HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

撮影場所の詳細は明記しないようにしましょう。(撮影者がたくさん押し寄せたりしたり、捕獲に来る人も居るかもしれません)
■ 当掲示板におけるユーザー様間でのトラブルに関しましては弊社では責任をお持ちできませんのであらかじめご了承ください。また、ご発言や投稿画像に際しましては第三者のプライバシーの侵害・名誉毀損及び不利益などをご考慮いただいたうえで、内容は発言者個人の責任によりご投稿いただくものとします。
■ 内容が不適切であると弊社が判断した場合、告知無しに記事を削除することがございます。またその事に関する問合せも弊社では受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。
■ 当掲示板に投稿いただいた画像につきましては弊社ウェブサイト内にてご使用させていただくことがあります。
使用の一例と致しましては、種類別スペシャルコンテンツや季節の野鳥特集などを考えております。
■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDate水田のタマシギ(オス)幼鳥三羽(3) | UpDate朝霧の鳥景色(4) | UpDateハクセキレイと戦車(3) | Nomalカヌーから撮った水鳥・その一(6) | Nomalキビタキ♀(0) | Nomalキビタキ♂(0) | Nomalエナガ(2) | Nomalいつもの運河・6/24(2) | Nomalソウシチョウ(0) | Nomalゴジュウカラ(2) | Nomalいつもの運河・6/22(3) | Nomal☆翡翠☆(3) | Nomal大きな白鳥、小さな白鳥(5) | Nomal☆かわせみ☆(0) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomalコウノトリ(2) | Nomal☆子育て奮闘中!!☆(0) | Nomalいつもの運河・6/19(1) | Nomal☆アオバト☆(2) | Nomalため池の土手で(2) | Nomalカヤクグリの若鳥(4) | Nomal可愛いいコブ雛達(2) | Nomal二日目の鼻高ママダックと雛七羽(5) | Nomal☆蓮かわせみ☆(2) | Nomalカケス&アカショウビン(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalいつもの運河・6/16(1) | Nomalいつもの運河・6/15(6) | Nomalミセス・コールダック雛と一緒に里帰り(6) | Nomal大きな白鳥とチッチャな白鳥(6) | Nomalキビタキ(3) | Nomalため池のホオジロ(4) | Nomalいつもの運河・6/13(1) | Nomalベビーラッシュの我が庭園(1) | Nomalカルガモ(0) | Nomalいつもの運河・6/12(1) | Nomalカワセミ(0) | Nomalタンチョウ(2) | Nomal我が家は東向き・・・(5) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(3) | Nomalアイガモ親子(3) | Nomal☆雀鷹♂♀☆(0) | Nomal海辺の施設・コアジサシ(1) | Nomalいつもの運河・6/9(4) | Nomalアカショウビン(2) | Nomalタンチョウ(2) | Nomalカワセミ親子と緑のカーテン(4) | Nomalタンチョウ(4) | Nomalお山でホトトギス(6) | Nomalベスト・オブ・ガーデンバードその二(2) | Nomalベスト・オブ・ガーデンバードその一(7) | Nomal若隼(6) | Nomalタンチョウ(3) | Nomalホトトギス(4) | Nomal☆翡翠♂☆(2) | Nomal山吹色の鳥景色(3) | Nomal幾何的構図の鳥景(7) | Nomalコルリ ♀(1) | Nomalキセキレイ(0) | Nomal☆雀鷹♂☆(1) | Nomalいつもの運河・6/5(1) | Nomalアカゲラ(0) | Nomalキビタキ(0) | Nomal☆カワセミひなまつり☆(5) | Nomal☆RX100でカワセミ撮影♪☆(5) | Nomalようやく巣立ち !!(3) | Nomal白鳥の湖 (昼と夜)(5) | Nomal(削除)(0) | Nomalソウシチョウ(2) | Nomalいつもの運河の若鳥たち(2) | Nomal雌狐 vs 鴉(5) | Nomalコゲラ(0) | Nomal五月晴れの鳥景色(その二)(2) | Nomal上から目線で(3) | Nomal☆翡翠&笹五位☆(4) | Nomalいつもの運河・5/29(6) | Nomalカルガモ親子(2) | Nomal五月の朝景(4) | Nomalキビタキ(1) | Nomalシジュウカラ(0) | Nomal捕ったぞ!(0) | Nomalハッカチョウ、ツバメ、トラクター(4) | Nomalブッポウソウ(0) | Nomal☆Canon S200vsNikon1J5☆(1) | Nomalいつもの運河・コチドリ(1) | Nomal翌日はBORGでカンムリカイツブリ(4) | Nomalいつもの園で外来種(4) | Nomalいつもの運河ほか・5/26(4) | Nomalコアジサシ(3) | Nomal☆翡翠☆(2) | Nomalお待たせカンムリカイツブリの雛(8) | Nomalキビタキ(0) | Nomalオオルリ(0) | Nomalかくれんぼ(4) | Nomal☆小啄木鳥&翡翠☆(5) | Nomalホオジロ(9) | Nomal五月晴れの鳥景色(5) | Nomalカオジロガビチョウ(4) | Nomalミソサザイ(2) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■40176 / 親記事)  メジロ
□投稿者/ mi -(2016/02/27(Sat) 19:17:48)
    メジロ。
    止まっているのが花でないので風景的に今一。

    ペンタックス K-3U
    BORG 90FL
    MF手持ち撮影
3000×1995 => 800×532

1456568268.jpg
/2295KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■40177 / ResNo.1)  Re[1]: カワセミ
□投稿者/ mi -(2016/02/27(Sat) 19:19:31)
    かなり近距離での遭遇でした。

3000×1995 => 800×532

1456568371.jpg
/2526KB
引用返信
■40179 / ResNo.2)  Re[1]: メジロ
□投稿者/ TK -(2016/02/27(Sat) 19:36:24)
    miさん、このメジロ、定番から離れた大胆な絵創りが気に入りました。こうした色合わせも面白いですね。
引用返信
■40183 / ResNo.3)  Re[1]: メジロ
□投稿者/ モアイ -(2016/02/27(Sat) 21:05:41)
    No40176に返信(miさんの記事)
    miさん こんにちは

    メジロの毛並みが柔らかく表現されてますね。虫でも探しに来たのでしょうか、葉の中をのぞき込んでますね。面白い場面だと思います。
    カワセミは雌の様ですね。メジロから比べると撮りやすい鳥ですよね。
引用返信
■40188 / ResNo.4)  Re[2]: メジロ
□投稿者/ mi -(2016/02/27(Sat) 22:05:48)
    2016/02/27(Sat) 22:08:56 編集(投稿者)

    No40179に返信(TKさんの記事)

    TKさん、ありがとうございます。

    やはり次期的には梅か河津桜何でしょうね〜
    正直、花もないのでメジロがいると思ってなかったのですよ。
    花と一緒のほうが可愛く見えるのですが、正直拡大すると迫力がw

    お褒めいただき恐縮です。
引用返信
■40189 / ResNo.5)  Re[2]: メジロ
□投稿者/ mi -(2016/02/27(Sat) 22:07:57)
    No40183に返信(モアイさんの記事)
    > ■No40176に返信(miさんの記事)

    モアイさんありがとうございます。

    メジロ、集団で止まっていたんですよ。
    本当、虫でも探していたのでしょうか?
    カワセミは止まっているときは、じっとしてくれているので
    メジロに比べればピントが合わせやすいですね。

引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■40123 / 親記事)  白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ TK -(2016/02/26(Fri) 16:19:25)
    がさつなマガモたちも混じっていますが、この日の保護区は穏やかでした。空き巣狙いのコブハクチョウ夫妻は、こんなと日よりでも裏手にある倉庫の近くにいます。
    Pentax K-3 U + FA 150-450mm、絞り値 f/8、1/750秒、ISO-800、露出補正+1.0、焦点距離 210mm、ビーンバッグに載せた半手持ち。

    毎年斬新な作品が集まるスコットランド・バード・センター主催のネーチャー写真展の入賞作が発表されました。どちらかというと型にはまりがちの商業写真と一味違う写真が並んでいます。

    http://www.telegraph.co.uk/news/earth/wildlife/12173436/Scottish-Seabird-Centre-Nature-Photography-Awards.html
2000×1330 => 800×532

1456471164.jpg
/2240KB
引用返信

▽[全レス6件(ResNo.1-6 表示)]
■40130 / ResNo.1)  Re[1]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ MAKO -(2016/02/26(Fri) 17:11:36)

      TKさん
       
       他にヒドリガモ、オオバン、ガン?など6種以上みられますね。
       これは観察小屋の近くなのでしょうか?
       ゆったりとした時の流れがありますね。
引用返信
■40139 / ResNo.2)  Re[1]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ モアイ -(2016/02/26(Fri) 18:45:11)
    No40123に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは

    すっかり春の風景ですね!! のどかな感じがします。
    お薦めのネイチャー写真展を見てみました。いつも鳥の写真を見ている訳ですが、たまには違うジャンルの写真を見るのも勉強になりますね。カワセミの写真もありましたが、水面ギリギリの構図は僕が頭の中で考えていたものと同じで驚きました。
引用返信
■40145 / ResNo.3)  Re[2]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ TK -(2016/02/26(Fri) 22:00:57)
    MAKOさん、ありがとうございます。

    保護区なので、観察小屋から以外は見渡す場所がありません。その代わり一段高くしたり、いい場所を選んで設けてあるなどの利点があるのです。ほのかに見えている中の島で80メートルぐらい、もっとも遠くに写っているオオハクチョウだと200メートルぐらいだと思います。こういう光景を135mmをつけたフルサイズで撮ってみたいですね。

    ホシハジロのアップのところで雌の少ないことを書きましたが、この写真にも雌と断定できる個体はいません。1羽だけ紛らわしいのがいますが、雌の胴体は雄と似た銀灰色なので、数少ない英国で孵った若鳥かもしれません。
引用返信
■40180 / ResNo.4)  Re[1]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ S.NOTO -(2016/02/27(Sat) 19:43:46)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    のどかさのなかにいろんな水鳥がいて、後方への広がりがあって、葦や一部水の無いところがあって、なかなか面白い絵になっていますね。
引用返信
■40185 / ResNo.5)  Re[2]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ TK -(2016/02/27(Sat) 21:18:59)
    モアイさん、保護区のウオーデンも、「こういう天気が増えてくるとオオハクチョウは帰り始めるよ。もうずいぶん減ってしまった。」と言っていました。せっかく北帰行を撮ろうと待っているのに、まったく飛ばず終い。画面上段の右端にいる家族も、リーダーがしきりと声をかけるのですが、奥方も一人っ子も応じませんでした。

    モアイさんも、ぜひ同じ場面を写真にしてください。待っています。


引用返信
■40186 / ResNo.6)  Re[2]: 白鳥とシロハジロの早春賦
□投稿者/ TK -(2016/02/27(Sat) 21:26:18)
    S.NOTOさん、ありがとうございます。

    大きな沼や湖でも同じ光景かというとさにあらず、湿地帯がだいじなのはふだんは荒野でも、冬の雨期に水が溜まる場所が必要らしいのです。それも深すぎては駄目、例えばこの時期なら数千羽いるはずのオグロシギが見えませんが、水量が過ぎてこの鳥が休む中の島がないというのが原因だと思われます。この数は水量が乱高下、オオハクチョウとコハクチョウの飛来数は半分近くまで減っているのは水嵩が大きな原因なのかもしれません。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-6]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■40141 / 親記事)  朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ モアイ -(2016/02/26(Fri) 21:29:21)
    SONYα6000+SAMYANG 8mmFisheye iso200 ss1/500 f2.8 12mm相当 AM6:39
    SILKYPIX JPEG Photography3.0

    朝日が出る30分位前の写真です。東の空が朝焼けで紅くなると雪化粧した白い富士山が紅色に染まります。これを紅富士(ベニフジ)と呼んでいて、夏に見られる赤茶色の赤富士とは区別しています。
    文章で書くと上記の様になるのですが、これを写真で表現出来ないかと思い、何度も挑戦してやっと撮れたのがこの写真です。白鳥を中心にして東に朝焼け西に紅富士を配しました。
1900×1269 => 800×534

1456489760.jpg
/876KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■40142 / ResNo.1)  Re[1]: 朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ TK -(2016/02/26(Fri) 21:42:02)
    モアイさん、長年の努力実って、念願達成ですね。おめでとうございます。当地は真っ平ら、代わりは大聖堂の塔とか十字架、国境を越してウェールズやスコットランドまで出かければ山の岩壁もあるのですが。

    フィッシュアイでこの大きさに写るのですから、やはり富士山は裾野の広い雄大な山なのですね。
引用返信
■40143 / ResNo.2)  Re[1]: 朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ ☆王子☆ -(2016/02/26(Fri) 21:42:55)
    モアイさんいつもありがとうございます。見事なフレ−ミングでとても素晴らしいショット撮られてますねぇ♪そろそろまた富士山に行きたくなるのでは?
引用返信
■40155 / ResNo.3)  Re[2]: 朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ MAKO -(2016/02/27(Sat) 06:24:26)

       モアイさん
        
       赤富士と紅富士に、定義の違いがあるのは知りませんでした。
       昔、富士急ハイランドで見た事がありましたが、寒かった記憶が残ります。
       お友達が近付いて来てますが、自然で温もりがそこにあるようです。
引用返信
■40157 / ResNo.4)  Re[1]: 朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ mi -(2016/02/27(Sat) 08:59:31)
    No40141に返信(モアイさんの記事)
    魚眼レンズですか。
    雰囲気も良いですが色合いも素晴らしい。

    地方民には富士山自体がめったに撮影する事もない場所なので羨ましいですわ。
引用返信
■40182 / ResNo.5)  Re[2]: 朝焼ける雲と白鳥夫妻
□投稿者/ モアイ -(2016/02/27(Sat) 20:42:04)
    No40157に返信
    ☆TKさん ☆王子さん ☆MAKOさん ☆miさんコメントありがとうございました。

    風景と白鳥を絡めて撮るのは意外と難しくて、景色が良いと白鳥が居ないし白鳥が居ると景色が良くなかったりタイミングが合わない事が多いです。この写真は上手くいきました。
    次の写真は富士山に沈む夕日なのですが、白鳥は留守で見当たらなかったので、代わりにモデルになってもらったのはカメラマン達です。
1800×1202 => 800×534

1456573324.jpg
/639KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■40146 / 親記事)  ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2016/02/26(Fri) 22:03:18)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    個人的には、若いオスが好きです。
3668×2528 => 800×551

1456491798.jpg
/1332KB
引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■40147 / ResNo.1)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2016/02/26(Fri) 22:04:20)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    メスですが、梅ルリビタキです。
3332×2344 => 800×562

1456491859.jpg
/1040KB
引用返信
■40148 / ResNo.2)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2016/02/26(Fri) 22:05:25)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    梅ルリビタキをややアップで。
4028×2712 => 800×538

1456491925.jpg
/1117KB
引用返信
■40149 / ResNo.3)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ TK -(2016/02/26(Fri) 22:27:44)
    さすがS.NOTOさんの早春情景です。本体の表情、白梅の白さ、加えて申し分のないぼけ味と揃えば、鑑賞する私も覚悟が必要でした。
引用返信
■40178 / ResNo.4)  Re[1]: ルリビタキ
□投稿者/ S.NOTO -(2016/02/27(Sat) 19:36:08)
http://blog.ap.teacup.com/kurobe2104/
    TKさん、過分なコメントありがとうございます。苦節3年、やっと撮れた梅ルリビタキでしたが、メスさんでした。日本の早春は梅ですから、メジロ、ジョウビタキ、カワセミ、ミヤマホオジロときて、今年初めて梅ルリビタキに出会えました。
3564×2404 => 800×539

1456569368.jpg
/1017KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■40112 / 親記事)  いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/26(Fri) 12:07:32)
    今朝、いつもの園にいたチュウヒです。
2337×1558 => 800×533

1456456051.jpg
/515KB
引用返信

▽[全レス9件(ResNo.1-9 表示)]
■40113 / ResNo.1)  いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/26(Fri) 12:09:04)
    トビが巣材を運んでいました。
2499×1665 => 800×533

1456456141.jpg
/710KB
引用返信
■40117 / ResNo.2)  Re[2]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ チビ -(2016/02/26(Fri) 14:52:18)
    こんにちは!一枚目は二羽ともチュウヒですか?
    二枚目の枝を咥えたトビなんてすごいですね!肉眼で枝まで見えるものなんですか?
引用返信
■40121 / ResNo.3)  Re[3]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/26(Fri) 15:49:22)
    No40117に返信(チビさんの記事)

    チビさん コメントありがとうございます。

    チュウヒにカラスが追い込みをかけているところですね。ご覧の通り、チュウヒには鋭い爪が有り、本気で攻撃をかけられるとカラスでも無傷ではいられません。ほどほどのところで追いかけるのを止めました。
    そろそろトビも巣を作る時期がきているようです。観察所のすぐ前にある枝を集めに来ています。5,6mの所まで来ますよ。
引用返信
■40128 / ResNo.4)  Re[1]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ mi -(2016/02/26(Fri) 16:56:45)
    No40112に返信(HKさんの記事)
    HKさん、グレイトです。
    自分もカラス2匹 VS トビ+ノスリ
    の争いを撮影したことがありますが、とてもここに乗せれる出来ではないので・・・
    トビも良いですね〜

    自分飛びものが好きなので、とてもいいと思います。
引用返信
■40137 / ResNo.5)  Re[2]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/26(Fri) 18:38:52)
    No40128に返信(miさんの記事)

    miさん コメントありがとうございます。

    朝の7時半ごろで曇り空のため、光量不足の空抜けとなり画質が今一ですが、猛禽の鋭い爪なども何とか捉えることが出来、それなりに納得のいくものであると思っています。
    わたしも飛びものが好きなので、巣づくのトビで飛びものの練習もしてきました。
2671×1778 => 800×532

1456479532.jpg
/576KB
引用返信
■40150 / ResNo.6)  Re[3]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ TK -(2016/02/26(Fri) 22:43:09)
    HKさん、チュウヒの連作、どれも力作ですね。それと出番が多いほかの鳥で練習に励まれると聞いて、さもありなんと思いました。天候不順で撮影距離が遠い当地いる私は、いたしかたなくテレビのネーチャー番組でカメラを向けながらタイミングの取り方を学んでいます。そこまでやらなくても、VTRのカメラマンたちの絵創りはフォトグラファーに勝るとも劣らないものがありますから、刺激にもなります。

    ヨーロッパチュウヒ、行けば必ず現れる保護区があるのですが、これまでの経験では50メートル前後がもっとも近かったときという遠さなので、なかなかうまくいきません。その距離で6年前に撮ったのがこの写真、機材はノイズでは有名なEOS 50Dと初代の100-400mmでした。
1400×933 => 800×533

1456494189.jpg
/827KB
引用返信
■40152 / ResNo.7)  Re[4]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/27(Sat) 04:44:58)
    No40150に返信(TKさんの記事)

    TKさん コメントありがとうございます。

    距離50mでのチュウヒの写真、さすがにTKさんだと土曜日の早朝からパソコンの前で唸っています。よくよく考えてみても、距離といい、機材といいTKさんと同じような物を使い、出来上がりがこれ程違う結果が出るのか、正直よく分かりません。数mなら被写体深度の関係で前後がぼけるのは分かりますが、50mでチュウヒを浮き出させるこの技は到底私には真似が出来るものではありません。
    これが、テレビのネーチャー番組で、VTRのカメラマンたちの絵創りについて学ばれた成果なのでしょうね。因みに私は、7Dと100-400での撮影です。
引用返信
■40153 / ResNo.8)  Re[5]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ TK -(2016/02/27(Sat) 05:50:51)
    HKさん、誉められて困っている私ですが、ここまで持ってくる業があるとすればSilkypixによるRAW現像のおかげです。とくにPro7はナチュラルシャープは解像感がぐんと増す機能で、ノイズ軽減と同じように自動処理してくれます。それと最近やっと、トーンカーブで明部と暗部を調整して立体感を強調するこつを覚えたのが役に立っています。もちろん欲張ると、ノイズが増えてしまうので台無しになります。それにこのレンズ、今のは知りませんが、当時から評判が高かった用に記憶しています。
引用返信
■40158 / ResNo.9)  Re[6]: いつもの園・チュウヒほか
□投稿者/ HK -(2016/02/27(Sat) 12:11:29)
    No40153に返信(TKさんの記事)

    TKさん 再度のコメントありがとうございます。

    RAW現像ソフトSILKYPIXによる高画質編集とのことですが、このソフトの性能の良さは鳥友などからも聞いていて、具体の内容は分からないながらも評価出来るものであろうとは思っています。是非とも使ってみたい画像処理ソフトなので、PCの更新時には導入したいと考えていますが、そう思いつつ2年が経過しました。このビスタとも本気でお別れを考えなければならない時期にきています。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-9]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -