HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■18071 / inTopicNo.1)  繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
  
□投稿者/ TK -(2014/03/05(Wed) 05:24:34)
    2014/03/05(Wed) 05:25:57 編集(投稿者)

    庭にくる野鳥も浮かれムードなので、カンムリカイツブリやコブハクチョウはどうかと、ローカルのフィールドに出向きレンズ1本だけ持っての状況視察をしてきました。

    このカンムリカイツブリ夫妻は、約70メートルの遠方にいるのを撮りました。水位が高すぎることもあって、まだ求愛ダンスに留まっています。いつも巣の取り合いをやるライバルのオオバンはというと、まだ真剣みがありません。この状況では浮巣を設けるいい場所がないのでしょう。
    PENTAX K-3 + DA*300mm + Pentax 1.7X AFアダプター、f/8、1/200秒、ISO-200、露出補正なし、超トリミング。
1400×931 => 800×532

1393964674.jpg
/1075KB
引用返信 削除キー/
■18072 / inTopicNo.2)  Re[1]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ TK -(2014/03/05(Wed) 05:39:16)
    日を改めて出かけたのが、隣り合わせの沼というか池というか、小規模な湿地です。水位が高いのは同じですが、カンムリカイツブリとオオバンがそれぞれ一組が子育てできるぐらいの大きさしかありません。そこでこちらのカンムリカイツブリは、まことに真剣な領域防衛を行っています。見つけたのが機材を取り出して数秒後、おかげでマニュアル設定になっていたのを戻す暇がなくてもたつき、鳥には焦点が合っていません。

    PENTAX K-3 + DA*60-250mm + Pentax 1.7X AFアダプター、f/8、1/400秒、ISO-200、露出補正なし、テレ端使用。
1400×870 => 800×497

1393965556.jpg
/1019KB
引用返信 削除キー/
■18073 / inTopicNo.3)  Re[1]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ モアイ -(2014/03/05(Wed) 06:44:43)
    No18071に返信(TKさんの記事)
    TKさん こんにちは
    ペアのカンムリカイツブリがイイ雰囲気になってますね。しかも!! 風で冠羽が開きカンムリになっているでは有りませんか。まるで王様か王妃に見えるのです。
    なるほど名前の由来が解りました。
引用返信 削除キー/
■18075 / inTopicNo.4)  Re[1]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ @MT -(2014/03/05(Wed) 07:24:36)
    No18071に返信(TKさんの記事)
    >TKさん、いい瞬間のショットで見飽きないないです、楽しませてもらいました。

引用返信 削除キー/
■18078 / inTopicNo.5)  Re[1]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ shok -(2014/03/05(Wed) 08:18:43)
    No18071に返信(TKさんの記事)
    > 2014/03/05(Wed) 05:25:57 編集(投稿者)
    > TKさん繁殖地の視察ご苦労さまです。カンムリカイツブリも
    繁殖活動に入っているのですね
    ♂の飾り羽は夏羽に近いですか?
    私は夏羽はお目にかかった事は
    無いので羨ましいです。

引用返信 削除キー/
■18099 / inTopicNo.6)  Re[2]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ TK -(2014/03/06(Thu) 05:11:04)
    モアイさん、鋭いご指摘、さすがです。明治維新ごろの英国では、この鳥の冠羽を上流階級の女性たちが争って帽子の飾りに使ったため、一時は絶滅状態になったとか。これを同じ女性の篤志家がキャンペーンを続けて、やめさせたのだそうです。英国野鳥の会がいい例ですが、手弁当で信ずるところを推し進めていく英国人はすばらしいと思います。保護区内の整備や観察小屋の清掃をしているのが、日本風にいえば元企業の役員やその奥さん方なのですから、このあたりをまず学びたいですね。
1400×990 => 800×565

1394051378.jpg
/781KB
引用返信 削除キー/
■18100 / inTopicNo.7)  Re[2]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ TK -(2014/03/06(Thu) 05:15:49)
    @MTさん、ありがとうございます。2シーズンさぼってしまったので、今年は3年前の四十数回までいかなくとも、カンムリカイツブリの子育てを繰り返して撮っていこうと決心しています。幸いフィールドは車で5分、止めてから10分歩けばという便利な湿地帯がいくつかあるので、自慢するほどたいへんなことではないのです。
引用返信 削除キー/
■18101 / inTopicNo.8)  Re[2]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ TK -(2014/03/06(Thu) 05:22:27)
    shokさん、ありがとうございます。先日拝見したカンムリカイツブリはまだ冬羽でしたが、当地だとこの状態は2月始めというところでしょうか。それとこの鳥は、雌雄を区別することは至難の業です。雄も卵を温めるし、雌は雌で喧嘩を買って出ます。雛がまた可愛いことこの上なし、目尻を下げながら躾を繰り返す親たちの表情がまた我々と同じなのです。





1400×990 => 800×565

1394051709.jpg
/818KB
引用返信 削除キー/
■18107 / inTopicNo.9)  Re[3]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ kmk -(2014/03/06(Thu) 09:40:39)
    No18100に返信(TKさんの記事)
    >幸いフィールドは車で5分、止めてから10分歩けばという便利な湿地帯がいくつか>あるので、自慢するほどたいへんなことではないのです。


    TKさん  おはようございます。
    昨年3月末から90キロ離れたヤマセミポイントの子育てを、写友二人で雛の巣立ちまで記録することが出来ました。雛の初見が6月2日、無事4羽の雛が巣立っていきました。現地往復時間がもったいないで、幾度車中泊を行ったことか・・・・。(近くに温泉があるんです。)
    600mm手持ち・無理な体勢で撮影し腰痛になったりと、思い出に残る3ヶ月でした。
1024×691 => 800×539

1394066439.jpg
/301KB
引用返信 削除キー/
■18153 / inTopicNo.10)  Re[4]: 繁殖期偵察行カンムリカイツブリ篇
□投稿者/ TK -(2014/03/07(Fri) 19:51:36)
    kmkさん、いやみごとな写真ですね。それにお二人で果たした自然への貢献にも脱帽です。でも腰痛は後々まで響きます。どうかご自愛を。

    現在の600mmより軽いのでしょうが、金属ボディ時代のそれは相当な重量でしょうね。別に理由はないのですが、私はニコンは使ったことがなかったので、Nikonマニュアル、300mm f/4.5 AI-s at f/5.6をLumix G6に付けて撮るまで、ニコンの優秀な性能を知りませんでした。同じ水鳥をBorgの77EDと同時に撮ってみて、いい買物をしたと嬉しがったことでした。




引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ