HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate☆青鵐&紅葉鵯☆(5) | UpDateいつもの園(2) | UpDateおしどり(3) | UpDateチョウゲンボウ(5) | Nomalコノドジロムシクイ(4) | Nomal ルリビタキ 雄 (4) | Nomal近くの公園で、紅葉と野鳥(2) | Nomal☆晩秋の翡翠☆(2) | Nomalハクセキレイと紅葉(1) | Nomalシノリガモ(3) | Nomal お山で ヒガラ(5) | Nomal白鳥の様子見(4) | Nomalハジロカイツブリ(5) | Nomal お山の清流で キセキレイ(4) | Nomal☆SX50HSで翡翠2☆(3) | Nomalイソヒヨドリ(7) | Nomal☆パステル翡翠☆(8) | Nomalカワセミ頭部アップ(6) | Nomalいつもの園 メジロ(3) | Nomalミコアイサ(7) | NomalミコアイサU(5) | Nomal近くに来てくれたカワセミ(0) | Nomal☆SX70HS修理前最後の大鷹&翡翠☆(5) | Nomal☆苔の上の翡翠&石の上の翡翠☆(3) | Nomal紅葉(3) | Nomalオオバン(4) | Nomalジョウビタキ(7) | Nomal冬の水鳥(4) | Nomal富士山とフクロウ(4) | Nomal☆瑠璃鶲♂☆(6) | Nomal セグロカモメ(冬羽)(4) | NomalNO TITLE(2) | Nomal ヒバリ(4) | Nomalオカヨシガモ(6) | Nomalいつもの園(2) | Nomal☆SX50HSで翡翠☆(4) | Nomal年休消化の休日(4) | Nomal河川敷 セッカ(3) | Nomal ユリカモメ(2) | Nomal河川敷 カンムリカイツブリ(2) | Nomal夕焼け、鴨、惑星(4) | NomalNO TITLE(0) | Nomalアリスイ(4) | Nomalヤマガラ(2) | Nomalモモアカノスリ(2) | Nomal オシドリ2夫婦(5) | Nomal ハシビロガモ雄(2) | Nomalオレンジ(6) | Nomal☆翡翠2羽並び&枝止まり翡翠☆(5) | Nomal☆ISO100&ISO200☆(5) | Nomalジョウビタキとイソヒヨドリ(2) | Nomalいつもの園(4) | Nomal川霧(2) | Nomal☆秋色翡翠☆(4) | Nomalオオタカ VS  ノスリ(3) | Nomal霧の朝(5) | Nomal☆この上ない翡翠☆(4) | Nomal晩秋(0) | Nomal白鳥飛来(3) | Nomal秋晴れの湖(2) | Nomal灯台、カモメ、夕日(3) | Nomalいつもの園前(3) | Nomalいつもの園(4) | Nomalミミズクと富士山(2) | Nomal☆青鵐&翡翠☆(3) | Nomal☆常鶲&鶫&翡翠☆(2) | Nomalいつもの園(4) | Nomal☆常鶲&翡翠☆(3) | Nomal集団の狩り(3) | Nomal☆常鶲♀☆(3) | Nomal☆常鶲&翡翠☆(3) | Nomalいつもの園(3) | Nomal黒鳥の池(2) | Nomal☆常鶲&黄鶺鴒&青鵐&鶫&翡翠☆(6) | Nomal☆今日の翡翠☆(3) | Nomalいつもの園(4) | Nomal☆常鶲&翡翠&黄鶺鴒☆(4) | Nomal☆黄鶺鴒&翡翠☆(1) | Nomalコウノトリ2回目(4) | Nomalジョウビタキ(5) | Nomal☆貴重な晴れ間に翡翠☆(5) | Nomal☆雨上がりの翡翠☆(1) | Nomalいつもの園(1) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomalシロトキ(1) | Nomalアオサギ若鳥(1) | Nomalコウノトリ(5) | Nomal久々です(2) | Nomalダイサギ(0) | Nomalミサゴ(0) | Nomalミサゴ(0) | Nomal☆1ヶ月ぶりの翡翠☆(1) | Nomalメンフクロウ(2) | Nomalいつもの園(1) | Nomal☆黄鶲♀☆(5) | Nomalモズ(4) | Nomalいつもの園(3) | Nomalヨゲンノスリ(2) | Nomal仲良し(4) | Nomalデビュー(7) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■41518 / 親記事)  U対決
□投稿者/ MH -(2016/04/29(Fri) 16:28:13)
    今日はいつもの園がいまいちでしたので、denpouさんとみなみの干潟へいきました。
    7D markUとK-3Uと勝負です(笑)
    のちほどdenpouさんもアップされると思います
3555×2364 => 800×531

1461914893.jpg
/304KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■41519 / ResNo.1)  U対決
□投稿者/ MH -(2016/04/29(Fri) 16:30:05)
    空から雨のように降ってくるコアジサシたち。
    しかし、飛び込みはなかなか難しいですね。
3859×2566 => 800×531

1461915005.jpg
/261KB
引用返信
■41520 / ResNo.2)  U対決
□投稿者/ MH -(2016/04/29(Fri) 16:31:19)
    お互いにアップしましょうねと約束した逆さアジサシ(笑)です。
1748×1162 => 800×531

1461915079.jpg
/74KB
引用返信
■41521 / ResNo.3)  U対決
□投稿者/ MH -(2016/04/29(Fri) 16:33:40)
    最後はソリハシシギで。

    私は明日から一泊二日で紀伊半島一周の旅に出ます。

    目標はカラスバト(笑)

    また何か珍しいものが撮れたらアップいたします。
1835×1374 => 800×599

1461915220.jpg
/1668KB
引用返信
■41536 / ResNo.4)  Re[2]: U対決
□投稿者/ TK -(2016/04/30(Sat) 03:44:35)
    MHさん、航空ショー並みの迫力ですね。驚きました。

    当地、北の方は大雪という35年ぶりのお天気、どの鳥も繁殖シーズンに入りながらいま一つ熱が入っていません。再来週後半の潮加減がいいので干潟に行く予定ですが、その前に第二次大戦機が顔を揃えるショーがあります。天候がよくなるといいのですが・・・。



引用返信
■41540 / ResNo.5)  U対決
□投稿者/ MH -(2016/04/30(Sat) 10:23:20)
    TKさん、コメントありがとうございます。
    今遠征先からスマホでコメントさせていただいております。
    肝心の野鳥はさっぱりですが、このような風景を楽しんでおります。
1920×1080 => 800×450

1461979400.jpg
/954KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■41515 / 親記事)  おはようございます。
□投稿者/ ねこめし -(2016/04/29(Fri) 07:56:34)
    おはようございます、家の真向かいに
    巣を作ってます。
    カップルのうちの1羽です。
640×640

1461884193.jpg
/88KB
引用返信

▽[全レス1件(ResNo.1-1 表示)]
■41538 / ResNo.1)  Re[1]: おはようございます。
□投稿者/ TK -(2016/04/30(Sat) 03:50:30)
    ねこめしさん、お見事です。ますます、腕を上げておいでですね。こちらは寒い寒い初夏とあって、ツバメの姿も寥々たるものです。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-1]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■41495 / 親記事)  セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 04:21:58)
    また間が空いてしまいました。コンピューターを整備できたのはいいのですが、寒いせいか(昨日はみぞれ!)流行っているのか、激しい咳が直らず、記憶がない40度の熱もあって、とうとう人世で3度目の抗生剤のお世話になりました。この間、いったん野鳥撮影から離れてみようと、このサイトはまったく訪れませんでした。申し訳ありません。写真をやめたわけではなく、航空ショーの季節が来たのでそちらの段取りはしっかりやっていました。

    さて真っ黄色のアブラナ畑です。暮れに推薦や林檎の花が開きかけていたので、寒くても例年より3週間ほど早めの満開です。今朝ほど出かけてまったく鳥がいないのにはがっかり、仕方がないので、新機能のリアル・レゾリューションで遊んでみた一枚です。
    Pentax K-3II + Sigma 17-70mm f.2.8 DC、絞り値 f/16、1/180秒、ISO-560、焦点距離 37mm、露出補正なし。
2000×1125 => 800×450

1461784918.jpg
/2103KB
引用返信

▽[全レス8件(ResNo.1-8 表示)]
■41496 / ResNo.1)  Re[1]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 04:39:17)
    リアル・レゾリューションは4枚連写して、カメラ内で1枚にまとめるのだそうで、動きのある被写体には向きません、この写真も、強風の通り道になった部分が変な写り方になっています。

    2枚目は3年前の5月19日に撮った写真ですが、小虫が見えるのでもわかるとおり、繁殖期たけなわ。雛の鳴き声も聞こえていました。花に止まっているのは、ノドジロです。
    Pentax K-3II + BORG 77ED + Pentax 1.7倍リアコンバーター、1/180秒、ISO-400。

1400×875 => 800×500

1461785957.jpg
/606KB
引用返信
■41502 / ResNo.2)  Re[1]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ denpou -(2016/04/28(Thu) 05:51:06)
    No41495に返信(TKさんの記事)
    TKさん

     暫く投稿が無いので気に成っていました でも相変わらずの良い画像のPentaxK-3Uの投稿が有り 安心しましたよ。画像も春らしく成っていますね、これからまた楽しみが 増えました、 いっぱい画像を見せたください。
引用返信
■41506 / ResNo.3)  Re[2]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ MAKO -(2016/04/28(Thu) 08:03:18)

      TKさん
      
      体調を崩されたご様子ですね。気持ちに身体がついていけない、なんてことも
      有りますよね。気分転換も必要なのかも知れません!ご留意下さい。

      リアル・レゾリューションは、条件が揃わないと効果が期待できないようで
      用途が限られる様ですね。これからも色々、挑戦して見せて下さい。
       菜の花は通常とは異なる感じがします。

       K-1がいよいよ本日発売ですね。興味深いです!!

引用返信
■41507 / ResNo.4)  Re[2]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ かずかず. -(2016/04/28(Thu) 10:29:54)
    No41496に返信(TKさんの記事)

    >TKさん、しばらくです。
    またパソコンが壊れたと思っていましたが、お体お気を付けて下さい。

    無理をなさらずマイペースで行きましょう。
引用返信
■41508 / ResNo.5)  Re[1]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ モアイ -(2016/04/28(Thu) 16:59:56)
    No41495に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    お久しぶりです!! 約一か月ぶりですね。やはりTKさんの写真を見ないと寂しいものです。屋外に出て写真が撮れるのを普通だと思っていましたが、それが出来なくなると屋外でカメラを持っているだけで幸せに思えます。
    黄色い菜の花が見事ですね。グリーンとイエローとブルーの色彩が鮮やかで圧倒されます。シグマの17-70mmは初出でしょうか。カリッとシャープに撮れてますね。広々感があるので、広角端だと思ったら標準域での撮影だったのですね。
    これからも投稿して下さいね。
引用返信
■41510 / ResNo.6)  Re[2]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 19:13:44)
    denpouさん、MAKOさん、かずかずさん、モアイさん、皆さん、早速のコメントをありがとうございました。ご心配をかけたことにもお詫びいたします。根が丈夫だと危険もありますね。高熱が出なかったら、もっとひどいことになったかもしれません。ほどほどにしながら取り返す所存です。

    Sigmaの17-70mmはどちらかというと、地上展示の飛行機や戦車などを撮るのに使っています。けっこう明るくて、価格も高くないので重宝しています。土曜日にK-1を受け取るので(但しDA☆300mmともう一台のK-5IIが消えます)、これが広角という写真を撮ってみるつもりです。

    北米で一大チェーンを張っている企業は、Pentaxフォーラムを通じてクラシックから最新まで役立つ情報を提供していますから、ほどなく150-450mmと1.4倍リアコンバーターを含むほうこくがあることでしょう。

    私の車に写ったアブラナの花畑が面白かったので、追加させてください。きざいはまったくおなじくみあわせです。
2000×1330 => 800×532

1461838424.jpg
/2087KB
引用返信
■41512 / ResNo.7)  Re[2]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ MAKO -(2016/04/28(Thu) 20:33:04)

    TKさん
       
       こちらの菜の花も見て下さい。
       桜の時季は過ぎてしまったのですが、SLを入れてみました。  

1718×1080 => 800×502

1461843183.jpg
/689KB
引用返信
■41514 / ResNo.8)  Re[3]: セイヨウアブラナ花が早いのも・・・
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 23:33:34)
    MAKOさん、日本でも人気があるSLですね。すばらしいことです。つい最近、日本から届いた「鉄道員 ポッポヤ」を鑑賞しました。気動車は、ローカル短距離線ではまだまだ主役で通勤者を運んでいます。

    当地はさすが蒸気機関車発祥の国なので、数キロから数十キロほどの保存路線で走っているのが80両あまり、営業路線を時速120キロで走っているのが2両あります。後者の一つは設計図から再生させたトルネード号、つい最近10年の期間と8億円の浄財でレストア成ったフライイング・スコッツマン号です。我が町に来る計画もあるそうですが、実現したら白鳥とでも合わせましょう。

    私が撮ったのは2009年の夏、国立鉄道博物館(初代の新幹線もあります)でレゴ細工みたいだったスコッツマンです。
2000×1333 => 800×533

1461854014.jpg
/2332KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■41486 / 親記事)  サンショウクイ
□投稿者/ MH -(2016/04/27(Wed) 18:12:47)
    先日HKさんと撮影した未掲載分です
3128×2080 => 800×531

1461748367.jpg
/609KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■41487 / ResNo.1)  サンショウクイ
□投稿者/ MH -(2016/04/27(Wed) 18:14:21)
    顔に葉っぱがかぶっているのでお蔵入りにしていましたが、写りがよかったので。
3281×2182 => 800×532

1461748461.jpg
/620KB
引用返信
■41498 / ResNo.2)  Re[2]: サンショウクイ
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 04:49:28)
    MHさん、写りも申し分ないのですが、葉隠れが効いていい表情になっていますね。まさに野鳥写真です。

引用返信
■41503 / ResNo.3)  Re[1]: サンショウクイ
□投稿者/ denpou -(2016/04/28(Thu) 05:53:45)
    No41486に返信(MHさんの記事)
    MHさん

     サンショウクイ 沢山撮られていたんですね、あれからいつもの園に行きましたが 声さえ聴けませんでした。
引用返信
■41511 / ResNo.4)  サンショウクイ
□投稿者/ MH -(2016/04/28(Thu) 19:20:44)
    >TKさん

    どうされたのかなと心配しておりました。

    また異国風情あふれる作品を期待しております。

    >denpouさん

    この後、別の日に2回ピリリ、ピリリと声だけ残して行方不明でした。

    GWは遠征なさるのでしょうか?

    私は森林と干潟を求めて紀伊半島を一周する予定です。


引用返信
■41513 / ResNo.5)  Re[3]: サンショウクイ
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 22:39:47)
    MHさん、ありがとうございます。そうでした、日本はゴールデンウィーク。若いサラリーマンの季節は法人税申告でと重なり、絶対に遊びに行けませんでした。こちらは復活祭の4連休ですが、今年はもう終わっています。航空ショーのシーズンが始まるので、これは楽しみです。同じ飛ぶ相手でも、5月末には我が日本の誇る零戦(レプリカ)がやってきます。

    戦時中は小学校ごと疎開して伊東温泉に2年いましたが、昼夜間断なくアメリカの飛行機が、頭の上を通過していきました。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■41447 / 親記事)  キビタキ
□投稿者/ たなか -(2016/04/25(Mon) 15:35:13)
    おひさしぶりです。数年ぶりの投稿になるでしょうか(笑)。

    え〜、写真自体は大したことないので(汗)、文章中心の投稿になってしまいます。

    「撮影場所の詳細は明記しないように」という規定があるので、なかなか書くのが難しい話になりますが、

    東京都の南端を流れる多摩川には、この川が削って出来た「国分寺崖線」と呼ばれる台地と斜面があります。国分寺のあたりから、成城の丘と野川に挟まれた崖地、砧緑地、上野毛や二子玉川の環八と六郷用水に挟まれた傾斜地がそれに当たります。岡本公園のあるところや等々力渓谷が横切っているのも、この「国分寺崖線」です。

    この傾斜地には、湧き水も多く植生が豊かで、他では見られない野草も咲きます。沢ガニ、ザリガニなども生息します。自然が豊かに残っているんですね。

    奥多摩や山梨方面から渡ってくる鳥はおそらく、この国分寺崖線づたいに下りて来ると思われます。開発で寸断されながらもグリーンのベルトが残っているからです。オオルリもキビタキもこの緑を少しずつ移動してくるのでしょう。

    ところで私の住んで居るところは、東京都の隣り街、K市の外れです。ここはやはり昔の多摩川が削り取った丘の上に当たります。緑地も傾斜地もあります。野草も咲きます。
    K市側の崖線には名前は付いていないようですが、上流の方からずっと高台と傾斜地が続いています。読売ランドや生田緑地はその高台に当たります。東京側の国分寺崖線と対のようになっているのです。

    で、ここからが話の本筋になるのですが、
    「そうであるならなぜ、私の住んでいる街の緑地ではオオルリやキビタキを見ないのか」
    というのが、長年の疑問でした。
    まあ、緑地の規模が小さいので通っても一日くらいしか居ないのかもしれませんが。
    よく思い起こしてみると十年くらい前にオオルリらしき囀りを聞いたことがありました。キビタキの雄と雌を雨の日に見掛けたこともありました。(それは秋でした)。

    ただ、どちらも写真には残せず私の記憶の中にしかありません。確証が欲しかったのです。

    ところが、3日ほど前にはオオルリの囀りと姿を見ることが出来ました。植物を撮る為の60mmマクロで一応撮影も出来ました。

    そして今日、ついにキビタキの姿を捉えることが出来ました。
    オオルリの雌も確認しました。
    これで長年の疑問が解消されました。
    家の続きのような場所でこんな鳥に出会えるなんて、うれしい限りです。



     
1000×750 => 800×600

1461566113.jpg
/535KB
引用返信

▽[全レス3件(ResNo.1-3 表示)]
■41448 / ResNo.1)  Re[1]: キビタキ
□投稿者/ たなか -(2016/04/25(Mon) 15:38:50)
    こちらはトビモノとまでは行かず、枝に飛びついたところ。
1000×750 => 800×600

1461566330.jpg
/596KB
引用返信
■41494 / ResNo.2)  Re[1]: キビタキ
□投稿者/ TK -(2016/04/28(Thu) 03:56:03)
    たなかさん、ほんと、お久しぶりです。でも、腕前も機材もその分を埋めてお釣り出ます。また折に触れて投稿していただけると嬉しいのですが。
引用返信
■41509 / ResNo.3)  Re[2]: キビタキ
□投稿者/ たなか -(2016/04/28(Thu) 18:11:17)
    No41494に返信(TKさんの記事)
    TKさん、体調回復されたご様子で、なによりです。パソコンまで自作されてしまうとは、驚きです。
    こちらは相変わらずマイペースで、足下の野草などを撮ったりしています。
    結構、発見があったりするのですよ。

    他のカメラマンやバッドウォッチャーの集まる場所には行かない、ネットで情報を集めない、偶然出会った植物や生き物だけを撮る。という縛りを自分に課しているので、成果はなかなかあがりません。でも、「発見」の喜びは大きいし、自分だけのフィールドで鳥と一対一で対峙出来るのは、この上ない喜びです。

    何年も掛かって、たったひとつの真実に行き当たることもあります。

    その意味でこの春は、収穫の多い季節でした。


引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-3]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -