HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
Newこんな場面に遭遇。(0) | UpDate夕暮れの ひと時・・(2) | Nomal スズメ(3) | Nomal電動自転車でちょっと遠征しました。(02)(1) | Nomal電動自転車でちょっと遠出しました。(01)(1) | Nomalこの野鳥も到着しました。(3) | Nomal大きくなったコブ茶達(その二)(3) | Nomal近くで撮れました。(5) | Nomalカイツブリ(6) | Nomal巣材集め(3) | Nomal情報で電車でプチ遠征をしてきました。(4) | Nomal☆いつもの公園のお嬢さん☆(7) | Nomalサシバ(6) | Nomal干潟のコオバシギシーズン開幕(9) | Nomalまだ居ました コルリ若(4) | Nomalサシバの番(8) | Nomal今季初撮りです。(4) | Nomal☆カワセミ来るも…☆(4) | Nomal☆雨にも負けずカワセミ☆(2) | Nomal魚を食べる黒鳥(8) | Nomal稲刈り間近(7) | Nomal☆秋の渡り鳥が撮りたい…☆(2) | Nomal☆見返り翡翠☆(2) | Nomalサシバ(4) | Nomal夏も終わりかな?(1) | Nomalいつもの運河ほか(2) | Nomal本格的に渡りが始まりました。04(サンショウクイ)(5) | Nomalコサギ(4) | Nomal翡翠のおもしろ画像(3) | Nomal月見草と鳥景色(4) | Nomalおもしろ画像(4) | Nomal本格的に渡りが始まりました。02(ヤブサメ)(3) | Nomal大きくなったコブ茶達(2) | Nomal本格的に渡りが始まりました。05(キビタキ♀)(1) | Nomal本格的に渡りが始まりました。03(センダイムシクイ)(1) | Nomal本格的に渡りが始まりました。01(コサメビタキ)(1) | Nomal野鳥観察難易度ホームページを作成いたしました。(1) | Nomal情報をいただき 行って来ました。(5) | Nomal田圃(4) | Nomalいよいよシギ類の渡りが始まりました。(3) | Nomalいつもの園前(4) | Nomal田圃(1) | Nomal田圃(3) | Nomal田圃(1) | Nomalそろそろ渡りが始まりました。(3) | Nomalいつもの園(3) | Nomal田圃(1) | Nomal夏、海、太陽、ウミネコ(7) | Nomalアオバト(2) | Nomal田圃(2) | Nomalいつもの運河ほか(6) | Nomal田圃(3) | Nomal田圃(6) | Nomal庭には来ないツバメの若鳥(5) | Nomal田圃(2) | Nomal田圃(4) | Nomalカイツブリの子育て(3) | Nomal田圃で(1) | Nomal田圃で(1) | Nomal☆蓮池のかわせみ☆(4) | Nomal☆猛暑のカワセミ☆(4) | Nomal庭にきた若鳥たち(8) | Nomal台風接近(3) | Nomal☆蕾は残り1つ…☆(2) | Nomalおもしろ鳥景(8) | Nomalカイツブリ、トンボ(6) | Nomal☆白い蓮かわせみ☆(10) | Nomal今朝の河原(5) | Nomal思わぬ所に!(7) | Nomal大きくなったね!(6) | Nomal散歩道(2) | Nomal近くのため池で、カイツブリとトンボ(6) | Nomal散歩道(3) | Nomal橋の上から(2) | Nomal朝霧の中U(5) | Nomalミヤマガラスとスパイ偵察機(6) | Nomal朝霧の中(1) | Nomal川霧の朝(4) | Nomal白鳥親子と夏の富士(5) | Nomalヒバリの砂浴び(3) | Nomalオシドリ(2) | Nomalセグロセキレイ(1) | Nomalトビとオシドリ(4) | Nomalオナガとホオジロ(3) | Nomal河川敷でササゴイ(3) | Nomalアオサギ(2) | Nomalチョウゲンボウとツミ(1) | Nomalカイツブリとチョウトンボ(6) | Nomalガビチョウ(1) | Nomal河原(1) | Nomalオシドリ(1) | Nomalホオジロ(2) | Nomal2008年のカワセミ(3) | Nomal大きくなったコブ雛(2) | Nomalヒヨドリ(2) | Nomalコウノトリー1(2) | Nomalコウノトリー3(0) | Nomalコウノトリー2(0) | Nomalハシブトガラス(0) | Nomal朝の河原で(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■29916 / 親記事)  季節を楽しむ:マナヅル
□投稿者/ 4代目 -(2015/02/06(Fri) 17:37:22)
http://inaoka4th.exblog.jp/
    わたしの地域に飛来するのは40年ぶりだそうです。

    ちまたの話題でしたので撮影しました。

    ☆856手持ち撮影です。
2400×1600 => 800×533

1423211842.jpg
/3137KB
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■29934 / ResNo.1)  Re[1]: 季節を楽しむ:マナヅル
□投稿者/ TK -(2015/02/06(Fri) 20:32:37)
    4代目さん、今日は、鶴にスポットライトが当たっていますね。別の方がカナダヅルをアップされていました。




引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■29904 / 親記事)  スノードロップとマツユキソウ
□投稿者/ TK -(2015/02/06(Fri) 00:01:33)
    2015/02/06(Fri) 00:11:03 編集(投稿者)

    スノードロップが可憐な花を見せる早春がやってきました。体感的にも実質的にも2月〜4月は春と見なす英国流は当たっていると思います。これは我が家のスノードロップ、背景はクロウタドリ(ツグミの仲間)のお父さんです。
    Pentax K-3 + DA*300mm + Pentax 1.4倍リアコンバーター、絞り開放、1/100秒、ISO-1250、露出補正 +0.3。




1400×931 => 800×532

1423148493.jpg
/683KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■29905 / ResNo.1)  Re[1]: スノードロップとマツユキソウ
□投稿者/ TK -(2015/02/06(Fri) 00:09:22)
    2015/02/06(Fri) 00:12:52 編集(投稿者)

    ところが、スノードロップの日本語名はマツユキソウ(待雪草)とか。こちらでも気象専門家は、この花などが示す春の予兆はしばしば冬の逆戻りで裏切られると解説しています。なるほど一枚目を撮った日から二日後、きちんと降雪がありました。
    Pentax K-3 + DA*300mm + Pentax 1.4倍リアコンバーター、絞り8.0、1/100秒、ISO-1600、露出補正なし。



1400×931 => 800×532

1423148961.jpg
/853KB
引用返信
■29928 / ResNo.2)  Re[2]: スノードロップとマツユキソウ
□投稿者/ MAKO -(2015/02/06(Fri) 19:47:58)

       TKさん

    スノードロップは、やはりヨーロッパの香りがすると思います。
       我が家にはスノーフレークと言う、良く似た花がありますが、これも
       そちら生まれの様です。
       TKさんの庭にも色々な、野鳥が訪れるみたいで、素敵なことですね。
引用返信
■29932 / ResNo.3)  Re[3]: スノードロップとマツユキソウ
□投稿者/ TK -(2015/02/06(Fri) 20:20:47)
    MAKOさん、ありがとうございます。周辺の干潟や湿地帯は野鳥の天国ですが、今の家の庭は小さいことと、周辺にも高い樹がないため常連は片手の指で間に合います。ここに移る前の庭は様々な条件に恵まれて、年間60種類を越す野鳥が見られました。デジタル時代以前だったので、当時の写真をデジタル化する気にならないまま、当時を思い出しています。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■29922 / 親記事)  アトリ・ペア
□投稿者/ 丹黒 -(2015/02/06(Fri) 18:52:38)

    出会いはそこそこあるのですが、失敗作品が多く投稿できませんでした。

    60HS f/6.5 1/160秒 ISO−100 焦点距離247mm 切取
3074×2307 => 800×600

1423216358.jpg
/1774KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■29923 / ResNo.1)  Re[1]: アトリ・ペア
□投稿者/ ☆王子☆ -(2015/02/06(Fri) 19:07:52)
http://
    この鳥はアトリではなくカシラダカです。
引用返信
■29924 / ResNo.2)  Re[1]: アトリ・ペア
□投稿者/ 丹黒 -(2015/02/06(Fri) 19:12:45)
     
    日が差すと雲雀の囀りも聞こえますが、春はまだ遠い感じです。

    キジバトも寒そうです。

    60HS f/6.5 1/320秒 ISO−200 焦点距離247mm 切取
4608×3456 => 800×600

1423217565.jpg
/2481KB
引用返信
■29925 / ResNo.3)  Re[2]: アトリ・ペア
□投稿者/ 丹黒 -(2015/02/06(Fri) 19:18:49)
    No29923に返信(☆王子☆さんの記事)
    > この鳥はアトリではなくカシラダカです。

    ☆王子☆初めまして、有難うございます。 すみませんその通りです。

    お恥ずかしい。 編集してみます。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■29830 / 親記事)  大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/04(Wed) 21:19:53)
    順序が逆になりましたが、夕日を撮した干潟の早朝に戻ります。道路の混雑にも驚いたのですが、明るくなって人、犬、子供の数が多いのを見て納得したのですが、おそらくローカルのテレビ局か新聞社が「大潮ですよ」と知らせたのでしょう。特に子どもたちが早くから自然に触れるのは素晴らしいことではないですか!

    DMC-GX7 + EL Nikkor F-5.6,135mm引き延ばしレンズ + BORG M-42 ヘリコイドLほかアダプター、絞り開放、1/125秒、露出補正なし。

1400×934 => 800×533

1423140646.jpg
/892KB
引用返信

▽[全レス15件(ResNo.1-15 表示)]
■29832 / ResNo.1)  Re[1]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/04(Wed) 21:32:14)
    2015/02/04(Wed) 22:14:52 編集(投稿者)

    いつものようにBORGを三脚に据え、300mm付きの一眼レフを横にという態勢でまだ薄暗い浜辺に座りこんだのですが、コオバシギの集団はせいぜい数百羽が逃げこんできただけでした。退屈していたら、眼前の波打ち際で朝食中のオグロシギを見つけました。識別用のリングがないので先日アップしたのとは違う個体のようですが、この鳥は明らかに翼が駄目になっています。
    Pentax K-3 + DA*300mm、絞り値 f/9、1/320秒、ISO-1600、露出補正 +2.7。

1400×931 => 800×532

1423053129.jpg
/862KB
引用返信
■29855 / ResNo.2)  Re[1]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ モアイ -(2015/02/05(Thu) 11:35:45)
    No29830に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    ずいぶん人で賑やかですね!まるでお祭りでも始まりそうな雰囲気です。シギの群翔を見に来たのでしょうか?
    空を飛んでいるのは白鳥みたいですね。
引用返信
■29857 / ResNo.3)  Re[2]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ たなか -(2015/02/05(Thu) 12:28:47)
    TKさん、こんにちは。

    人々の群像は、鳥写真ではありませんが、落ち着いた色調のミレーの絵を思わせる1枚ですね。構図が低いですが、一段下がった場所から撮影されたのでしょうか。

    さきほど「鳥写真ではない」と申しましたが、背景にちゃんと鳥の群れが映っているところがニクイですね。

    TKさんのように、ほとんどライフワークと言うべき連作であったり、他のみなさんの、鮮明であったり、面白いシチュエーションであったり、珍鳥を撮ったりという作品に気圧されて、私自身は発表できるほどの写真がなかなか撮れません。

    しかし、引っ込んでいてばかりでは進歩もありませんので、ごあいさつ代わりに昨日撮ったオナガの写真を貼らせていただきます。ほとんどシルエットだし、尾の先が枝に掛かってしまっていますが。
    いつも持ち歩いているSTYLUS-1で撮ったものです。実は、この写真、左右逆転してあります。なぜかその方が構図がしっくりきました。   


2000×1334 => 800×533

1423106926.jpg
/729KB
引用返信
■29863 / ResNo.4)  Re[3]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ toro -(2015/02/05(Thu) 17:59:34)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    大潮になるとどんな良い事が待っているのですか!?(#^.^#)
    沢山の人手で賑わっているのもまた良いですね。
    オグロシギの翼はダメになっているのですね。。
    厳しい自然をどう生き抜いていくのか気がかりですね。
引用返信
■29880 / ResNo.5)  Re[1]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ shok -(2015/02/05(Thu) 19:45:37)
    No29830に返信(TKさんの記事)
    > TKさんオグロシギの翼に障害が有るとのことですが僕が先日アップした
    ギンムクドリもは足に怪我をしており今でも無事に渡ることが出来るか
     気になります
引用返信
■29882 / ResNo.6)  Re[2]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ MAKO -(2015/02/05(Thu) 19:59:53)

      TKさん
        
        大潮の為に集った人々の様ですが、それ程珍しい事ではないと
       思いますが、特別な何かがあるのでしょうか?
引用返信
■29883 / ResNo.7)  Re[2]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 20:01:28)
    モアイさん、本当に賑やかでした。風が強くて寒かったので、引き上げるのも早かったのですが。お目当ては一に薄暗いうちなら見られるコザクラバシガンの飛来、二はご存じコオバシギ集団ですが、雁の方はシーズン末期なのでやはり数は少なかったようです。コオバシギは昨夜も大潮だったので予め安全なところに避難していたようですが、皆さんの左手にある淡水湖にはほんの数百羽だけでした。

    遠くに見えるのは、体型からするとむしろカモメ類かダイシャクシギですが、ちょっと判別できません。もし白鳥だったら、私は皆さんを掻き分けて着水地点に急いだことでしょう。


引用返信
■29886 / ResNo.8)  Re[1]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ @MT -(2015/02/05(Thu) 20:24:36)
    No29830に返信(TKさんの記事)
    TKさん、さすがバードウオッチング発祥の国だけあって老若男女おられますね、雰囲気を楽しませてもらいました。
引用返信
■29887 / ResNo.9)  Re[3]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 20:29:17)
    たなかさん、コメントと力作を拝見しながら感激しております。

    あいにく晩鐘ではありませんが、太陽が顔を出して皆さんがホッとしている感じは出せた用です。ご指摘のように私は一段下がった波打ち際にいたので、見上げた構図になっていますが、現像時に雑な角度調整をしたことが暴露されています。

    この場所はいつもの干潟なので、鳥が入りこまない写真を撮るのは意外と困難なのです。これがコオバシギの大集団ならいうことはないのですが。

    ご自身の>作品投稿を遠慮されているようですが、やはり幅広い写真を拝見したいと考えます。ごく一部のメンバーのサロンに堕さないためにも、せっかくの場を提供されているスポンサー2社のご恩に応える意味でも、たなかさんよろしくお願いいたします。

    オナガの写真ですが、左右逆転といわれているのは、鏡に映ったような写真に変わっているということでしょうか。構図という意味なら、この投稿画像の方がはるかに落ち着きますね。それに素早い動きが伝わってきますし、ソフトで少しいじれば明るくなって、より鳥を浮き出させることは可能だと思います。

    今後ともよろしくお願いいたします。


引用返信
■29891 / ResNo.10)  Re[4]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 20:50:29)
    toroさん、オグロシギにまた会ったら、日本の友達が心配していたと伝えておきます。上段ではなくて、鳥にはやたら優しい私なのでよく話かけているのです。

    日本の干潟も同じだと思いますが、英国でいくつかある有名な干潟はいずれも単なる砂ではなくて、脚を取られるような粘土みたいな土壌です。そして月の動きを関連しながら、大潮だと7〜8メートルに及ぶ高さまで海水が押し寄せ、こういうときにはコオバシギやハマシギ、ミヤコドリそのほか諸々の水鳥の餌場が消えてしまうわけです。そこで鳥たちは潮の寄せ方しだいで規模や回数が違いますが、浜辺に近い側へ避難してきます。

    私肉がよく行く保護区は防潮堤で仕切った淡水湖があることと、この湾内全部がゴカイや小エビ、貝類に恵まれているので、冬は数十万羽が集まってくるのだそうです。引き潮が始まると、お腹を空かせた水鳥たちが今度は浜から近い干潟に戻り、だんだん遠い方に移動していくわけです。小潮になると湾内の露出している土壌の面積が大きいので、鳥たちの動きは小規模になって見物の人々はがっかりするわけです。季節的には、繁殖期を迎えた鳥はこの地区に固執せずばらばらになってしまいますが、5月から翌年3月までは潮の時刻表と天気情報を持っていれば、何かしら得るものがあるのです。

    わかりにくい説明ですが、ご注文や感想などいただければ幸いです。


引用返信
■29892 / ResNo.11)  Re[2]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 20:59:53)
    shokさん、ありがとうございます。

    怪我をした鳥は本当に気の毒ですよね。猛禽に襲われたりすることも多い反面、送電線や巨大な風力発電塔など人間のやったことが原因であることも多いのです。脚が片方しかない白鳥が飛んでいるのを見たことがあるので、やはり翼が致命傷でしょうか。夫婦が別れ別れになる悲劇があるかと思えば、片輪同士のオオハクチョウが結ばれる、そうして生まれた雛たちが1年ないし2年を一緒に過ごすといったいいお話もあります。





引用返信
■29893 / ResNo.12)  Re[3]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 21:32:55)
    MAKOさん、いつもありがとうございます。

    なぜ人が集まるかというご質問ですが、toroさんにお答えした内容でいくらかはおわかりいただけることを願っております。Wikipediaでも干潟の説明はありますが、英語版の方がより詳しいように思います。

    いずれにせよ、これだけ子供と犬が多かったのは始めてでした。好天で週末だったため家族連れが多かったのはわかりますが、この保護区は駐車場から2キロ近く歩かないといけないし、暗いうちから大勢が集まっていたところを見ると、今回は何か別の動きがあったのでしょう。例えば英国野鳥の会(RSPB)は毎年今ごろの野鳥の動向を調べるため、全国の学校を通して子どもたちに庭で見かけた野鳥の種類を記録させます。今年の場合はそこから一歩出て、かの有名な干潟(スネッティシャムSnettisham)へ行こうという話になったのかもしれませんね。500mm、600mmを抱えた人は数組しかいなかったので、同好会がやってきたというわけでもなさそうでした。

    残念ながらここで追加した写真(満潮時から2時間後の午前11時)を見られた人は、50人を超えていなかったように思います。この時間になると、ミヤコドリとオグロシギを中心に数千羽が再び露出した餌場に戻っているところです。300mmレンズによる撮影です。

    改めて感想をお聞かせいただければ幸いです。



1400×931 => 800×532

1423139574.jpg
/846KB
引用返信
■29896 / ResNo.13)  Re[4]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ toro -(2015/02/05(Thu) 22:00:40)
http://torochi.yu-yake.com/
    TKさん

    詳しい説明有難うございました。m(__)m
    つまり、大潮の時はこぞって野鳥が近くまで避難してくるので、観察しやすいと言う訳ですね!
    その状況で生まれる神秘的な光景・・・水鳥の大群をひと目見させてあげたいと言う親心から
    子供たちを伴っての家族の大集合となる訳ですか。。
    小さい時にこの壮大な情景を経験する事は、その子たちの将来に何かしらの良い影響がある
    だろうと期待しているのでしょう。。 素晴らしい事です。
引用返信
■29900 / ResNo.14)  Re[2]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ TK -(2015/02/05(Thu) 22:12:36)
    @MTさん、いつもいつもありがとうございます。

    ほかの方への追加説明でも触れましたが、おっしゃるように英国はこういうことになると凄いことをやりますね。

    @MTさんも触れてお出ででしたが、英国野鳥の会(RSPB)がこれだけ行動力と資金力があるのは、90%に及ぶスタッフが無給のボランティア、ジュニアメンバー1万5千人を含む百万人のメンバー(一般会員の年間会費は約6千円)、更には貧者の一灯を含む寄付金のおかげです。
引用返信
■29919 / ResNo.15)  Re[3]: 大潮干潟に日が射して
□投稿者/ MAKO -(2015/02/06(Fri) 18:08:25)

      TKさん
         
        ご丁寧な返答ありがとうございます。理解出来ました。
        単純に潮の満ち引きに、何故これほどの人々が集まるのかと思いました。
        これ程の大集団を撮りながら、一羽をアップされるとは....。
        皆さん、TKさんの術中にはまった様ですね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9] [10-15]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■29908 / 親記事)  シジュウカラ
□投稿者/ mymt -(2015/02/06(Fri) 16:05:49)
    今日の朝撮りです。この時期の陽射しは難しいです。白トビと黒ツブレが紙一重です。

    SX50HS 215mm ISO-80 F6.5 SS=1/100 
1600×1200 => 800×600

1423206348.jpg
/1424KB
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■29914 / ResNo.1)  Re[1]: シジュウカラ
□投稿者/ TK -(2015/02/06(Fri) 17:18:50)
    2015/02/06(Fri) 20:38:10 編集(投稿者)

    mymtさん、おっしゃるように朝日の鋭さは危いですね。私は、せっかく内陸まで飛んできてくれたセグロカモメの胸を白飛びさせました。コグマルカラスの黒だって、棟上にいたらどうなったやら。
    Pentax K-3 + DA*300mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り開放、1/500秒、ISO-800。

    無断でmymtさんの写真を拡大してよく見たら、白飛びはまったくしていなくて補正できるように思いました。さすがですね。



1400×931 => 800×532

1423210730.jpg
/974KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -