HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate田圃(1) | UpDate田圃(6) | UpDate庭には来ないツバメの若鳥(5) | Nomal田圃(2) | Nomal田圃(4) | Nomalカイツブリの子育て(3) | Nomal田圃で(1) | Nomal田圃で(1) | Nomal☆蓮池のかわせみ☆(4) | Nomal☆猛暑のカワセミ☆(4) | Nomal庭にきた若鳥たち(8) | Nomal台風接近(3) | Nomal☆蕾は残り1つ…☆(2) | Nomalおもしろ鳥景(8) | Nomalカイツブリ、トンボ(6) | Nomal☆白い蓮かわせみ☆(10) | Nomal今朝の河原(5) | Nomal思わぬ所に!(7) | Nomal大きくなったね!(6) | Nomal散歩道(2) | Nomal近くのため池で、カイツブリとトンボ(6) | Nomal散歩道(3) | Nomal橋の上から(2) | Nomal朝霧の中U(5) | Nomalミヤマガラスとスパイ偵察機(6) | Nomal朝霧の中(1) | Nomal川霧の朝(4) | Nomal白鳥親子と夏の富士(5) | Nomalヒバリの砂浴び(3) | Nomalオシドリ(2) | Nomalセグロセキレイ(1) | Nomalトビとオシドリ(4) | Nomalオナガとホオジロ(3) | Nomal河川敷でササゴイ(3) | Nomalアオサギ(2) | Nomalチョウゲンボウとツミ(1) | Nomalカイツブリとチョウトンボ(6) | Nomalガビチョウ(1) | Nomal河原(1) | Nomalオシドリ(1) | Nomalホオジロ(2) | Nomal2008年のカワセミ(3) | Nomal大きくなったコブ雛(2) | Nomalヒヨドリ(2) | Nomalコウノトリー1(2) | Nomalコウノトリー3(0) | Nomalコウノトリー2(0) | Nomalハシブトガラス(0) | Nomal朝の河原で(4) | Nomal暑すぎるので山に涼みに。(4) | Nomal夏富士と白鳥達(5) | Nomalカオジロガビチョウ(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal小雨降る中で。(4) | Nomal朝の散歩で(2) | Nomalホーホケキョ(4) | Nomalアオバズク-3(7) | Nomal早朝の河原(6) | Nomal暑中見舞い(3) | Nomalアオバズク-2(0) | Nomalアオバズク-1(0) | Nomalタンチョウのヒナ(6) | Nomal ブッポウソウ(5) | Nomalアオゲラに出会いました。(9) | Nomalシジュウカラ(6) | Nomal夕焼け色の梅雨空(5) | Nomalまだ続く我が家周辺ベビーブーム(6) | Nomal早朝の河原(2) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalいつもの運河・7/3(6) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal2008年7月(2) | Nomal☆蓮かわせみ☆(4) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その二(7) | Nomalアカショウビン(3) | Nomal梅雨空の湖(3) | Nomal今年も来てくれたアオバズク(4) | Nomalアカショウビン(4) | Nomalコールダックの雛その後(9) | Nomalメジロ(7) | Nomal水田のタマシギ(オス)幼鳥三羽(8) | Nomal朝霧の鳥景色(5) | Nomalハクセキレイと戦車(5) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その一(6) | Nomalキビタキ♀(0) | Nomalキビタキ♂(0) | Nomalエナガ(2) | Nomalいつもの運河・6/24(2) | Nomalソウシチョウ(0) | Nomalゴジュウカラ(2) | Nomalいつもの運河・6/22(3) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomal大きな白鳥、小さな白鳥(5) | Nomal☆かわせみ☆(0) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomalコウノトリ(2) | Nomal☆子育て奮闘中!!☆(0) | Nomalいつもの運河・6/19(1) | Nomal☆アオバト☆(2) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■28684 / 親記事)  エナガ&猛禽
□投稿者/ toro -(2015/01/13(Tue) 20:18:31)
http://torochi.yu-yake.com/
    今日はエナガを撮りました。
    近くでは草むらの上を猛禽が飛んでいました。

    Canon EOS Kiss X3 1/640 ISO-250
2000×1333 => 800×533

1421147910.jpg
/279KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■28685 / ResNo.1)  Re[1]: エナガ&猛禽
□投稿者/ toro -(2015/01/13(Tue) 20:19:36)
http://torochi.yu-yake.com/
    網状のフェンス越しに追いかけたのでフェンスが写ってしまいました。
2000×1333 => 800×533

1421147975.jpg
/252KB
引用返信
■28689 / ResNo.2)  Re[2]: エナガ&猛禽
□投稿者/ MAKO -(2015/01/13(Tue) 20:42:24)

       toroさん
        
        エナガちゃんジャスピンですね。
        猛禽はチュウヒでしょうか?私はまだ撮った事がありません。
引用返信
■28699 / ResNo.3)  Re[3]: エナガ&猛禽
□投稿者/ toro -(2015/01/13(Tue) 22:03:52)
http://torochi.yu-yake.com/
    MAKOさん

    いつも有難うございます。
    エナガは光量があったので150-600mm手持ちで行けました。(#^.^#)
    チュウヒはこの場所を縄張りにしていて、よく見ます。
引用返信
■28708 / ResNo.4)  Re[1]: エナガ&猛禽
□投稿者/ shok -(2015/01/14(Wed) 10:11:21)
    No28684に返信(toroさんの記事)
    > toroさんの愛鳥エナガちゃん可愛く撮れてますねチュウヒの飛翔姿美しいですね
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■28678 / 親記事)  二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ モアイ -(2015/01/13(Tue) 19:57:27)
    BORG125SD+LUMIX GX7 iso400 ss1/500 F6.0 1500mm相当 トリミング
    SILKYPIX JPEG Phptography3.0

    やったー 二匹ゲットだぜー!! ビュイーン・・

1200×802 => 800×534

1421146646.jpg
/392KB
引用返信

▽[全レス8件(ResNo.1-8 表示)]
■28679 / ResNo.1)  Re[1]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ モアイ -(2015/01/13(Tue) 19:59:49)
    No28678に返信(モアイさんの記事)
    > BORG125SD+LUMIX GX7 iso400 ss1/500 F6.0 1500mm相当 トリミング
    > SILKYPIX JPEG Phptography3.0

    アッ!! 落ちた !!
1200×802 => 800×534

1421146788.jpg
/353KB
引用返信
■28680 / ResNo.2)  Re[1]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ mymt -(2015/01/13(Tue) 20:07:21)
    モアイさん、こんばんは。
    魚を2匹ゲットした写真は初めて見ました。
    落ちが良いですね。
    普段なら、邪魔になる枝が「うっしまった!!!誰も見てないよな!!!」のカワセミの表情を上手く引き出しています。
引用返信
■28682 / ResNo.3)  Re[2]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ toro -(2015/01/13(Tue) 20:13:00)
http://torochi.yu-yake.com/
    ■モアイさん

    最初の写真はやはり水滴の円形の美ですね! 綺麗に飛沫が写っていて素晴らしい!
    2枚目は目に「がっくり」感が漲っていますね!
    2匹とも落ちて、呆然としている様が窺えます。。
    エレキテル連合の名台詞はここで使わなきゃ!
引用返信
■28686 / ResNo.4)  Re[3]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ MAKO -(2015/01/13(Tue) 20:22:03)
      
       モアイさん
         
         飛沫の円が綺麗に出ていますね。
         やっちまった感が、見えて面白いです。
         「欲張るといかん」と学んだカワセミ君でした。
        
引用返信
■28696 / ResNo.5)  Re[1]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ S.NOTO -(2015/01/13(Tue) 21:46:44)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    モアイさん、水滴が素敵ですね。複数ゲットは、魚が動かずに固まっている冬場に多いですね。ただ、咥え直しで食べれるのはいつも一匹だけのようです。
引用返信
■28701 / ResNo.6)  Re[2]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ TK -(2015/01/13(Tue) 22:25:38)
    モアイさん、野鳥版イソップ物語ですか。「野鳥写真掲示板」でものが言えなくなる佳品を拝見することが多いのですが、一瞬噴き出した後で撮影者の思い入れと技量に思いが行き着く絶妙の一枚は初めてです。
引用返信
■28705 / ResNo.7)  Re[2]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ モアイ -(2015/01/14(Wed) 09:33:00)
    No28679に返信
    ☆mymtさん ☆toroさん ☆MAKOさん ☆S.NOTOさん ☆TKさん コメントありがとうございました。

    カワセミの写真は何年も撮ってますが、飛沫のアーチがこんなに上手く撮れたのは初めてでした。最初は球形の水滴がだんだん長くなるので、スピードアップしているのが解ります。また魚を落とした後の格好が滑稽で、思いがけず良い写真が撮れました。皆さんのコメントを糧にしてまたチャレンジしたいと思います。
    次の写真は魚を落とす前の雄姿です。


1200×802 => 800×534

1421195579.jpg
/455KB
引用返信
■28706 / ResNo.8)  Re[1]: 二兎を追うものは一兎も得ず。
□投稿者/ shok -(2015/01/14(Wed) 09:56:05)
    No28678に返信(モアイさんの記事)
    > モアイさん二兎を追うものは一兎を得ずとは鳥の世界にも通ずる例えですね
    それにしても二枚の写真見事な描写で初めて見る光景です。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■28593 / 親記事)  完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ TK -(2015/01/12(Mon) 00:53:23)
    できたとしても買える値段ではないでしょうが、たとえ霧でも闇でも、ファインダーの枠外でもと、撮り手はスイッチを入れたら景色でも眺めていればいいカメラもやがては完成するのでしょうね。コンパクトのデジタルカメラでも、かなり自在に対象を追うのを見て、こんな不真面目なことを考えました。

    霧の中で立っている人は私ではありませんが、私と同じことを考えていたかもしれません。この写真もソフトでいじっていたら、突然カモメが見えるようになりました。
1400×787 => 800×449

1420991603.jpg
/449KB
引用返信

▽[全レス10件(ResNo.1-10 表示)]
■28595 / ResNo.1)  Re[1]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ モアイ -(2015/01/12(Mon) 07:02:49)
    No28593に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    完全自動追跡カメラは近いうちに出来るかもしれませんね。でもそれだと皆な同じ写真になってしまうので、今くらいが良いのではないでしょうか。
    ところでこの写真、色数が少なくてイイ雰囲気になってますね。セピア風とでも言うのでしょうか、なすすべが無く立ち竦むカメラマンの後ろ姿とよく合ってますね。
    僕も真似してやってみましたが、難しいですね!! 夕暮れの寂しい感じが出ればと思いましたが、なかなか思うようになりません。次の写真です。
1200×675 => 800×450

1421013769.jpg
/236KB
引用返信
■28630 / ResNo.2)  Re[2]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ MAKO -(2015/01/12(Mon) 19:37:44)

      TKさん
        
        これは、引き伸ばし用レンズではない様ですね。
        モデルさん、後ろ姿かと思いましたが襟が見えますから前向きでしょう。
        モノクロ写真を調色した様な感もあり、フォギーで幻想的ですね。



引用返信
■28638 / ResNo.3)  Re[3]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 20:32:11)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    そんなカメラが出たら、忍術の雲隠れの術も通用しなくなるでしょうね。(笑)
    ある人物の諦めの境地を写真で表現したらこうなる・・の見本ですか!?(笑)

引用返信
■28650 / ResNo.4)  Re[2]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ TK -(2015/01/12(Mon) 22:19:08)
    モアイさんがおっしゃるとおり、あまりにカメラ任せでは野鳥写真掲示板もつまらなくなりますね。フィルムとマニュアル焦点合わせの時代だと、ごく基本的な知識だけは身につけておかないと、高価なフィルムを無駄にする結果になったことを覚えています。

    モアイさんのハクチョウ夕景ですが、Silkypixに含められているノイズ付加(効果の中)でごく控えめにノイズと青みを与え、ある程度ハイキー風にしてみたら、いくらか夕べの淋しい感じになりました。まさかそれをアップするわけにはいかないので、私の「霧のバーダー」にノイズを加えたのをお目にかけます。夕方ではなくてより深い霧になったようですが、違いは見て取っていただけるかと思います。

    ヒントになったのはフィルム時代の増感現像でした。プロの人たちは、この手段がもたらす面白い効果を期待する場合もあったようです。

1400×931 => 800×532

1421068746.jpg
/657KB
引用返信
■28654 / ResNo.5)  Re[3]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ TK -(2015/01/12(Mon) 22:47:05)
    2015/01/12(Mon) 23:09:34 編集(投稿者)

    MAKOさん、データを記載せず、失礼しました。300mmレンズの撮影です。
    Pentax K-3 + DA*300mm、絞り値f-11、1/320秒、ISO-200、露出補正なし。

    霧とお日様ギラギラ逆光のときは、本気で着色した区なりますね。専門家の薦められるハイキータッチも、もう一つ納得できないのです。

    toroさん、天体写真ではある程度忍術調ハイテクが取り入れられているし、テレビのネーチャー番組で見るVTRのプロカメラマンたちはNASAもどきの技術を使っていますね。カメラの向きを変える装置が安価に得られるのなら、スマートフォンやタブレットとつなげて撮る可能性もありそうです。でも孫を訓練して助手にする方が、はるかに経済的かもしれません。
引用返信
■28658 / ResNo.6)  Re[3]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ モアイ -(2015/01/13(Tue) 09:00:22)
    No28650に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    返信ありがとうございます。ノイズを加えるという発想は有りませんでした。なるほど霧のバーダーは、より深い霧になって最初の写真とは別の雰囲気になりましたね。
    画像処理は奥が深いものですね、引き出しが増やせるように試行錯誤してみます。ありがとうございました。
引用返信
■28660 / ResNo.7)  Re[1]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ かずかず -(2015/01/13(Tue) 10:06:12)
    No28593に返信(TKさんの記事)

    >TKさん、いろいろ考えてるんですね。
    AE AF プログラム 手振れ防止 等カメラ、レンズは進化してきてます。

    完全自動追跡も技術的には不可能な気がしません。
    でもカメラを趣味にしている人には今以上の進化はいらないと思うし、私ならこの追跡モードは切にして使うと思います。

    TKさんもあまり考えすぎないように撮影に集中してください。
引用返信
■28674 / ResNo.8)  Re[1]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ IKM -(2015/01/13(Tue) 18:22:30)
    逆にノイズを加える…という手もあるのですね
    写真の奥深さとは深海の如しです
    いつもいつもTK様には勉強させていただいております(物覚えの悪い私ですが…)
引用返信
■28698 / ResNo.9)  Re[2]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ TK -(2015/01/13(Tue) 22:02:50)
    かずかずさん、お叱りの言葉、たいへんよく理解できます。撮影中にこんなことを考えていると、せっかくのチャンスを失いますよね。夢みたいなことを考えるのは、一日の撮影が終わった夕べ、いつも通りの凡作、失敗作の山に呆れた際に限ります。もっと真面目なことを申しあげれば、あれだけの機能を織りこんだカメラを使いこなす人がいるのだろうかと心配してからというもの、マニュアルを手にしては面白そうな機能を試しています。


引用返信
■28700 / ResNo.10)  Re[2]: 完全自動追跡・透視カメラはまだでしょうか?
□投稿者/ TK -(2015/01/13(Tue) 22:14:07)
    2015/01/14(Wed) 04:04:39 編集(投稿者)

    IKMさん、私はけっこうひねくれ者なので、いわゆる手引き書の類は毛嫌いしていたのですが、最近は教え上手の人が書いたものの真似と、マニュアルに書いてあることの実践を心がけております。それでわかったことは、おっしゃるように奥が深いというゆるぎない真理が一つ、それと無意味な自己弁護は逆に退歩要因だということでした。妄言多謝、でも年をとって夢中になれることがあるのは、何とも嬉しいことですね。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-10]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■28665 / 親記事)  ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2015/01/13(Tue) 15:19:01)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    冬の林では、この青い鳥が心を癒してくれる。
4074×2682 => 800×526

1421129940.jpg
/1046KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■28666 / ResNo.1)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2015/01/13(Tue) 15:22:04)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    ピンが甘いのですが、魅せられての「Wind is blowinng from the Aegean」と聞こえてきそうです。
2529×1715 => 800×542

1421130122.jpg
/356KB
引用返信
■28667 / ResNo.2)  Re[2]: ルリビタキ
□投稿者/ mymt -(2015/01/13(Tue) 16:59:46)
    S.NOTOさん、こんばんは。
    素晴らしい作品ですね。
    特に1枚目、これほど綺麗なルリビタキの写真は見たことがありません。
    まさに超一級の作品です。
引用返信
■28695 / ResNo.3)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2015/01/13(Tue) 21:40:00)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    mymtさん、褒めすぎのコメントありがとうございます。持ち上げ上手なmymtさんに、在庫からオオトリの一枚を貼っておきます。
2200×1492 => 800×542

1421152799.jpg
/486KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■28644 / 親記事)  ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 20:57:10)
http://torochi.yu-yake.com/
    今日は昨日のIKMさんの追っかけになりますが、ニシオジロビタキを撮って来ましたので貼らせて頂きます。(#^.^#)

    まず1枚目は枝とまり。あまり満足出来るものではありませんが。^^;

    Canon EOS Kiss X3 1/250 ISO-100 -1
2000×1333 => 800×533

1421063828.jpg
/161KB
引用返信

▽[全レス9件(ResNo.1-9 表示)]
■28645 / ResNo.1)  Re[1]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 20:58:18)
http://torochi.yu-yake.com/
    次は苔岩とまり。
1333×2000 => 533×800

1421063897.jpg
/298KB
引用返信
■28646 / ResNo.2)  Re[2]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 20:59:20)
http://torochi.yu-yake.com/
    次は、いかにも・・な木とまり。
2000×1333 => 800×533

1421063959.jpg
/422KB
引用返信
■28647 / ResNo.3)  Re[3]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 21:00:08)
http://torochi.yu-yake.com/
    ラストです。m(__)m
2000×1333 => 800×533

1421064008.jpg
/190KB
引用返信
■28648 / ResNo.4)  Re[4]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ MAKO -(2015/01/12(Mon) 21:22:38)

    toroさん
       
        こちらでは、聞いた事も無い珍しいヒタキですから、
        出会えた事に先ず感謝でしょう。
        
        地味目で和風な古風らしさもあり、構図も雰囲気が出てますね。
引用返信
■28651 / ResNo.5)  Re[5]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/12(Mon) 22:20:14)
http://torochi.yu-yake.com/
    MAKOさん

    いつも有難うございます。m(__)m
    この小鳥はとても可愛らしく、時々尾羽を立てる仕草が何とも言えない
    可愛らしさです。(#^.^#)
    ちなみに、女房がSX50HSで撮ったニシオジロビタキを貼ります。

    Canon PowerShot SX50 HS 1/250 ISO-100 -1
2000×1332 => 800×532

1421068814.jpg
/600KB
引用返信
■28653 / ResNo.6)  Re[3]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ TK -(2015/01/12(Mon) 22:29:27)
    toroさん、特に2枚目と3枚目の結果を生みながら満足できないなんて・・・・。といったところで、その執念があるからこそ秀作傑作を撮るtoroさんが存在するのに気がつきました。


引用返信
■28656 / ResNo.7)  Re[1]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ ☆王子☆ -(2015/01/12(Mon) 23:36:32)
    toroさんいつもありがとうございます。オジロビタキちゃんとても可愛く撮られてますねぇ(⌒‐⌒)距離は何メートルぐらいかな?しばらくオジロビタキは撮影してないので羨ましいです(・・;)
引用返信
■28672 / ResNo.8)  Re[1]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ IKM -(2015/01/13(Tue) 18:14:32)
    遠征お疲れ様です。
    「珍しい鳥が入った」
    等と聞くと車で行けそうな距離ならじっとしてられませんよね^^
    この子は本当に愛想の良いおりこうさんでしたね。

    カメラ本体の性格なのか、設定によるものなのか私の写真よりも明暗の差(コントラストというのでしょうか…)があるように見えますね
    またチャンスがあれば今度は納得の行く写真を撮りたいですね^^
引用返信
■28681 / ResNo.9)  Re[2]: ニシオジロビタキ
□投稿者/ toro -(2015/01/13(Tue) 20:08:16)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん、☆王子☆さん、IKMさん
    いつもコメント頂き、有難うございます。(#^.^#)
    実は等倍で見るとかなり眠い画像になっています。
    SX50HSでの等倍はシャープなのですが、やはり150-600mmの影響でしょうか。。
    IKMさん、私のアップする写真はフォトショップまたはDPPでコントラストを
    上げています。ですので、メリハリがあるように見えるのです。(~o~)
    今度いつチャンスが訪れるのか、それとも永遠に無いのか。。
    一期一会とはこう言う事を云うのですね。(~o~)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -