: 別れの朝
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 21:39:07)

      TKさん
        何時もコメントありがとうございます。
      
      今朝もコハクチョウの、飛翔が有りましたが、戻ってきました。
      ここに来たのも、オオハクチョウが先でしたので、帰る順も同じなのですね。
      いつの間にか、オオハクチョウとコハクチョウの数の比率が逆転してました?
      気付かぬ内に、入れ代わっていた模様です。
引用返信
■46622 / ResNo.4)  Re[2]: 別れの朝
□投稿者/ モアイ -(2017/03/10(Fri) 05:20:16)
    No46617に返信(MAKOさんの記事)
    MAKOさん おはようございます。

    そうですか、オオハクチョウ達は北に旅立ったのですね。北帰航の時は旋回せずに真っ直ぐに飛んで行くのですね。毎日観察しているMAKOさんだからこそ判る事ですね。
    オオハクチョウ達の旅立ちを後ろ姿で撮ったのが、別れの寂しさを物語っていますね。また朝焼けに染まった川の景色がこのシーンにピッタリで、白鳥シーズンの終わりを告げる一枚に相応しい写真になってます。
    タイトルもいいですね。素晴らしいです !!
引用返信
■46623 / ResNo.5)  Re[2]: 別れの朝
□投稿者/ mymt -(2017/03/10(Fri) 11:49:01)
    MAKOさん、こんにちは。
    ハクチョウ達の北帰行が始まりましたか。何となく寂しい感じを覚えます。
    それにしても霧の中や朝日に向かっての撮影、上手いです。脱帽!!
引用返信
■46627 / ResNo.6)  Re[3]: 別れの朝
□投稿者/ MAKO -(2017/03/10(Fri) 17:54:00)

      モアイさん mymtさん
       何時もコメントありがとうございます。
      
      これは一昨日でした。やはり別れは寂しくもありますが、無事戻ってまた秋に
      来てくれよ! との思いでした。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46609 / 親記事)  私の月光作戦
□投稿者/ TK -(2017/03/08(Wed) 23:50:06)
    このザイトでごく最近、月光写真に迫りたいというやりとりがありました。実は私もその気になって、月と太陽の時間割と天気予報を前にしてコンテを描いています。明日は丸一日好天というありがたい予報なので、こんな予定を立てました。当地は9時間遅れの時差があるので、1月10日の東京時間に置き換えて記してみます。満月二日前ですが、準満月と明るいのはありがたいことですね。

    月の入り=04:21で日の出が05:59と、朝は月と太陽は組み合わせられませんが、私は5時には現場に出ます。5千羽というムナグロの大群が滞在していることがわかりましたので。
    さて肝心の月の出は15:23、日没がうまいことに17:44です。つまりお月様は日没までにけっこう高度を上げているはずですよね。もちろんその後だって、晴れてさへいれば撮影は可能だと思います。

    2014年8月10日に撮ったスーパーフルムーンを2枚アップさせてください。最初は月光が水面に模様を描いた場面です。
    Panasonic DMC-GX7 + BORG 77ED + 1.4倍リアコンバーター、絞り地記録なし、1/25秒、撮影時間 20:41。当夜の月の出が20:00、日没が20:34でした。

2000×1334 => 800×533

1488984606.jpg
/1693KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■46610 / ResNo.1)  Re[1]: 私の月光作戦
□投稿者/ TK -(2017/03/08(Wed) 23:57:26)
    次はスーパーフルムーン。地平線に雲がかかっていて、20分待たされました。一枚目もそうですが、駒続きの写真はこのサイトに投稿してあります。
    Pentax K-3 + DA*300mm、f-8、1/125秒、ISO-800)

    皆さんのフィールドが好天であることを祈っております。
2000×1125 => 800×450

1488985046.jpg
/786KB
引用返信
■46614 / ResNo.2)  Re[2]: 私の月光作戦
□投稿者/ モアイ -(2017/03/09(Thu) 16:12:08)
    No46610に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    気合の入った凄いタイトルですね。これからどんな写真が見られるか楽しみです。
    一枚目は水面に写った月明かりが雰囲気を出してますね。カメラがGX7というのも懐かしいです。
    二枚目は白い雲から半分出た紅い月が迫力ですね。飛んでいる鳥はカモメでしょうか。
引用返信
■46615 / ResNo.3)  Re[2]: 私の月光作戦
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 16:12:47)

      TKさん
       
      水面の写真は、月光写真とは信じられない程の精緻さで驚きですね!
      月の反射が、夕陽とは別の趣が有るのではと思います。
      1/25でここまで写るものなのですね。
      2枚目これはもう、日本画にしか見えません。
引用返信
■46625 / ResNo.4)  Re[2]: 私の月光作戦
□投稿者/ mymt -(2017/03/10(Fri) 12:59:33)
    TKさん、スーパーフルムーンの撮影、とても思いつかないアイディアです。
    2枚目などは掛け軸にして床の間に飾りたいくらいです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46583 / 親記事)  雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ TK -(2017/03/06(Mon) 23:50:19)
    2017/03/07(Tue) 00:05:46 編集(投稿者)

    オオハクチョウを英米人は、Whooper Swan(雄叫びハクチョウ?)と呼びます。速ければ9月下旬、本格的になるのは10月に入ってからですが、保護区の駐車場で甲高い叫び声が聞くと、あぁまた一年が経ったのだと感慨を覚えます。

    オオハクチョウ名場面の数々を発表されているMAKOさんにお断りしましたが、名前の元らしく思える写真を何枚か選んでみました。最初は雪上のボーナス闘争、いや限られた水面防衛の檄を飛ばしている場面です。普通の状態だと、着水するやいなや雄叫びをあげて「我ら、只今到着せり」と存在を誇示します。
    Pentax K-5II + Sigma 150-500mm、f−6.7、1/500秒、ISO-200、焦点距離 450mm (2013.01/26)。

1400×927 => 800×529

1488811819.jpg
/152KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■46585 / ResNo.1)  Re[1]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ TK -(2017/03/07(Tue) 00:00:26)
    着水して間もなく始まるのが、先着または先住グループとの論争です。けして仁義は切らず、ご主人かまたは奥様が口論する間、家族は一斉にわめき立ててやかましいことこの上ありません。
    Pentax K-7 + Sigma 150-500mm、f-6.7、1/500秒、ISO-200、露出補正 +1(2012.01.11撮影)。
1200×848 => 800×565

1488812426.jpg
/635KB
引用返信
■46586 / ResNo.2)  Re[2]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ TK -(2017/03/07(Tue) 00:33:07)
    会談場所が撒き餌の行われる場所だと、けっこう凄い取っ組み合いも行われます。このときyより真剣なのは、飛べなくなって住人になったボス鳥です。元気な白鳥と違って保護区の外へは行けないため、まさに生活圏の確保なのでしょうね。
    Pentax K-5II + Sigma 150-500mm、f−4.5、1/800秒、ISO-400、焦点距離 450mm (2013.11/10撮影)。


1400×927 => 800×529

1488814387.jpg
/1286KB
引用返信
■46587 / ResNo.3)  Re[3]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ TK -(2017/03/07(Tue) 00:51:46)
    2017/03/07(Tue) 15:48:15 編集(投稿者)
    2017/03/07(Tue) 00:55:33 編集(投稿者)
    意外に静かなのが離水・離陸の時で、群れ全体が待ち遠しげに長い頸を一層伸ばしているときがカメラを向けるタイミングです。まったく無音ではないのですが、群れのリーダーが一声かけると一斉に助走を始めます。飛行中はしきりに鳴き声が交わされるそうですが、もっぱら若鳥の安否を気遣い、かつ元気づける意味があるとか。凄いと思うのは繁殖地と冬越し地間の編隊で、先頭は元気な若手の成鳥、風圧が少ない列の中間に経験の浅い若鳥、リーダーは後方から監視役を務めるのだそうです。写真は群れ全体に気分が高まったときの場面です。次の瞬間には、群れ全部が地面を離れていました。
    Pentax K-1 + BORG 89ED + 1.4倍リアコンバーター、f-8、1/750秒、ISO-280、35mm換算 840mm。
2000×1333 => 800×533

1488815506.jpg
/2111KB
引用返信
■46593 / ResNo.4)  Re[4]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ MAKO -(2017/03/07(Tue) 16:53:05)

    TKさん
       
      そちらではフーパースワンと呼ぶそうで、調べたら狼のハクチョウの意味も
      ある様ですね。狼は犬の先祖ですから、感じ方が似ているのですね。
      3枚目の組み合ったシーンは、まだ見たことありませんでした。
      面白い画像ありがとうございます。
      
       
引用返信
■46608 / ResNo.5)  Re[5]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ TK -(2017/03/08(Wed) 23:13:38)
    MAKOさん、余計なことをしたかもしれません。お詫びいたします。

    ところでwhoopという動詞は、寂寥感でいっぱいのオオカミの遠吠えや、フクロウのホーッl、オオハクチョウのクォー!など、ずいぶん広い範囲の掛け声や鳴き声にを表す言葉のようですね。人間が喉をやらるとぜーぜーと息をはきますが、これもフープだと辞書にありました。
引用返信
■46613 / ResNo.6)  Re[6]: 雄叫・羽ばたき・オオハクチョウ版
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 16:00:54)

      TKさん 
      
     私はまだ々、鳥の事についてはビギナーで、色々教えてもらい感謝しています。
     お気遣い頂き、ありがとうございます。 

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■46600 / 親記事)  
□投稿者/ MAKO -(2017/03/08(Wed) 17:41:00)

      7DU 150mm f5.6 1/1000 iso3200 +5/3ev

    今日は、1羽のアップのシーンにしました。これは真上を飛んでます。
2736×1824 => 800×533

1488962460.jpg
/551KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■46601 / ResNo.1)  Re[1]: 翔
□投稿者/ MAKO -(2017/03/08(Wed) 17:44:00)

       これは水面走りのシーンで、顔にピンスポットが当たった様なカットです。
2736×1824 => 800×533

1488962640.jpg
/1582KB
引用返信
■46602 / ResNo.2)  Re[2]: 翔
□投稿者/ モアイ -(2017/03/08(Wed) 21:23:24)
    No46601に返信(MAKOさんの記事)
    MAKOさん こんにちは

    タイトルが一文字になり、写真もシンプルになりましたね。
    一枚目は羽の美しさを画面一杯に表現してあり羽の構造まで解りますね。
    二枚目は全身からみなぎる力強さが感じられます。また羽は美しさでは無く、飛ぶ為のパワーを感じます。
    二枚ともMAKOさんの白鳥に対する思いが伝わってくる傑作ですね。
引用返信
■46604 / ResNo.3)  Re[3]: 翔
□投稿者/ MAKO -(2017/03/08(Wed) 22:04:45)

    モアイさん
         何時も優しいコメントありがとうございます。
      
      今日、4割位が帰った様子です。「長い間楽しませてくれてありがとう」と
      礼を言いつつ見送りました。又、会いましょう、お元気で・・・・!デスネ  

       
引用返信
■46607 / ResNo.4)  Re[1]: 翔
□投稿者/ TK -(2017/03/08(Wed) 23:04:21)
    MAKOさん、不思議なことに、自分の写真を処理しながらですが、MAKOさんのアップ写真が出てくる頃だと思っていました。一枚目など、鮮やかな一枚です。



引用返信
■46612 / ResNo.5)  Re[2]: 翔
□投稿者/ MAKO -(2017/03/09(Thu) 15:54:24)

    TKさん
       コメントありがとうございます。
      
      天候などの都合で撮影出来ない時は、在庫分からの投稿となります。
      群ればかりでもと思い、一羽のシーンにしてみました。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -