HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate五月晴れの鳥景色(1) | UpDateコアジサシ(5) | UpDateいつもの運河・ほか(2) | UpDateスズメとヘアリーベッチ(3) | Newミソサザイ(0) | Newコウノトリ(0) | UpDateホオジロ(2) | Nomal☆今日のツミ♂☆(0) | Nomalコウノトリ♂(4) | Nomalいつもの園の珍客。(5) | Nomalキビタキ♂(1) | Nomalコウノトリ(1) | Nomalコウノトリ♂(3) | Nomal☆青葉木菟☆(8) | Nomal囀り(7) | Nomalアオゲラのマイホーム(5) | Nomalミソサザイ(2) | Nomalチョウゲンボウ・5/20(2) | Nomal干潮時のいつもの園です。(6) | Nomal☆雀レンズテスト3☆(4) | Nomal四か月遅れ日の出のオオハクチョウその一(6) | Nomalチョウゲンボウ・5/18(6) | Nomal☆緑地のカワセミ☆(5) | Nomal水鳥以外のベビーラッシュは?(5) | Nomal☆ピラカンかわせみ&トベラかわせみ☆(4) | Nomalチョウゲンボウ・5/16(3) | Nomalブッポウソウ(3) | Nomalオオルリ(4) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その二(11) | Nomalキビタキ(3) | Nomal☆雀鷹♂☆(3) | Nomal見返りコマドリ(4) | Nomal☆白いピラカンサの花かわせみ☆(7) | Nomalいつもの運河・5/14(7) | NomalMFアシスト(8) | Nomal水鳥のベビーラッシュ その一(8) | NomalNO TITLE(5) | Nomal☆黄鶲♂☆(5) | Nomalプチ遠征(6) | Nomal休耕田(5) | Nomalヒバリ(9) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣最新ニュース(6) | Nomal本日のショウタイム。01(5) | Nomalいつもの園に珍客が。(4) | Nomalいつもの運河・5/11(4) | Nomal☆大瑠璃♂&雀鷹♂☆(3) | Nomal休耕田(3) | Nomal☆雀鷹レンズテスト3☆(7) | Nomal航空ショー始まる(7) | Nomalチョウゲンボウ・5/8(4) | Nomalお城で!(0) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣その後(4) | Nomalいつもの園で(6) | Nomal☆雀鷹♂♀レンズテスト2☆(1) | Nomalいつもの園でのミサゴです。01(3) | Nomalブッポウソウ(4) | Nomal観察用望遠鏡(3) | Nomalいつもの運河(4) | Nomal休耕田で(6) | Nomal☆10ミリレンズテスト☆(0) | Nomal キジ(2) | NomalミラーレスAF-BORG(5) | Nomalこの園での可愛い水鳥の紹介です。(4) | Nomalカンムリカイツブリの浮巣(8) | Nomal直後!(5) | Nomal☆コサメビタキ&カワセミ☆(3) | Nomalやっとこの園に来てくれました。(5) | Nomalヤマガラ(2) | Nomal芽生え(6) | Nomalダイサギの舞(4) | Nomalチョウゲンボウとトカゲほか(4) | Nomal☆カワセミ♂☆(5) | Nomalいつもの園に珍客が!(5) | Nomalいつもの運河(3) | Nomal泥浴び(8) | Nomal一瞬のショウタイム(6) | Nomalボート池(3) | Nomalカラフルな河原(8) | Nomal☆カワセミ&キジバト☆(3) | Nomalいつもの園前(6) | Nomal飛びものに挑戦しました。(5) | Nomal雉の散歩(10) | Nomalシジュウカラ(3) | Nomalカーブミラー(5) | Nomal☆キビタキ♂☆(2) | Nomalいつもの園でのミサゴです。(4) | Nomal河原の常連(7) | Nomalキビタキ(2) | Nomal☆カルガモ&カワセミ☆(7) | Nomal干潟に居たチュウシャクシギ(4) | Nomalいつもの運河ほか(3) | Nomal河原はカラフルです(5) | Nomal☆キビタキ♂&カワセミ♂☆(5) | Nomalコシアカツバメ(5) | Nomalムシクイと呼ばれるはずです。(3) | Nomal☆オオルリ♂♀&カワセミ♂☆(8) | Nomal海沿いの緑地・チョウゲンボウほか(4) | Nomalコサギの食事(1) | Nomal新緑(6) | Nomalキビタキ(4) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■46446 / 親記事)  永遠のテーマ
□投稿者/ モアイ -(2017/03/01(Wed) 09:40:59)
    SONYα7s+ZEISS T* FE16-35mmF4 iso12800 f4 ss1/8 16mm
    SILKYPIX JPEG Photography7

    鑑賞に堪える画質を維持しながら何処までiso感度を上げられるか? これは野鳥写真を始めた頃からのテーマで、いつもiso感度との闘いでした。そして今も闘い続けています。(笑)
    TKさんとの宿題で、飛んでいる白鳥を満月の光だけで撮ると云うのがありましたが、まだ実現出来そうもありません。でも機材の進歩で浮いている白鳥なら何とか撮れました。(ss1/8なので白鳥はブレてますが・・)
    流石に満月の光だけだと暗いのでホテルの明かりを利用して補助光としました。撮って出しだとノイズがかなり気になるのでソフトでノイズ処理をしたところ見られる様になりました。画像処理の重要性を痛感した次第です。
    去年までは、この機材がベストだと思っていたのですが、ペンタックスのKPが発売され過去のものになってしまいました。誰か作例写真アップしてくれないかなあ・・
2300×1536 => 800×534

1488328859.jpg
/932KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■46450 / ResNo.1)  Re[1]: 永遠のテーマ
□投稿者/ mymt -(2017/03/01(Wed) 13:25:21)
    モアイさん、この写真でも十分凄いと思いますよ。
    ISO800までしか撮らない私にとって未知の世界です。
    真似するにはRX1RM2を手に入れなくては・・・
引用返信
■46451 / ResNo.2)  Re[1]: 永遠のテーマ
□投稿者/ TK -(2017/03/01(Wed) 15:26:54)
    モアイさん、畏れ入りました。機材も進歩しましたが、ソフトも日進月歩してこの画像が生まれました。そして私が泣きついたモアイさんが、野鳥写真のこれからに光を当ててくらました。デジタル時代であるだけに画像処理は必須、このことも改めて自分に言い聞かせています。

    ”満月を撮ってくれろと泣く子かな”。




引用返信
■46454 / ResNo.3)  Re[2]: 永遠のテーマ
□投稿者/ MAKO -(2017/03/01(Wed) 16:36:13)

      モアイさん
      
      月光で動く白鳥を止めるのは、流石に無理がありそうですね。
      動いてるのも自然でしょう!ホテルの照明がゴールドで綺麗ですね。
      いい仕上げになってますね!
      KPの作例は価格COMやPHOTOヨドバシに出てますね。12800位まで常用可かも?


         
引用返信
■46462 / ResNo.4)  Re[1]: 永遠のテーマ
□投稿者/ denpou -(2017/03/01(Wed) 19:24:46)
    No46446に返信(モアイさんの記事)
    モアイさん

     夜明け前の画像が有ると思えば ISO-12800の宵の画像 凄いですね 私なんかは とても そんなに持続することは不可能です、撮影に対する信念がひしひしと感じられ 私なんかの野鳥撮影の情けなさを感じる次第です。
引用返信
■46463 / ResNo.5)  Re[2]: 永遠のテーマ
□投稿者/ モアイ -(2017/03/01(Wed) 21:17:55)
    No46462に返信
    ☆mymtさん ☆TKさん ☆MAKOさん ☆denpouさんコメントありがとうございました。
    満月の明かりで白鳥を撮影するにはiso25600と明るいレンズが必要だと今回の撮影で判りました。またノイズだらけの画像でもRAWで撮っておけば将来、凄く綺麗な写真に現像出来る可能性が有る事も解りました。
    鳥は夜になると寝ているものと思っていましたが、結構活動していて夜の世界を撮るのも一興ですね。
    denpouさん 朝から夜まで一日中撮影している訳では無いんですよ。そんなに体力が有りません(笑)。撮影は朝か夕方が多く、夜間は条件の良い時だけです。(これが滅多にありません)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46417 / 親記事)  秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 20:24:12)
    2017/02/27(Mon) 20:51:57 編集(投稿者)

    コザクラバシガンに集中していたら、お日様が昇ってきたらしい空の色になってきました。真西に干潟が広がっていて、高い防潮堤が東側に設けてあるので指定歩道からは見えないのです。満潮時間が近づいてBORGの支度も終わった途端、一群のコオバシギが背後の淡水湖から飛び出してきました。前夜から何も食べていないでしょうから、潮の引くのが待ちきれないのです。まだ太陽光が届いていませんでしたが、設定はカメラが任せのままパンしながら撮ったら思ったよりよく撮れました。
    Pentax K-1 + BORG 89ED + 玉抜Tokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f-8、1/250秒、ISO-800、20%ほどトリミング。
2000×1250 => 800×500

1488194652.jpg
/1244KB
引用返信

▽[全レス9件(ResNo.1-9 表示)]
■46418 / ResNo.1)  Re[1]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 20:35:02)
    それから40分ほど、特に動きのない時間を過ごしていたら、例の甲高いクォーッという鳴き声と共に、防潮堤の向こう側から干潟では珍しいオオハクチョウが飛び出してきました。200mm付きのカメラを手にする余裕がないまま三脚上のBORGで追いましたが、構図的には駄目な結果しか得られませんでした。
    Pentax K-1 + BORG 89ED + 玉抜Tokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f-8、1/1000秒,ISO-280、40%ほどトリミング。

2000×1335 => 800×534

1488195302.jpg
/923KB
引用返信
■46419 / ResNo.2)  Re[2]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 20:44:16)
    その後、淡水湖を見下ろせる観察小屋に移ったら、ハイイロガンの大群が現れて眼前を通り過ぎていきました。野鳥の集団飛行ではしばしば別種の鳥が混じっていますが、このときも例外ではありませんでした。
    Pentax K-3II + BORG 89ED + 玉抜Tokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f-9.5、9.51/1500秒、ISO-200、10%ほどトリミング。

2000×1125 => 800×450

1488195856.jpg
/1217KB
引用返信
■46420 / ResNo.3)  Re[3]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 20:50:18)
    ハイイロガンが行ってしまうと間もなく、まだ残っていたコオバシギの群れが飛び上がりました。
    Pentax K-3II + BORG 89ED + 玉抜Tokina 100-300mm + 1.4倍リアコンバーター、絞り値 f-8、9.51/1500秒、ISO-400。
2000×1330 => 800×532

1488196218.jpg
/2567KB
引用返信
■46429 / ResNo.4)  Re[4]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ @MT -(2017/02/28(Tue) 00:32:52)
    No46420に返信(TKさんの記事)

    TKさん、撮影地の淡水湖は鳥類が濃いところなようですね、飛翔の臨場感が伝わってきます特に四枚目は壮絶なショットで見とれてしまいました。


引用返信
■46431 / ResNo.5)  Re[5]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/02/28(Tue) 03:07:48)
    コメントありがとうございます。さすが保護区内外の状況をよく把握されている@MTさんだけに、淡水湖の特性を察知されています。淡水湖の前身は砂利取材地でした。第2次大戦後半に英米空軍の重爆撃機がドイツ本国を叩くことにしたとき、コンクリート舗装の滑走路を持つ基地をたくさん設置したのですが、砂利はそのための重要建材だったわけです。戦いが済んだ後、間もなく野鳥保護区になって砂利を掘った土地に水が溜まったというわけです。それだけでも水鳥が集まるのですが、上げ潮時に避難してくるコオバシギやオグロシギ、ミヤコドリも加わるので。おっしゃるように鳥類が濃いのです。

    間もなく日の出という時間に、オナガ鷸の群れが逃げてきたときの写真を追加してみました。



2000×1125 => 800×450

1488218867.jpg
/1443KB
引用返信
■46434 / ResNo.6)  Re[2]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ denpou -(2017/02/28(Tue) 06:22:18)
    No46418に返信(TKさんの記事)
    TKさん

     やはり 流石にスケールが違いますね、こんなにいるんですね、こちらは最近は野鳥が めっきり少なく成った様な感じで なかなか 野鳥に巡り合えませんよ。
     この 大写しの オオハクチョウの画像 なんとなく 淡い感じが 私には TKさんの 画像に感じるんです。
引用返信
■46435 / ResNo.7)  Re[1]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ モアイ -(2017/02/28(Tue) 06:56:26)
    No46417に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    快晴の空の中、鳥達の飛翔がTKさんならではの視点で描かれてますね。
    その中でも三枚目のガンの群れの飛翔が気に入りました。光線の具合も良いですし、広角レンズとは違いピントの浅さが良い効果を出していると思います。AF化したBORGならではの作品ではないでしょうか。道具の追求が良い結果になり努力が実りましたね。おめでとうございます!
引用返信
■46439 / ResNo.8)  Re[2]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ MAKO -(2017/02/28(Tue) 18:21:54)

      TKさん
      
      大群の作品は今までも沢山見せて頂き、驚くばかりです。  
      今回もそれぞれ堪能させて貰いました。私は特にオナガガモの群れが丸く
      太陽を象徴している様にも見え、面白く感じました。


      
引用返信
■46441 / ResNo.9)  Re[3]: 秋晴れ干潟の水鳥競演
□投稿者/ TK -(2017/03/01(Wed) 01:32:23)
    denpouさん、コメントをありがとうございました。スケールといっても国土面積は日本の7割という島国なのですが、平坦な地形と、ロンドンがサハリンと同緯度という北国でありながら西側の暖流のおかげで冬も暖かいことが影響しているようです。でもオオハクチョウ始め飛来数が減っている種類も多く、けして安心できません。

    モアイさん、いつもありがとうございます。幸い海辺fなので、淡水湖側も見通しが効くのが利点です。航空ショートまったく同じで、豆粒ぐらいの大きさで目標を定め、待って待って更に待ってから、シャッターを切る手法が使えます。それとBORG89は焦点深度が浅いほか、超望遠レンズの特性である周辺部が流れてしまう傾向が強いので、フルサイズでありながらボディ内でAPS-Cサイズに落として撮らないとなりません。いいことばかりではありません。

    MAKOさん、いつもありがとうございます。それと不注意でオグロシギをオナガ鷸としてしまいました。お詫びいたします。大群で飛ぶとき、コオバシギは大波がうねる感じのパターン、コザクラバシガンはやはり雁なので一線になって飛ぶなど、種類によって違うのは面白いと思います。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46421 / 親記事)  近くの梅林で、モズ、ジョウビタキ
□投稿者/ YSH -(2017/02/27(Mon) 22:43:08)
    近くの梅林で、斜面を移動しながらの撮影でした。
    ピントの合っていないモズです。
    67FL+E-P5
2000×1500 => 800×600

1488202988.jpg
/869KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■46422 / ResNo.1)  Re[1]: 近くの梅林で、モズ、ジョウビタキ
□投稿者/ YSH -(2017/02/27(Mon) 22:43:58)
    毎年おなじみのジョウビタキです。
    > 67FL+E-P5
2000×1500 => 800×600

1488203037.jpg
/913KB
引用返信
■46423 / ResNo.2)  ルリビタキといも虫
□投稿者/ YSH -(2017/02/27(Mon) 22:52:14)
    近くの公園で、ルリビタキがいも虫をゲットしたところです。
    >>67FL+E-P5
2000×1500 => 800×600

1488203534.jpg
/1197KB
引用返信
■46424 / ResNo.3)  Re[3]: ルリビタキといも虫
□投稿者/ YSH -(2017/02/27(Mon) 22:53:47)
    このあとは日陰に入り一気に食べてしまいました。
    > >>67FL+E-P5
2000×1464 => 800×585

1488203626.jpg
/626KB
引用返信
■46430 / ResNo.4)  Re[1]: 近くの梅林で、モズ、ジョウビタキ
□投稿者/ TK -(2017/02/28(Tue) 00:38:14)
    YSHさん、遅ればせながら、梅尽しの佳品4点を郷愁に駆られながら鑑賞させていただきました。話は少し変わるのですが、関節炎が再発して89EDの手持ち撮影が辛くなり、かといってやっとAF化に成功した60EDは今一つ物足りません。早く67FLに気がついていたらと悔やんでいます。



引用返信
■46440 / ResNo.5)  Re[2]: 近くの梅林で、モズ、ジョウビタキ
□投稿者/ YSH -(2017/02/28(Tue) 22:49:32)
    TKさん
    いつも温かいコメントありがとうございます。こちらではTKさんのようなダイナミックな写真はとても無理で羨ましい限りです。 YSH
    >
    >
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■46395 / 親記事)  コブにダイヤ
□投稿者/ モアイ -(2017/02/27(Mon) 10:12:25)
    SONYα7+SAMYANG14mm iso100 ss1/500 f16
    SILKYPIX JPEG Photography7

    富士山山頂から輝きを放つ太陽をダイヤモンド富士と名付けて人気になっていますが、コブ白鳥達には関係ない様子で、餌探しに夢中です。
    この時期はカメラマン多く撮影場所に苦労するのですが、この日は空いていてコブ達を絡めて上手く撮れました。
2000×1333 => 800×533

1488157945.jpg
/1081KB
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.1-7 表示)]
■46396 / ResNo.1)  Re[1]: コブにダイヤ
□投稿者/ FUJI -(2017/02/27(Mon) 15:51:39)
    ダイヤモンド富士とコブハクチョウ達のコラボ。
    遠征でこの写真を撮るのは、余程の根性と努力が必要かなと。素晴らしいです。

    カメラの設定もほんの一瞬ですからプロです。参考になります。
引用返信
■46397 / ResNo.2)  Re[1]: コブにダイヤ
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 15:55:02)
    モアイさん、お父様の厳しい視線がまた、この秀作を引き立てていますね。お見事です。熱心な人が抜群に多い日本ですから、混み合うのも仕方がないのでしょう。当地は驚くほど腕の立つアマチュアがいる反面、本格的な機材を抱える人で一杯になるのは珍鳥が現れたときだけです。余談ですが、Samyangの新魚眼が話題になっていますね。フルサイズにも使えるようですが、少々お高いので・・・・。


引用返信
■46402 / ResNo.3)  Re[2]: コブにダイヤ
□投稿者/ MAKO -(2017/02/27(Mon) 17:40:12)

      モアイさん
       
       ダイヤモンドで普通は満足してしまうでしょうが、コブを絡めるのが
       モアイさんなのでしょうね。いつも富士山にコブハクチョウがいて
       完成するのがモアイ流という事ですね!自己が有り素晴らしいです!!
引用返信
■46407 / ResNo.4)  Re[1]: コブにダイヤ
□投稿者/ mymt -(2017/02/27(Mon) 18:43:50)
    モアイさん、ダイヤモンド富士とコブハクチョウの配置が絶妙です。
    普通なら真ん中にダイヤモンド富士、両サイドにハクチョウと置きたいところですが、超広角の達人はそうはしない、心憎い演出です。
引用返信
■46427 / ResNo.5)  Re[1]: コブにダイヤ
□投稿者/ @MT -(2017/02/28(Tue) 00:14:46)
    No46395に返信(モアイさんの記事)

    モアイさん、山中湖か河口湖でしょうかコブくんも首をまっすぐに伸ばし気持ちの良い情景ですね。

引用返信
■46433 / ResNo.6)  Re[1]: コブにダイヤ
□投稿者/ denpou -(2017/02/28(Tue) 06:14:42)
    No46395に返信(モアイさんの記事)
    モアイさん

     ダイヤモンド富士を撮るだけでも大変みなさん苦労されているのに まだコブハクチョウが 写っているのは 凄いですね、流石に この場所を精通しつくした モアイさん ならではの ナイスショットですね、こんな条件で撮れることは 稀でしょうから 貴重な画像ですね。
引用返信
■46436 / ResNo.7)  Re[2]: コブにダイヤ
□投稿者/ モアイ -(2017/02/28(Tue) 07:12:54)
    No46433に返信(denpouさんの記事)
    ☆FUJIさん ☆TKさん ☆MAKOさん ☆mymtさん ☆@MTさん ☆denpouさんコメントありがとうございました。

    この場所にカメラマンが居ないのは太陽の位置が山頂中心からわずかに右にずれている為なのです。最近はネットやGPSの発達でピンポイントで撮影ポイントが解るのでそこにカメラマンが集中します。僕の場合は白鳥メインなのでこの場所を選びました。そのお陰でここに居たのは僕一人でした。
    富士山と白鳥を黒潰れさせずに撮るのが難しく、最近やっと撮れる様になりました。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■46394 / 親記事)  アトリ
□投稿者/ FUJI -(2017/02/27(Mon) 09:53:22)
    黄色い花をバックに。
    しかし黄色い花が何なのか知りません。
1200×705 => 800×470

1488156802.jpg
/101KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■46399 / ResNo.1)  Re[1]: アトリ
□投稿者/ TK -(2017/02/27(Mon) 16:06:28)
    FUJIさん、お久しぶりです。日本のアトリは可愛いですね。私も名を知らない黄色の花と相性がよくて、情感たっぷりの秀作になっています。


引用返信
■46403 / ResNo.2)  Re[2]: アトリ
□投稿者/ MAKO -(2017/02/27(Mon) 17:52:33)

      FUJIさん
       初めましてでしょうか・・・。
       
      この花はサンシュユ(春黄金花)ですね。グミに似た実がなります。
      黄色とオレンジのバランスがいいと思います。春先は黄色い花が多いですね。
引用返信
■46405 / ResNo.3)  Re[3]: アトリ
□投稿者/ FUJI -(2017/02/27(Mon) 18:19:43)

    サンシュユですね。了解しました。ありがとうございます。
    MAKO様の写真いつも拝見して感心しています。

引用返信
■46409 / ResNo.4)  Re[1]: アトリ
□投稿者/ mymt -(2017/02/27(Mon) 18:50:47)
    FUJIさん、こんばんは。
    サンシュユに囲まれたアトリの写真は珍しいです。
    こちらでは、枯れ木や枯草停まりばかりです。
引用返信
■46428 / ResNo.5)  Re[1]: アトリ
□投稿者/ @MT -(2017/02/28(Tue) 00:20:46)
    No46394に返信(FUJIさんの記事)

    FUJIさん、アトリと花のショットは初めて見ます、見応えがありますね。

引用返信
■46432 / ResNo.6)  Re[1]: アトリ
□投稿者/ denpou -(2017/02/28(Tue) 06:06:57)
    No46394に返信(FUJIさんの記事)
    FUJIさん

     アトリと黄色の花との取り合わせが 綺麗にまとまっていますね。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -